2019.11.26

【自分を好きになる方法】自分が好きな人から学ぶ、幸せになるコツ!

自分のことが嫌いで嫌いで嫌いで…

仕事で大きなミスをしてしまった。

友達に言わなくてもいいことを言ってしまった。

後悔がたくさん積み重なった時に人は自己嫌悪に陥り、自分を嫌いになってしまいます。

それだけでなく自分の容姿や性格など、自分を嫌いになってしまう原因は様々。

どうしたら自分を好きになれるの?

いつも自問自答するけれど、「自分が好き」という気持ちを持つのはなかなか難しい。

自分のことが嫌いな人は、自分のダメなところを見つけるのが驚くほど上手で自分を苦しめてしまいがちです。

今回はそんな自分のことが嫌いでたまらない人に、自分を好きになる方法をご紹介します。

おすすめ記事
自分が嫌いな理由はなに?自己嫌悪を克服しよう。

「自分が嫌い…」隠された本当の心理は?自己嫌悪の原因・特徴&克服方法

 

自分を好きになりたい。

「あんなことしなければよかった」「ああすればよかった」と後悔や反省したり、理想の自分や人と比べて自分が全く追い付いていないことを自覚して自己嫌悪に陥ったり。

自分を嫌いになる理由はいつだって尽きないのに、自分のいいところや好きなところを見つけるのは難しすぎる。

でも、皆心のどこかで自分を好きだと胸を張りたい気持ちを持っています。

「自分が好き」と言うのは抵抗があっても、部屋で一人ほっこりしながら「私っていいな」と思う瞬間くらいは持ちたい。

自己嫌悪に陥りがちな人が自分を好きになるには少し勇気を振り絞る必要がありますが、それだけで昨日よりきっと良くなるから。

思い切って一歩踏み出してみましょう。

 

自分が好きな人(自己愛がある人)の特徴

自分が好きと言うと、周りの人からナルシストと思われそうで少し恥ずかしい。

でも、真の意味で自己愛のある人は単なるナルシストとは全く違うのです。

真の意味で自分が好きな人は、自分を信じて考え方や行動に芯が通っている人のことを指します。

彼らがどのような根拠を持って行動しているのか、どのような考え方をしているのか、自分が好きな人の特徴をご紹介します。

自分が好きな人には自分を肯定することを忘れません。この中に自分を好きになるヒントが隠れているから。

1.自分に自信がある

自分を客観的に評価できて自分に自信がある人は、仕事でもプライベートでも凛と筋の通った人。

もちろん、最初から自信満々だった訳ではありません。失敗や困難を乗り越えながら行動を積み重ねていくうちに自信が培われていった結果なのです。

まずは、臆病な気持ちに少し蓋をして「私は大丈夫」と自信を持って行動してみましょう。

失敗をしてしまっても大丈夫。きちんと責任を取りながら自分の経験値を上げることが大切で、これが自分を好きになる方法の1つなのです。

おすすめ記事
自信がない人が持つ7つの特徴&自信をつける15の言葉「最高の自信の付け方は、信じること。」

自信をつける15の言葉|自信を持つ方法とは?自信がないあなたへ。

2.プラス思考

辛いことや苦しい問題に直面したら、あなたならどうしますか?

プラス思考の人は失敗も後悔も大切な経験だと考えて、きちんと落ち込んだり反省しながら未来の自分にプラスになる経験だと信じながら過ごします。

また、自分が好きな人のプラス思考には「私は何があっても大丈夫」という自分への信頼も含まれます。様々な経験を乗り越えてきた自分に自信があるからです。一つ一つの問題にしっかり向き合うことで自然とプラス思考に近づくことができます。

自分の力で、しっかり向き合ってみない?

3.明るく社交的

常に笑顔と明るい雰囲気で、周りの人に屈託なく話しかけていけるのも自分が好きな人の特徴です。

彼らは自分と人を比べることをあまりせずに「人は人、自分は自分」という考えを持っています。その強い芯が根底にあるので、誰に対しても優しく穏やかな気持ちで接することができるのです。

明るく前向きに接していく人の周りには、同じようにポジティブで社交的な人が集まります。そんな良い循環が起こり、さらに自分を好きになっていけるのです。

4.自己アピールが得意

自分の長所やアピールポイントを熟知しているのも自分が好きな人の大きな特徴なので、自分を効果的に紹介することが得意です。

謙遜が美徳とされる日本で、自分について明確に伝えられるというのはとても大きな武器です。自分のことを好きな人は、もしそこで失敗しても、次へのエネルギーに変換して、自己アピールにさらなる磨きをかけていく力を持っています。

自分のいい所なんてない。

そう思う場合は、一度他人と比較することをやめて自分とじっくり向き合って、小さいことでもいので自分のいい部分を探してみましょう。

5.人のことも愛せる

自分が好きな人は自分のことだけが大好きと思う印象を持たれますが、実はそうではありません。

自分に対する感情と同じ気持ちで、人のことを愛することができるのです。

自分を大好きになるには、ありのままの自分を認める自己肯定感が不可欠です。私は私のままで大丈夫だと自分の価値を明確に理解しているからこそ、自分以外の人の価値も真っ直ぐに受け入れることができます。

自分のことに目が行きがちな時こそ、周りの人との関係を見直してみましょう。

6.人のいいところを見つけることがうまい

自分の長所を見つけるのは本当に難しいことです。「これが私のいいところだ」と思っていても、勘違いかもしれないと否定したり、短所にすり替えたりしてしまう時もある。

でも、自分が好きだという人は、それほど難易度の高い「自分のいいところ探し」をクリアしているので、心にも余裕があり自分以外の人のいいところを見つけることも上手いのです。

しかもそれを嫌味のない言葉で相手に伝えられるので、言われた方も素直に嬉しい気持ちにすることができる。

人のいいところを見つけることがうまいのも、自分好きな人の特徴です。

 

 

自分を好きになることのメリット

自分嫌いがクセになっていると、そうあることが居心地よく感じてしまうことだってある。

しかも自分を変えるにはパワーや勇気が必要だから、このまま変わらずにいたいという気持ちだってある。

でも、自分を好きになるとたくさんのメリットを得られ、もっと心地よく楽しく生きられるようになることも事実です。

自分好きでいると、どんなメリットがあるのかを紹介します。

自分を好きになるって、思う以上に居心地の良さをくれるものだから。

1.自分の良さを知ることができる

ありのままの自分を尊重し認めることが、自分を好きになる方法を実践する第一歩です。

ありのままの自分にはもちろん欠点もありますが、同じだけいい点もあるのです。自分が好きという人はそのどちらも客観的に把握して、「自分らしさ」として表現できる長所があります。

自分の良さは容姿や性格だけに表れるのではありません。人への接し方や静かな感情などにも滲み出るもので、自分では大した良さだと感じていないことも人から見たら大きな長所であることもあるのです。

2.周りの人も愛せるようになる

自分を尊重できるようになると、自然と周りにいる人たちも大切にし、愛せるようになります。

自分が好きな人は自分の価値を理解しているので、自分と人を比べて劣等感を持ったり嫉妬したりすることはあまりなく、むしろ積極的に人のいいところを見つけて喜んだりできるのです。

人の悩みの大半は人間関係が原因になる場合が多いので、周りの人を尊重できるようになると生きることがずっと楽になるでしょう。

3.人と比べなくなる

他人と比較して自分が劣っていると思い込んでしまうと、自分嫌いに拍車がかかります。

できることや長所は人によって違うのは分かるけれど、自分のできないことを軽々できる人を見るとどうしても嫉妬してしまう。

自分が好きな人は、自分のいい部分も悪い部分も全部含めて大好きなので、人と自分を比較して劣等感を持ったり悩んだりすることがあまりありません。

良い意味で「人は人、自分は自分」を徹底できているのです。

おすすめ記事
人と比べても幸せになれない。人と比べない7つの方法

人と比べないで!他人と比べてしまう心理とは?比較しない生き方がしたい

4.周りの意見に流されない

自分に自信がなく周りからどう思われるかを気にして過ごしていると、自分の意見を飲み込んだまま周りに合わせてしまいがちです。

その状態はストレスになり、少しずつ心に溜まってしまいます。

しかし、自分が好きな人は周りの意見があくまで助言程度に捉え、自分の持つ信念に忠実に生きるのです。自分のことを一番理解して信頼していることがベースにあるので、他人の意見に流されることはありません。

自分が好きな人はそんな強さを持っているのです。

5.ネガティブ思考から脱却できる

面倒に思うこと、できないことなど、日常にはネガティブに捉えがちなことがたくさんあります。

それらに向き合わずに逃げてしまったりそのままにするうちに、いつの間にかネガティブ思考が定着してしまいます。

自分を好きな人は、一つ一つの問題を楽しむように向き合って解決します。さらに解決するという成功体験が重なると次第にポジティブになれるのです。

一度、ネガティブな思考から抜け出してみない?

6.悩んだ時に結論が出しやすい

悩みがある時、自分の中では結論は決まっているのに周りの意見が気になったりして、なかなか踏み出せないことがあります。

迷って行動できなかったことで状況が悪化することだってあります。

そんな時、自分が好きな人はきちんと自分を信じているので、悩んだ時こそ結論を出しやすい傾向にあります。

周りの意見はアドバイス程度に捉え悩む時間が短いのが、自分が好きな人の特徴なのです。

 

自分を好きになるには、どうしたらいい?

こんなに自分のことが嫌いな私が、自分を好きになるなんてできるはずがない。

そう思うとただ辛い。

でも、その思いの裏側には「私のいいところを見つけてほしい。私だって幸せになりたい」と思う気持ちもあるのです。

自分を好きになる方法なんて、難易度が高そうに思えるからこそ、そこをクリアした人を見るといらいらしてしまうのです。

でも、自分を好きになる方法に特別なことは何もありません。少し見方を変えてみるだけでも少し変われるから。

少し勇気を出して、一歩を踏み出して自分を好きになる方法を試してみましょう。

 

 

自分を好きになる方法

自分なんて大嫌いと思っている人も、心のどこかで自分を好きになりたいと思っています。

自己嫌悪の理由や方法はいくらでも思い付くのに、自分を好きになる方法というと弱気になってどうすればいいか思い付かないことだってある。

ほんの少しの勇気があれば少しずつ自分を好きになることができます。

ここでは5つの方法を紹介しますので、これなら自分でもできそうというものがあったらトライしてみて!

1.人に依存や執着しない

自分を好きになれない状態で他人に依存していない?

あまりに他人の意見にばかり依存している場合は要注意。一度自分自身の心にも目を向けてみましょう。

自分が何をしたいのか、どんなことを欲しているのか。素直に向き合い自分の心に従って行動してみましょう。

他人に執着しないことで、今まで他人がいないと何もできない「嫌いな自分」を卒業できるから。

上辺だけの友人、なんとなくステータスで付き合っている恋人。彼らは本当に自分にとって大切な存在?

おすすめ記事
執着を手放そう。執着を捨てる7つの方法

「元彼への執着を手放す方法教えて!」執着を捨てて、依存しない恋愛を!

2.自分の長所を箇条書きする

できないことや短所ではなく、できることや長所にフォーカスをあてる。

ゆったりした気分で誰にも見せないノートに自分のいいところを書くことは、自分を好きになる方法として手軽で効果の高いものです。

最初はすぐには見つからないかもしれません。でも、「ご飯を食べた」「会社で仕事をした」など、日々の生活を過ごすだけでも実は素晴らしいことなのです。それらを箇条書きにして、最後に花丸を付けてあげましょう。

続けていくうちに、長所をたくさん見つけられるようになるのです。

3.自分のためにお金を使う

自分を好きになる方法として、自分を大切にすることを心がけることは一番忘れてはいけないことです。

自分のためにお金を使ってみましょう。

小さな贅沢でいいのです。ちょっと高価なスイーツを買ったり、少し高級なハンドクリームを買ってみる。そんな自分にお金を使ってあげる習慣をつけてみましょう。

自分にお金を使い、気分を高めてあげたり大事にすることで、自分のいい部分も自然と見られるようになるから。

4.人のいいところを探してみる

人のいいところを探して自分に取り入れる努力をすることも、自分を好きになる方法の一つです。

道を歩いている時に「あの人の髪型が素敵」とか「歩き方が真っすぐでかっこいい」とか、目の前にいる人たちの素敵なところを探してみて、それをどう自分らしく取り入れられるかを考えてみましょう。

真似をするのではなく、自分のものとしてどう受け入れるかが大切です。

世の中には素敵な人がたくさんいます。その人達の「いい部分」を探すことは、自分にとっても「いい部分」にできるから。普段から人のいいところを探す習慣はとても効果的なのです。

5.自分を許してあげる

自分を嫌いな人は、許せない自分をたくさん持っています。

それはとても苦しいこと。だから、まずは全て受け入れてみましょう。これも自分を好きになる方法です。

理想とギャップがあっても大丈夫。マイナス思考でも大丈夫。ポンコツな自分だけど大丈夫。どんな自分も全てあなた自身なのだから、一度自分の全てを認めてあげましょう。その中でどうしても許せない部分があればゆっくり直せばいいのです。

自分を好きになる方法への第一歩はそこから始まります。

自分を好きになることは幸せになること

人生において、一番長い時間を共に過ごすのが自分です。

その自分を嫌いでいるとは、人生の大部分を嫌いな人と一緒に過ごすことと一緒で、それはとても苦しく辛いことです。

また、他人と関係を結ぶのも自分なので、嫌いな自分で人と関わることでいらいらしたり劣等感に苛まれたりする場面もあるでしょう。

しかしこれを逆に捉えれば、自分を好きになることで人生を過ごすのが楽しくなり、人との関わりも明るいものになるということです。

自分が好きだという気持ちを持つと、今よりも心が軽やかになってあなたが幸せだと感じることが多くなるのです。

 

人を好きになる前に、自分を好きになろう。

誰かを好きだと思う気持ちはとても温かく、それだけで幸福です。

でも、自分を嫌いなまま人を好きになってしまうといつの間にか依存や執着に変化して、温かなはずの気持ちがどんどん自分を苦しめるものになってしまいます。

せっかく出会えたのに、せっかく好きになったのに、それが苦しかったり辛かったりするのは悲しい。

そうならないために、まず自分を好きになることから始めてみて。

自分で自分の存在価値を認め、自信にあふれたあなたは、きっと今までよりもっと輝いています。

そこに人を愛する気持ちが加われば、さらにあなたは美しくなるでしょう。

自分を好きになる方法を試して、幸せな人生に変えてみましょう。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

えりた
えりた
元拗らせ女子。その『拗れ』を自ら(半ば力尽くで)解き放ち、今はのんびり笑っていられる時間を日々構築しています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする