2019.11.16

【DariaMe恋愛名言集】恋愛とは?極上の素敵な言葉に癒されて…

愛とは?恋とは?

恋愛って不思議。ワクワクしたり幸せを感じたかと思えば、心が引き裂かれそうなくらい辛くなったりする。

失恋しては「もう恋なんかしない」と誓うのに、気が付くとまた、夢のような恋に落ちているんだ。

恋愛は女性を美しくしてくれる。恋愛は人の心を一回りも二回りも育ててくれる。そして無償の愛は、勇気と希望を与えてくれる。

一言で恋愛といっても、「愛」と「恋」の2つの意味がある。どちらも好意を示すという点では同じだけど、全く違う側面を持っている。

恋愛を繰り返すうちに、「愛とは何だろう?」「恋とは何だろう?」という疑問が湧いてきた。

今まで何気なく向き合ってきた「恋愛」について、少し深く考えてみよう。

 

DariaMe作:素敵な言葉に癒されて…

恋愛は人の心を揺さぶる貴重な経験です。誰かを好きになって絆を作り上げるたびに、耐えがたい悲しみに見舞われるたびに、大きく心を成長させます。

ここでは、DariaMe作の「恋愛名言集」をご紹介。失恋してしまった人、恋愛中の人、「本物の愛」を求める人…。様々な人へ向け、心に響く恋愛の名言をまとめました。

ぜひ、名言に綴られた素敵な言葉に癒されて、幸せな恋愛をする糧にしてください。

 

【DariaMe恋愛名言集】失恋編

恋愛をしていると、嬉しいことばかりではありません。相手を好きになればなるほど、失恋の時のショックは大きなものとなります。

「幸せなあの頃に戻りたい」「どうして別れてしまったの?」「この愛情はどこへ向ければいいの?」

こうした、辛い思いも経験するのが恋愛です。失恋した直後は強い喪失感に襲われ、何も手につかなくなってしまうことも…。

ここからは失恋を経験した人へ向けて、心に響く名言をご紹介していきます。名言をきっかけに、恋愛を振り返ってみましょう。

「恋愛とは、幸せだけじゃ成り立たない。」

こちらは、恋愛で「幸せ」を追い求めたくなる人へ向けた名言。「幸せ」は「辛さ」があってこそ成り立ち、2つは表裏一体です。

全ての事柄にはプラスとマイナスの側面があり、「幸せ」の数だけ「辛さ」も存在します。「辛さ」を避ければ同時に「幸せ」も遠ざかる。そんな仕組みになっているのです。

今の「辛さ」は次の「幸せ」を知るためにあります。失恋は本当にショックな出来事。ですが、悲しみを知ったあなたは優しさを覚え、いつかきっと素敵な恋愛と出会えます。

「胸が苦しくなるほど好きになれることが奇跡。」

失恋した後、胸がどうしようもなく締め付けられ、苦しくなるほどの喪失感に見舞われることもあります。

大切なものが欠けてしまった感覚が、大きく心を揺さぶる…。そんな時に伝えたい名言がこちらです。

胸が苦しくなるのは、それだけ人を好きになった証拠。無数の人がひしめく世界で、偶然出会い、偶然恋に落ちる。この過程には、いくつもの奇跡が連鎖しています。

今は辛くてたまらないこの感情は、奇跡の連鎖で生まれたかけがえのないもの。世界にひとつしかない、特別な感情です。

「無駄な恋なんて、どこにもない。」

辛い失恋を経験して「いっそ恋なんてしなければ良かった」と思った時、この名言を思い出してほしいです。

無駄な恋なんて存在しません。人を好きになって、心から愛情を注いだ。この素敵な経験には必ず意味があります。

どれだけ辛い感情で満たされても、幸せな経験や受け取った愛情は消えません。ずっと心の中で支え続けてくれます。あなたの存在を肯定し続けるのです。

そして何より、辛い恋愛経験は、幸せな恋愛を知るきっかけになります。

「自分の心には嘘つかないで。」

失恋して深い悲しみに浸ることは大切。「明るく振る舞わないと」「立ち直らないと」と無理をしてはいけません。心が回復しないうちに引きずって歩けば、さらなる傷が増えてしまいます。

ネガティブな感情も大切な自分の一部。無理に抑えつけると、自分を否定するような感覚に陥ります。心が本当に求めているのは否定ではなく、肯定です。

こちらの名言のように、自分の心には嘘をつかないでください。思いきり泣いて、思いきりへこんで、悲しみを全部外に吐き出していいです。

 

【DariaMe恋愛名言集】カップル編

次は、恋愛中のカップルに向けた名言です。付き合っていると、幸せなことも辛いこともあり、どうすればいいのか分からなくなるタイミングも訪れます。

恋愛には正解がありません。あらゆる選択が自由です。だからこそ楽しいし、頭を抱えて悩むこともたくさんあります。

ここでは恋愛中にふと迷った時に支えになる、素敵な名言をご紹介。名言集を見ながら、「恋愛とは何なのか?」を振り返ってみてください。

「価値観は統一しなくていい。受け入れるだけでいい。」

恋愛において「価値観の一致」という言葉が頻繁に使われます。恋人の条件やパートナーの条件として掲げる人もいるほど。

ですが、こちらの名言では、必ずしも同じ価値観である必要はないことを伝えています。

価値観を無理に統一しようとすれば、どちらかの価値観が否定されてしまう…。でも本当は、どちらの価値観も尊くて大切なものです。

名言が伝えたい最も重要なメッセージは、お互いの価値観を受け入れること。無理に自分の考え方を変える必要なんてありません。

「好きな人と出会えただけでいい。」

「恋愛とはこうあるべき」という考えを追求しすぎると、恋愛から得られるはずの幸せを見失うことがあります。

幸せな恋愛の定義とは何なのか?どんな恋愛をすれば正解といえるのか?

様々な疑問が湧いた時は、この名言のようにシンプルな思考に戻ると、本来の愛の形が見えてきます。

好きな人と出会えたという事実。これだけで充分に素敵なことです。それ以上の意味や価値を求める必要なんてありません。好きな人がいる日常を、とことん楽しめばいいのです。

「愛の形は人それぞれ。」

恋愛に対する価値観は様々です。友達カップルを見て羨ましく思うことがあれば、誰かに口出しされて考え込むことも…。

また、「恋愛とはこうあるべき」という世間体に、自分の価値観を否定される場面もあります。そんな時には、この名言を思い出してください。

愛の形は一つとして同じではありません。違っていていいのです。最も大切なのは、自分にとって「愛情」と呼べるかどうか。それに尽きます。

「寄り添い合い、支え合うことの尊さ。」

かけがえのない存在を再認識するのが、こちらの名言です。恋愛すると人は、何倍も力強く生きられるようになります。それは、2人の絆が勇気や希望を与えてくれるから。

寄り添い合う相手がいると、「一人じゃない」「仲間がいる」と感じさせ、安心感を与えてくれます。そして、支え合うことで、絆はより強固なものとなるのです。

人との繋がりの尊さを教えてくれるのも、恋愛が持つ素敵な側面の一つといえます。

 

【DariaMe恋愛名言集】本物の愛編

次の名言は「本物の愛」についてです。冒頭で「愛」と「恋」について触れました。

「愛」は心の拠り所や心の支えになる感情。そして、「恋」はドキドキ感やワクワク感で毎日を彩ってくれる、スパイスのような役割を持っています。

相手からの「愛」が確信できないと不安になるのは、「愛」という存在への信頼が揺らぐから。では、「本物の愛」とはどんなものなのでしょうか?

本気の恋愛をしたい。そう考える人へ送る名言集をご紹介します。

「愛されるより愛することに感謝しよう」

愛されたい。そう考える女性は少なくありません。でも、「愛されること」を求めすぎると「本物の愛」から遠ざかります。こちらの名言のように考えてみましょう。

「これほどまでに愛させてくれて、ありがとう。」

心から好きになれたのは、それだけ優しさや思いやりを注いでくれたから。こんなに好きにさせてくれた彼に、感謝の気持ちを向けるのです。

感謝の気持ちを持つと、自然と彼との関わり方も変わってきて、より深い愛情を与えられるようになります。「愛されたい」と思った時は、ぜひこの名言を思い出してください。

 

「恋は奪うこと。愛は与えること。」

こちらの名言では、「恋と愛の違い」を明確に謳っています。

恋は奪うこと。つまり、相手の愛情を奪い取って、自分の心を満たそうとするのが「恋」です。

愛は与えること。「恋」とは真逆で、自分の中に沸き上がる愛情を、相手に与えるのが「愛」です。

自分が満足するための好意か、相手を満足させるための好意か、という決定的な違いがあるのが分かります。本物の愛は愛情を貰うことではなく、与えることなのです。

愛とは何なのか気付かせる名言といえます。

「運命は訪れるだけじゃない。作り上げるもの。」

本物の愛に出会うことを「運命」と呼びます。でも、「運命」という言葉はどこか投げやりな印象も…。そんな心理に答えたのが、こちらの名言です。

運命は、訪れるのを待ち続けるものとは限りません。

例えば付き合う前なら、積極的に出会いの場へ行ったり、気になる人に近づく努力をしたり。付き合ってからは、彼にマメに連絡したり、彼の価値観や好きなことを取り入れたり。

いずれも自らの手で「運命」を引き起こそうと、努力しています。そして、後から結果が伴うのです。

「愛とは、見返りを求めないもの。」

こちらも、「愛と恋の違い」が分かる名言です。

「恋」している時は「愛されること」「大切にされること」を求めて行動してしまいます。これは見返りを求めた好意。

それに対して「愛」は、見返りを求めません。溢れ出す愛情を相手に注ぎたい。相手の幸せが、自分の幸せである。そんな深い思いやりが原動力になっているのです。

そして、無償の「愛」は人の心を豊かにします。「自分は無条件で愛される人間なんだ」という実感が、心の安定と幸福を呼ぶのです。

 

いい言葉は、心を救う。

名言に綴られたいい言葉は、価値観を広げて、行き詰った心を救います。恋愛をどう進めればいいのか分からなくなった時は、心に響く恋愛の名言を思い返してみてください。

恋愛に正解はありません。人の数だけ愛の形があります。しかし、何もかも自己流で上手く進められる人は、なかなかいないのも事実です。

「変わりたい」と思った時は、こうした名言や周囲のいい言葉を聞いて、自分なりに取り入れるのも一つの手段といえます。

 

次は、どんな恋をしたい?

恋愛するたびに新しい自分に出会える。これは、自分自身が変化している証なのだと思う。本気で誰かと向き合いたいと思った時、人は自分の限界や弱点を知ることになる。

私の魅力を教えてくれたから、自分のことを好きになれた。至らない自分を知ったから、他人を許せるようになった。

あの時は気づけなかったけど、名言を通して思ったことがある。

幸せな恋愛も辛い恋愛も、振り返ってみると全てに意味があったんだ。これから先も、恋愛するたびに自分自身と向き合うことになるのだろう。

次はどんな恋が待っているのかな?そしていつか、名言に綴られていた「本物の愛」を実感する日が来るのかな?ワクワクする気持ちが止まらない。

好奇心を胸に、私自身に問いかけてみる。

「ねぇ。次は、どんな恋をしたい?」

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする