2019.12.19

マンネリ解消したい。改善する?それとも別れる?カップルの倦怠期解消法

彼氏との関係にマンネリを感じてる…

彼氏のこと、「好きか嫌いか」と言われたら、たぶん好きなのだと思う。だけど、心から好きかどうか自信が持てない。

「好きだった」という過去形に変わりつつある自分を自覚してから、彼氏と会うたびに違和感を感じているんだ。

大好きな気持ちで満たされて、幸せいっぱいの毎日を過ごしてきたはずなのに、彼との愛情に「マンネリ」を感じてきた。

甘いものばかり食べて、飽きてしまった感覚に近い。

こんなに愛情を注いでくれた彼氏に、「飽きた」なんて伝えたら傷つくだろうな。

私のことを誰よりも大切にしてくれる人ってことは、今までの経験で実感している。

マンネリで恋愛感情が薄れた今、2つの選択肢がある。

「別れる」か「マンネリを解消する」か。

私はどちらを選ぶべきなのだろう?

 

マンネリとは?

マンネリに直面すると人は、心の変化に戸惑いを感じ、深く悩んでしまいます。急に自分の恋愛を傍観するような感覚は、まるで彼との間に壁を隔てたよう…。

マンネリを解消するか考えるためには、まずマンネリの正体を知ることが大切。

マンネリは「新鮮味」や「特別感」が無くなって、心が退屈している状態です。

恋愛は好奇心を刺激することで活性化されるもの。デートや関係性がパターン化すると、「いつも同じ」「面白くない」「飽きた」という感覚にさせるのです。

また、好奇心が薄れるタイミングは、良くも悪くも相手に対して「慣れ」が生じます。

付き合いたての頃は「好かれたい」「嫌われたくない」と思い、丁寧かつ慎重に行動するもの。

慣れとともに無意識に、相手を不快にさせる行動も増えていきます。

 

カップルがマンネリだと感じる理由

「マンネリした」と感じるのには、何かしらのきっかけがあるはず。自分がどんなポイントにマンネリを感じているのか知ると、マンネリを解消する際の参考にもなります。

ここからは、カップルがマンネリだと感じる理由をご紹介。心の中のモヤモヤが、マンネリにとどまる問題なのか、完全に冷めたのか、判断する材料にしてみてください。

彼氏との関わりを思い返しながら、当てはまっていないかチェックしていきましょう。

1.一緒にいてもドキドキしない

マンネリは「好奇心が薄れていること」が大きな原因と前述しました。相手を異性として意識している時、「もっと相手を知りたい」「相手と付き合ったらどうなるんだろう」などの好奇心が刺激されるのです。

ですが、実際に知り尽くすと、好奇心は満たされてしまいます。

これは、興味で惹きつけられる恋愛に区切りがついたということ。

好奇心は恋愛において「ドキドキ感」とも表現されます。ドキドキ感が無くなったのなら、興味や関心以外の絆を築くステップに移行しているということです。

2.お互い気を遣わなくなった

付き合った当初は、お互いに気を遣っているもの。好かれたいからこそ良く見せる努力をするし、相手の機嫌を損ねないように細心の注意を払います。

ですが、慣れてくるとこうした気遣いが薄れるように…。お互いに気を遣わなくなった結果、「大切にされていない」「嫌な対応をされた」などのネガティブイメージが湧きます。

親しき中にも礼儀あり。どれだけ慣れても、相手への敬意と思いやりを忘れないことが大切です。

3.セックスのマンネリ

恋愛においてセックスも重要なポイント。セックスにマンネリを感じると、異性として惹きつけられることがなくなります。

極端な意見だと「セックス無しの信頼関係なら友達で充分」と考えることも。付き合うというステップを踏んでいるからには、ドキドキするセックスも大事にしたいのです。

相手のどんなところに不満があるのか?それは、伝えたら工夫してくれることなのか?そして、自分にも工夫する余地はないか?

重要なことだからこそ、しっかりと向き合ってみましょう。

おすすめ記事
セックスのマンネリ解消方法を知って、彼の気持ちを取り戻したい!

最高に気持ちいいセックスの仕方!彼を虜にするエッチのテクニック11選

4.将来一緒にいることを考えにくくなった

恋愛には「結婚願望の無い楽しみとしての関わり」と、「将来を見据えた関わり」があります。

後者の場合、長い付き合いを意識しているからこそ、相手との相性を慎重に考えてしまいます。

とはいえ、誰にでも欠点はあるもの。付き合いに不安を感じてマンネリしたら、「絶対に直らない欠点なのか」や「考え方次第で許せることなのか」を考えましょう。

素直に話してみることで、変わる努力をしてくれる男性も中にはいます。

 

マンネリカップルが別れを考える4つの理由

マンネリを感じたとしても、すぐに「別れ」に至るとは限りません。今までの積み重ねがあるからこそ、「本当に別れていいのか」は慎重に考えるべき。まずはマンネリ解消を試みることも大切です。

ですが、「やっぱり別れるしかない」という結論に至るカップルもいるのが事実。

ここからは、「別れ」を決断するカップルの理由や思考について解説していきます。

「別れる」という選択肢を迷っている場合の、参考にしてみてください。

1.相手の悪い部分と一生付き合うのが不安

慣れとともに見えてきた相手の悪い部分。欠点の程度によって「許せるかどうか」は変わってきます。

誰しも「許せる・許せない」のボーダーラインを持っているもの。限りなく「許せない」に近い彼氏の欠点と、いつまでも向き合い続けるのには、相当な労力が必要です。

彼氏に直すつもりがなければ、かなりの確率でマンネリは続くといえます。真面目な交際を考えている相手ほど、「この欠点と一生付き合うのか…」と不安に苛まれ、マンネリの末に別れることになるのです。

2.愛がなくなり将来を考えられない

好奇心が恋愛感情に直結すると前述しました。マンネリで相手への好奇心が無くなった状態で、「この人を愛せない」と考え、別れを決意するパターンも数多くあります。

この決断をする人にとって「愛=相手への興味」です。

いつまでも相手に関心がある状態をキープしたいと、マンネリは恋愛を諦める大きなきっかけになります。

マンネリ解消のためには、2人の関係性が「心の支え」や「拠り所」になることが必要です。

3.彼氏の前では自分の悪い面が出て辛い

恋愛は通常の人間関係以上に、自分を曝け出すことになります。マンネリしている状況では特に、気遣いが薄れて自分の悪い面を出してしまいがち。

慣れることで欠点が浮き彫りになるのはお互い様。ですが、どうしても自分の欠点を受け入れられず、自己嫌悪に陥ったり、罪悪感を抱くこともあります。

マンネリしている側は、「ちゃんと相手を愛さないと」という義務感に襲われ、最終的には自分の誠実性を疑ってしまうことにもなるのです。

4.他に合う人がいる気がしてきた

マンネリ中は思考が冷静になり、相手の欠点が見えてきます。相手に期待しなくなるため、理想が膨らむこともありません。

その結果、「もっといい人がいるんじゃないか?」「他に合う人がいるんじゃないか?」という思考に至ることも…。

そして、新しい恋愛を求めて別れを決意するのです。

注意したいのが、同じパターンの別れ方を繰り返す場合。実際に他に合う人がいる場合もありますが、付き合うたびに同じ思考になる場合は「別れ癖」がついている可能性があります。

 

マンネリ解消する?それとも別れる…?

どんな恋愛も高確率で、最終的にはマンネリへと繋がってしまいます。また、将来夫婦になれば、どうしてもマンネリは避けられないもの。

ですが、夫婦の場合は家庭があるからこそ、マンネリだけを理由に関係性を解消しようとはなりません。

カップルの段階でマンネリを迎えてしまうと、「一緒に居たい」と感じる理由が少ないことから、欠点ばかりに目が行ってしまいます。

そして、苦痛のあまりストレスを抱え込むことも。

もし交際の末に結婚を考えているカップルなら、マンネリを理由に「別れ」に至ることが、最善とはいえません。

家族になれば、恋愛感情以上に必要な要素も出てきます。

将来の彼も想像しながら、マンネリ解消のための対処法を試しつつ、冷静に判断していきましょう。

 

マンネリ解消したい2人が試すべき7つの解消法

「マンネリを解消したい」と考えた時、まずは解消法を一つずつ試していくことが重要です。

今までの自然体の関係性でマンネリしてしまったからこそ、何かを変える必要があります。マンネリ脱却のためには、2人で意識を変えていくことが大切。

まずは、マンネリしている現状を2人で確かめ合い、解決に向けて一緒に向き合いましょう。ここからは、マンネリを解消したい2人が試すべき、7つの解消法のご紹介です。

 

おすすめ記事
マンネリでしんどいカップルたちへ。解決法を試して愛を取り戻さない?

恋愛マンネリ11の解消法|「彼氏とのマンネリ化を解消したいの。」

1.一度距離を置いてみる

カップル同士の距離感が近すぎたり、干渉しすぎていると、マンネリに繋がりやすくなります。相手を「当たり前」と思うとどうしても、悪い部分ばかりに目が行ってしまうもの。

そこで、一度距離を置いてみましょう。急に距離を置くと相手も「嫌われたのかな?」「別れたいのかな?」と思ってしまうので、しっかりと趣旨を説明することがポイント。

距離を置いてみることで「相手のかけがえのなさ」や「さりげない思いやり」に気付き、マンネリを解消するきっかけが生まれます。

 

2.真剣に2人で将来のことを話し合う

マンネリするということは、それだけお互いを理解し合った仲であるということ。2人は「単なる恋愛」ではなく、その先の段階へと差し掛かっているとも考えられます。

結婚の意思があるかどうか。今は無いとしたら、いつ頃考えているのか。これからどんな未来を期待しているのか。

こういった将来のことを、真剣に2人で話し合ってみましょう。

真面目に向き合うことでお互いのすれ違いが解け、新しい信頼関係で結ばれる可能性があります。

3.お互い感謝する気持ちを忘れずに過ごす

恋愛を円滑に進めるためには「感謝」が大切。相手に対する感謝や、相手からの感謝が無くなると、自然と信頼関係も揺らいでいきます。

付き合い当初に嬉しいと感じた「細やかな思いやり」を、いつの間にか忘れ去っていないか?

今は当たり前になっている彼が、実は「大きな心の支え」になっていないか?

慣れとともに見落としていることは、案外たくさんあります。そして、気付いたことはその都度「ありがとう」と言葉にして伝えましょう。

4.生活にメリハリをつけてみる

付き合いに慣れてくると、自分も相手もメリハリがなくなってしまいがち。週末には彼と会って、変わり映えの無い毎日を過ごす…。こうしているうちに、緊張感がなくなりマンネリを招きます。

そのため、定期的にオシャレな洋服に身を包み、彼と特別なデートをすることが有効。また、旅行へ出かけて「新鮮な気持ち」に触れたり、共通の友達が集まる席に出かけるのもおすすめ。

落ち着いた関係性も素敵ですが、生活にメリハリをつけると、辛いマンネリを乗り越えることに繋がります。

おすすめ記事
今度のデート何したい?マンネリだからこそしてみたいデートを知りたい!

昼間・夜デート何する?彼氏とデートですること&理想のデートプラン9選

5.一度両家の親と会ってみる

マンネリを迎えたということは、「恋人」としてだけでなく「家族」としての関係性に変わってきているとも考えられます。

もしお互いの両親と会う機会があまりなかったなら、一度両家の親と会ってみることもおすすめ。親に会うことで、より2人の将来に対する考えがまとまります。

また、自分達の関係性を客観的に見てもらう機会を作ると、2人だけで関わっている時より視野が広がるメリットも。

両親からアドバイスを貰う場合もあり、人生の先輩としての的確な意見を得られます。

6.環境を変えてみる

2人の環境がマンネリを招いている可能性もあります。もし同棲しているなら、一度同棲を解消してみる。別々に暮らしているなら、同棲を始めてみるなど、環境ごと関わり方を変えてみましょう。

関わり方が変わると、今までと違う視点で物事を考えられるようになります。距離感が近すぎても遠すぎても、ついつい見失ってしまうものがあるのです。

特に同棲の解消については、デリケートな問題なのでしっかり彼と話し合って、趣旨を納得してもらいましょう。

7.信頼できる友人に彼氏を会わせてみる

マンネリ中は、当事者同士ではなかなか打破する手がかりを見つけ出せないもの。だからこそ、信頼できる友人を彼氏に会わせて、アドバイスをもらってみましょう。

彼氏の立場と友達の立場では、あなたへの認識に違いがある可能性があります。また、恋愛感情が絡んだり親しくなりすぎると、時に客観的な判断ができなくなるもの。

自分の考えを確かめるだけでなく、友人に会わせることで、思いがけないアドバイスを貰えることがあります。

 

結局必要なのは、2人の努力

「マンネリを解消したい」と思った時、片方だけの努力で打破することは容易ではありません。

恋愛は2人の人間が向き合って、初めて生まれるもの。結局必要なのは、2人の努力なのです。

マンネリを経験してそのまま別れてしまうカップルは、「お互いに向き合う過程」が抜け落ちているケースが多いといえます。

「なんだかつまらないな」「最近ドキドキしないな」「飽きたな」「すぐイライラするな」

こうした感情をストレートに伝えすぎても、胸の内にため込みすぎても、問題が改善されることはありません。

大切なのは、今自分が感じていることを素直に優しく伝えること。「あなたと向き合いたい」という意思表示をして、2人で解決に向けて取り組む姿勢が、マンネリ解消へと繋がるのです。

 

おすすめ記事
私達はマンネリカップル?知ってる。でもお互い思いやりがないとダメなんだ。

倦怠期とは?恋愛に大切な倦怠期の乗り越え方|最高カップルになるヒント

 

運命の人じゃないと感じたら、残念だけどさよなら。

マンネリを実感した私は、彼に相談することなく一人で考え込んでいた。冷めてしまうのは自分の問題だと思っていたんだ。

でも、別れるかどうか考えているだけでは、2人の関係性が変わることはない気がしてきた。これはきっと2人の問題。もう、自分にも彼にも嘘はつきたくない。

彼を傷つけないように優しく、そして真剣に、マンネリの解消を相談してみよう。

そして、できる限りのことを試して、2人の関係性を見つめ直してみよう。

このマンネリ乗り越えた先にはきっと、固い絆で結ばれた2人の未来が待っている。乗り越えられなかったのなら、それは運命の人じゃないということ。

今まで精一杯愛情を注いでくれた、あなたのために。そして、私自身が幸せになるために。

一緒に答えを探そう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする