2019.12.02

希死念慮とは?突然死にたくなる衝動への対処法とあなたが「生きる意味」

突然死にたくなることが何度もある…

突然「あ、死にたい」と思う。何度も思う。

「お腹空いたな」「なんだか眠たいな」という感じで湧き上がるけど決して軽い気持ちではない。

毎回本気でそう思ってる。

別の日には、「私は生きていてはいけない。生きてる価値がない。社会のゴミは消えなくちゃ」と焦燥感が混じった死にたい気持ちに襲われる。

そして「もう何も感じなくなりたい」「消えてなくなりたい」と冷静に思う。

こうなるまでにたくさんのことがあった。家族、仕事、恋愛、周囲の期待、夢。全部が複雑に絡み合って、心も頭もぐちゃぐちゃになった。

数え切れないくらい泣いて、叫んで、心を殺して、自分を責めて、傷つけて、もがいて、足掻いて、苦しんだ。

自分にも、未来にも、この世界にも、全てにもう期待していない。全部もうどうでもいい。

もう疲れた。楽になりたい。

 

希死念慮とは?

希死念慮とは、自らの死を望むことを指します。

「あ、死にたい」とふと思うことや、「私は生きていてはいけない。死ななければ」と強い気持ちに襲われるなど強弱は幅広いものです。

病気や人間関係など原因はさまざまですが解決することが難しく、死ぬことよりも生きている辛さの方が勝ってしまうため、自らの死を望みます。

また、「このまま眠り続けて目覚めたくない」といった消極的な気持ちも希死念慮のひとつ。

いずれも心は深刻で危機的な状態に陥っています。「疲れるだけだから何も感じなくなりたい」「もう何にも期待していない」と今の自分、将来の自分、この世界に絶望しているのです。

 

「希死念慮」を誘発しがちな8つの兆候

「死にたい」という気持ちを持つ人は共通するいくつかの特徴があります。

それは様々なことに傷つき、苦しみ、悲しみ、もがき、足掻き、心が灰色になった状態の人がとる行動。それらを繰り返していくと、さらに死にたい気持ちを強くしていってしまいます。

これからご紹介する8つの兆候を知ることで、客観的に自分自身の状態に気づくことができ、周りの人も「その人の心の状態がとても危険である」ということを知るきっかけになります。

おすすめ記事
生きることと死ぬことで悩んだら、読んでほしい。

死にたいとき、自殺願望の理由や心理は?心が訴えている11のサイン

1.眠れない・眠り過ぎる

眠れない、または眠り過ぎることは希死念慮を誘発しがちな兆候の一つです。

眠れないということは頭がフル回転で動いていること。過去を思い出したり、将来を考えて湧き出す悩みや不安、怒りや悲しみで心も頭もいっぱいなのです。

また、自分やこの世界に絶望していると、日中起きていても楽しいことがありません。起きている意味を見出せないことに加え、人と関わりたくないため日中眠ってしまいがちになるのです。

2.誰とも会いたくない。人を気遣う余裕がない

希死念慮を持つ人は、誰とも会いたくない、もしくは人を気遣う余裕がないという兆候がみられます。

もう既に心は疲れ切っている状態。人に会って、話して、表情を変えるなど全てが疲れを伴うストレスなのです。

また、自己肯定感がほとんどない状態なので、自分以外の人がキラキラして見えてしまいがち。

「自分はなんてダメなんだ」

「自分には価値がない」

「なぜ自分だけがこんなに辛い思いをしなくちゃいけないんだ」

と、さらに自分を傷つけ苦しんでしまいます。

3.復讐心に感情の全てを支配されてしまう

復讐で頭も心もいっぱいになっていることも希死念慮を誘発する兆候の一つ。

「自分のこの状態は全てその人のせいだ」と思っています。憎しみと怒り、そして復讐してやるという気持ち。中には復讐することを生きる糧にしてしまう場合も。

また、復讐心に支配されている状態から「私だって本当はこんな感情持っていたくない。願ってこうなったんじゃない。死んでもう楽になりたい」という状態に変わり、情緒が不安定になってしまうのです。

4.服薬や酒量の増加

価値がないダメな自分、希望なんてない未来、キラキラして眩しい世界は”辛い現実”。

希死念慮を抱く人は、そんな現実から逃げる(自分を守る)ために睡眠導入剤などの薬を服用して頭を働かせないようにしたり、お酒を大量に飲んで無理やり楽しい気持ちにさせている場合も。

ただ、その状態は一時的なもので、元の状態に戻るにつれて不安な気持ちが加速していきます。それから逃げるためにさらに薬やお酒の量が増えてしまうので注意が必要な状況です。

5.自殺の具体的な方法を調べてしまう

「死にたい」という気持ちを抱え続けてきた人は自殺の具体的な方法を調べます。

傷つき、悲しみ、苦しみ尽くしたこの状態から解放されるために調べるので死後のことはほとんど考えません。一番痛みを感じない自殺方法や一番綺麗な死に方などの情報を冷静に集めます。

書籍やインターネットで簡単に具体的な自殺方法を知ることができてしまうので、「死」がより鮮明になり、自分に当てはめてリアルに考えられるようになるので希死念慮を誘発してしまうのです。

6.人生を絶望視してしまう

人生に絶望してしまうことも突然死にたくなる気持ちを生む兆候の一つ。

「今抱えている病気や障害と上手に付き合って生きていけるのか自信がない。」

「人生の全てを捧げてきたのに何の成果にも繋がらなかった。これから何のために生きていけばいいかわからない。」

「自分の人格や価値を全否定された。自分は生きてる価値があるのか。」

などさまざまな原因が絡み合い、いずれの場合でもこの辛くて苦しい現状から解放されたくなってしまうのです。

7.何かに追われるような感覚に襲われる

突然死にたくなる希死念慮を引き起こす兆候として、何かに追われるような感覚に襲われることが挙げられます。

私たちは日々「○○すべき」「○○しなければいけない」という呪いのようなものと向き合っています。

例えば「仕事はミスなく完璧にこなさなくてはいけない」「会社に勤めて安定した生活を送るべき」「年頃になったら結婚して家庭を持つべき」など、しなければならないという考えは常につきまとってきます。

そういった呪いに追い込まれて、生きていることが辛く苦しくなってしまうのです。

8.感情が不安定になりやすい

8つ目の希死念慮を生む兆候は、感情が不安定になりやすいということです。

死にたい気持ちを抱える人はとても繊細。

加えて自分に自信がないので、人の言葉や感情表現・行動に一喜一憂してしまいます。

嬉しい・楽しい気持ちを持っていたのに、一つのきっかけに突然悲しくなってしまう。

このジェットコースターのような激しい感情の動きに心が疲れ果ててしまい「もうこんな自分はうんざり」「もう何も感じなくなりたい」と思ってしまいます。

おすすめ記事
不安は吐き出していいんだよ。感情が不安定な時にこそ読んで欲しい。

死にたい。生きるほどに死にたくなる。人生の不安から解放される方法

 

 

急に死にたくなる波が何度も来るのが怖い

死にたくなる気持ちは前触れもなく襲ってきます。

自分でも驚くくらい急に、そして何度もやってくるのです。

例え精神的に安定していて「何か新しいことにチャレンジしてみよう」「楽しく生きられるように頑張ってみよう」と前向きな気持ちを持っていたとしても、ちょっとしたことで「やっぱり私はダメなんだ」「何をしてもきっと上手くいかない。この先もきっとそうなんだ」と絶望してしまいます。

希望と絶望の気持ちを行き来するのは本当に疲れること。天と地ほどの落差があるので、しんどさが積み重なってだんだんと心が灰色になっていきます。また、死にたくなっている自分がいることを認識するのが怖くなります。

「なんて恐ろしいことを考えているんだ」と。

 

お願い。話しかけないでほしい時もあるんだ。

「どうしたの?辛いことがあるなら話してみて?話せばスッキリすることもあるよ」

「死にたい、だなんてそんな悲しいこと言わないで。私にできること何かある?」

心配して声をかけてくれることがあります。そのこと自体は心から嬉しい。

でも頭も心もいっぱいいっぱいで、話すことができない時もあります。また、話したくても自分がどんな状態で、どんなことを思い、望んでいるかもわからない状態の時も。

脳を動かして考え、相手の目を見て、口から言葉を発するということはとても疲れてしまうことに感じる時もあるのです。

特に感情の波が立っている時は、尖った言葉が衝動的に出てしまい、後悔の念で自分を傷つけてしまうこともあります。

一人になって考えたり、落ち着く時間も必要です。

お願い。今は一人になりたいんだ。

 

突然死にたくなる衝動へ10の対処法

死にたくなる気持ちは衝動的に湧き上がってくるもの。そして「こんな気持ち持っていたくない」と思ったとしても、すぐに捨てされるものではありません。頭からなかなか離れてくれない強く粘着性のある気持ち、それが希死念慮です。

コントロールするのはとても難しいですが、それ以上死にたい気持ちを大きくさせないよう抗うことはできます。

もしあなたが突然死にたくなった時に、ぜひ試して欲しい対処法を10個ご紹介します。

1.夜(深夜)は極力考え事をしない

突然死にたくなる気持ちを大きくしないために、夜(特に深夜)は考え事をするのを避けましょう。

朝や昼よりも、外が暗く静かな夜の方が不安や悩みは考えが巡ってしまいます。誰かに話したくなっても深夜であれば難しいでしょう。一人で悶々と考え続けると頭が冴えて眠れなくなり、睡眠不足で情緒不安定になってしまいます。

わざわざ辛い気持ちを夜にひとりで抱えることはありません。「翌朝の自分に任せよう」と無理やり投げて明日を迎えることも大切です。

2.「死んだ方がいい人」なんていないと言い聞かせる

希死念慮に襲われたら「死んだ方がいい人なんていない」と自分に言い聞かせましょう。

そんな人、一人もいないのですから。

誰かの役に立てなければ生きている価値がありませんか?誰かに迷惑をかけたら生きている価値はありませんか?

違います。この世に生まれた時から、あなたの人生はあなたのもの。

親でも友人でも会社のためでもない、あなたのためだけのものです。今この瞬間、あなたが”存在する”ということ自体が既に価値のあることなのです。

 

3.死にたい時の自分と向き合ってみる

死にたい時の自分と向き合ってみるということも、突然死にたくなる気持ちを大きくさせないための対処法の一つです。

死にたくなった理由はなんですか?人に迷惑をかけた、人を傷つけた、大好きな人に裏切られた、信頼してる人に人格や価値を否定された…など様々ありますが、全て自分以外の誰かがきっかけの場合が多いでしょう。

あなたの人生はあなただけのもの。他人のせいであなた自身や人生が揺らぐなんて勿体ないのです。

4.他人のアドバイスは鵜呑みにしすぎない

4つ目の衝動的な希死念慮の対処法は、他人のアドバイスを鵜呑みにしすぎないことです。

あなたの気持ちはあなたにしか分かりません。あなたの一番の理解者はあなたです。

また、死にたいという気持ちの重さは人それぞれ。あなたの気持ちの重さは、他人はおろか家族にも正確に伝えることはできないのです。

「楽しいことをして忘れるのがいいよ」「考えすぎるのはよくないよ」と言われても、あなたの心が受け入れられなければ聞き流してしましいましょう。

5.生活リズムを整え適度な睡眠を取る

生活リズムを整え、適度な睡眠を取るということは有効な希死念慮の対処法です。

適度な睡眠というのは、日中眠くて困ることがない程度の睡眠のことを指します。睡眠時間が長すぎても短すぎてもよくありません。

なぜ有効かというと、太陽の光を浴びたり、栄養バランスの良い食事をとったり、適度な睡眠を取ることで自律神経が整い精神的に安定するためです。何より、身体を気にかけて自分を大切にしていることを認識できる点がポイントです。

6.突発的な死にたい欲求には「まず耐える」

突然死にたくなる気持ちには無心になってひたすら耐えることも対処法として挙げられます。

思考を停止させる、映画や漫画のワンシーンを無理やり頭の中で思い出す、薬やガラスなど危ないものを自分の周りから遠ざける、布団にくるまって目をつむる、大音量の音楽をイヤフォンで聞いて外界をシャットダウンする、など耐えるための手段はさまざまです。

とても難しいことですが有効な対処法なので、自分に最も合った方法を探してみましょう。

7.本心の「生きたい」気持ちを自分の中に隠さない

自分の中にある「本当は生きたい」という本心に気づき認めることも、希死念慮の衝動の対処法です。

自分の本心を全て吐露してみましょう。恨みや怒りもあるでしょう。その他に、

「親にもっと愛されたかった」

「もっと友達と楽しく過ごしたかった」

「温かい家庭を築きたかった」

など、本当はしたかったことやされたかったことがあれば、それらが「生きて成し遂げたい」というあなたの本心です。

8.ストレスの原因を極力遠ざけておく

突然死にたくなる気持ちに対抗するために、ストレスの原因を極力遠ざけておきましょう。

仕事(会社)、家族、友人、恋人などストレスの原因は人それぞれ。どれか一つではなく、複数が絡み合い膨らんだ結果、死にたい衝動に駆られることもあります。

それらストレスは頭に浮かぶだけであなたを苦しめるでしょう。あなたの心身を守れるのはあなただけです。とても難しいことですが、出来るだけあなたを蝕むストレスから距離を取ることを意識することが大切です。

9.「死んで復讐」はないと知る

「死んで復讐」は意味も効果もありません。

仮に、恨みを込めた名指しの遺書を書いて死んだとしても、対象の人が自責の念にかられるかすらわかりません。あなたが死んだことなど数年後には忘れて、幸せいっぱいに生きていくかもしれない。不確定要素ばかりです。

人がコントロールできるのは今の自分だけ。

他人の心や考え、未来は変えることができません。そんな不確かなもののために死ぬのは本当に勿体ないことであると知りましょう。

10.急に悲しくなった時は一度その場を離れる

最後にご紹介する突然死にたくなる気持ちへの対処法は、急に悲しくなった時は一度その場を離れることです。

突然泣き出したくなる時や、悲しい感情が勢いよく湧き上がってくる時は、すぐにその場を離れましょう。

大切なのは、気分を無理やりにでも変えることです。その場を離れることで目に映る景色、香り、温度、音の大きさ、人など自分が接しているものを強制的に変え、気分(気持ち)を変えてあげることです。

 

 

 

死にたい時こそ、大切なものを思い出してみて。

死にたいと本気で思っているあなたは全てを捨てる覚悟を持っています。あなたの心身に絡みつき苦しめていたものから解放され、自由になります。

そんなあなたの大切なものは何ですか?家族ですか?友人ですか?仕事ですか?

どれも取るに足らないものです。あなた自身に比べたら。

あなたがあなた自身より大切なものはこの世にはありません。嫌な仕事は辞めればいい。嫌いな家族は縁を切ればいい。好きでもない恋人は別れればいい。面倒な友人関係は投げ出せばいい。全て捨てられるものです。

あなたを苦しめているものは、あなたが死ぬ以外に解決できないのかもう一度考えてみて。

他人も家族も全て捨てられるものです。全てを捨て去ってもなお、あなたは死にたいと思いますか?

おすすめ記事
死んだら楽かもしれないけれど、それは悲しい。生きてやり直してみない?

早く死にたい。死にたくなる時、楽になりたい時に思い出したい言葉たち

 

今は生きる意味が見つからなくていい。ゆっくり探してみよう。

生きる意味なんて持っていなくても大丈夫。むしろない方がいいのです。

「自分はこのために生きている」「自分の生きがいはこれだ」など一つに決めて依存している方が恐ろしい。なぜならそれがなくなった瞬間生きる意味がわからなくなってしまうから。

生きる意味なんて大それたものではなくて、小さくて軽い”なんとなくしたいこと”をたくさん持っていた方がずっと生きやすいのです。

例えばプリンが食べたいとか、猫と昼寝したいとか。そんなことを積み重ねていけば、結果的にやりたいことをやれている人生になります。

どうせ最後はみんな灰になって消えていきます。

それなら今死ぬんじゃなくて、自分のためだけに生きてみてからにしてみませんか?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

おいも
おいも
猫とプリンを愛してやまないライター。「どうやったら生きやすくなるか」を日々探求しています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする