2019.11.18

負のスパイラルとは?負のループを断ち切るため7つの方法徹底解説!

負のスパイラルから抜け出せない

何をやっても上手くいかない。何をやっても失敗してしまう。

「昨日提出した書類、ミスが沢山あって、作り直しだって。」

時間をかけて作った趣味の絵、コンクールに提出したのに佳作にだって入らなかった。」

恋人と些細なことで喧嘩をして、LINEの返事が返ってこない。」

悪いことが積み重なって、どんどん落ち込んでしまう。心の中の不安が、どんどん大きくなってしまう。

失敗から全然抜け出せない、これはきっと負のスパイラルだ。

螺旋のような連鎖に陥ってしまって、脱出できなくなってしまった。一体この不幸は、いつまで続くんだろうか。どうやったらこの負のスパイラルから、抜け出すことができるんだろうか。

負のループの意味とは?

負のループの意味とは、悪いことが繰り返し起こりそこから抜け出せなくなってしまう現象のこと。

ひとつ悪いことが起こるとその一度で断ち切ることができず、連鎖的に悪いことが起こってしまう。そして悪循環が生じ、どんどん悪い方向に向かっていってしまうのです。

生活の中で何か失敗や悪いことが起こった場合、人は落ち込みます。いつもは美味しいご飯を食べたり、温かいお風呂に入れば忘れてしまうことも、次の日まで引きずってしまうとその日の生活にも悪影響を及ぼすもの。

そしてその悪影響がどんどん続き、何事も上手くいかないことが積み重なっていく…それが負のスパイラルなのです。

負のスパイラルを招くあなたの7つの原因

何をやってもうまくいかない、そしてその連鎖から抜け出せない。

そんな負のスパイラルに陥ってしまうと落ち込んでしまい、「この負のスパイラルからいつ抜け出せるんだろうか…」と、ますます悩んでしまいます。

なぜそんな負のスパイラルに陥ってしまうのか、そこには原因があるもの。自分でも気づいていないうちに負のスパイラルを招いている、その原因について紹介していきます。

1.睡眠不足

睡眠は人間の三大欲求の一つ。この睡眠が不足すると、肌の調子が悪くなる、風邪を引きやすくなるなどの身体への影響だけでなく、メンタルにも様々な影響を及ぼします。負のスパイラルはメンタル面から発生することも多いもの。

睡眠が不足すると、前向きな気持ちがしぼんでしまったり、良い方向に進んでいこうという意欲が出なかったりします。

思い悩んで眠れない時もあるかもしれませんが、その眠れないこと自体が負のスパイラルを引き起こしているのです。

2.自己肯定感が低い

「自分には何のいいところもない」「自分なんて周りに比べて劣っている」

自分に自信がなく、自分なんて何をしても失敗してしまうだろう、というネガティブな発想が先に来てしまう自己肯定感の低い人。

「病は気から」という言葉があるように上手くいかない、と思い込んでいると、本当に失敗したり負のループを引き起こしてしまうことがあります。

後ろ向きな考え方が、負のスパイラルを呼び込んでしまうのです。

3.占い・風水を信じすぎる

人生に迷った時、時に道を示してくれる占いや風水。

自分は一体どんな方向に進んだらいいんだろう、どんな決断をしたらいいんだろう、と迷ったときに、時にそれらは有益な情報を与えてくれ勇気づけてくれるもの。

しかし、あまりに占いの結果や風水の言葉を信じすぎてしまうと、「占いで今日は運が悪かったからきっと悪いことが起こる」など、結果だけに振り回され負のスパイラルに知らず知らずのうちに飛び込んでいることもあるのです。

4.些細なことも負のスパイラルのせいにする

負のスパイラルのせいで悪いことが起こる、と負のスパイラルを不幸の源のように言ってしまうことも、負のループを生み出す原因になります。

仕事でミスをした時でも「今は負のスパイラルだから仕方ない」と言って、そのミスの原因を探そうとしなければまたミスが引き起こされることになる可能性が高いもの。

些細なことも負のスパイラルのせいにしていると、そこに自分から足を踏み入れていることに気づけないことがあるのです…

5.幸せな他人と比較しすぎる

生活の中では会社の同僚や友人など、他人と接することも多くあります。

しかし、その中で他人と自分の環境を比較し、「なんであの人はあんなに幸せそうなのに、自分はこんなに不幸なんだろう」と、考えてしまうと負のスパイラルへの入口となってしまいます。

今の自分が不幸なのは負のスパイラルに陥っているから、と自分で自分の不幸の全てを負のスパイラルのせいにしてしまうと、改善に向けて一歩踏み出すこともできなくなってしまうのです。

 

負のループを断ち切るためにしたい7つのこと

一度はまるとその名の通り、悪いことが螺旋のようにどんどん大きくなってしまうこともある、負のスパイラル。

負のスパイラルに陥り、抜け出せない負のループに迷い込んでしまったら、早くそこから脱出したいと思うもの。

でも一体この悪い連鎖からどんな風に抜け出したらいいの?と悩んでいる人に向けて、負のループを断ち切るためにしたい、7つの出来事について紹介していきます。

1.きちんと休む

負のスパイラルに陥ると「この負のループから抜け出すために、もっともっと頑張らないと!」とがむしゃらに頑張ってしまうことがあります。そして、頑張りすぎて疲れてしまいまた負のスパイラルに陥る、なんてことも。

休むことは甘えではありません。疲れた時は一度しっかり身体を休めて、次の日からまた頑張ればいいのです。

好きな音楽を聞いたり、温かいお茶を飲んだりしながらしっかりと身体を休めるようにしてください。

2.仕事は一つ一つきちんと確認する

小さなミスが積み重なって負のスパイラルに陥ってしまっている、という人は一つ一つの仕事にミスがないか、きちんと確認することが大切。ケアレスミスでも積み重なれば大きなミスになり、負のスパイラルを呼び寄せてしまうこともあります。

焦らず、急がず冷静に確認すればミスも減らせるもの。小さなことからコツコツと解決していくことが、負のスパイラルから抜け出す第一歩なのです。

3.自分の強みをきちんと知る

「自分には何もいいところがない…」と思い込んでいると良いところがあっても気づくことができず、負のスパイラルに自ら足を踏み入れてしまうもの。

まずは自分自身と向き合い、自分の強みをきちんと知りましょう。

自分を知ることで「自分はこんなにいいところがあったんだ!」と思うことができ、自信に繋がります。劣等感から生まれる失敗を減らすことができ、負のスパイラルから抜け出すことができるのです。

4.時間と心に余裕を持つ

いつもギリギリで生活していると、時間にも心にも余裕ができないもの。

焦って行動するため失敗も生まれやすく、負のスパイラルに陥りやすい状況を作ってしまうのです。

待ち合わせには5分前に着く、平日でも早めに起床して出勤前にのんびりとできる時間を作る、などできるところから余裕のある行動を始めてみてください。

余裕を持つことは負のスパイラルを断ち切るために重要なものになるのです。

5.新しいことに挑戦してみる

ずっと一つのことに執着していると、それ以外のことに目を向けることができず負のループに陥りやすいもの。思考も偏ってしまうことがあり、ますます負のスパイラルに入り込みやすくなってしまいます。

負のスパイラルから抜け出すために、何か一つ、新しいことに挑戦してみてください。

新たな扉を開くことは、新たな考え方や可能性を広げるということ。新しい場所に行く、新しい趣味を増やすなど、新たな挑戦は負のスパイラルから抜け出すきっかけになります。

6.環境を変える

今の自分の置かれている環境に違和感を感じ、負のスパイラルに陥っていると感じている場合は環境を変えることも一つの手です。

環境を変えることによって考え方にも広がりができ、負のスパイラルから抜け出すことができる可能性があります。

引っ越す、職場を変える、などの大がかりなものでなくても、いつもの出勤ルートとは少し違った道を歩いてみるなどの小さなことが、負のループから抜け出すきっかけになる可能性もあるのです。

7.部屋を掃除して模様替えをする

部屋が不潔だと心もどんよりしてしまい、負のスパイラルに陥りやすいもの。

部屋が汚いと感じている人はまずは掃除をし、そして気分転換に模様替えをしてみるのもいいでしょう。

占いや風水を信じている人は、それに沿って家具の位置やインテリアを変えてみるのもおすすめ。

新たな空間で頑張っていこうという気持ちが湧き、負のスパイラルから抜け出すきっかけになることもあります。

全て負のスパイラルのせいにしないことが大切!

悪いことが立て続けに起こると「負のスパイラルに入ってしまった」と思い、落ち込んでしまうもの。

そして、その落ち込んだ気持ちからどんどん悪いものを呼び寄せてしまい、抜け出せなくなってしまうのです。

負のスパイラルに陥ってしまったと思っても、ちょっとしたきっかけや考え方を変えることで、抜け出せることもあるもの。

全てを負のスパイラルのせいにしているといつもは回避できる小さなミスにも気づくことができなくなり、ますます負のループからの脱出口が見えなくなってしまいます。

「今自分がこんなに不幸なのは、負のループのせいだから」その思い込みが、悪いものを引き寄せている可能性もあるということを、胸の中に留めておいてください。

自分が変われば、負のループを断ち切ることができるから

自分を変える、という事はとても大変なことだと思っている人もいるかもしれません。

何年も一緒に生きてきた自分自身の考え方を変えるのは、確かに容易なことではないかもしれません。

しかし、その考え方をほんの少しだけ変えてみてください。

「私は今までこれが苦手だと思ってきたけれど、本気で向き合ってきてなかったからじゃないだろうか」

「きちんと向き合えば、もしかして克服できるかもしれない」

そんな風に考えて踏み出した一歩が、自分を変え、負のループから抜け出すきっかけになることもあるのです。

負のスパイラルから抜け出すため、本当の自分に出会うことを始めてみませんか?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

meino
meino
好きなものを好きだと言い続けたい、永遠のサブカル女子。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする