2019.11.11

「何も考えたくない時…考えるのに疲れたの…」何も考えない方法とは?

もう、何も考えたくない。

生きているだけで何でこんなに考えることが、沢山あるのかわからない。

毎日を生きれば生きるほど、考えることが募っていく。

頭の中が不安と悩みでいっぱいで、重くてぎゅうぎゅうで、今にもパンクしそうなんだ。

こんなので、私の将来、大丈夫?ちゃんと生きていけるのかな。悩みがぐるぐる渦を巻いて、ああもう疲れた。考えることに疲れてしまった。

もう何も考えたくない。穏やかな気持ちで生きていたいのに、また何かを考えてしまう。

何も考えたくない時、みんな、どうやって過ごしているの?

 

何も考えたくない時、その原因は?

考えることに疲れてしまって、何も考えたくないと顔を覆ってしまう時もあるもの。考えなければならないことがあるのに何も考えたくない時、一体その原因はどこにあるのでしょうか?何か要因があるからこそ、何も考えたくないと思うもの。

何も考えたくない時、その時に心にのしかかる原因とは一体何なのか、何も考えたくないと思う原因について紹介していきます。

1.全てに疲れてしまった

恋人との関係、タスクの多い仕事、足りないお金…生きていく中では沢山のトラブルがあります。あまりに色々なことを一つずつ真面目に考えていると、そのうち頭の中がいっぱいになって、疲れ切ってしまうもの。

考えること全てに疲れ、もう何も考えたくないと全ての事柄に対しての思考を放棄してしまう。「何もかも放り投げて自由になりたい」心の底にはそんな願いが隠れているのです。

2.考えることが多すぎる

自分の身体は一つで、物事を考える脳も一つです。一人の人間が考えられることには限度があり、抱える悩みにも限度があるもの。しかし、生きている中であまりにも多くの悩みを抱えると、考えることが多すぎて、頭の中がパンクしてしまいます。

自分一人では許容しきれない程の悩みを抱えた結果、どの問題から解決していったらいいのかわからなくなり、「もう何も考えたくない…」という気持ちになってしまうのです。

3.ストレスが溜まっている

人間には様々な性格があるもの。神経質だったり、周りに気を使いすぎてしまったりとストレスの溜まりやすい性格の場合、日々を生きるだけで、どんどんストレスが蓄積されていってしまいます。

ストレスが溜まっていると人間は心の余裕が無くなるもの。何かを考えることができる時には、人間はある程度心に余裕があるのです。

ストレスにより心の余裕がなくなると考えることが嫌になり、何も考えたくない、という気持ちになってしまうのです。

4.不安を感じすぎている

何か新しいことに挑戦する時、人の心には少なからず不安が生まれます。何も考えたくない時は、この不安で心の中がいっぱいになってしまっている可能性があります。

「こちらの会社を選びたいけれど、やっていけるだろうか」「新しい職場で虐められたらどうしよう」など、心の中が不安でいっぱいになりすぎると、考えること自体から逃げたくなり、何も考えたくないとなってしまうのです。

 

5.現実逃避したいと思っている

失敗の全くない人生と言うのはほぼ存在しないもの。学校のテストで低い点数を取ってしまった、仕事でミスをしてしまった、恋人と喧嘩をしてしまった…など、ほんの小さい出来事であっても、失敗やトラブルに見舞われることがあるでしょう。

何も考えたくない時の原因のひとつに、それらの失敗から目を背けたい、ということがあります。辛い現実から目を背けて今をやり過ごしたいと思い、何も考えたくない…と思考停止してしまうのです。

6.孤独を感じてしまっている

悩み、苦しみ、何も考えたくない時、人は誰かに助けてもらいたいと思うもの。誰かから差し伸べられた手が救いになり、その悩みから抜け出すきっかけにもなることもあります。

しかし、悩んでいることがあっても誰からも手を差し伸べられない時には、「自分はたった一人なんだ」と孤独を感じてしまうことも。誰からも気にかけてもらえない自分が、苦しみの渦に落ちていってしまうのです。

 

考えすぎる癖を直したい。

世の中には、一つのことに対して考えすぎてしまう人や、周囲の人よりも感受性が豊かで繊細なため、考えすぎてしまうのです。

それは時に小説や詩と言ったような、感受性を必要とするクリエイティブな才能を発揮するためのきっかけになることもあります。

しかし、普段の日常を生きるには細かいことまで考えすぎてしまうと悩みが増え、どんどん疲れが溜まっていってしまうのです。

一つの物事に対して深く考えられるということは悪いことではありません。

しかし、考えすぎて疲れてしまうと日常を生きるのが辛くなってしまうもの。

そのため、考えすぎる癖を直し、日常生活にはびこる悩みと適度な距離感で付き合っていくことが大切になるのです。

 

考えるのに疲れた時、何も考えない方法6選

考えすぎてしまう人は、人生の中で直面するあらゆるものに対して真面目に考えてしまうもの。あまりに真面目で一生懸命すぎるため、考えることに疲れてしまい何も考えたくない時が生まれてしまうのです。

しかし、何も考えたくないと思っても考えてしまうのが、考えすぎてしまう人の特徴。頭を休ませるため、考えるのに疲れた時に何も考えない方法を紹介していきます。

1.「考えちゃいけない」と思いすぎない

眠れない時に眠ろう眠ろうとぎゅっと目を瞑っていると逆に眠りにつけないように、考えることも「考えちゃいけない」と思いすぎると、そのことで頭がいっぱいになって逆に考えてしまうものです。

あまり「考えすぎること」に対して思いつめずに、リラックスして過ごしましょう。

好きなアロマを焚いたり、コーヒーを入れて音楽を楽しんだりと肩の力を抜いていれば、自然と心が安らぎ、考えすぎることもなくなっていきます。

2.スマホなどの電子機器を一日触らない

スマホは情報の宝庫です。一回スクロールするだけでもあらゆる情報が溢れ、それを得ることができます。簡単に情報が手に入ることは良いことでもありますが、考えすぎる人は一つの単語を頭の中に入れただけで、あらゆる考えを巡らせてしまうのです。

何も考えたくない時には、スマホを触りすぎないことが大切。何も考えたくない時には、スマホをそっと閉じてゆっくり本を読むなどして過ごすことがおすすめです。

 

3.趣味に没頭する

何か一つのことに没頭している時は、それ以外のことを考えないもの。暇な時間があると、人は様々なことに考えを巡らせて不安になったり、思いつめたりしてしまいます。

そのため、何も考えたくない時は、好きな趣味にひたすら没頭することがおすすめです。

例えば絵を描くことが趣味の場合、その一枚の絵に集中して向かっている間はその絵を完成させることしか考えずに済みます。その間、悩みに苛まれることなく、しかも楽しく趣味をすることができるのです。

4.日光を浴びながら散歩する

晴れた日の朝に外に出た時、日差しがきらきらと光っていて晴れやかな気持ちになったことはありませんか?夜の方が静かで落ち着く、という人もいるかと思いますが、温かい日の光を浴びると心まで照らされて晴れやかな気分になれるもの。

考えることに疲れてしまったら、いつもよりほんの少しだけ早起きをして、日の光を浴びながら散歩をしてみることがおすすめ。

特に何もせずに歩いているだけでも不思議と心が明るくなり、疲れが軽減されていきます。

5.生活習慣を改善する

やりたいことが多すぎて、ついつい夜更かしをしてしまう…そして夜更かしをした分だけ、朝起きるのが辛い。身体の調子と心の調子は少なからずリンクするもの。

生活習慣が乱れている場合は、夜更かしをしない、一日八時間は寝る、朝早く起きるなど、自分の身体に合った生活リズムを見つけ、それを実行していくことが大切。

生活習慣が改善されると心に余裕が生まれ、考えすぎて過度な負担がのしかかることが少なくなっていきます。

6.全ての不安を人に相談して吐き出す

不安な気持ちが頭の中をぐるぐる回っていて考えすぎてしまう時、そしてそれが原因で何も考えたくない時、一人で考え続けていると何の解決法も見つからない場合があります。

自分の中で考えが煮詰まりすぎてしまい、突破口が見つからなくなってしまうのです。

自分の中で考えているだけではどうにもならなくなってしまったと感じたら、一度全ての不安を信頼できる人に相談して吐き出しましょう。

誰かに相談することによって自分以外のことがこの不安を知ってくれている、という安心感で気持ちが楽になるものです。

 

考えすぎでネガティブになってしまう。

心の中に生まれた悩みや不安に対して必要以上に真面目に向き合ってしまうと、どんどん考えを巡らせることになります。

ネガティブな気持ちが広がっていってしまうと、その考えは頭の中に纏わりつき、離れなくなるもの。「もっとポジティブに物事を考えようよ!」と言われても、そんなに急に頭の中は切り変わりません。

自分でも明るく、何でもないことのように思いたいけれどもできない。そのジレンマによって心が沈んでしまい、何も考えたくないとさらにネガティブな気持ちが生まれてしまうこともあるもの。

このネガティブな気持ちを無くすため、時に考えないことが必要になってくるのです。

 

考えるのに疲れたときは、全て放り投げよう。

考えすぎてしまう人は責任感が強い傾向があります。

その責任感の強さによって考えすぎてしまい、「解決策が分からない。どうしよう」と悩み疲れてしまうのです。

ぐるぐると重たく考えすぎずに、一旦落ち着いてシンプルに考えてみましょう。何も考えたくない時は、考えなくていいのです。

考えたくないと思っているということは、心がそれ以上悩むことをやめて欲しいとSOSを出しているということ。心のSOSに耳を傾けて、一旦すべての物事を放り投げてしまいましょう。

「考えないと解決できない」「悩まないと突破できない」その考え方を一度捨てて、「疲れた時には一旦全部放り投げてもいい」という考えにシフトしてみませんか?

「考えすぎなくても、良い方向に持って行けるんだ」そのことに気づくことが、考えることに疲れないための第一歩なのです。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容になります。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラーなど専門家にご相談の上、ご自身の責任で行うようにしましょう。

 

meino
meino
好きなものを好きだと言い続けたい、永遠のサブカル女子。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする