2019.12.14

彼女と喧嘩した時は◯◯が重要?怒らせた彼女へ正しい謝り方&仲直り方法

彼女とケンカした。

何も手につかなくて、本当に困っている。気が付くと彼女のことが頭を過るし、頑張るための原動力がどこかへ消えてしまったみたい。

彼女とケンカした。喧嘩をするのは初めてじゃない。

でも、好きな人と喧嘩するのって、すごく神経が磨り減るから、できるなら避けたかった。

喧嘩の発端は、自分の何気ない言動。悪気はなかったけど、彼女の逆鱗に触れてしまったみたい。

彼女は怒りのスイッチが入ると、簡単には許してくれない性格。一度喧嘩して怒らせたからには、もう言い逃れはできないだろう。自分から謝るしかない。

彼女と喧嘩したままは嫌だ。仲直りするために、何をすべきなのかは分かっている。

傷つけてごめん。

この短い一言がなぜ言えないのだろう…。

 

彼女を怒らせた原因はわかってる。でも…

怒らせてしまった相手に謝る時、原因と向き合うことが重要です。「私の気持ちを理解してくれた」と思うと、人は自然と気持ちが穏やかになるもの。

ですが、喧嘩の原因が分かっているのに、なかなか謝れないこともあります。

「喧嘩したらどう仲直りするのか方法が分からない」「タイミングを逃した」「なぜか素直に謝れない」「折れてしまうと傷つく気がして怖い」

こうした考えが時に、仲直りの機会を遠ざけてしまうのです。謝る際に「迷い」や「不満」があると、たちまち相手に伝わり、喧嘩が長引くことに…。

また、ただ謝るだけではなく、効果的な「正しい謝り方」をするのもポイント。彼女の心に響く謝り方ができると、喧嘩はスムーズに収束します。

 

カップルが仲直りできる「正しい謝り方」

勇気を出して謝ったはずが、火に油を注いで怒らせてしまうことも。こうした経験は、「謝っても意味が無いのではないか」という感覚を植え付けます。

謝る際に相手に不快感を与えると「許してもらうために、とりあえず謝っている」と思われてしまいかねません。

謝るコツを押さえているかどうかで、相手の受け取り方も変わるのです。そして、「正しい謝り方」を知っていると、謝ることへの抵抗や恐怖が軽減されます。

喧嘩したカップルが仲直りできる「正しい謝り方」を見ていきましょう。

1.意地を張らずに素直に謝る

喧嘩が起きる時というのは、お互いの「正しい」と思う価値観がぶつかって、解決できずに押し付け合っています。いわば、お互いに意地を張っている状態。

「自分は悪くない」「間違っていない」という気持ちが強いあまり、守りの姿勢に入ってしまうと、謝る時にも保守的な言葉が出てしまいます。

「喧嘩で謝ること=自分が悪いと認めること」とは限りません。相手が傷ついたという事実について謝るのであって、勝ち負けを決めるための謝罪ではないのです。

2.自分の言い分ばかり押し付けない

謝罪は「相手の心に寄り添うこと」が一番の目的です。怒ってしまった相手に対して言い訳してしまうと、必ず喧嘩がヒートアップして、さらに事態が悪化します。

まずはいち早く素直に謝る。この一手間があるだけで、相手も「自分にも悪い点があったな」「お互い様かも」と考え直してくれるようになるのです。

喧嘩した相手から許してもらいたい場合、自分の言い訳をするよりも、早い段階で謝る方が結果的に上手くいきます。

3.相手の感情を察して謝る

彼女と喧嘩してしまう時、多くの場合は、お互いに自分の感情に目を向けています。

「自分が嫌な気持ち」「自分が正しい」「自分は悪くない」といった感情を優先するあまり、相手の感情まで配慮する余裕がないのです。

このやり取りの流れを変えるためには、どちらかが相手の感情を察して、謝ることが重要。片方が非を認めることで、もう片方も認めやすくなります。

喧嘩中の彼女を謝りやすい状況に導くためにも、先に謝ることは有効です。

おすすめ記事
彼女を大切にするって、こういうことだよ。

幸せカップルになりたい。早く別れるカップルと長続きするカップルの違い

4.ただひたすら謝る

彼女の怒りが頂点に達していると、なかなか喧嘩が収束しないことも。特に女性は、ホルモンバランスなどの変化が原因でイライラすることもあり、自分自身でも制御できなくなったりします。

ここまで紹介したポイントを押さえているなら、後はただひたすら謝るのも一つの方法です。

初めは「謝られても納得できない」と感じても、何度も謝られるうちに「喧嘩を続けても意味が無いな」「ここまで真剣に向き合ってくれたのなら、もう許そう」という気持ちになります。

5.怒りで反論しない

人とコミュニケーションを取るうえで「怒り」はプラスな要素が一切ありません。相手に「威圧感」「恐怖心」「傲慢」などの印象を与え、委縮させてしまいます。

彼女と仲直りして、円満な関係性を維持するのが目的なら、「怒り」に身を任せて反論するのはNG。

怒っていると、相手を否定したり傷つける言葉が出ます。もし喧嘩中に相手の人柄や考え方を批判してしまえば、彼女は深く傷ついて、仲直りしても元の信頼関係に戻れなくなる危険があるのです。

 

態度や謝り方次第で、仲直りできるかは変わるから

激しい喧嘩になるほど「どうやって謝ればいいのか分からない」と悩んでしまうもの。でも、こうした喧嘩の時ほど、態度や謝り方次第で2人の仲を深めることに繋がります。

恋人やパートナーと全く喧嘩しないのは困難。

何かしらすれ違いや衝突は生まれてしまうもので、2人でいかに問題に向き合うかどうかが、その後の交際を左右します。

彼女との喧嘩は、お互いの本質を知るためのきっかけです。彼女はあなたの謝り方や、素直になれるかといった「行動」も、喧嘩によってチェックしています。

上手に喧嘩や仲直りができるカップルは、お互いに不満を溜め込みません。

素直に感情を出す機会があるからこそ、結果的に幸せなカップルに近づきます。

喧嘩した時の態度や謝り方次第で、彼女と仲直りできるかは変わるのです。

おすすめ記事
あなたはこんな失敗してない?彼女に言いがちな「あの言葉」

もう喧嘩しない!メンヘラ彼女も頷く彼氏からの回答11選

 

更に彼女を怒らせる!喧嘩した時にNGな言葉

喧嘩中に彼女をさらに怒らせると、必要以上に喧嘩が長引いたり、別れ話に発展してしまうリスクもあります。

女性が別れを決断するきっかけになりやすいのが、喧嘩した時の態度。散々傷ついた後、「二度と同じ経験をしたくない」「結婚したらずっとこの苦痛を味わうことになる」と悟るのです。

前述した「正しい喧嘩の方法」を試みると同時に、「喧嘩した時にNGな言葉」も知っておくことが大切。彼女を傷つける可能性が減り、仲直りへと近づきやすくなります。

1.「うるさいな」

「うるさいな」という一言の裏には、様々な意味が込められています。「あなたの言葉には価値が無い」「話し合うつもりはない」「黙れ」など、相手の感情を完全に拒否した表現なのです。

仲直りするためには、相手の感情に働きかける必要があると前述しました。「うるさいな」という発言は、その逆の行為といえます。

理解しようとする姿勢が無いことを察した彼女は、「分かってもらう」ことを諦めるように…。

そして、「諦め」は恋愛感情そのものを喪失させます。

2.「こんなことで怒るの?」

彼女がなぜこの程度のことで怒るのか、理解できない。そう思ったとしても、彼女には彼女なりの価値観や背景があります。人によって怒りを感じるきっかけは違うもの。

また、彼女は「怒りたい」と思って怒っているわけではありません。

できれば喧嘩したくない。怒りたくない。でも、怒りという感情は無意識レベルで湧き上がります。喧嘩中の彼女の感情を否定しないためにも、「こんなことで怒るの?」という発言はNGです。

3.「もう別れよう」

彼女が怒りをぶつけて喧嘩するのは、彼氏と向き合う意思があるからです。「嫌われたくない」という恐怖を認識したうえで、不満などを言葉にしています。

そんな彼女に「もう別れよう」と告げれば、「文句を言うなら付き合わない」「思った通りの彼女像しか認めない」という圧力に…。

怒るのを我慢した彼女は、自分の意見が言えないまま交際を続け、ストレスを抱え込むだけです。それが本当の幸せとはいえません。

4.「だから(言い訳)」

彼女がなかなか自分の意見を理解してくれず、喧嘩が長引くと、次第にイライラしてしまうことも。

でも、彼女は彼氏の言葉を聞いていないわけではありません。彼女が納得できる説明方法や理由が得られないだけです。

「だから」という言葉には、「いい加減理解しろ」「こちらの意見は絶対」というニュアンスがあります。彼女の心には一切寄り添わず、突き放しているのです。

理解を得られない時は、彼女が何に納得していないのか、適格に見極めましょう。

5.「出てくわ」

これ以上話しても埒が明かない。ピリピリした空気感の中に身を置きたくない。そう思って、2人がいる場所から立ち去るのは、正解とはいえません。

彼女が納得していないのに中断して立ち去るのは、彼女との話し合いを拒否したということ。「あなたと向き合うつもりはありません」という意思表示になります。

喧嘩の最中に一方的に「出てくわ」と告げるのではなく、「考える時間がほしい」など、前向きな理由を伝えて理解を得ましょう。

6.「めんどくさい」

喧嘩中に温度差を感じて「めんどくさい」と言えば、たちまち彼女の心が離れてしまいます。めんどくさがっている彼氏に対して、わざわざ向き合う意味が見い出せません。

「めんどくさい」という言葉には「向き合う価値が無い」「理解するメリットが無い」などの、打算的な思考が読み取れるのです。

恋人とのやり取りに、「面倒か面倒でないか」は関係ありません。労力の要らない関わりだけを選択していけば、深い信頼を掴み取ることはできないのです。

 

彼女と仲直りが難しそうな場合にしたいこと

想像以上に喧嘩が深刻なものとなり、彼女との仲直りが難しい場合もあります。特に彼女が「別れ」を悩んでいる可能性がある場合は、自然な解決は困難。

ここからは、様々な手を尽くしたけど仲直り出来ない場合、どんな行動をすればいいのかご紹介していきます。

解決が難しい喧嘩は、2人の今後が左右される重要な節目。深刻なすれ違いが生まれるほどに、2人の関わりも深まったともいえます。喧嘩を解決した先の未来を思い描きましょう。

1.共通の友人の力を借りる

第三者が介入することで、喧嘩でヒートアップした気持ちを静める効果が期待できます。

また、2人だけの意見では偏ってしまうもの。共通の友人の力を借りて、客観的な立場から助けてもらいましょう。

喧嘩の原因がデリケートな話題の場合、むやみに話すことははばかられることも…。

誰かを頼る時には、彼女のプライバシーを配慮したうえで相談するよう、注意が必要です。

また、何度も喧嘩して友人を頼ることが無いよう、しっかりと喧嘩の原因と向き合いましょう。

2.二人でルールを決める

喧嘩はお互いの思い描く価値観が一致していないから起きるもの。「どちらが正しいか」を決めるのではなく、「2人のルール」を決めて一緒に従うようにしましょう。

一度喧嘩に発展した問題は、今後も衝突の原因になります。お互いの反省点を見つめなおし、次からどうするのか決める。この過程を経る間に、お互いの気持ちに向き合うこともできます。

意見がすれ違う時は、少しずつルールを増やしていけば大丈夫。彼女と円満な交際を進めるための環境を、2人で整えていきましょう。

3.ちょっとした反省のプレゼントを贈る

女性は男性からのプレゼントを喜びます。特に喧嘩中は、問題ばかりに目が向いて、なかなか彼からの善意や愛情に気付けないもの。思い切ってプレゼントを贈ることで、流れを変えることができます。

言葉で「ごめんね」と伝えながら、反省のプレゼントを渡しましょう。お花やケーキなど、女性心を掴むちょっとしたアイテムがおすすめ。

プレゼントが食べ物であれば、一緒に食べながら仲直りのきっかけを掴むこともできます。

4.喧嘩の原因になった失敗を二度としないと約束する

どれだけ謝っても彼女が許してくれないのは、喧嘩の根本にある原因が解決していないから。謝られたとしても、何度も喧嘩を繰り返したら意味がありません。

喧嘩の原因になった失敗を「二度としない」と彼女に約束すれば、嫌な出来事であっても許そうと思えます。

その代わり、「二度としない」と言って何度も繰り返すと、逆効果になるので要注意。

「嘘だったのかな」「都合がいい人だな」と思われると、印象を覆すことは困難です。

 

彼女が求めているのは、言い訳ではなく「誠実さ」

喧嘩を解決するためには、「彼女が何を求めているか」を知り、適格にアプローチすることが最も有効です。

喧嘩中の彼女が、言い訳を求めているとは考えられません。彼女の心と向き合おうとする「誠実さ」が必要といえます。

そのため、ここまでご紹介した「彼女の意見に寄り添う姿勢」や「解決へ向けた提案」などが、仲直りには効果的です。

怒っている相手と向き合うのは大変なこと。ですが、目を背けるよりも、向き合った方が望んだ未来へと近づきます。

恋愛は楽しい事ばかりではありません。相手の短所を知り、意見が衝突した時は、どんな行動を取るのか彼女に見られています。2人の命運を分ける重要な時期だと捉え、慎重に行動しましょう。

 

意地を張らずに、素直に謝ろう。

大好きな彼女だからこそ、「自分を理解してほしい」「なんで理解してくれないの?」なんて思ってしまう。

でも、彼女には彼女の価値観がある。意地を張って喧嘩を押し通したところで、彼女が無理をする未来へと近づいてしまうんだ。

確かに自分の意見が「正しい」ことにはできる。でも、それって本当に正解?

彼女と自分が求めていたのは「勝ち負けを決めること」ではない気がする。分かり合える未来を信じて、今まで向き合ってきたはず。

傷つくのは怖いし、プライドを守りたいと思ってしまう。でも、今の自分はそれ以上に、「彼女との絆」を守りたい。

覚悟は決まった。後は、彼女にあの言葉を伝えるだけだ。

傷つけてごめんね。これからはもっと大事にするから。

 

おすすめ記事
ねえ知ってる?あなたのこと好きだからケンカするんだよ?

彼女と喧嘩。ここだけの対処法教えます。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容になります。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラーなど専門家にご相談の上、ご自身の責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする