2019.12.06

独りが好き。一人が好きな人の特徴と一人行動が落ち着く・好きすぎる理由

一人でいるのが好き。

一人でいるのが好き。一人でいると気持ちが落ち着く。

一人でいる時間は、誰にも邪魔されず、自分自身と向き合える大切な時間。

頭の中が透明になって、雑音や雑念から離れられる、かけがえのない時間。

だから私は一人が好き。

どうしても、一人でいる時間がないと生きていけない。

独りが好きなのって悪いこと?

独りが好きなのって恥ずかしいこと?

違う。独りが好きなことは、決して悪いことでも、恥ずかしいことでもない。

誰もが、たくさんの人と関わり合いながら生きていく人生。

そんな中でも堂々と一人でいられる人は、自分自身をしっかりと確立している人

独りが好きな人ってどんな人?

どうして一人行動が落ち着くの?

どうして一人でいるのが好きなの?

今回は独りが好きな人について、詳しく知っていきましょう。

 

一人でいる人は寂しい人なの?

気がつくと一人で過ごしている。

一人でご飯を食べて、一人で買い物に行って、一人で帰宅する。

誰かと一緒に過ごせば寂しくないはずなのに、また今日も一人行動。

だって、一人でいるのが好きすぎるから。

結局、一人で過ごす時間が落ち着くから。

そうやって誰かと過ごさず、一人でいる人って、寂しい人なの?

孤独でかわいそうな人なの?

いいえ、まったくそんなことはありません。

一人が好きな人は、自分をしっかり持っている人です。

周りに流されず、自分の意思で自分の行動を決められる、自立した人。

一人でいる人は、決して寂しい人なんかじゃない。

自分で自分を愛せる、心が豊かで満たされた人なのです。

おすすめ記事
正しい孤独は自立なんだよ。それさえ知れば人生はもっと楽しくなる。

私、一人だけど孤独じゃない。正しい孤独の捉え方

 

【性格別】一人行動をする人の心理

一人でいるのが好きな人の中には、内向的な人と外交的な人がいます。

どちらの人も、同じ「独りが好き」という気持ちを持っていますが、内側に秘めた心理は違うもの。

「人と関わりたくない」という理由もあれば、「ゆっくり一人で考える時間がほしい」という理由もあります。

一人でいたい理由は、本当に人それぞれなのです。

一人が好きな人たちがどういった理由で一人行動を選んでいるのか、タイプ別に見ていきましょう。

1.【内向的な人】誰とも会いたくない

人といるだけで、どっと疲れてしまう。

人とずっと一緒にいると、気を使いすぎて消耗してしまう。

そんな優しすぎる人には、「誰とも会いたくない」と感じる瞬間があります。

息が詰まりそうになったとき、一人になれば苦しい気持ちから解放されるもの。

一人で静かに過ごすことが、心を落ち着かせてくれるのです。

誰とも会わず一人で過ごす時間は、内向的な人にとっては安らぎの時間。

2.【内向的な人】他人との接触で傷つきたくない

他人との関わりは、どうしても自分の思い通りにはいかないもの。

ときには理解してもらえないことだってあるし、思いがけない言葉に傷つくことだってある。

誰かと一緒にいることでそんな辛い思いをするのなら、一人でいたほうが楽だから。

一人でいれば、傷つくこともないから。だから一人が好き。

他人との接触で傷つきたくない人は、自分を大切にするために、一人でいることを選んでいます。

自分の心を、自分で守っているのです。

おすすめ記事
知ってる?内向的な人はこんなに魅力的なんだよ

知ってる??内向的な性格って、こんなに素敵なんだよ。

3.【外交的な人】大勢の人と楽しく過ごすためのチャージ期間

みんなで過ごす時間は、やっぱり楽しいものじゃなくっちゃ。

人と一緒にいる時間は盛り上げたいし、最高の思い出にしたいから。

大勢の人と過ごす場を全力で楽しむ外交的な人には、そのエネルギーをチャージする時間が必要です。

いつも元気にハイテンションを保ち続けられる人はなかなかいないもの。

一人でゆっくり過ごす時間が、またみんなで楽しい時間を過ごすための充電期間となるのです。

4.【外交的な人】ゆっくり自分を見つめ直す

他人と過ごす時間が大好きな外交的な人にも、一人でゆっくり考えたい日があります。

みんなで笑ってはしゃいで過ごす日常は、欠かせないもの。

でも、自分が一体誰なのか?今、どこにいるのか?

立ち止まって、確認したい時がある。

一人で自分を見つめ直すことで、大勢の人の中でも、自分を見失わずにしっかり立っていられるから。

 

同じ「一人が好き」でも人それぞれなんだ

一口に「一人が好き」といっても、人によってその理由はさまざまです。

自分の心を癒すため。

自分の心を守るため。

誰かと楽しい時間を過ごすため。

自分を見つめ直すため。

それぞれの理由に、悪い理由なんて一つもありません。

みんなそれぞれ、一度きりの人生を精一杯生きているのです。

内向的な人も外交的な人も、自分の人生を自分なりにうまく生きるために、一人の時間を大切にしています。

同じ「一人が好き」でも、それぞれの人生に合った”一人の時間”がある。

そう知ったら、自分だけの一人の時間が愛おしく感じられるでしょう。

 

 

「ひとりがいい」一人の環境が好きすぎる理由

「独りが好き」と、あえて一人の環境を望む理由にはどんなものがあるのでしょうか。

大勢の人で溢れるこの世の中で、一人で過ごすことで得られるものは何でしょうか。

一人で過ごすことが好きな人には、一人行動を選ぶ理由があるのです。

そこに共通していたのは、“自分を大切にする”という自立心

一人の環境が好きすぎる理由を、一つずつ見ていきましょう。

1.自分のペースで物事を考えられる

誰かと一緒にいると、周りの声や意見がどうしても気になってしまいます。

「本当はこうしたいのに」「あの人がこう言っていたから」と、自分の考えを遠慮したり、思っていたことがブレてしまったり。

自分のペースで何かをじっくり考えるには、一人でいることが最適です。

一人なら誰にも邪魔されず、自分と向き合いながら答えを出せます。

他人に気を使いやすい人ほど、一人で考える時間は大切にしたいものです。

2.自分の好きな場所に行ける

気になっていたカフェ、本当は好きな庶民的なお店、誰も知らないようなニッチな場所…。

「行きたい!」と心では思っていても、誰かと一緒だと遠慮してしまうことがあります。相手の趣味に合わなかったり、時間の制約があったり、全て思い通りに行動することは難しいものです。

でも、自分一人なら、どんな場所でも遠慮する必要がありません。

好きなように、気の向くままに。いつ行ってもいいし、いつ帰ってもいい。

「今日はここへ行こう」と決めて、「やっぱりやめた」と場所を変えるのも自由です。

3.時間を自由に使える

一人行動は、時間を自由に使えるのもいいところ。

いつどんなタイミングで何をしようと、誰にも迷惑がかからず、何かを言ってくる人もいません。

人と一緒にいると、相手のタイミングや居心地も考えて過ごすことになりますが、独りなら全て自分次第。

何にも左右されず自由に使える時間は、快適なものです。

思い切り趣味にのめり込んでもいいし、一日中ベッドで自分を甘やかしてもいい。

独りの時間を持つことで、自分の人生を謳歌できるのです。

4.誰にも否定・邪魔されない

何をしようと、どこにいようと、誰にも否定・邪魔されない”一人だけの時間”は快適なものです。この居心地の良さが「一人行動が好きすぎる」大きな理由。

他人が新しいことをしたり、自分の考えと違う行動を取ったりしたとき、否定する人も世の中にはいます。

でも一人でいれば、そんな雑念が耳に入ってくることはありません。

誰にも邪魔されず、自分のやりたいようにやれる。だから一人でいることが好きなのです。

5.傷つくことがない

人が傷つくときは、人と関わっているときです。

傷つくことを言われた。知らないところで陰口を言われていた。不当な評価を下された。

このようなことは、独りでいれば起きないこと。「だから、ひとりがいい。」そう思うのです。一人でいることは人から傷つけられることがなく、気楽なもの。

自分で自分に優しい時間をプレゼントして、大切な心を守っているのです。

 

自分ときちんと向き合うためには、一人がいい。

自分は何がしたくて、何が好きで、どんな人間なのか。

その答えは、自分自身との対話の中で生まれてくるもの。

人と過ごす時間が悪いわけじゃない。

独りの時間だからこそ、自分の心の声と真っ直ぐ向き合える。

あの人がこう言っていたから、意見を合わせよう。

やりたかったことだけど、あの人が嫌がるからやめておこう。

人からこう言われたから、その通りにしておこう。

そうやって周りの人に合わせて、自分の本当の姿・心の声を隠さなくてもいい。

独りが好きな人は、自分を愛せる人。

独りの時間を作って、自分のことをじっくり知ろう。

おすすめ記事
人嫌いじゃない。でもたまにはゆっくり一人で過ごしたい。

人間関係に疲れた時、どうすれば楽になれる?|あなたのストレス度を診断

 

一人が好きな人は、一人で生きていく力のある人。

一人でいるのが好きな人は、一人でいても幸せを感じられる人。

誰かに頼らず、自分の力で人生を切り開いていける人です。

自分のことをよく知り、自分がやりたいようにやる、そんな時間が好きで好きでたまらない。

自立心旺盛な内面を持つ「独りが好き」な人は、一人で生きていく力を持っています。

どんな選択肢も、自分がやりたいからと胸を張って言える姿は美しいもの。

一人が好きな人は、後悔しない最高の人生を送るために、一人の時間を大切にしているのです。

 

一人でいる時間を楽しんで、人生をより楽しもう。

「独りが好き」なことって、素晴らしいこと。

こんなにも自分を大切にできて、自分の人生を生きている実感を得られる時間はほかにない。

自分がやりたいことをする。

自分が行きたい場所に行く。

自分が会いたい人に会う。

みんなそれぞれに、心の内側から湧いてくる”楽しいこと”があるもの。

自分との対話の中で見つかった大切なものを、しっかり胸に抱いて進んでいこう。

一人でいる時間を楽しんで、人生をより楽しもう。

 

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。

今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。 

 

Riri
Riri
人目を気にして生きてきた人生から、自分のために生きる人生にシフト。幸せになれるメンタリティや生き方について発信します。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする