2019.11.22

自己暗示の効果とは?暗示をかける方法&言葉「生きやすさは自分で作る」

生きやすさは自分で作るもの

「生きやすさってなんだろう?」

「私は私らしく生きられているのかな?」

ふとした瞬間に、周囲の人の顔色ばかり伺っている自分に気づく。

自分の意見をはっきり言うこともできず周りに流されてばかり。

「いい加減自分らしく生きてもいいんじゃないか」って思うけど、「自分らしさ」に自信がない。

多くの人はなぜか、自分らしく生きることに戸惑いを感じています。その原因は、他人からの働きかけで暗示にかけられているから。他人からの評価や期待を聞くことによって、その枠に収まろうと本来の自分を押し殺してしまうのです。

今いる世界が生きにくいと感じるのならば、”誰かの理想”の自分になることをやめてください。自分の人生を他人に決められてばかりでは、心は疲れてしまいます。他人の声に耳を傾けるではなく、自分の声で人生を切り開く。

今回は、生きやすい人生を歩むために効果的な「自己暗示」についてご紹介します。

 

自己暗示の意味とは?

自己暗示とは、自分自身に暗示をかけること。

自己暗示をかけることで自分の思考を操作し、事実でないことも事実だと思い込むことで、理性を超えた力を生み出すことができます。

「自己暗示なんて本当にできるの?」と思う人も少なくありません。しかし、実は自己暗示は思っているよりも身近に存在しています。

例えば、人は何かにチャレンジしようとする時、自分で自分に声をかけます。「自分ならやれる!」簡単に言えば自己暗示とは、このように自分で自分を励ますことなのです。

周囲の人から「あなたはこうだ。」と言われると自然とそう思えてくるように、自分で自分に暗示をかけることもできます。「自分はこんな人間だ」と理想像を思い描くことで、自然になりたい自分に近づくことができるのです。

 

自己暗示をかけることで期待できる効果!

「自己暗示なんてなんだかうさんくさい。」「思うだけで何かが変わるなんてありえない。」そう思う人もいるでしょう。

しかし、言葉は意外なほどに大きな力を持つもの。他人から褒められると自信がつくように、私たちは自分で自分を励まし、力づけることができます。次の章では、そんな自己暗示の効果についてご紹介します。

1.ポジティブ思考になれる

自己暗示をかけることで、「自分は明るい人間だ。」「生きているだけで価値がある。」と自分の存在を肯定し、ポジティブ思考を得ることができるようになります。

マイナス思考の人は、つい心の中で自分を卑下してしまいがち。そんな時こそ自己暗示をかけ、自分の理想像を唱え続けましょう。心の中がプラスの言葉で満たされるだけで、人はポジティブ思考を身につけることができるのです。

自己暗示にはこのように、ポジティブ思考へ導く効果があります。

2.悩んだ時も早く解決できるようになる

自己暗示をかけることで、悩み事を早く解決する効果を得ることができます。例えば、自分が何か問題を抱えた時、恐怖や不安と戦うには勇気が必要です。

そんな時に「自分はできる人間だ。」「絶対切り抜けられる。」そう自分に暗示をかけることで、問題に立ち向かうことに恐怖を感じなくなったり、素早い行動をとることができるようになります。

3.不安解消が上手になる

自分に暗示をかけることによって、不安を解消しやすくなるという効果があります。

「自分にはやり遂げられる力がある。」「未来は良いことばかりが起こる」そう暗示をかけることによって、長いこと不安を抱えこんだり、前に進めなくなるといったことがなくなります。

自己暗示をかけることで、不安に襲われることがあった時に上手く方向転換をして、物事を前向きに捉えることができるようになるのです。

4.しっかり潜在能力を発揮できる

自己暗示をかけることで、自分の思ってもいなかった力を発揮することができます。

本当はやりたかったけれど禁じられていたこと。周囲の人から「あなたなんかにできないよ。」と言われて無意識に避けてきたこと。そんな言葉を全て取っ払い、ポジティブな言葉で自己暗示をかけてみてください。

自己暗示が潜在能力を大きく引き出すきっかけとなり、新たな自分に出会うことができるのです。

 

 

5.モチベーションを自分であげることが出来る

「やる気が出ない。」「どうしても前に進めない。」無気力になった時や憂鬱な感情の時も、自己暗示をかければモチベーションがアップし活力が湧いてきます。

「楽しい」「最高!」そんな風にプラスな自己暗示をかけることで、沈んでいたモチベーションを自分の力であげることができます。

自己暗示は自分でモチベーションを変える効果があるのです。

6.行動力が上がる

自己暗示をかけることで行動力を高めることができます。

「自分はどうせダメだ。」や「自分なんか…。」という思いは、知らないうちに自分にマイナスの暗示をかけています。暗い未来に自分を導くのではなく、「どんなことでも自分はチャレンジすることができる」とプラスの自己暗示をかけてみましょう。

自分にとってプラスになるような自己暗示をかけることで行動力は上がり、自分を成長させるきっかけを作ることができます。

 

自己暗示になる5つの言葉

「自己暗示と言っても、どうやってやればいいかわからない。」「自分にどんな言葉をかければいいの?」そんな風に悩む人もいるでしょう。

自己暗示にかけるには、強く安心感のある言葉が必要になってきます。自分自身が暗示にかかるほどの言葉とは、一体どのようなものなのでしょうか?

次の章では、自己暗示が上手くいく5つの言葉についてご紹介していきます。

1.「自分はできる。大丈夫。」

自己暗示に効果的な言葉として、自分を安心させられる言葉がおすすめです。「自分はできる。」「自分なら大丈夫だ。」そう言葉をかけてあげることで、自己暗示へと導くことができます。

心から自分のことを信じて、それを言葉にしてください。根拠のない自信で十分です。明るい未来を想像し、「絶対に自分は大丈夫」「むしろ自分だからできる。大丈夫なんだ」

そんな風に繰り返し唱えることで、前向きな気持ちに変化していくのを実感することができるのです。

2.「今日も頑張った。えらい子!」

自己暗示に効果的な言葉として、自分を褒める言葉がおすすめです。

頑張っている自分を褒めることはとても大切なこと。自分に自信がなくなったりくじけそうになったら、「今日も頑張った!自分は偉い!」と小さなことでも褒める言葉をかけるようにしましょう。

自分のことを一番見守ることができるのは自分自身。小さな行動や変化をも逃さず褒めてあげることで、「自分は頑張っているんだ。」と自己暗示をかけることができます。

3.「今を乗り越えれば強くなれる!」

自己暗示に効果的な「今を乗り越えれば強くなれる!」という言葉があります。

トラブルに出会うと人はマイナス思考に取り憑かれてしまいます。しかし、マイナスな出来事は成長できるチャンスでもあります。そんな時こそ「今を乗り越えれば強くなれる!」と自己暗示をかけてみましょう。

この言葉をかけることで、今ある苦しみを未来への糧にしようと前向きな気持ちに導くことができます。

4.「切羽詰まってる時ほど、成長する!」

「切羽詰まってる時ほど、成長する!」という言葉も、自己暗示に効果的な言葉です。

忙しい毎日や山積みの課題。何から手をつけて良いのかわからなくて全てを投げ出したくなる。そんな時こそ「切羽詰まってる時ほど、成長する!」と自己暗示にかけてみましょう。

この言葉を言い聞かせることで、どんな結果になったとしても「こんなに課題に向き合ったのだから、この経験は無駄じゃなかった」とプラス思考に導くことができます。

5.「なんでも楽しい!毎日幸せ!」

自己暗示に効果的な言葉として「なんでも楽しい!毎日幸せ」があります。

人は小さな幸せに気付きにくいものです。誰かに小さな親切をしてもらった。空が綺麗だった。「毎日が幸せだ」そう自己暗示をかけながら周りを見渡せば、自分が恵まれていることに気づくことができます。

憂鬱な日ほど、「なんでも楽しい!毎日が幸せだ!」とプラス思考の自己暗示をかけることで、幸せで満たされることができるのです。

 

 

自己暗示のやり方は人それぞれ

ここまで自己暗示に効果的な言葉について紹介してきましたが、自己暗示のやり方にはそれぞれに合った様々なパターンがあります。意識的に言葉をかけるとかえって緊張してしまう人もいるでしょう。

そんな時はアプローチの仕方を変えた自己暗示を実践してみましょう。言葉や考え方を少し変えただけでも、自分の未来を変えることはできます。自己暗示を難しく感じる必要はありません。

「自分の生き方を変えたい、良くしたい。」と、理想の自分に近づきたいと思う時は、言葉だけでなく新しい習慣も取り入れて自己暗示をかけるのです。

 

効果的な自己暗示をかける方法5選

「自己暗示と言ってもそんな簡単に自分の考えを変えられるわけがない。」「自己暗示をかけて、自分で思うだけじゃ何も変わらない。」そう思う人は、アプローチの仕方を変えてみるのが良いでしょう。

自己暗示をかけるのに効果的な方法は、言葉や思いだけではありません。自分で念じるだけでなく外からのアプローチを加えることで、より自己暗示にかかりやすくなり、理想の自分に近づくことができます。

次の章では、効果的な自己暗示をかける方法についてご紹介します。

1.成功した自分を想像する

自己暗示に効果的な方法が、成功した未来の自分を想像することです。

何か成し遂げたいことや超えたい壁がある時、つい人はマイナス思考になってしまいがちです。せっかく湧いたチャレンジ精神も、「自分なんかができるわけない。」と自分で自分の可能性を摘み取ってはいないでしょうか?

自己暗示をかける時に効果的なのは、ネガティブな自分をイメージするのではなく成功した自分を具体的に思い描くことです。

2.半身浴をしてリラックスする

自己暗示をかけるのに効果的な方法として、半身浴があります。忙しい毎日の中で自分と向き合える最適な時間は、バスタイムです。

お風呂は集中力を高めリラックス状態にしてくれます。ゆるくなった気持ちは自己暗示にかかりやすい状態。半身浴をして身も心もほぐれてきたら、明るい気持ちで自分を見つめてみましょう。

いつもは否定していた自分のことを好きになり、自己暗示の効果を高めることができます。

3.前向きな言葉を繰り返す

自己暗示に効果的な方法として、前向きな言葉を繰り返す方法があります。つい人はネガティブになりがちですが、前向きな言葉を何度も自分にインプットすることによって、否定的な考え方を止めることができるようになるのです。

「自分はなんでもできる人間だ。」「自分には価値がある。」

最初は無理矢理に感じるかもしれませんが、繰り返しポジティブな言葉を唱え続けることで、自己暗示の効果を高めることができます。

4.自己啓発本を読む

自己暗示に効果的な方法として、自己啓発本を読むことがおすすめです。

新しい自分に今すぐ変わりたい、もっと自分の人生を生きたい。そんな自分を変えたい思いがある時は、自己啓発本を読んで自己暗示にかけてみましょう。

自己啓発本は、自分の直さねばならないところや、気づくことのなかった長所を教えてくれるもの。ページの向こうから筆者に問いかけられることで、より良い自分になろうと自己暗示の効果を高めることができます。

5.自分で自分を褒めてあげる

自己暗示を効果的にするには、自分で自分を褒めることが大切です。

生きにくさを抱えているのは、自分で自分を認めてあげられていないから。苦しい自分を認めたくない。変化する自分を認めたくない。

しかしそんな時だからこそ、たとえ少しの一歩でも、踏み出した自分を褒めるようにしましょう。そうすることで自己暗示の効果が高まり、自分に安心感を与えられる効果が見込めます。

 

自分らしく生きてみよう。

自分らしく生きる力はもとから自分に備わっている力です。

「自分らしく生きたいけど自信がない。」「自分が行動的になれる日なんて永遠に来ない。」「憧れのあの人とは住む世界が違う。」そんな自信喪失に陥ることもあるでしょう。

しかし、一歩踏み出しただけで世界は変わるものです。その一歩を後押しするために、自己暗示を使ってみてください。

自己暗示に効果的なのは、何よりも自分を信じること。すぐに効果が感じられなくても、やり続けることで次第に自己暗示の効果を実感できるようになります。

自分を奮い立たすために、自己暗示の効果を使って自分らしく生きてみよう。

 

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

矢田部明里
akari
文章と心に向き合うことが好き。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする