2019.10.26

魅力的な人から学ぶ人間的魅力とは?女性が憧れる魅力のある人10の特徴

魅力的な人に私もなりたい…

私も憧れのあの人みたいに人に頼られる人になりたい。

魅力的な人には、自然と目を惹きつけられる不思議な雰囲気があります。芯のあるかっこいい女性は同性からみても強く憧れを感じるもの。

自分と何が違うのだろう?私もあんな魅力を持った人になりたい…。

しかし、その人だけが持つ独特の雰囲気は、他の人には真似することができないものです。

それでも魅力的な人になりたいの…。

人間的魅力を身に着けるために、まずすべきことはなんなのでしょうか?

この記事では、どんな人も憧れを抱く、魅力的な人の特徴についてご紹介していきます。

 

みんなが憧れる魅力的な女性の特徴とは?

では、人間的魅力を持った人にはどのような特徴があるのでしょう?

独特の芯を貫いた人には、自然と周囲を惹きつける不思議な力があります。明るい人、優しい人、美しい人。決して周囲には真似することのできないその人だけが持つ魅力で溢れています。

人間的魅力は、言語化するのはなかなか難しいもの。具体的に自分がどうありたいか、どんな人になりたいのかを、周りの人を観察して突き詰めてみましょう。

どうすればあの人みたいになれるの…?

 

魅力のある人から学ぶ!女性の魅力が上がる10の特徴

いつも明るいあの人も、実は影で努力をしている。魅力的な人は生まれたその瞬間から魅力であふれている、もともとの性格が魅力的なのだとつい思ってしまいがちです。

もともとあの人はすごいんだ…。私が努力したって無駄なんだ。

そうではありません。どんな人も、今の状態に到るまでに途方もない努力を積んでいるのです。陰ながらの苦しみや努力がその人の人間的魅力を形作っています。

人間的魅力を兼ね備えるには、驕らずに他人からなんでも吸収する素直な姿勢が大切。魅力的な人がどんな行動に気をつけているのか、日常生活にかいま見えるヒントを掴んでいきましょう。

1.言い訳をしない

何か悪いことや失敗してしまったとき、つい言い訳をしてしまうことはないでしょうか?

「色々忙しかったから…。」「どうせ自分にはできないよ。」「だってどうしようもない…。」そんな自分を守る言葉がモコモコと湧き出てくる。自分でもダメだなと思いながら止めることは難しい。

しかし、人間的魅力を感じる人は言い訳を言うことがほとんどありません。

「だって」や「でも」が口癖になってしまうと、せっかくの他人からの助言に耳を傾けられないため、外から見える自分の欠点に気づくことができないのです。

自分を正し、助言をくれる人は貴重でありがたいこと。それを理解しておくことがとても大切であり、魅力的な人はこれをよく理解しています。

2.人の悪口を言わない

周囲の人に憧れられるような人は、ネガティブなことや人を傷つける言葉を使わない。人の悪口を言わないということは、もっとも大切な人間的魅力かもしれません。

悪口を言っている人は今の自分に不満を抱えている人です。その自分のイライラのはけ口を人にぶつけてしまい、悪口やいじめに発展してしまうことがあります。このようなことにはなかなか人間的魅力は感じられず、周囲の人との信頼関係も損なわれてしまう可能性があります。

人間的魅力とは、人の心の痛みがわかる優しい魅力を持った人であると言えます。

3.いつもポジティブ

魅力的を感じる人は、いつも明るい考え方を周囲にもたらしてくれます。魅力的な人は、自分の直感を信じて、前向きな行動をとることができるのです。

「この人と会うだけで、なんだか元気をもらえるな。」「この人と一緒にいると子どもの頃みたいに素直でいれる。」

ポジティブな人はそんなプラスの影響を周りに広めることができます。魅力的な人はいつも明るい考え方を示すことができ、その場にいるだけで空気の流れを変えることができます。

4.聞き上手

人間的魅力のある人は、人に自分の意見を押し付けることはありません。

魅力的な人は自分だけでなく他人も尊重することができます。気遣いがうまく、集まりの場でも目立つどころか、自然と聞き役に回ることが多いのです。寂しい思いをしている人がいたら助ける、居心地の悪そうな人がいたらリラックスさせてあげる。

周囲の人気を集める魅力的な人は、こうした細かな気遣いが上手なのです。

5.自分の話ばかりしない

魅力を感じる人は、会話のペースを作ることがとても上手。会話1つにも魅力的になれるポイントがたくさんつまっています。その中の1つが、自分の話ばかりしすぎないことです。人の話を聞いてばかりの聞き役は誰でも疲れを感じてしまいます。

「自分もしゃべりたいのに、ずっと相手が話してばかり…。」

人との会話で大切なことは、自分の話をすることだけではなく相手の話も聞いてあげること。もし話続けそうになった時は、相手に興味を持ってみましょう。

「この人はどう考えるかな?」「今この人はどんな気持ちなんだろう?」など、相手の感情や考えを、知りたい・聞きたいと思える人は、人間的魅力が高いと言えます。

6.誰にでも平等に接する

魅力的な人は誰にでも平等に接することができます。

人はすべての人と良い関係をもつことはできません。なんとなく合わない、怖い印象が強い。そんな恐怖心や違和感から、相手とのコミュニケーションがうまくいかない場合があります。

それでも、1つだけ気をつけておくべきポイントは、自分が相手を傷つけないこと。

周囲が自分に優しくないことと、自分が周囲に優しくないことはまるきり別の問題です。たとえ嫌な態度を取られたとしても、同じような態度を示すのではなく、別の解決策を探してみましょう。

 

7.感情的にならない

魅力的な人は感情的になることがありません。失敗に対して大きく嘆いてみせたり、誰かのミスを激しく責めることもない。

いつも落ち着いて次の行動を考えています。魅力的な人はどんな時にもパニックにならず打開策を探ることができます。

8.知らないことをきちんと「知らない」と言える

魅力的な人は知ったかぶりをしません。自分の知らないことにはきちんと「知らない」と言うことができます。

こんなことも知らないなんて馬鹿にされたらどうしよう…。知ってるふりをしなければおいていかれる…。

みんなが知っているのに自分は知らない。そんな状況はたしかに心を焦らせます。

しかし、何かを知らなかったからといって自分の価値が下がるわけではありません。本当に自分の価値を下げる行動とは知ってると見栄を張ることで、せっかくの学ぶ機会を失うことです。

9.失敗を反省できる

魅力的な人は自分の失敗をきちんと反省することができます。自分のミスはなかなか直視しづらく、素直に反省できないこともある。

しかし、魅力ある人は自分の失敗をきちんと受け止めることができます。人間的魅力のある人は、失敗したことを恐れません。その失敗を生かせないことの方が恐ろしいことだと、わかっているのです。

10.相手の立場で考えることができる

魅力的な人は相手の立場を思いやり、考えることができます。

人は意外と自分の基準で物事を判断してしまいがち。自分の思い通りに動いてくれない人にイライラを感じてしまう。「なんでこんなこともできないの」と怒りを感じる。

そんな経験はないですか?

魅力的で周囲に好かれる人は、自分の基準で判断を下すことが少ないのです。

人間関係には柔軟な考え方がとても大切になっていきます。

 

女性の魅力は、見た目だけじゃないんです。

魅力的な女性とは、単に外見が美しい人のことを指すのではありません。

どうしても魅力的な人と言うと、外見が美しい人の事ばかり想像してしまいます。

しかし、本当に魅力的な人は内面からも美しさが感じられるものなのです。

「周りの人から求められるような人間になりたい。」「あなたがいてよかったと言われたい。」

本当に求めているものは外見の評価だけではなく、心や自分の人間としての価値や居場所。女性の魅力は見た目だけにあるのではないのです。

 

やりがち!3つの残念な失敗例

あの人と同じようにやっているのに、なんかうまくいかない…。

魅力的な人になるための道は意外と険しいもの。話し方や振る舞い方を変えたのに、変化が訪れない。自分が成長している気がしない。

そう感じる時は心が悲鳴をあげている証拠です。魅力的な人になろうとするあまり、頑張りすぎなくて大丈夫。このような場合は、違うアプローチの仕方に切り替えてみることが大切。また失敗しやすいポイントも押さえておくと良いでしょう。

次の章では、やりがちな3つの失敗例をご紹介します。

1.相手の気持ちを考えすぎて自分のケアができない

魅力的な人は周囲の気持ちを察して行動をとることができます。しかし周囲に合わせすぎることは禁物です。

自分の意思と他人に配慮することは別物と考えた方が良いでしょう。相手のことを考えすぎると、いつのまにか自分の心に余裕がなくなってしまいます。

2.他人ばかり立てて自分は過小評価

魅力的な人は自分のことを卑下することがありません。相手への配慮や謙虚でいることを心がけようとすると、どうしても自分を下に見てしまいがち。

自分を卑下することが魅力的なのではなく、どんな時も成長しようとする姿勢が魅力的な人柄を作るのです。他人を立てることも大切ですが、自分を過小評価するのではなく、客観的に自分を見つめるようにしましょう。

3.何でも知っている自分を演出して知ったかぶり

魅力的な人には博識な印象があるものです。常に落ち着いていて、自分の知識を無駄にひけらかすことはしません。しかしここぞという時や誰かに頼られた時はバシッと決めてしまう。魅力的な人はまさに能ある鷹なのです。

自分も魅力的な人になりたい。しかし魅力的でありたいと焦るあまり、なんでも知っている自分を演出してはいけません。知ったかぶりはいずれバレてしまいますし、信頼関係を損なう恐れもあります。

「なんでも知っている。」と強気になるのではなく、「なんでも吸収しよう!」という柔軟な心をもつことが大切です。

 

魅力的になるにはまずは己を知って磨こう!

魅力的な人は見た目の美しさだけではなく、心の美しさから極めています。魅力的な人になるためには、まずは内面から変えることが大切。

他人ばかりと比べるのではなく、自分の心と向き合うこと。さらに、時には叱咤激励し、時にはケアしてあげながら自分磨きをすることが重要。

自分の芯を持った魅力ある人柄を、目指してみましょう。

 

矢田部明里
akari
文章と心に向き合うことが好き。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする