2019.12.03

心変わりした?人の気持ちは変わるんだよ。恋愛で冷めた彼氏・彼女の心理

あんなに好きと言ってくれた彼・彼女が心変わりした…

あんなに2人で幸せな時間を過ごして、何度も愛情を確かめ合ったのに。今の2人は酷く冷めきっている。

私からの気持ちは変わらない。

でも、彼の中で何か心変わりがあったみたい。

なぜこうなってしまったの?いったいどこから歯車が狂い始めたの?

彼が心変わりする前に、どうして向き合えなかったんだろう…。

後悔ばかりして、何をしたらいいのか分からなくなっている。

「好き」という気持ちは永遠ではない。でも、「好き」という言葉に嘘偽りはなく、口にする時には永遠に続く気さえするんだ。だからこそ、冷めてしまえば裏切られたような気持ちになる。

ねぇ、もう一度「好き」って言って?

どうか、こんなことばかり考える私を、わがままだと思わないで…。

 

どうして人の気持ちは変わるの?

深い愛情を確かめ合ったにもかかわらず、ふとした拍子に人の気持ちは変わることがあります。

仲の良いカップルであるほど、心変わりした時の喪失感は計り知れません。

どうして人の気持ちは変わるのか?そこには様々な原因や理由が隠れています。

代表的なものだと、もともとの恋人へ対する期待値が高すぎた、不快に思う瞬間があった、相手の心理状態が変わった、考え方が変わり合わなくなった、など。

実際にパートナーが心変わりすると、「変わらない人」を求めたくなりますが、「変化」は人類が生き延びるうえで身に着けた能力の一つ。生存能力を高めるため、より良い環境を求めて変化するのです。

今できることは何なのか、何をすれば解決するのか、冷静に考えて対応しましょう。

 

恋愛で彼氏・彼女の「心変わりした瞬間」

心変わりした相手は、正直に理由を教えてくれる時もあれば、隠して建前で会話する時もあります。

相手からの意見を聞くことも大切ですが、自分自身も心変わりの主な原因を知っておくことが重要。これにより、相手の本心を想定して対応できます。

そこで、ここからは恋愛で彼氏・彼女の「心変わりした瞬間」をご紹介。愛情が離れてしまうタイミングを一つ一つ確認して、パートナーにもう一度寄り添うための参考にしてみてください。

1.自分の嫌なことをされた

誰しも「これだけは譲れない」「これだけは守ってほしい」というボーダーラインを持っています。これを突破してしまうと、相手の心を不用意に傷つけてしまう結果に…。

自分にとっては問題ない行動でも、彼氏・彼女にとっては嫌だった、というケースは少なくありません。

慣れてくると自分の尺度で行動してしまいがちですが、常に「他の人だったらどうだろう?」という視点で言動を客観視すると、こうしたトラブルを防ぐことに繋がります。

2.信頼関係を失った

恋愛感情は信頼関係があってそ成立します。誰かを「好き」と思う状態の心は無防備。

むやみに傷つけられたり、嘘をつかれたり、裏切られれば、心に深い傷を負ってしまうリスクがあるのです。

そのため、好きな相手に受けたネガティブな仕打ちは、いつまでも心に残り続け、深刻な人間不信を招きます。信頼関係を失ったカップルは恋愛感情の基盤を無くし、心変わりしてしまうのです。

彼氏・彼女に対しては、傷つけないよう細心の注意を払うべきといえます。

3.金銭的なトラブルがあった

信頼関係を揺るがす大きな原因として「金銭トラブル」が挙げられます。この社会ではお金がないと生きていけません。皆、自分の人生を削って、お金を稼いでいます。

借りたお金を返さないなどのトラブルが生じて、信頼関係に亀裂が入るケースは少なくないのです。

また、浪費癖があるのに金銭を要求するなど、パートナーの目から見て「甘え」に感じる場合も同様。どれだけ親しい間柄であっても、金銭面では依存しない方が、安心して関係性を維持できます。

4.人間性を疑うことがあった

モラル・マナー・道徳などの人間性は、あらゆる人間関係の土台になります。この土台が崩れれば、どんなに嬉しい愛の言葉も揺らいでしまうのです。

恋愛するうえで「人として尊敬できない」「人として信頼できない」という感情は致命傷になります。

家族を邪険に扱う、いじめを行う、噂話・悪口を言う、店員に横暴な態度を取る、など人間性を疑う場面は様々。多くの場合、他人の気持ちに鈍感になり、自分がされたら嫌なことを他人に行っています。

5.浮気をされた・他に好きな人ができた

恋愛感情そのものの変化も、心変わりのきっかけとして挙げられます。

まずは、相手に浮気をされた時。浮気は「好き」という気持ちを裏切る行為です。浮気された人は、許しているように見えても、二度と心から愛情を向けてくれなくなります。

また、他に好きな人ができることも。原因は一概にはいえませんが、もともと新しいものに気移りしがちな性格である可能性や、パートナーへの不満を他の異性で解消したくなった可能性があります。

 

 

彼女・彼氏の気持ちはいつだって「本物」

「大好きといったのに、なぜ心変わりしてしまったの?」

「あの言葉は嘘だったの?」

このように感じてしまう人は少なくないはず。心変わりは、愛情を確かめ合った過去さえ否定されたような気持ちにさせます。

ですが、「大好き」という言葉も、心変わりした後の「別れたい」という言葉も、「今」の本当の気持ち。その時に感じている本心を素直に向けてくれているけど、彼女・彼氏の気持ちは変わるのです。

過去の「大好き」と伝えてくれた彼氏・彼女の記憶は胸にしまい、今目の前で別れを考えている彼氏・彼女と誠心誠意向き合いましょう。

過去の記憶を呼び覚まして傷ついている間、相手は「今」の時間軸で物事を考えています。過去に囚われすぎると、「今」の彼氏・彼女を見失ってしまうのです。

 

恋愛に冷めた相手にしてはいけない行動

心変わりにより恋愛感情が冷めた相手には、冷静に考えて行動する必要があります。どんなに辛く苦しくても、衝動的に感情のまま行動すれば、さらに深刻な事態を招いてしまうのです。

恋愛に冷めた相手にしてはいけない行動を見ていきましょう。

1.復縁を迫る

突然「別れ」を突きつけられれば、抵抗したくなるもの。簡単に納得できないのは、ごく自然な感情といえます。でも、むやみに復縁を迫れば、さらに相手の拒絶反応を煽ることに。

彼氏・彼女が別れを意識した原因は何だったのか?それに対して、自分はどう対処していくのか?

復縁した後にどんな未来が待っているのか具体的に示さないと、相手は復縁する意味を見出せません。また、復縁を申し出る前に、相手の心のケアを充分に行う必要があります。

2.相手を責める

「相手が冷めた」という事実に、裏切られたような感覚になることも。でも、絶対に相手を責めてはいけません。心変わりの原因がどちらであっても、責めれば信頼関係がさらに揺らいでしまいます。

「心変わりした」という事実を受け止め、できる限り相手が正直に思いを話せるように接しましょう。

萎縮させたり罪悪感を煽れば、二度と心を開いてくれなくなります。

やりきれない気持ちをぶつける場合、彼氏・彼女ともとの関係に戻れない覚悟が必要です。

3.報復で新しいパートナーを探す

相手の心変わりに報復するため、無理矢理に新しいパートナーを作り、相手に見せつける。これもNGな行為です。

彼氏・彼女の中に残っていたわずかな復縁の可能性も、無くなってしまいます。

別れを持ち出されたとしても、過去に感じた愛情や信頼は変わりません。悩んだ末の「別れ」という結論なら、1パーセントでも復縁の可能性は残っていることがあります。

相手に嫉妬させるため、注目させるための報復は、2人の関係を完全に終わらせてしまうのです。

 

心変わりした相手にどう接するのが正解?

どれだけ信頼関係を築いていても、人の気持ちは変わるもの。絶対に変わらない関係性はごく稀です。そのため、心変わりした相手にどう接するかが肝心となってきます。

ここからは、どのような接し方が正解なのか見ていきましょう。

1.距離を置く

 

別れを恐れると、積極的に連絡しすぎたり、会う機会を増やそうとしてしまいます。ですが、既に気持ちが離れた相手に対してこれを行えば、むしろ逆効果に。

相手に圧迫感を与えない程度に離れ、距離を置くことも大切です。完全に離れないよう、定期的な連絡や会う機会は作り、相手と関わるタイミングでは思いやりを欠かさないようにしましょう。

感情のままに動くと、一方的なコミュニケーションになります。

相手に無理をさせないことが最優先です。

2.別れることを視野に入れる

「絶対に別れたくない」という気持ちは言動に影響します。自分の心を不安定にし、相手の考えを制限し、向き合う機会を逃す原因にもなり得るのです。

そのため、「別れること」も視野に入れるという考え方が大切。自暴自棄になって受け入れるのとは違います。

別れた場合の未来を受け止めると、「彼氏・彼女のありのままの気持ちを受け止めること」に繋がるのです。結果的に相手に寄り添った言動に繋がり、後悔のない振る舞いができます。

 

 

恋愛に「永遠」は、ないらしい…

失恋を経験するたびに「変わらない愛情」を求めたくなるもの。でも、恋愛に「永遠」はありません。

なぜなら、人の気持ちは変わるから。

同じ価値観を持った相手をパートナーに選べば、お互いに変わったとしても、同じ未来を向くことができます。そのため、長続きの条件として「価値観の一致」が挙げられるのです。

「変わらない愛情」を求めるより、「変わっても続く信頼関係」を築き上げることが大切。お互いの心の拠り所になることができれば、どんな変化が訪れても、2人の関係性は揺らぎません。

恋人としてだけでなく、人として向き合えるように。そして、パートナーを大切にできるように。お互いに成長して変化を受け入れ続ける関係こそが、長続きするカップルなのです。

 

心変わりする原因が自分なら、直すべし!

人の気持ちは変わるもの。でも、もし心変わりの原因が自分だとしたら、直すことで、本来迎えるはずだった未来を取り戻すことができる。

相手の愛情が離れてしまう瞬間というのは、自分自身を成長させるタイミングが訪れたサインなのかもしれない。

相手の心変わりを責め、現状維持を貫くのではなく、私自身を変えてみよう。

もちろん、変わることはすごく怖い。過去の私を否定するような気さえする。

でも、恋愛は人の心を成長させるのが最大の魅力ともいえる。恋愛関係になって、大好きな相手に指摘されるから、心から「変わりたい」と思えるんだ。

辛い気持ちを抱えて殻に閉じこもってしまう自分を変えよう。

このかけがえのない経験を無駄にはさせない。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする