2019.10.30

「私は彼氏依存症」もう依存するのをやめたい。依存を克服する9つの方法

私、彼氏依存症かもしれない…

彼氏のことが大好きで、彼氏にすぐ依存してしまう。

彼氏に依存しない方法があるなら教えてほしい。

彼氏がいないとダメな自分は、彼氏に依存してるんだと思う。

本当は自立して、「いい女だ」って言われたい。でも、今の私は彼氏にとって負担になってるだけ。

いつ捨てられるのか。

いつまで愛してもらえるのか。

そんなことばかり気になってしまう。もっと大人になりたい。いい女になって「自慢の彼女だ」って言ってもらえるようになりたい。

でも、そんな自分には程遠いこともわかってる。好きすぎるからいけないの?それとも私の性格の問題?

どうしたら、彼氏にとって最高の彼女になれるのか教えてほしい…

 

彼氏に依存しない方法を知って克服したい

彼氏に依存しない女性なんているの?

どうしたら、サバサバした大人の女性になれる?

どうしたら、余裕を持って彼氏と接することができる?

なんでみんな嫉妬した後に束縛しないの?なんで、彼氏を放置することができるの?

「取られちゃうかも」って不安にならないの?

なんでみんなあんなに強いんだろう…

そんな彼氏に依存してしまって悩んでる女性に向けて今回は、彼氏依存度を知る8つの特徴&彼氏依存を克服する9つの方法をご紹介します。

彼氏に依存することは、彼氏だけじゃなくて自分も辛いから。少しずつ、自立していこう。

 

私は彼氏依存症?依存度を知る8つの特徴

まずは、自分が彼氏依存症なのか知ることが大切。彼氏のことを好きすぎるだけなのか。それとも、依存してしまっているのか…

そこで彼氏依存度を知るために、彼氏依存症の特徴を8つご紹介します。自分に当てはまる項目が多いほど、彼氏に依存してる可能性があるので、まずはチェックしてみましょう。

1.彼氏がいないと生きていけない

彼氏依存症女性の特徴1つ目は、彼氏がいないと生きていけないことです。彼氏がいないと何もすることができない人は、彼氏依存症の可能性が高いと言えるでしょう。

「彼氏と別れた後を想像できない。」「彼氏がいなくなったら死んでもいい。」「彼氏が他の人に取られたら、その女性に危害を加えてしまいそう。」

そんな風に思っている人は、彼氏に対して強い執着心があり、彼氏とずっと一緒にいたいという気持ちが強すぎる傾向にあります。

2.全て彼氏に決めてほしい

彼氏依存症女性の特徴2つ目は、全て彼氏に決めてほしいと思っていることです。

自分で決断することができなくて、「これどうしたらいい?」「どっちの服を買ったほうがいい?」「今日のご飯は何を作ればいい?」「次の休みは私は何をしたらいい?」など、全ての意思決定を彼氏に求めてしまうのは、依存している証拠。

彼氏なしでは生きていけない状態になっています。こうなってしまうと彼氏も、「どうしてあげたらいいんだろう…」「そろそろ疲れたな…」と思ってしまうことがあるので、気をつけましょう。

3.先の予定が全て彼氏

彼氏依存症女性の特徴3つ目は、先の予定が全て彼氏になってしまうことです。

自分の予定の全てが彼氏とのデート。休日は彼氏以外と会わない。平日も仕事に行って帰ったら彼氏と一緒。常に彼氏と一緒の生活をしてしまうと、彼氏がいなくなった時に自分を見失ってしまうことがあります。

他の人と連絡を取ったり、会うことよりも、彼氏を優先してしまっているのであれば、依存している状態と言えるでしょう。

4.彼氏に呼ばれたら予定は全てドタキャン

彼氏依存症女性の特徴4つ目は、彼氏に呼ばれたら予定を全てキャンセルしてしまうことです。

友達と会う約束をしていたのに、その日に彼氏から「会わない?」「今日早く帰ってこれる?」と連絡が来た時に、友達との約束を断ってしまうのは、彼氏に依存している証拠です。

彼氏に依存していない人は、ちゃんと友達も大切にします。彼氏との予定よりも、友達との予定が早く決まっていたら、友達をしっかり優先することができます。

5.彼氏の行動全てを把握していたい

彼氏依存症女性の特徴5つ目は、彼氏の行動を全て把握していたいと思うことです。

彼氏が今どこに誰といるのか。全てのスケジュールを知っておかないと安心できない女性は、彼氏に依存している可能性が高いでしょう。

彼氏に「今日何するの?」と聞くだけでなく、彼氏の携帯に位置情報アプリを入れたり、スケジュールを共有しようとする女性は、彼氏を信用していると言えません。まずは、彼氏の発言を信じるところから始めましょう。

6.彼氏の女友達は全員敵

彼氏依存症女性の特徴6つ目は、彼氏の女友達を全員敵だと思っていることです。

彼氏の女友達から聞く彼氏の話は全て気に食わない。彼氏が女友達の話をするのも許せない。彼氏が女友達と一緒にいるのは論外。そんな風に思ってしまうのは、依存している証拠です。

彼氏に依存しないためには、女友達は女友達と割り切れるようになりましょう。

 

7.彼氏好みの服装や髪型で統一している

彼氏依存症女性の特徴7つ目は、彼氏好みの服装や髪型で統一していることです。

彼氏に「髪の毛切ったほうが可愛いと思う」「髪の毛の色変えたら?」と言われたら髪型を変えて、「もっと可愛い服着たら?」「こういうニット着たらいいのに」と言われたら服装の系統も変えてしまう。

これは、彼氏に依存してしまっている状態です。

8.孤独だと感じることが多い

彼氏依存症女性の特徴8つ目は、孤独だと感じることが多いことです。

彼氏が出かけている時、自分より彼氏の帰りが遅い時、彼氏と一緒にいられない時間。彼氏がいないときは孤独を感じてしまう人は、彼氏に強く依存していると言えるでしょう。

さらに、「一緒にいるのに寂しい」「一緒にいるのに孤独を感じる」といった感情を持つようになったら、好きという気持ちよりも不安が強い状態。

依存しすぎるあまり、自分の心がしんどくなって悲鳴をあげているのです。

 

彼氏依存をやめたい!9つの治し方と克服方法

「彼氏に依存してるのは、彼氏だけじゃなくて自分も辛い。」

「大好きな彼氏に負担をかけていることが何よりも苦しい。」

「できれば、もう嫌いになりたい。」

「こんな苦しい恋愛するくらいなら、一人の方がマシ…」

そんな風に思ってしまっている女性に向けて、ここからは彼氏への依存を治し、克服する方法をご紹介します!

1.自分が彼氏依存症であることを自覚する

彼氏への依存を治し、克服する方法1つ目は、自分が彼氏依存症であることを自覚することです。

自分が彼氏に依存してることを気づけないと、治すことはできません。なので、まずは自分が彼氏に依存している状態を自覚し、「どうしたら治るのか」「どうしたら少し緩和できるのか」を考えてみましょう。

2.趣味を持つ

彼氏への依存を治し、克服する方法2つ目は、趣味を持つことです。他に興味をそらすことで、依存を緩和させることができます。

依存先を彼氏以外にも作ることで、彼氏への依存が少しずつ薄れていきます。料理でも、音楽でも、アートでも、旅行でもいい。少しずつ違うことに興味関心を向けてみましょう。

それにより、自分の個性も出てくるようになり、彼氏のために全て変えていた外見や性格も、自分らしいものに戻ってきます。

3.イメチェンする

彼氏への依存を治し、克服する方法3つ目は、イメチェンすることです。彼氏のために変えていた自分を、自分の好きな自分に戻しましょう。

彼氏のことを大好きすぎる時は、彼氏のために全て変えようとしてしまうもの。ですが、自分らしさのない女性を男性は嫌います。なので、自分の個性を取り戻してみましょう。

4.自分で物事を決断する

彼氏への依存を治し、克服する方法4つ目は、自分で物事を決断することです。

自分で物事の判断をできない女性は、男性に負担をかけてしまいます。彼氏がいないと何もできない自分ではなく、彼氏がいない時も頑張れる自分でいましょう。

自分の小さな変化によって、彼氏にもっと愛されることもあります。依存しすぎて彼氏に愛されているか不安になったら、まずは自分でできることを自分でやることから始めることをオススメします!

5.自分に自信をつける・自立する

彼氏への依存を治し、克服する方法5つ目は、自分に自信をつけて自立することです。

一番の原因は、自分に自信がないこと。自信がないから、携帯を見てしまう。女性と話して欲しくないと思ってしまう。彼氏のSNSを漁ってしまう。自分に自信をつけることで、これらの行動をしなくなります。

自分に自信をつけるためには、まず自分でできることを増やすことが大切なのです。

6.スマホを触らない日を作る

彼氏への依存を治し、克服する方法6つ目は、スマホを触らない日を作ることです。毎日スマホを見る生活を続けていると、彼氏の行動を把握しないと気が済まなくなってしまいます。

彼氏のSNSを見て、彼氏の居場所を見て、彼氏に連絡してしまう。依存をやめるためには、何事も少し離れてみることが大切です。

 

7.一人で出かけたり旅行する

彼氏への依存を治し、克服する方法7つ目は、一人で出かけたり旅行することです。

彼氏がいないと何もできない自分から、彼氏がいなくても旅行に行けるくらいの女性を目指しましょう。一人で海外旅行する女性もいます。そのくらい、女性は元々強い生き物なのです。

なので、自分で物事を判断し、自分で行動できる女性になるため、少しずつ努力してみましょう。

まずは、一人の時間を作るところから始めましょう。

8.彼氏に盲目な自分を客観的に見る

彼氏への依存を治し、克服する方法8つ目は、彼氏に盲目な自分を客観的に見ることです。盲目になって依存してる状態は、周りだけでなく自分自身も見えなくなってしまっています。なので、まずは今の自分を客観視してみましょう。

「客観的に見て今の自分は、やばいかな?」「今の自分を変えるためにはどうしたらいいかな?」と考えることで、自分が今すべき行動が見えてきます。

9.重度だと嫌われることを自覚する

彼氏への依存を治し、克服する方法9つ目は、重度だと嫌われてしまうことを自覚することです。

彼氏に依存しすぎていると、彼氏が苦しくなってしまいます。「一人で何もできない。何も決断できない。なんでも言うことを聞く。プライベートも仕事も全て報告しなきゃいけない。女友達とは会うだけじゃなく連絡すらさせてもらえない。」

そんな状態では、彼氏が苦しくなってしまい、彼氏が「一人になりたい。」「別れたい。」と思うようになってしまいます。

大好きな彼氏と一緒にいるためには、彼氏に嫌われないように自立することが大切なのです。

 

彼氏依存の克服は、彼氏のためだけでなく自分のため

彼氏依存の克服は、彼氏のためだけじゃない。

自分のために克服するもの。

だって、苦しいもん。ずっとずっとキツイもん。

ただ一緒にいたいだけなのに、依存してしまって抜けなくなって、どんどん悪循環になる。

大好きな彼氏からの「めんどくさい」の一言が、心に刺さって抜けない。ずっとずっとお荷物になってるみたいで、自分が苦しくなってくる。

「嫌いになった」なんて嘘ついてみたいけど、怖くて言えない。

でも、愛されてることを確認したくて、「別れよう」「別れたいの?」「もう好きじゃないんでしょ」って言ってしまう。

それも負担になってること、わかってる。わかってるから、少しだけ、大人になるね?

 

大丈夫。時間をかけてゆっくり克服しよう

自分が変われば関係が変わる。

もっとお互いを本気で大切にできるように、時間をかけてゆっくり克服していきたい。

彼氏のためだけじゃなく、自分のために。

ゆっくりだけど、少しずつだけど、それでいい。

急に「私、変わる!」って変えようと思うと、頑張りすぎて、また空回りしてしまうから。少しずつ努力するね。

今は、めんどくさくて重たい彼女かもしれないけど、頑張るから。

彼氏がいないと悲しい。でも、彼氏と一緒にいない時間も楽しめる私になろう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする