2019.12.13

「最後にキスして。」

Ayano

Ayano

隠されたメッセージ。

高で最低な恋。

最高なものは、永遠を感じさせてくれるものだと信じてた。

でも、最高だと思っていた男は、一瞬で消えた。

今まで、信じていたこと全て、偽りだと知った時、心に大きな傷だけ残して、癒える前に塩を塗りこまれた。

恋は簡単に「嘘」と「裏切り」を教えてくれる。知らなくてよかったのに。

でも、最高な恋だった。

 

の祭り。

何度後悔したって遅い。何度悔やんだって遅い。もう全部全部、終わってしまったんだから。

あの時、こうしていれば。あの時、あんなこと言わなければ。あの時、あの言葉を言えていたら。

そんなたらればを並べたって、目の前の現実は一ミリも変わってくれなかった。

それでいいんだ。それが正しいんだ。

 

おいがした。

喪失感に見舞われながら、歩いた繁華街。夜の都会は、今日も眠る時間を教えてくれなかった。

すれ違いざま、私を惹きつけるように香ったあの匂いは…。

今でも、鼻にこびり付いて離れない香水の香り。彼かもしれない。そんなこと思いながら、振り返ることすら怖くてできなかった。

「もし彼じゃなかったら」そう思ったら、自分の行動が情けない気がしてしまうから。

 

ライなもの。

タバコの匂いが染み付いたソファー。他の女の香水の匂いがするジャケット。

飲み会帰りのお酒の匂い漂う唇。抜け殻のように脱ぎ捨てられたパンツ。炭酸が抜けきった缶ビール。

人間って、なんでこんなにも強欲なのだろうか。

なんでこんなにも、欲望に忠実に生きられないのだろうか。

本当は好きな人と仕事をして、好きな人を抱いて、好きな人と生きていた方が楽しいのに…。

それが簡単にできるほど、世の中は甘くないらしい。

そんなことを思いながら咥えたタバコは、人生の苦みを象徴するような不味さだった。

 

キだった。

好きな人にしか見せない笑顔。好きな人にしか見せない色っぽい顔。好きな人にしか見せない快楽に溺れた顔。

この恋には、終わりが来るらしい。針が右回りをやめない。刻一刻と過ぎていく時間の中で、私の心臓は止まったままだった。

鼓動が早くなる感覚は、いつから味わっていないのだろう。

本当は、ただ好きな人に「好きだ」と言える人生を送りたかったのに。

それすら叶わない世知辛い世の中に、私は何を求めているんだろう。

 

んじてた。

好きな人に遊ばれる毎日。

呼びたい時だけ呼ばれ、「会いたかった」も「好きだ」も「愛してる」も聞いたことないのに、何を期待して、この関係を続けているのだろう。

毎回「今日が最後」。そう決めて、彼に会いに行く。

彼女がいるのかも聞けない。合鍵も持ってない。女物の化粧水とメイク落としが気になる。今日はどこで何してるんだろう。

全部全部、聞いたら壊れることを知ってるから。

こんな人生、楽しくもないのに…望んでいた人生じゃないのに…。

もう涙すら出てこないや。自分に呆れて、男に呆れて、酒に呆れて、タバコに呆れて。もう、涙を流すことすら勿体無いや。

 

がみを書こうか。

柄にもなく、手紙でも書いてみようかと思った。

そんなアナログな行動に、彼は呆れながら笑ってくれるんじゃないかと思ったから。

でも、そんなはずないか。

今私が目の前に現れても、涼しい顔して「久しぶり」って言うだけ。それだけの関係。たったそれだけ。

私がいなくなったことに、彼は気づいているんだろうか。それすら気にしてなかったら…。

私がこの世に存在して、この世に生きている意味すら分からなくなってしまう。

お願いだから、あと一回だけ、最後に一度だけ…。

 

最後にキスして

お願い。最後に一度だけ。私の唇に、温かくて優しいキスを落として?

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする