2019.11.18

別居婚のメリット・デメリット|結婚したての夫婦が別居を選ぶ本当の理由

結婚したら、一緒に住まなきゃいけないの?

結婚した夫婦は、一緒に住むことが当たり前とされている。

本当に一緒に住まなきゃいけないのでしょうか。きっと、違う。

別居婚だって、素晴らしい愛の形。一緒に生活するだけが、結婚の形ではない。

別居婚。別々に生活することを選ぶのは、愛していないからじゃない。

お互いの生活を大切にし、お互いのプライバシーを守り続けたいという男女の結婚の形も、今や特殊な形ではなくなってきた。

結婚しなくても幸せになることができるこの時代に、なぜ別居婚。別々に住むことを選んだのか。

そこで今回は、別居婚することのメリット・デメリットについて、さらに結婚したての夫婦が別居を選ぶ本当の理由についてご紹介します。

あなたは、どんな結婚の形を選んで、どんな生活を求める?

 

別居婚とは?

別居婚とは、結婚した夫婦が別々に住み、生活することを言います。

結婚したばかりの新婚の時から別居婚を選ぶ夫婦もいれば、結婚して一緒に生活していたが、その後別居することを選んだ夫婦もいます。

お互いを嫌いになったわけじゃない。お互いを恨んでいるわけじゃない。離婚したいと思っているわけじゃない。ただ、別々に住むことを選んだだけ。

そんな結婚や、生活の形を別居婚と呼んでいるのです。

芸能人では、内田裕也さんと樹木希林さんの夫婦や、川崎麻世さんとカイヤさんの夫婦が別居婚しています。特殊な形と呼ばれてしまいがちですが、このような結婚の形も存在するのです。

 

別居婚を選ぶことのメリットとは?

別居婚を検討している人の中には、結婚することで失いたくない何かがあるから、結婚したくないという思いの人もいる。でもそれは、結婚することで奪われるのではなく、生活していく中で奪われてしまうもの。

結婚すること自体は、何も奪わない。むしろ、与え合うことができるもの。

メリットがあるからこそ、別居婚という形を選んだのです。そこでまずは、別居婚を選ぶことのメリットについてご紹介します。

1.今まで通りの生活ができる

別居婚を選ぶメリット1つ目は、今まで通りお互いの時間を自由に使えることです。結婚すると自分の時間が制限されてしまい、仕事と家庭の二軸で生活するようになりがちです。

趣味が大切で、一人の時間を大切にしたい人にとっては、「結婚することでこの時間がなくなるのか…」と思ってしまうもの。ですが、別居婚を選んだ夫婦は、お互いの時間を制限することなく、自由に過ごすことができるのです。

2.喧嘩のタネが少ない

別居婚を選ぶメリット2つ目は、喧嘩のタネが少ないことです。付き合っていた時は喧嘩が少なかったのに、結婚してから突然喧嘩が増えてしまったり、同棲してから喧嘩が増えてしまうことがあります。

それは、お互いが生きてきた環境の違いが原因。結婚するまでの数十年、別々の人生、別々の生活を送ってきた二人が共に生活していくことは一筋縄ではいきません。

妥協しなきゃいけない点があったり、受け入れなければいけないこともあります。ですが、もともと自分の生活に満足していて、妥協することが苦手な人にとっては、一緒に生活することを苦痛に感じてしまうのです。

そこで別居婚を選ぶと、喧嘩の原因が減ったり、自分の守りたいものを守り続けることができます。

3.常に新鮮な気持ちで居られる

別居婚を選ぶメリット3つ目は、常に新鮮な気持ちでいられることです。毎日同じ顔を見て、毎日同じ会話をして、毎日同じ家に帰る生活を続けていると、だんだんと新鮮味がなくなり、家族であるという気持ちが強くなってきます。

ですが、そんな安定よりも常に新鮮な気持ちで刺激を求めている人は、その安定がいつしか苦しさの原因になってしまうことがあります。

それでも結婚したいほど好きな場合、常に新鮮な気持ちでいられるように別居婚を選ぶという選択肢があります。

4.一緒にいることが当たり前にならない

別居婚を選ぶメリット4つ目は、一緒にいることが当たり前にならないことです。

一緒に生活していると、当たり前が増えていきます。ご飯を作ること、作ってもらうこと。家事をこなすこと、家事をやってもらうこと。そんな当たり前ではないことに、気づけなくなってしまうのです。

さらには、家に奥さんや旦那さんがいることも当たり前になってしまいます。

一緒に居られることはとても尊いことで、当たり前ではないのです。

別居婚を選ぶと、好きな人がそばにいてくれている幸せや尊さを、忘れないでいることができます。

 

5.仕事を軸に置いた生活ができる

別居婚を選ぶメリット5つ目は、仕事を軸に置いた生活ができることです。

仕事を頑張っている男性は魅力的。仕事を頑張っている女性も魅力的。

ですが、仕事を頑張っている女性は、「結婚しないの?」「一人で生きていけそう」なんて言われてしまう。結婚願望があっても、仕事ができるだけで「結婚する気ないでしょ?」なんて言われてしまう。

いざ結婚しても、家庭に入る気がない女性もいますし、仕事を頑張り続けて欲しいと思う男性もいます。お互いが仕事に集中した環境を作れるのは別居婚だけ。

同じ国の同じ県の同じ家に住むことだけが、幸せとは限らないのです。

6.大切な変化に気づける

別居婚を選ぶメリット6つ目は、大切な変化に気づけることです。

距離が近いからこそ、大切なお互いの変化に気づけないこと。近づきすぎて、相手が見えなくなることがあります。

気持ちの距離。お互いの目指す未来。結婚しても二人の人生設計を同じにする必要はないのに、気づかないうちに合わせるようになってしまうことがあるのです。

お互いが大切にしたいものや、小さな心情の変化に対して、一定の距離を置いておいた方が気づけることがあります。

 

別居婚を選ぶことのデメリットとは?

メリットがあれば、デメリットもあります。別居婚を選んだことによって、選択肢が狭まってしまったり、距離がある分、大変なこともあるのです。

そこでここからは、別居婚を選ぶことのデメリットについてご紹介します。

1.不倫されても気づけない

別居婚を選ぶデメリット1つ目は、不倫されても気づけないことです。一緒に住んでいれば、旦那さんや奥さんの変化にすぐ気付くことができます。

服装を気にしなかった相手の服装の変化や、携帯を触る頻度の変化。様々な変化にすぐ気付くことができますが、一緒に住んでいない場合、お互いのスケジュールを把握していないこともあるので、不倫されても気づけないことがあるのです。

2.家賃・光熱費・生活費がかかってしまう

別居婚を選ぶデメリット2つ目は、生活する費用がかかってしまうことです。別居婚を選ぶと、家賃や光熱費や生活費が倍かかります。一緒に住む方が、家賃も少なく済み、光熱費や生活費も抑えることができます。

ですが、別居婚を選んだ場合は、お互いの住む家が別々のため、費用が約倍額かかってしまうのです。共働きでお互いが経済的自立をしている場合は、費用がかかることはデメリットになりません。

3.子供が寂しさを感じる

別居婚を選ぶデメリット3つ目は、子供が寂しさを感じることです。

子供がいる場合、「なんで一緒に住まないの?」「なんでうちは、他の家と違うの?」と子供が疑問を抱いてしまったり、「一緒に住みたい」「離れ離れは寂しい」と寂しい思いをさせてしまうことがあります。

結婚する前から、「子供を作らない」と決めている夫婦なら、別居婚をすることもデメリットにはなりません。

4.不倫をしてしまう可能性が高まる

別居婚を選ぶデメリット4つ目は、不倫の可能性が高まることです。

同じ地域に住んでいればいいですが、離れた国、離れた地域に相手が住んでいた場合、全然会えないことが理由で寂しさを感じて自分が不倫してしまうリスクもあります。

寂しさを補うために、他の人で埋めてしまうことも全くないとは言えません。

別居婚を選ぶには、そんな不倫のリスクも抱える必要性があります。

 

結婚したての新婚夫婦が別居を選ぶ本当の理由

ここまで、別居婚を選択するメリットとデメリットについてご紹介してきました。別居婚にはそれぞれの夫婦の間に違うメリットとデメリットが生まれます。

「子供はどうするのか」「お互いの生活費は?」「週に、または月に何度会うことにするのか」など、様々なルールを決めてお互いが描く将来について擦り合わせて置くことが必要です。

そこでここからは、結婚したての新婚夫婦が別居を選ぶ本当の理由についてご紹介します。

1.お互いに干渉したくない

新婚夫婦が別居婚を選ぶ本当の理由1つ目は、お互いに干渉したくないことです。

お互い大切にしたいものがあって、結婚にも向いてないと思っているもの同士の結婚は、別居婚が向いているのです。

譲れないものが多く、生活や人生に妥協したくないと思っていたり、結婚することで自分のビジョンを崩したくないと思っている夫婦は、お互いに干渉しないし干渉されたくないという理由から、別居婚を選ぶのです。

2.旦那さんが単身赴任

新婚夫婦が別居婚を選ぶ本当の理由2つ目は、旦那さんが単身赴任であることです。

一緒に住みたいけれど、常に色々な場所に引っ越しさせて子供ができた時に子供に辛い思いをさせたくないと思っている夫婦は、最初から別居婚を選択することがあります。

旦那さんがその仕事を大切にしていて、頑張りたいと思っている時に、「近くで転職して欲しい」とは言えないもの。お互い話し合って、別居婚を選択することもあるのです。

3.子供を作る気がない

新婚夫婦が別居婚を選ぶ本当の理由3つ目は、子供を作る気がないことです。

今は結婚しても子供を作らなければいけないというわけではありません。子供が欲しいと思う人もいれば、子供がいなくてもいいと思っている男女もいます。そんな男女は、元々子供を作る気がないので、別々に住んで居ても問題がありません。

寂しい思いをする子供がいないので、お互いのプライベートを大切にしながら家族になる形を選ぶことがあります。

4.お互いの仕事環境に合わせたい

新婚夫婦が別居婚を選ぶ本当の理由4つ目は、お互いの仕事環境に合わせたいということです。

お互いの勤務先が東京と大阪などの場合、仕事を捨てたくないから別居婚するという選択肢もあります。今まで頑張ってきた仕事を結婚で手放してしまうのは、辛いこと。あとあと後悔してしまうこともあります。

そこで、お互いの仕事環境に合わせて別々に住みながら、三連休や長期休暇の時に会いに行ったり、旅行に出かけて時間を一緒に過ごす結婚の形もあるのです。

5.お互いが自立しすぎている

新婚夫婦が別居婚を選ぶ本当の理由5つ目は、お互いが自立しすぎていることです。金銭的にも精神的にもあまりにも自立しているため、一緒に住むより、今までの生活を捨てたくないということがあります。

男性が稼ぎ、女性が家庭を守るだけが結婚の形ではありません。

夫婦になっても、共働きを続けて、「仕事を一番大切にしたい」と思っている女性もいます。

今までの快適な生活を続けながら、夫婦という形でお互いを支え合う結婚の形もあるのです。

 

新婚夫婦、どちらを選ぶ?

結婚して、夫婦になったからといって、一緒に住まなければいけないという法律はありません。

お互いがどんな未来を描きたいと思っているのか、お互いが何を守りたいのか。

『一緒に住むこと=当たり前』ではないことを忘れずに、自分の結婚生活の形を見つけましょう。

もちろん一緒に住んでいて心地よくて、「結婚しよう」となる場合も多くあります。その結婚の形も一つの形です。

ですが、別々に住んでいながらも、「この人と添い遂げたいな」「この人と家族(夫婦)になりたいな」と思う場合もあります。

今の時代、結婚後の形はどんなものを選んでもいいのです。

色々な人の目を気にして、自分を押し殺したり、「結婚したら全て奪われてしまう」と悩むのではなく、「どんな形の結婚生活を選んだら、お互いが幸せになれるのか」を考えましょう。

 

幸せの形、愛の形、結婚の形は人それぞれ。

幸せの形、愛の形、結婚の形。それぞれ正解なんてない。

結婚するということは、共に生きていくということ。お互いを大切に思い、一緒に生きていくということ。

支え合う形は、一緒に住むことだけが正解じゃない。

お互い別々の生活を送っていても、お互い別々の方向を向いていても、そこに愛があればいいのです。

背中合わせの結婚も、背中で温度を感じ合えればいい。

愛し方も、支え方も、助け合い方も、人それぞれの形があっていい。

別居婚を選ぶこと。それも一つの結婚の形。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする