2019.10.21

【浮気男への復讐方法】確実に元彼にダメージを与える9つの復讐劇

許さない。浮気した元彼に復讐したい

浮気された時、頭が真っ白になった。全身の力が抜けて、勝手に涙が出てきた。頭の中には、「なんで?」「信じてたのに。」「好きじゃなかったの?」そんな言葉たちがずっと巡っていた。

浮気した元彼を許すことができない。

一度本気で愛した相手を恨むようなことしたくない。でも、確実に浮気はした方が悪い。恋愛において、被害者と加害者が出てしまうことは、何よりも辛いのに…

信じた元彼に裏切られた悲しみと、愛してた人に裏切られた苦しさは、後を引いてしまう。なかなか許せなくて、気づいたら自分が惨めに思えてくる。

復讐しなきゃ気が済まない。怒りも悲しみも全部、簡単に許すことはできない。

どうしたら、同じだけの痛みを感じてくれる?

どうしたら、この気持ちわかってくれる?

そこで今回は、浮気男への復讐方法&復讐劇によるリスクについてご紹介します。浮気されて復讐したら、苦しくなるのは本当に元彼だけ?

 

浮気男はこの世から抹消すべき。

「誰でも浮気する」「男は浮気する生き物」なんてわかっていても、まさか自分の元彼がそんなことするなんて思えない。「私の彼氏だけは違う」なんて思ってた。

でも、違った。一時の気の迷いでも、一度の過ちでも、私は許すことができなかった。許したいとも思えなかった。

許したとしても、「また裏切られたら…」「これも嘘なんじゃないか…」「本当に信用していいのか…」と、不安になってしまうから。どうせこのまま付き合ったところで、誰も幸せに離れないと思っていたから。

この世から抹消してくれたらいいのに。浮気なんて、誰もしなきゃいいのに…。

いつだって傷つくのは、信じた方。

そんなの残酷すぎる。

 

【完全版】浮気男へ制裁を!9つの復讐方法

浮気男は簡単に許せない。同じだけの痛みをわかってほしい。そこで、ここからは浮気男への復讐方法をご紹介します。

※実際に行うことで、リスクが伴います。ご了承ください。

1.浮気した事実をSNSで匂わせ!

今SNSで匂わせ投稿する人が増えています。そこで、浮気された事実をSNSで匂わせることも一つの復讐方法です。

直接的に、「浮気された!」「〇〇君に浮気されて傷ついてます!」と投稿してしまうと、その元彼だけでなく、周りの友人からも「あの子は全部言っちゃうんだ。」「浮気されたからって、投稿する方も悪い。」と言われてしまいます。

なので、浮気した事実を鮮明に書くのではなく、彼氏と別れた感を匂わせたり、「裏切られた」という事実だけ匂わせることで、元彼も周りから問い詰められて復讐することができます。

2.元彼の友達に相談する

元彼の友達に相談することも一つの手。元彼の友達や同僚に告げ口するのではなく、「浮気されちゃって辛かった…」「どうしよう…」と相談ベースで話すことで、元彼に上手に復讐することができます。

「次の恋をするべきかな?」「もう、男性を信じられない…」と相談することで、自分の気持ちも緩和されながら、元彼のことをよく知る友人からの意見も聞くことができます。

本気の復讐をするかどうか、一旦待ってみるのも大切です。

3.元彼よりハイスペック男性と付き合う

元彼に一番復習できる方法は、元彼よりハイスペックな男性と付き合うことです。元彼よりも、ハイスペックな男性と付き合ったことが元彼の耳に入れば、元彼はどれだけ大きな過ちをしてしまったのか気づくことができます。

元彼よりも、優しくてかっこよくて大人で高収入で高学歴な男性と付き合うことで、元彼の心をうまく傷つけることができます。下手に安心しているからこそ、浮気されてしまうのです。

なので、「もう届かない相手になってしまったんだ…」と思わせることが大切。

4.会いたい…と連絡しつつ会ったらダメ出し

「会いたい」と連絡するだけして、会った時に「なんで浮気したの?」と問い詰めるのも上手な復讐劇。誰にも迷惑をかけることなく、二人の間で解決することがあります。

自分がどれだけ傷ついたのか、自分がどれだけ苦しかったか、ちゃんと言葉にしないと元彼は自分がしたことの重さに気づくことができないのです。

5.速攻で忘れる

浮気されたことも付き合っていたことも忘れたふりをすることで、元彼に復讐することができます。

「え?私そんな人と付き合ってないよ?」「浮気するような男性のことなんて覚えてない」と言い続けると、最初は強がりに聞こえますが、本当に嫌悪感を示していることが周りにも伝わります。

そして、自分の中でも早く忘れることができるので、付き合っていたことも浮気されたことも全て忘れてしまいましょう。そのためには、新しい恋をしたり、仕事に打ち込んで自分のスキルアップをすることがおすすめです。

 

6.新しい彼女に引かれる部分をちょっとバラす

これは大々的にやると本人へのダメージも大きく引かれてしまうので、さり気なく今カノに引かれる原因をバラすのがおすすめ。

新しい彼女に、「彼ってこうなんだよね」「彼って優しいでしょ?」「彼の手料理で一番美味しいのは〇〇だよ」など、引かれる内容だけでなく、惚気話もおすすめ。

褒めるだけ褒める、もしくは引かれる内容をさらっとバラす。それによって、新しい彼女との関係を少しだけ揺るがすことができます。

ですが、これは、現彼女を傷つけてしまう可能性もあるので、気をつけるようにしましょう。

7.呪う

心の中で呪う。「一生幸せになりませんように。」「次の彼女に浮気されますように。」など、自分の心の中に溜まったイライラを声に出して発散する方法です。

元彼に直接復讐してしまうと、元彼とは永遠に関われなくなる可能性もあります。まだ好きな気持ちが残っている場合は、自分の心の中で全てを発散してしまいましょう。

8.再会しても存在自体忘れたように振る舞う

再会したとしても全く初対面かのように振る舞われたら、元彼も「あれ?」と心の中に違和感を持ちながら傷つきます。

「誰?」「初めまして」と言ってみたり、常に敬語で他人行儀で話すだけで、元彼の心は深く傷つきます。再会したことで喜びを感じさせないようにしましょう。

自分がまだ怒っているということも隠す必要ありません。浮気はした側が悪いのです。あなたが無理に頑張りすぎる必要なんて、どこにもないのです。

9.新しい彼氏と幸せになる

新しい彼氏と幸せになることで、元彼へダメージを与えることができます。自分の元カノが他の人と一緒にいるときの方が楽しそうだったり、自分より早く恋人ができて幸せになっていることに対して、純粋に喜べるのは、綺麗な別れ方をしたカップルだけ。

新しい彼氏と幸せになることが、元彼を一番モヤモヤさせることができるのです。

 

忘れないで。復讐劇に伴う3つのリスク

復讐したい気持ちは大いにわかる。でも、復讐することで、永遠に復縁できません。まだ「好きだ」って気持ちが少しでも残っているのなら、本当にこれが正しいのか考えながら行動しましましょう。

そこでここからは、復讐劇に伴うリスクについて大きく分けて3つご紹介します。

1.自分のSNSアカウントで復讐すると自分の評価も下がる

元彼を誹謗することで共通の友人から引かれたり、新しくできた彼氏もいつかこの投稿を見てがっかりする場合もあります。なので、自分のSNSで投稿するときは気をつけましょう。

周りから「あの子はんべらべら喋っちゃうんだ」「自分が浮気されたことを堂々と言っちゃうなんてありえない」と言われてしまうこともあります。大きなリスクを伴うので、SNSの使い方には気をつけるようにしましょう。

2.相手の不幸を願いすぎて自分の幸せを逃してしまう

元彼の不幸を願っているときの自分は、全く美しくない。どんどんブサイクになっていってしまいます。過去の男に執着するくらいなら、新しい素敵な男性と出会うための努力を積み重ねてみてはいかがでしょうか?

自分磨きをして新しく素敵な男性を捕まえた方が、自分は幸せ。そして、元彼にも綺麗に復讐することができます。せっかく復讐するなら、美しい仕打ちにしませんか?

3.引きずりすぎて男性不信になる

自分が引きずっている間は、男性不信になってしまいます。「男性はみんな浮気する生き物だ」「自分が気づいてないだけで今までも浮気されてたのではないか」「どうせ信じてもまた裏切られる」と思いすぎてしまうことで、男性不信になってしまうこともあるのです。

そうなると、幸せになれるはずだった自分の人生を壊してしまうことになります。

なので、男性不信にならないためにも、早く忘れることが最善策。

私を弄んだ制裁を甘く見ないで!

弄ばれたこと、信じていた人に裏切られた傷は大きく残ってしまう。

自分に自信がなくなって、人を信じられなくなって、誰と付き合っても「また浮気されたら…」なんて考えてしまうようになる。

女性に「ポジティブでいてほしい!」「自信のある子が好き!」「明るい子がいい!」なんて言うなら、そもそも浮気なんてしないでくれたらいいのに…

「浮気してバレたら別れたらいい」なんて甘く見てほしくない!

 

結局、私が幸せになることが一番のダメージ。

結局元彼に一番ダメージを与える復讐は、私が幸せになること。私が最高の彼氏を捕まえて、最高な恋愛をしていること。

「私はもう全部吹っ切れて全部忘れて超幸せ!」とSNSで発信することで、元彼に復讐することができます。元彼のために不幸になるなんて、絶対嫌!

でも、元彼に復讐するために彼氏を作ってはダメ。それは、新しい彼氏を傷つけてしまうことになるから。

元彼に復讐することばかりにとらわれて自分が苦しくなるのではなくて、本当に大切だと思える人に出会って、幸せになる道を探してみませんか?

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする