2019.10.28

元彼を早く忘れたい…元彼忘れられない心理&綺麗さっぱり忘れる方法

元彼を早く忘れたい…

忘れたいはずなのに、気が付くと元彼のことを考える自分がいる。

仕事中も、食事中も、友達と居る時も…。何をしていても、幸せだった頃の元彼の余韻に浸ってしまう。忘れたいと思えば思うほど、逆に元彼のことを考えて苦しくなる。

元彼をいつまでも引きずってもしょうがないよ?

元彼よりもっといい人が見つかるって!

友達の親切心からの言葉がむしろ、傷に沁みて痛い。笑顔を浮かべてみても、やっぱり「あの時に戻れたら…」と夢見てしまう。私がもっと器用だったら、もう少しうまくやれてたら、元彼と別れずに済んだんじゃないか…。

そんな後悔が止まらない。

いつか、心から笑える日が来るのかな?いつか、心から誰かを愛せる日が来るのかな?

「忘れたい」と思うほど辛い今を、どう乗り切ればいいのだろう。

 

新しい恋に進みたいんです。

何度も何度も何度も、元彼の事を思い出してる。そして、新しい恋に進みたいとも思ってる。理想と現実が一致しない。矛盾していることは自分でもよく分かっている。

元彼を忘れたい。もう一度、夢中で誰かを愛したい。素敵な出会いに恵まれたい。

でも、元彼を忘れたくない。元彼との思い出を他の人で上書きしたくない。元彼以上の人に出会えると思えない。

進もうとする自分と、元彼との過去を振り返る自分、両方いるから頭が混乱してしまう。そして、この失恋を前向きに捉えることができたら、今よりも成長した自分に出会える予感もしている。

「さよなら、私の愛しい人。幸せになるため、素敵な女性になるため、私はあなたとの思い出とお別れします。」

 

元彼を忘れられない心理

大好きだった元彼ほど、別れて時間が経っても忘れられないもの。理屈では分かっているのに、「忘れたい」と思っても、いつまでも元彼の存在が心の中に残り続けます。

なぜいつまでも、忘れたいのに忘れられないのか?

大好きだった相手を一瞬で忘れることはできません。元彼からの深い愛情を失い、喪失感に苛まれるのは、自然な反応。

元彼との別れを心から悔やんで、泣いて、悲しい自分を解放して大丈夫です。しっかりと悲しみに浸ったら、次は立ち直る段階になります。ここで躓いてしまうと、「元彼を忘れたいのに忘れられない」という状態になるのです。では、続いて忘れられない心理を見ていきましょう。

1.未練が残っている

まだ元彼への恋愛感情が残っていると、好きなのに叶わない、辛い片思いの状態になります。元彼から一方的に別れを告げられたり、強がって別れを受け入れると、こうした状態に陥ります。

「元彼のことが好き」という気持ちを否定すると、さらに好きになるもの。「元彼を忘れないといけない」と自分を追い詰めれば、もっと苦しくなるのです。

恋愛感情が残っているならいっそ、思い切って元彼に連絡を取ってみたり、デートに誘ったり、復縁を提案する方法があります。注意点は「元彼に期待しない」こと。「アタックしてダメならキッパリ諦める」と自分の中でルールを作って、引きずらないようにするのがポイントです。

2.別れ方が悪かった

喧嘩別れや誤解など、納得できない別れ方だと、気持ちが不完全燃焼になります。突きつけられた現実を受け止めきれない…。その結果「元彼を忘れたいのに忘れられない」という状態になるのです。

ですが、喧嘩や誤解を乗り越えるカップルがいるのも確か。問題が起きた時に上手に向き合えないカップルだと、仮に別れなくても、どこかのタイミングで同じ結末を迎えます。

また、元彼の浮気などが原因だった場合、心のダメージが大きく、トラウマ体験に…この場合、決して自分のせいにはしていけません。「元彼は浮気する人だった」という事実だけ受け止め、誠実な相手を見つけて幸せになってください。

3.必要とされたい

誰しも「必要とされたい」という願望を持っています。恋愛中、誰かに想ってもらえると、この上ない幸せを感じますよね。それが別れとともに急に無くなり、不安定になるのです。

ところが、「元彼に必要とされたい」という気持ちはいわゆる自己満足のひとつ。囚われすぎると、幸せな恋愛が遠ざかってしまう原因になります。

自分を大切にしてくれない男性に縋ったり、好きな人を大切にできなかったり…。辛い恋愛を繰り返しているとしたら、「なぜ必要とされたいのか?」と向き合うことをおすすめします。

4.別れたことを後悔してる

「元彼と別れるんじゃなかった」という後悔があると、自分を責めたり、正解を探し求めて、泥沼にはまってしまいます。元彼との別れの原因が自分だった場合や、自分から別れを切り出した場合は特に、はまりやすいのです。

人は当たり前になってしまうと、大切さに気付けなくなるもの。失ってからやっと尊さが分かります。でも、失ってから気づいても遅いです。失った元彼からの信頼は、もう一度最初から構築する必要があります。

次の恋愛する時には、元彼の時以上に相手を大切にできるはずです。後悔のない毎日を生きることで、心の状態は変わります。

5.一人が寂しい

元彼と過ごすことが当たり前になってたなら、いざ一人になった時、強い孤独感に襲われます。急にできた一人の時間をどう使えばいいのか分からない。でも、一人でいるとさらに悪い方向へ考えしまう。

そんな時は、元彼のことばかり考え込んでいても堂々巡りしてしまうので、頑張って外に出てみましょう。

元彼と別れて寂しいことを正直に友達に伝え、慰めてもらってください。好きな場所へ行ったり、お買い物をしたり、何かに取り組んでいるうちに、気持ちがスッと軽くなるタイミングが訪れます。

 

本当この感情いらないんですけど。

「元彼のことを忘れたい」と思っているなら、もう気づいているはずです。元彼を愛し続けても恋は実りません。幸せにはなれなれず、期待しても叶いません。

「なぜ元彼との未来がないのか?」

それは過去の人だからです。もう元彼との恋愛は終わったのです。恋人ではなく、「元彼」という名の他人になったのです。

ちょっと冷たい言い方にも感じられますが、それくらいキッパリと割り切った方が、現実との差に苦しむことが無くなります。叶わない夢を追い続けることと、叶う夢を追うこと、どちらが幸せなのか…。

恋愛は「自分が」幸せになるためにするもの。元彼への未練と決別して、自分が幸せになれる道を選ぶことで、自分を大切にできます。

 

元カレへの未練断ち切るには?

一度未練の沼にはまってしまうと、ネガティブな感情に支配されます。新しい恋や魅力的な相手に目を向けることができず、幸せになるためのチャンスを、知らず知らずのうちに逃してしまうのです。

過去の恋愛に引きずられて、新しい恋愛を遠ざける必要はありません。

「元彼の方が魅力的なんじゃないか?」と思えるのは、元彼に「情」があるからです。初対面に近い相手を見て、元彼ほどの魅力を感じないのは、自然なことです。付き合って深く知ることで、元彼と違った魅力に気が付くことができます。

忘れたいのにいつまでも続く元彼への未練。断ち切るにはどうすればよいのでしょうか?

 

元彼を綺麗さっぱり忘れる方法

ここからは、元彼を綺麗さっぱり忘れる方法をご紹介していきます。元彼が頭の中を占領している状態は、「完全に忘れること」と真逆ともいえます。どうすれば、これを反転させることが可能なのか?

実は、別れた後に引きずってしまう人には共通点があり、未練を断ち切るには、行動や考え方を変えることが有効です。忘れたいほどに悩んで落ち込んでいるのは、本来のあなたの姿ではありません。

新しい発想を吹き込むことで、今より恋愛に対して前向きになれるはず。

1.仕事を頑張る

忘れたいはずの元彼を考えるあまり、何も手につかない状態…。これが、引きずる原因だったりします。何かを忘れるためには、他の何かに熱中することが大切なのです。

恋愛の傷は恋愛以外でも癒すことができます。仕事を頑張ったらどうなるか想像してみてください。「達成感が得られる」「周囲からの評価が高まる」「お給料が上がる」など、モチベーションになる要素がたくさんあるはずです。

そして、無心で仕事を頑張っているうちに、彼のことを考える時間が少なくなっていきます。

2.友達との時間を増やす

元彼と別れることでできた時間を、友達と会う時間に充てましょう。一人でいるとどうしても、ネガティブな方向に考えてしまうもの。客観的な立場の誰かといると、自分を見失うことも減ります。

また、友達と楽しい時間を過ごすことで、「元彼がいなくてもこんなに充実してる!」と実感できます。「彼氏しか信頼できる人がいない」と思うと、失った時のショックが強くなりすぎるので、恋人以外の楽しみを作ることが重要です。

3.新しい恋をする

誰かを好きになったり、愛されることで、孤独感や喪失感は解消されます。元彼を忘れたいと思ったら、新しい恋で上書きするのが一番効果的なのです。

とはいえ、「新しい恋愛をする気力が湧かない」という人もいるはず。まずは、異性と出会うを完全に遮断しないことで、「恋愛したい」と思える人を見つける可能性が生まれます。

もし、自分を想ってくれる男性が現れたら、正直に「元彼を忘れたいけど忘れられない」と伝えてもいいです。「元彼を忘れるくらい素敵な彼氏になろう」と考えてくれるかもしれませんよ。それだけ一途に愛してくれれば、心の氷が溶けるきっかけになり得ます。

4.次どんな恋がしたいか考える

今は好きな人がいないとしても、次にどんな恋がしたいか妄想するだけでも、ハッピーな気持ちに浸ることができます。誰しも理想の恋愛像を持っているはず。

「あのワンピースがほしいな」「あのコスメ使ってみたいな」という感覚と同じように、次の恋を思い浮かべてワクワクしてみるのです。

恋愛は楽しむもの。「元彼を早く忘れたい」と思って焦るよりも、「こんな恋愛してみたい!」と心をときめかせた方が、自然と気持ちを切り替えられます。

5.過去を振り返らない

過去の行動を反省して思考錯誤することは大切。初めから上手に恋愛できる人なんていません。失敗して、傷つけて、傷つけられて、ようやくどう付き合えばいいのか分かってきます。

ですが、過去を振り返って囚われれば、自分を責めすぎて現在を生きられなくなってしまいます。間違いは一度振り返って改善すれば充分です。忘れたいと思うほどの経験も糧になります。過去を振り返って悲しみに浸るのは止める。それが、忘れる方法です。

 

忘れるために、これだけはNG!

元彼を忘れる方法を試みても、逆効果になる行動を取れば、悪化してしまいます。衝動的になるとついつい取ってしまう行動が、元彼への未練を根強くさせるのです。

また、場合によっては元彼との関係性に亀裂が入るリスクもあります。別れたとしても友人として元彼と関わりたい、元彼は仲良しメンバーのうちの一人だから円満でいたい、という場合は特に気を付けたいです。

続いて、ここからは「これだけはNG!」な行動をご紹介していきます。

1.SNSを見る

元彼のInstagramやFacebookなどのSNSを見て、元彼がどんな日常を過ごしているか見てしまう。元彼が他の女性と仲良くなっていないか確認してしまう。こうした行動に出てしまう人は少なくありません。

SNSを見ていると、実際に元彼に会う以上に心が病んでしまいます。一瞬満たされた気分になりますが元彼の現状を知っても、復縁できるわけではありません。新しい出会いにも繋がりません。ただ辛いことを思い出して、悲しみに浸ってしまうだけです。

2.LINEブロック・着信拒否

「忘れたい」と思ってLINEをブロックしたり、着信拒否をしても、むしろ元彼のことが気になってしまいます。「早く忘れたいと思うと逆に、考えるようになってしまう」と前述しました。それと同じ心理です。

好きの反対は無関心。他の事に熱中するなどして、元彼を気にしない状態になることが、一番の忘れる方法なのです。そのため、わざわざブロックや着信拒否をする必要はありません。

3.夜中に会いに行く

「元彼に会いたい」と考えて悩む人は少なくありません。でも、それを実行しないのは、理性がストップをかけているから。このストッパーが外れやすい時間帯があります。それは「夜中」です。

電話やLINEだけで気持ちは伝えきれません。でも、「自分の気持ちを伝えるために直接話そう」と思って行動に移すのは、危険です。相手にも準備があります。そして、受け入れる気持ちがあるかどうかも、考える必要があります。

夜に「元彼に会って話したい」となったら、一旦寝てみて、朝になってから冷静に考えることが大切です。

4.泣きながら電話

泣きながら元彼に電話をかけるのもNGです。気持ちが高ぶって、元彼本人と話したくなっても、電話口で泣いていると元彼も戸惑ってしまいます。上手く気持ちを伝えることができず、微妙な雰囲気になれば、後々後悔する結果にも繋がります。

元彼と話すなら、泣き終えて心の整理がついたタイミングです。そして、「元彼を忘れたい」のであれば、そもそも用が無い限り電話しない方が、気持ちを切り替えられます。

5.追いかけ続ける

未練が残って次の恋愛に進めないのなら、一度元彼を追いかけてアタックするのも手段の一つです。「忘れたい」と思うのではなく「後悔を無くしたい」と考えるのです。ですが、いつまでも追いかけ続けるのはNGといえます。

元彼からしてみれば、もう終わった恋。元彼の気持ちが変わらない限り、追いかけ続けても恋が叶うことはありません。そして、自分のことを想ってくれる誰かが現れた時、元彼に意識が向きすぎれば、その男性を大切にできなくなります。

元彼を追いかけ続けない方が、自分のためにも、新しい彼のためにもなります。

 

大好きだっだよ。さよなら。

「忘れたい」と思っているのに「忘れられない」のは、忘れることが怖いから。記憶から消し去ろうとすると、元彼と過ごした幸せな時間が、全て否定されるような気分になる。

でも、「忘れたい=記憶を消したい」ではないって気付いた。「忘れたい=現実を受け止めたい」に変換してみよう。

元彼のことを大好きだった。とてもとても、愛していた。でも今、別れを迎えてしまった。この全てを受け入れることで、私は次に前進できるようになる。

大好きだったよ。でも、私は次に行かないといけない。だから、さよなら。

これを本音で言えるようになった今、元彼との思い出が、もっとかけがえのないものに感じられる。

私に愛を教えてくれてありがとう。最愛の人を見つけられるように、頑張ってみるね。

 

岡 あい
岡 あい
言葉と音楽をこよなく愛するライター。「生きる意味」や「人生とは何なのか」を、今日も考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする