2019.11.23

「一人暮らしが寂しい…」孤独を感じる寂しいときに癒される9つの方法

「一人暮らしが寂しい…」

やっと始まった一人暮らし。親から自立したくてついに手に入れた自分だけの城。好きな時間に寝て好きな時に起きる。ダラダラしていても怒られる心配はない。完全に自分だけの時間。楽しいことだらけの一人暮らし。そう、思っていたはずだった。

最初は楽しい暮らしが待っていると期待していた。でも、いざ一人になってみると、気づいてしまった一人暮らしがとても寂しいことに。自分だけで生活をするのは、孤独で寂しい。夜は寒く、自分だけの物音が大きく響く。何かが起きてもすぐに頼れる人はいない。

せっかく手に入れた自由なのに、全く楽しめない。かと言って家に戻るのも嫌なの。「この寂しい気持ちとどうやって折り合いをつければいいの…?」

社会人になってからの一人暮らしって意外と寂しい。

学生から社会人へ。就職とともに家を出て、思い切って自立をする。「もうこれからは一人の力で生きていく。」そう決めて。

だけどいざ一人になってみたら、家族のありがたさがよく分かるようになった。誰かがいる家は安心することに気づいた、そう感じる人は多いと思います。

帰っても誰もいない家。仕事で辛い思いをしても、側で話を聞いてくれる人は誰もいない。

社会人になってからの一人暮らしは、世界が広がり自由度が増す分、寂しい気持ちも増すもの。「寂しいから帰りたい…。」せっかく自分で乗り出した一人の旅なのに、ふとした時に寂しい瞬間に襲われてしまうのです。

 

一人暮らしの寂しさを感じる5つの瞬間

ずっと夢見ていた一人暮らしだけれど、想像と現実は違ったみたい。一緒にテレビを見ることも挨拶を交わすこともない、完全に一人の空間。家事をするのに精一杯で毎日が少し憂鬱になる日々。

家を飛び出したら自分一人の力で生きていかなければいけない。最初はそれにワクワクしていたけれど、一人暮らしって意外と寂しいかもしれないことに気づいたの。

一人暮らしを寂しいと感じる人は、一体どのような瞬間に寂しさを感じているのでしょうか?

1.夜中に静まったとき

一人暮らしで寂しさを感じるのは、夜中の静かな時間。

夜、静まり返った部屋は、より一層一人暮らしの寂しさを駆り立てます。誰もいない狭い部屋。1人で眠るベッド。かすかな家の軋み。普段は気にならない寂しい気持ちが押し寄せてくるのが、一人暮らしの夜です。

誰かが話す声も、水を飲みに行く音もしない。完全に自分1人だけの世界。誰もいないシンとした夜は、より一層寂しい気持ちと孤独感を高ぶらせます。

2.イベント毎で外が騒がしいとき

多くの人が集まるイベント事は、一人暮らしの寂しさを掻き立てます。自分抜きで楽しんでいる人がいる。そんな時に一人で過ごしていると、周囲の騒がしい音を聞くたびに寂しさが膨らみます。

「なんでみんなが楽しそうにしているのに自分は一人なのだろう。」「まるで自分の存在なんか誰も気にかけていないみたい。」自分が世界から突き放されてしまったような孤独感。

一人暮らしで寂しいと感じる瞬間は、自分以外の人が外で騒がしくしている時でもあります。

3.一人でベッドに入ったとき

一人暮らしで一番孤独を感じる夜。電気を消せば、暗闇でひとりぼっち。布団の冷たさ。隣人の物音。自分は一人じゃない。そうはわかっているはずなのに、一人でベッドに入ると、途端に寂しくなってしまう。

おやすみを言う相手もいなく、闇の中の天井を見つめれば暗い考えが頭を巡るばかり。「ずっと一人暮らしをするのかな…。」そんなマイナス思考に駆られることもあります。

一人暮らしで寂しいと感じる瞬間は、一人でベッドに入り孤独感に包まれる瞬間です。

4.一人でご飯を食べているとき

家族や他人との暮らしで何より一番楽しいのはご飯を食べる時間。しかし、それも一人暮らしでは叶えることができません。会社から疲れて帰ってきても、ご飯が用意されていることはない。献立を考える余裕もない日々。一人暮らしの辛さが身に沁みる時間。

「一人で食べるご飯は楽しくない…。」誰かと食事を囲むことは楽しいものですが、一人の食事は作ることも食べることにもなんだか喜びを感じません。

一人暮らしを寂しいと強く感じるのは一人でご飯を食べる時です。

5.秋・冬の寒くなったとき

一人暮らしで寂しいと感じる瞬間は、寒い季節を迎えた時です。暑く、何もかもが生き生きして見えた夏から、枯葉の舞う秋へと変わる瞬間、一人暮らしが寂しいと感じることがあります。

冷たい風、冷え切った布団。寒気の忍び寄る床。誰かの体温が恋しくなる季節。力強く咲いていた草木も、緑から褐色へ姿を変え、なんだか街全体も寂しい気分。寒さは自分が一人だということを痛感させてきます。

一人暮らしにとって寂しい気持ちになる瞬間は、秋冬の寒い季節を迎えた時です。

 

一人暮らしの風邪って、めっちゃしんどい。

一人暮らしでもっとも寂しい気持ちになるのはどんな時だろう?明かりのついていない部屋へ一人帰る時。寂しいと思いながら迎える夜。一人分のご飯。

いいえ、もしかしたら、一人暮らしでひときわ寂しいと感じるのは風邪を引いた時かもしれません。

一人暮らしで最も困ることは、風邪を引き自分の体調を崩した時です。会社を休まなければいけないけど、たとえ休めたとしても大量の家事が待っている現実。看病してくれる家族もいない寂しい部屋。

「いつも助けられていたから分からなかった…。」体が不調になった時に初めて、誰かが側にいることのありがたみを知ることができます。一人暮らしで最も寂しいのは、しんどい時に助けてくれる人が誰もいないことかもしれません。

 

一人暮らしで、寂しいときに癒される9つの方法

寂しい一人暮らしを変えるにはどうしたら良いのでしょうか?寂しいからと言って実家に帰ることはしたくない。この寂しさは自分で収まりをつけないといけないと思うの。

一人暮らしはどんな人でも寂しさを感じるものです。しかし、そんな憂鬱な気持ちを紛らわせる方法はたくさんあります。

「寂しい気持ちになりたくない。」「寂しいと思わずに過ごすにはどうしたら良いのだろう…。」そんな人のための癒し方法を次の章でご紹介。

1.音楽を聴きながら半身浴

一人暮らしで寂しい気持ちになった時は、音楽を聴きながら半身浴をしてみましょう。寂しい気持ちが体に張り付いて離れない。家にいればいるほど苦しく寂しい気持ちになる。そんな時は自分を存分に癒す時間が必要です。

冷たい体をあったかいお湯で温めましょう。好きなバンドの曲を聴きながら水に体をまかせてみましょう。心地よい音と湯気に包まれて、きっと寂しい気持ちを和らげることができます。

2.アロマキャンドルで癒される

一人暮らしで寂しいと感じた時は、アロマキャンドルで癒されることがおすすめです。

仕事から帰っても誰もいない部屋。誰もいない部屋が嫌い。せっかくの一人暮らしもこれでは辛いばかり…。そんな寂しい時は、好きな香りのするアロマを買って、苦手な夜の時間を癒しの時間に変えてみましょう。

アロマキャンドルの火は、寂しい気持ちを温め、揺らぐ炎を見つめているだけで癒されるものです。自分の好きな香りで寂しい気持ちを慰めてあげましょう。

3.友達と長電話をする

一人暮らしが寂しいと感じた時は、友人に電話をかけて長話をするのもおすすめです。

家ではなかなか一人になれない分、友達と好きなだけ長電話できるというのは一人暮らしの醍醐味とも言えます。

寂しい気持ちを抱えた時は、迷わず大好きな友達に電話をかけてみましょう。用事はなくても電話をかけたくなるのが友人というもの。
側にいなくても、誰かの声を聴き時間を共有することで、寂しい気持ちを軽くすることができます。

4.大きなぬいぐるみを買う

一人暮らしが寂しいと感じた時は、大きなぬいぐるみを買ってみましょう。自分の好きなキャラクターや色、手触りのぬいぐるみ。自分の好きなぬいぐるみを買うことで、なんとなく寂しかった部屋も華やかになり、寂しい気持ちを紛らわせることができます。

誰かに四六時中側にいてもらうことはできないけれど、夜は大好きなぬいぐるみを抱きしめて眠る。怖い寂しい夜も、ぬいぐるみのおかげで心を和らげることができます。

5.友達を家に呼ぶ

一人暮らしが寂しいと感じた時は、自分の家に友達を呼んでみましょう。寂しい気持ちの時は誰かと一緒にいることが一番です。会いたい人やゆっくり話してみたかった人。そんな人を自宅に招いて自分の家で遊んでみましょう。

みんなで映画を観たり料理をする。お泊まり会を主催したりお酒を飲む。友達とのびのび遊ぶことができるのは、一人暮らしの特権です。

寂しいと思った時は、遠慮せずに仲の良い友達に声をかけてみましょう。

6.お笑いバライティを観る

一人暮らしが寂しいと感じた時は、お笑いバラエティを観ることがおすすめです。

一人の部屋が寂しい。もう一人暮らしが嫌になってしまった。せっかく家を飛び出して叶えた一人暮らしも、全く楽しくない。そんな暗い考えにとらわれる前に、自分で自分をポジティブな気持ちにさせてあげましょう。

ネガティブになってしまう時は、自分の心に笑顔が足りていない証拠。そんな時に心を癒してくれるのが、お笑いやバラエティです。

 

7.ペットを飼う

一人暮らしが寂しいと感じた時は、ペットを飼ってみるのも一つの選択です。

ペットのいる暮らしは、幸せなもの。会社から家に帰るのが待ち遠しくなり、自分の生活を豊かにしてくれます。また、寂しい時にも側にいてくれる存在ができることで、一人暮らしを寂しいと思うことがなくなります。

大事にしたい存在があることは寂しさとは真逆な気持ちをもたらしてくれます。

8.インテリア(DIY)にこだわる

一人暮らしが寂しいと感じた時は、インテリアにこだわってみましょう。

自分の住んでいる部屋が嫌に感じたり、一人の生活を楽しめなくなった時は環境から変えていくことがおすすめです。

帰る家を自分の好きなインテリアに変えてみる。カーテンの色を変えたりベッド周りに小物を置いてみる。机にペンキを塗ってみる。
自分の手作りが部屋にあるだけで人は癒されます。一人暮らしが寂しい時は、インテリアにこだわってみましょう。

9.早寝早起きをする

一人暮らしが寂しいと感じた時は、早寝早起きをして生活リズムを整えてみましょう。

つい家に一人だと生活リズムを乱してしまいがちです。いつまでも起きていたり、お昼過ぎまで寝過ごしてしまうことはないですか?生活リズムが乱れると自己肯定感が下がり、憂鬱な気持ちに襲われます。

「なんで自分はこんなところにいるんだろう。」「一人暮らしなんてしなければよかった。」そんな憂鬱さを感じる時は早寝早起きをして自己肯定感を高めましょう。

 

一人で生活することに慣れる方法5選

一人暮らしを寂しいと感じるのは、まだ自分が一人の生活に慣れていないから。ずっと家族と過ごしてきた人にとっていきなりの一人暮らしは、寂しい気持ちになるのも仕方がないことです。

「どうしても一人の時間が苦手だ。」「うまく一人暮らしを楽しむことができない。」家を離れれば誰でも実家が恋しく感じられるもの。次の章では一人で生活することに慣れる方法を五つご紹介していきます。

1.一人映画・ひとり旅に出かける

一人暮らしが寂しいのは、一人でいる時間に慣れていないから。まずは、休日や空いた時間を一人で過ごしてみましょう。そうすることで、次第に寂しい気持ちや一人でいる孤独感に慣れることができます。

例えば、一人で映画に行ってみたり、一人旅に出かけてみましょう。一人でいることは悪いことでもなんでもなく、かえって自分を成長させることができます。

一人暮らしを寂しいと感じた時は、自分から一人の時間を増やしてみるのがおすすめです。

2.毎日小さなご褒美を与える

一人暮らしが寂しいと感じた時は、毎日小さなご褒美を自分に与えてみましょう。

一人で暮らすには楽しいことやイベントが欠かせません。一人でも頑張った自分を褒めるために、スイーツや少し高価なコスメを買ってみるなどして自分を癒してあげましょう。

毎日小さなご褒美を自分にあげることで、一人暮らしの生活を寂しいと感じることもなくなり、自分の孤独感を自分でコントロールしてあげることができるようになります。

3.時間を有効活用する

一人暮らしが寂しいと感じた時は、時間を有効に活用できるようにしましょう。一人の時ほど気が緩み、ダラダラと時間を使ってしまうものです。

時間を無駄にしてしまったと一日の終わりに後悔することは、一人の生活でさえ自分でコントロールすることができないのだと自己嫌悪に陥ります。そして一人暮らしを辛いと思うようになるのです。

そんな時は、早寝早起きをするなど、少しでもいいので時間を大切に過ごしてみましょう。

4.ジムやヨガを始める

一人暮らしが寂しいと感じた時は、ジムやヨガで体を動かす時間をとってみましょう。「運動なんかで寂しい気持ちは変わらない。」そう思う人もいるかもしれません。しかし、心と体は思ったよりも密接に結びついているものです。

体を動かすことでメンタルが強化され、ポジティブな考えを持つことができるようになります。汗を流すことは一つのストレス発散にもなるのです。運動をすることで一人暮らしを寂しいと感じることが減るでしょう。

 

5.一人で住むメリットを考える

一人暮らしが寂しいと感じた時は、一人で住むメリットについて考えてみましょう。

誰の指図もなく自由に過ごせる日々。インテリアも料理も自分の好きなもの。何時に外出して何時に帰宅しても怒られない生活。一人暮らしをすることは、寂しいこともある反面、自由に時間と空間を使えるようになるのです。

寂しいと感じた時は、一人暮らしのメリットを思い出して、何か新しいことにチャレンジする気持ちを思い出してみましょう。

 

寂しいときは、素直に「寂しい」と言おう。

自分が寂しいと感じた時は、素直にその気持ちを言葉にすることが大切です。

「せっかくやっと始めた一人暮らし。なのに、なんで自分はこんなに寂しがっているんだろう。」寂しい気持ちを受け止めることは、苦しく辛いものです。しかし、そんな時こそ自らを責めるのではなく、今の自分が感じているありのままの感情を受け止めてみましょう。

親しい友人や遠くにいる家族に「寂しい」と伝えてみる。日記にさみしいと会う気持ちを書き出してみる。素直に寂しい気持ちを言葉にすることで、憂鬱とした心をほんの少し軽くすることができます。

自分の寂しいという感情に蓋をする必要はないのです。

一人暮らしも充実したら、とっても楽しい!

一人暮らしは寂しくて孤独だ。そんな悪いところばかり目につく一人暮らしも、見方や方法を変えれば、自力で生活を豊かにさせることができます。一人暮らしも充実させればとても楽しいものになるのです。

親や家族の都合を考えず、自分の思うままに生活できる一人暮らし。好きな服を着て好きな小物を置く。料理に凝り、インテリアを統一してみる。

今までの生活とは違い、一人暮らしはすべてが自分の自由なのです。そんな一人暮らしは、時に苦労や寂しさがつきまといますが、その分必ず自分にとって良い経験となります。

「一人暮らしは寂しいから嫌だ。」とネガティブになるよりも、一人暮らしだからこそできることに目を向け、存分に楽しんでみましょう。

 

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

矢田部明里
akari
文章と心に向き合うことが好き。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする