2019.11.03

もう疲れた時・しんどい時、どうすれば?…疲れたら休むことを覚えよう。

もう疲れた。しんどい時、どうすればいい?

もう全部に疲れてしまった。

頑張り方がわからない。何のために頑張ればいいのかも、わからない。

むしろ、頑張ることが偉いのかも、よくわからない。

疲れた時も、しんどい時も、どうすればいいの?

みんなどうやって心を癒しているの?精神的に疲れた時、みんなどうやって乗り越えてきたの?

生き方があまり上手じゃない私には、わからない。

「疲れた」って言うと、「みんなそうだよ」「お前だけじゃないよ」なんて言われてしまう。

わかっているけど、疲れたって言っていいじゃないか。疲れた時は、人に甘えたって、休んだっていいと思うんです。

そこで今回は、自分が精神的に疲れた原因&疲れた時、心の安定を取り戻す6つの方法をご紹介します。

どうせ生きるなら、自分の心にしっかり耳を傾けてあげよう?

 

本当に疲れた時、しんどい時は、泣けないの。

本当に疲れた時や、しんどい時は、涙すら出てこない時がある。

涙が流れたら、少しだけ心に引っかかっていたものが解けていく感覚がある。

でも、涙すら出ない時、その気力すらない時は、自分がいかに無力なのかを突きつけられているようで、悔しくて苦しくてたまらない気持ちになる。

上手く泣けたら、泣けない自分から解放されられたら、もう少し楽になれるのかな?

泣かないように頑張ってきた日々…

いつからか泣くことすらできなくなった日々…

 

精神的に疲れた原因は、どれ?

自分が精神的に疲れた原因を明確にすることで、自分の中に引っかかっているものや、漠然とした不安が解けていきます。

そこでまずは、精神的に疲れた原因を解明していきましょう。

1.仕事が忙しい

仕事が原因で、精神的に疲れてしまうことがあります。仕事が多くて、どれだけ頑張っても忙しく日々が過ぎていくだけで、何も身になっている気がしない。そんな時に、心が折れてしまって、精神的に疲れてしまうことがあります。

【仕事が忙しいこと=ありがたいこと】と言われる日本。

でも、【仕事が忙しい時=休む時】なんです。

仕事が忙しい時こそ、休む勇気を身に着けましょう。仕事が忙しいことは、ありがたいこと。ですが、それに縛られすぎる必要はないのです。

2.会社が辛い

会社の人間関係や、仕事の内容が辛くて、精神的に疲れてしまっている場合もあります。会社にいくことが苦しい。満員電車に毎朝揺られることが辛い。人間関係を壊さないために、いつもいい顔して気を使っている自分にも疲れた。

そんな時は、転職も考えてみましょう。常に自分の気を張っていないといけないなんてことないのです。たまにはゆっくり休んだり、自分の働き方について考えてみましょう。

3.人間関係に疲れた

友達・上司・部下・同僚。生きていく中で、人は様々な人と出会います。出会いはいいことだけじゃない。別れもいいことだけじゃない。「この人といると、しんどいな。」「この人といると疲れるな。」と思ってしまうことがあって当たり前。

人と人が関わることで、生まれる摩擦は、全ていいものとは限りません。

ですが、その摩擦に心が苦しめられてしまった時は、自分の環境を変えることも考えましょう。

4.恋愛に疲れた

恋愛のことで、精神的に疲れてしまうこともあります。

「彼氏・彼女が重たくて疲れた。」「もう追いかけるばかりの恋愛に疲れた。」「いつもセフレやセカンドポジションになってしまって、しんどい。」たくさんの理由から、恋愛に疲れてしまうことがあるのです。

恋愛は自分の感情を大きく揺さぶるものだからこそ、疲れやすい。自分の恋愛疲れには、早めに気づいてあげましょう。自分の気持ちを整理することも大切です。

 

5.家族・親族関係で疲れた

家族や親族関係で疲れてしまうこともあります。家族はとても大切。かけがえのない存在であり、絶対変えることができない存在。ですが、家族は血が繋がっているから一緒にいることが当たり前とされています。

家族の中にも、気が合わない人や、どうしても分かり合えない人がいて当たり前。疲れてしまうことも、あっていいのです。

6.将来に対する不安で疲れた

「私たちって、年金払ってるけど、受け取れないんだよね。」「私たちって、就職したからって、低い給料でただただ働くだけなんだよね。」「僕って、何がしたいんだっけ。」「将来何がやりたいとか、特にないんだよね。」

このように、目に見えない将来に対して深く悩んでしまうのは、若者だからこその感情。誰も教えてくれない。誰も助けてくれない。そんな時に、精神的に疲れてしまうことがあるのです。

 

精神的に疲れた時、まずは心に耳を傾けて。

精神的に疲れてしまった時は、まず疲れている自分に気づけるようにしましょう。

忙しい時ほど、頑張ろうとしてしまったり、「休んだらいけない!」と思ってしまうのです。

でも、本当は休まないといけないこともわかってる。

精神的に疲れた時は、まずは自分の心に耳を傾けてあげてください。

「休みたい」と言っているのか、「もう少し頑張ってみたい」と言っているのか、「少しだけゆっくりしたい」と言っているのか。

自分の心の些細な変化には、自分しか気づいてあげることができないのです。

 

疲れた時、心の安定を取り戻す6つの方法

「もう疲れた」と思ったあとは、何も感じない。何も感じなくなって、自分の変化に自分で気づけなくなってしまいます。

そこでここからは、疲れた時に心の安定を取り戻す方法を6つピックアップしてご紹介します。

1.まずは一日しっかり休む

疲れた時に心の安定を取り戻す方法1つ目は、まずは一日しっかり休むことです。長い休みが取れない場合は、まずは一日ゆっくり自分の心を休めてみましょう。

リフレッシュしに日帰りで温泉に出かけるのもいい。家でのんびり映画やドラマを見るのもいい。とにかく自分を休める時間を作ってみましょう。仕事が溜まってしまっても、一日休んでリフレッシュすることで、効率的に働けるようになります。

2.デジタルデトックスをする

疲れた時に心の安定を取り戻す方法2つ目は、デジタルデトックスする時です。毎日たくさんの連絡が来て疲れてしまうことがあります。「人間関係からも、仕事からも、恋愛からも、全部解放されたい…」そう思った時は、SNSや電話やLINEから一旦離れましょう。

デジタルデトックスすることで、自分の心を本当に休めることができます。忙しく過ぎる日々から一日だけ離れてみませんか?

 

3.周りの環境を変えてみる

疲れた時に心の安定を取り戻す方法3つ目は、周りの環境を変えてみることです。心が不安定になっている時は、何が起きてもイライラしてしまったり、不安で眠れなくなってしまいます。

そんな時は、周りの環境を変えてみましょう。どうしても分かり合えない人とは、頑張って分かり合う必要はないのです。自分の無理のないように生活を送ってみましょう。

4.苦手な人とは無理に関わらない

疲れた時に心の安定を取り戻す方法4つ目は、苦手な人とは無理に関わらないことです。苦手な人と分かり合うことで、一つ乗り越えた気持ちになれることもあります。ですが、その分、自分を苦しめてしまうことでもあるのです。

あなたの悪口を言う人や、あなたに冷たく当たる人は、友達・恋人とは言えません。

あなたを本当に大切にしてくれる人は別にいます。自分の心に負担をかけない程度に人と関わるようにしましょう。

5.好きなことに没頭する時間を作る

疲れた時に心の安定を取り戻す方法5つ目は、好きなことに没頭する時間を作ることです。大好きな料理をしたり、音楽を聴いたり、映画を観にいったり…様々な方法で自分を癒すことができます。

好きなことに没頭している間は、全てのことを忘れることができるので、「全部忘れたい!」「もう疲れた!無理!」と思ったら、とにかく好きなことに逃げましょう。

6.無理に向き合おうとしない

疲れた時に心の安定を取り戻す方法6つ目は、無理に向き合おうとしないことです。自分の心に問いかけることはとても大切です。ですが、追い込んでしまっては意味がありません。

自分を追い込んだり、「向き合わなきゃ。向き合わなきゃ。」と、必死になってしまうのではなく、自分らしく生きることが一番大切なのです。

 

心が疲れたら、ちゃんと休もう。

どうせ生きるなら、ちゃんと休むこと。

生きていくためには、必死に働かなきゃいけない。生きていくためには、人と関わり続けなきゃいけない。

だからこそ頑張り続けなきゃいけないと思ってしまう。

でも、頑張ることだけが正義じゃない。頑張っている人だけが偉いわけじゃない。

それで、心と体が壊れてしまったら意味がない。

自分のことで精一杯になって周りが見えなくなって、どんどん辛くなってしまうくらいなら、少しだけ心に余裕を持って生きてみませんか?

①起きていないことに対しては不安にならないこと
②焦らなくてもいいということ
③頑張ることだけが偉いわけじゃないということ
④休むことも仕事の一つだと思うこと

「しんどいな。もう疲れたな。」と思ったら、この4つを忘れずに生きていきましょう。

自分を一番わかってあげられるのは、自分だけだから。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする