2019.12.17

他力本願な人の意味とは?自力本願をやめて、他力本願な人になってみよう

他力本願な人が羨ましい。

「何でも一人でできて、凄いね」って言われる私。

言われてみれば確かにそうなのかもしれない。

人に頼るなんてもってのほか。”何でも自分でやらなきゃいけない”って思ってるから。

他力本願なんて、何もしていないのと同じ意味でしょう?

誰かの力を頼るなんて、ずるい。

それに、誰かの力を借りるということは、相手に負担をかけるということ。

そう思ったら人に頼るなんてとてもできない。

自分のために迷惑をかけるなんて、考えただけで嫌になる。

だから結局、何でも自分でやるしかないんだ。

自分とは正反対の“他力本願”な人。

どうして悪気もなく、あんなに笑っていられるんだろう。

他力本願な人には、どんな意味があるんだろう。

私もあんな風にあっけらかんと、他力本願に生きられたら、もう少し楽になれるのかな。

他力本願な人が羨ましい。

 

責任感が強すぎる自分は正直しんどい…

誰かに頼ることはない。

どんなことだって自分一人の力で実現してきた、自力本願な私。

自分の人生なんだから、自分の力でどうにかするのは当然のこと。

人の力を借りるなんて、弱い人がすること。

人に弱みを見せるなんて、ありえない。

何でも一人で抱えこんで、全力で突っ走ってきた今までの私。

でも、本音を言ったらこんな自分が正直しんどい。

弱音を吐く場所はないし、ひたすら自分を追い込んで頑張るしかない。

責任感を捨てることはできない。

私には、そうする他に前に進む手段がないから…。

他力本願なあの人みたいに、誰かに甘えることができたら。

このしんどい気持ちから解放されるのかな。

 

あなたが疲れてしまった4つの原因

責任感が強く、自力本願なあなたが疲れてしまった原因は何でしょうか。

他力本願になれず、自分の力だけで進んでいこうとする人には、自分一人への負担が大きくなってしまいます。その結果として、さらに責任が重くのしかかり、ぐったりと疲れてしまうのです。

ここでは、自力本願でいることによって疲れてしまった原因を深掘りして4つ紹介します。

あなたが他力本願になれない理由にも繋がるので、じっくり考えてみましょう。

1.全て自分で解決しようとする

人に頼らずどんなことも全て自分で解決しようとする姿勢は、自分を精神的に追い込み、疲れてしまう原因になります。

強い責任感と自立した考え方を持つことは素晴らしいものですが、時に自分に過剰な負荷をかけることにも繋がるのです。

前提として”他力本願になる”という選択肢がないため、どこまでも自分一人で頑張ってしまいます。

2.真面目すぎる

一人で頑張らなくちゃ。一人で何とか目標を達成しなくちゃ。

自分で決めたことは、絶対にやりきる。

そうやって、人に迷惑をかけずに自分の力だけで頑張ろうとする、真面目すぎるところが疲れてしまう原因になるのです。

“一人で頑張るのが美徳”と思っている人は、他力本願になれず、頑張りすぎて心が辛くなってしまうことがあります。

おすすめ記事
あなたはいつの間にか真面目すぎて辛くなっていない?

世渡り下手で辛い。世渡り上手な人に学ぶ特徴と人間関係がうまくいく方法

3.他人に気を遣いすぎる

日頃から他人に気を遣って生きている人は、他力本願になることに対して罪悪感を持ってしまいがちです。

あの人だって忙しいし…。

お願いするタイミングが悪かったら、嫌われてしまうかもしれない…。

自分で限界だと感じていても、人に気を遣ってしまい頼ることができません。

そして結局「だったら自分でどうにかしよう」と考え、気持ちが疲れてしまうことになるのです。

4.他人に甘えることができない

本当は他人に甘えたいという気持ちがあっても、どうやって甘えればいいのか分からないということがあります。

ずっと自分一人で頑張ってきた人ならなおさら、上手く人に頼ることができません。

甘え方が分からないから、自力本願にならざるを得ない。

他力本願の使い方を知らないと”やっぱり、自分一人の力で生きていかなければいけない”と考え、疲れてしまう原因になります。

 

 

他力本願なあの人の「ズルい」行動

自分にはできない”他力本願”な生き方をしている人たち。

人の力を借りて上手に生き、しかもなぜか周りから好かれている。

「あの人は、どんな意味で”他力本願”を使っているんだろう?」

「私はたった一人で一生懸命頑張っているというのに、ズルい…。」

そんな他力本願なあの人の「ズルい」行動には、どういったものがあるのか知ってみましょう。行動を知ることで”他力本願”の本当の意味と、あの人が上手くいっている理由が見えてきます。

1.何でも他人任せにできる

他力本願な人は自分一人で責任を抱えこまず、何でも他人任せにできます。

“全部自分がやらなきゃいけない”という負担から解放され、気楽な気持ちで生きているのです。

「誰かにやってもらおう」「自分よりも得意な人がいるから」と、責任を上手に放棄しています。他力本願な人は”自分一人で頑張るよりも、その方がはるかに上手くいくことがあり、意味がある”と知っているのです。

2.楽をして楽しい思いをしている

必要以上に頑張らずに楽をしているにも関わらず、楽しい思いをしているのも他力本願な人の特徴です。

「自分がやらなくてもいいことは、誰かにやってもらおう」と、当たり前のように手を抜いています。

だから一人で疲れることもなく、毎日笑っていられるのです。そこに悪気はなく「みんなで楽しくいこうよ」という前向きな姿勢があるため、周りの人からも嫌われません。

3.努力以上の結果を出している

人一倍努力してきた自力本願な人よりも、なぜか他力本願なあの人の方が評価される。

社会ではよく見られる光景です。

自分一人の努力量以上に結果を出している、他力本願な「ズルい」人。

他力本願な人は上手く他人に頼ったり、お願いしたりしながら、夢の実現や出世を叶えているのです。それでいて愛嬌と可愛げがあるため、周りの人から応援し続けてもらえます。

おすすめ記事
ねえ、時には上手にずるくならない?本当の「ずるい」とは?

私はいつも、ずるい人。

 

そろそろ自力本願、やめてみない?

誰にも頼らず、ずっと一人で走り続けてきた自力本願なあなた。

そうやって頑張ってきた姿を、周りの人たちはしっかり見ています。

だからこそ、もう、他力本願になってもいいのです。

あなたが努力してきた過去を知る人なら、きっと喜んで手を差し伸べてくれるはず。

自力本願をやめて、他力本願になれたとき、今まで以上に前へ進む手応えを得られます。

自分一人の力じゃない。誰かの力を借りて、勢いを増すことができるのです。

これまで頑張ってきた自分を褒めたたえましょう。

そして、これからは他力本願の使い方を知って、人に甘えることを覚えましょう。

もう十分、一人でたくさん頑張ってきたから。

今こそ勇気を出して、自力本願をやめるとき。

 

他力本願なあの人を参考にして取りたい行動

周りの力を借りながら、上手に生きている他力本願なあの人。

「私もあんな風に気楽に生きられたらなぁ…。」と羨ましく思うなら、あの人の行動を参考に、今日から他力本願を実践してみませんか?

“他力本願な人”の意味は、”物事を他人に押し付ける人”ではありません。”上手く他人に頼りながら力を合わせて生きていける人”を意味しているのです。

だから、遠慮しなくても大丈夫。

他力本願になるためにこれから取りたい行動について、詳しく解説していきます。

1.全て自分でやることをやめてみる

他力本願なあの人のように、思い切って全て自分でやることをやめてみましょう。

ただしやめようと思っても、責任感が強い人はどうしても気が引けてしまいがち。そんな時はまず、小さなことからやめてみると簡単です。

例えば会社で働いている人なら「誰もやらないからやっている仕事」があれば、当番制にしてみる・得意そうな人にお願いしてみる。

最初はそうやって、やめやすいことから順番に手を放していきましょう。少しずつ肩の力が抜けて、気が楽になります。

2.他人にお願いすることを申し訳ないと思わない

自力本願な人は、他人にお願いすることを”迷惑がかかる”と捉えがち。

でも、日頃接している人からお願いごとをされたら、意外と悪い気はしないものです。むしろ大半の人は「頼ってくれて嬉しいな」と感じるでしょう。

相手が忙しかったり、あるいはできないことだったり、どうしても力になれない時は断られる可能性もあります。そんな場合でも”自分が悪かった”と思わなくて大丈夫。

相手は「ただ断るだけ」、そしてお願いされたことは大体次の日には忘れているものです。

申し訳ないと思わず、他力本願になって気軽にお願いしてみましょう。

おすすめ記事
要領よく生きることって、意外と悪くないんだよ。

要領がいい人11の特徴|仕事・恋愛・人間関係、全て要領よくなるには?

3.他人の力を借りたら必ず感謝する

勇気を出して他人にお願いごとをしてみたら、その後は必ず感謝しましょう。

人の力を借りっぱなしでは、相手に「いいように使われたのかな?」と不安な気持ちを抱かせてしまいます。全く同じお願いをされた場合でも、”押し付けられた”と感じるのと、”喜んでくれて嬉しい”と感じるのとでは、180度違うもの。

他力本願は”ただわがままになる”という意味ではありません。

他人から好かれ、上手に他力本願な生き方をしている人は、何かしてもらった時に心から感謝することを忘れません。

 

他力本願とは、無駄を省いて上手に生きること。

これまで自力本願で生きてきた人も、他力本願の本当の意味を知れば、”人に頼ることは決して悪いことじゃない”と思えるはず。

他力本願の意味は、自分も他人も生きやすく生きていくということ。

お互いがお互いを支え合って、上手に生きていくということ。

自分だけが他人を頼るわけじゃない。他人と頼り頼られ、感謝し合う関係がそこにはあるのです。

だから、全てのことを自分でやる必要はありません。

何でもかんでも一人でやろうとしたら、やらなくてもいいことまでやってしまいます。

一人きりで頑張って、疲れなくてもいいのです。

他力本願の意味する”支え合う力”を使って、人生から無駄を省き、生きやすい毎日を送りましょう。

 

たまには「他力本願な人」になれば時間の使い方も変わるから。

他力本願って、責任を放棄して”他人の人生を生きる”ことを意味すると思ってた。

それは「自分には力がない」「自分の意思がない」と認めることだと、後ろ向きな意味で捉えてた。

だからどんなに辛くても、自力本願で頑張ってきた。

でも、他力本願の意味は”自分の人生を生きやすくすること”にあったんだ。

他力本願な人になれば、有限な人生の時間を大切にできる。

なにも、人生の全てを人に任せるわけじゃない。

たまには気を張るのをやめて、他力本願になってみよう。

そうすれば、もっと自分らしく生きられる。

“全て自分でやること”が自分らしさなら、誰だって疲れてしまうから。

みんなが上手に他力本願を使って、楽な気持ちで生きていこう。

他力本願な人の意味とは、思っていたのとは正反対だった。

その意味は「自分も他人も愛すること」だったんだ。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする