2019.10.15

「好きな人の前だと緊張する…話せない…」奥手女性が緊張しない方法

「好きな人の前だと緊張する…話せない…」

普通に友達と話す時はおしゃべりなのに、好きな人の前だと緊張して全然話せない。頑張って話そうと思い好きな人の前に行くのに、いざ顔を見ると緊張して何も言葉が出なくなってしまう。シミュレーションまでしたのに、好きな人とだと緊張して話したいことを喋れずに会話が終わってしまう…。

好きな人の前では緊張で心臓が高鳴り、ドキドキしてしまう。緊張して声が震え、好きな人と全然喋れなくなってしまう。緊張で顔が真っ赤になってしまうから、好きな人にそんな姿を見られるのが恥ずかしいと、思っている人も多いはず。

この感情、どうしたらいいの?

「でも好きな人と沢山話したい!」「緊張するけど好きな人と仲良く会話したい!」

 心の中ではそんな風に叫んで、どうにかこの奥手を直したいと思っているのではないでしょうか。

 

なぜ、好きな人といると緊張してしまうの?

「好きな人の前に行くと、胸が高鳴ってこんなに緊張してしまうのは何故なんだろう」

「どうして友達と喋っている時みたいに、好きな人とは自然に喋れないんだろう」

そもそもなぜ自分が好きな人の前にいくと緊張してしまうのか、考えたことはあるでしょうか?「そんなの、好きな人が近くにいるからだよ」と思うかもしれませんが、理由を一つずつ紐解いていけば、意外な解決の糸口にも繋がるはず。一体何が自分が好きな人の傍に居ると緊張する理由に繋がるのか、一度考えてみませんか?

1.好きすぎる

好きな人のことが大好きすぎて、緊張してしまう。

大好きすぎるから好きな人の前で緊張してしまうというのは、自分を良く見せたいからと思っているからこその緊張である場合もあれば、好きな人と話せているというそれだけで気分が高揚しているからという場合もあります。

「好きな人と両想いになりたい」「自分がこんなに好きな人に想いを寄せているのと同じくらい、好きな人にも自分のことを好きになって欲しい」そんな好きな人のことが大好きだからこその緊張は、可愛らしくもありますが、本人にとっては一大事です。

2.嫌われたくないと思ってる

好きな人に、嫌われたいと思っている人はまずいないはず。大体の人は好きな人には自分のことを好いてもらいたいと思っているでしょう。

そのため、話すことでボロが出て、嫌われてしまわないか心配だったり、好きな人の好みではない話題を出さないか不安になったりします。そのため、好きな人の前では必要以上に自分をよく見せようとし、話す言葉や話題を選ぶことに気を使い、結果緊張しながら話すことになってしまうのです。

3.元々人と話すのが苦手

好きな人の前で以外でも緊張しがち、という人も中にはいます。元々人と話すのが苦手で、どんな人が相手でも他人を目の前にすると緊張してしまう人は、好きな人の前では、もっともっと緊張してしまうもの。

とても親しい人数人となら仲良く話せるけれど、初めて会う人や、あまり交流したことがない人とは緊張して上手に話せない。という人見知りの人の中には、まず好きな人には声もかけられずに物陰から見ているだけ…という人もいるかもしれません。

4.ドキドキしてしまう

好きな人の前だと、緊張して心臓がドキドキバクバクして顔が赤くなってしまう…。そんな経験誰しもあるでしょう。

いわゆる「あがり症」の人は特別な場面になると緊張して手足が震えたり頭が真っ白になったりして、上手に話せなくなってしまいます。そして、「好きな人の前に行って、また緊張して話せなくなったらどうしよう…」という不安から、緊張が止まらなくなるという、負の連鎖に繋がってしまうのです。

5.自分に自信がない

「自分は好きな人よりも仕事が全然できない」「こんなに可愛くない顔なのに、好きな人とつり合う訳がない」さまざまな理由で自分に自信のない人は、好きな人の前では緊張して上手く話せない場合があります。それは、無意識に好きな人のことを自分よりも高く評価し、尊敬しているから。

好きな人よりも自分の方が劣っていると考えているため、ほんの少しでも劣っているところを見られたくなくて、緊張してしまうのです。

6.奥手だから

恋愛における奥手というのは、恋愛に関する話や性的な話が苦手な人のことや、世間一般に比べて恋愛に関することに興味をもったり、目覚めたりする時期が遅い人のことを指します。

そのため、周りの人よりも恋愛に関する知識や経験が少なく、好きな人とどんな話をしたらいいのか具体的に分からないため、緊張して戸惑ってしまうのです。好きな人と何を話したらいいのか迷うことによって、ますます焦って慌てて緊張して話せなくなってしまうのです。

奥手って、けっこう辛い。

 

緊張がなくなった後のメリット

好きな人の前だと緊張してしまう奥手女性なら、「この緊張が治ったらどんなにいいか!」と思ったことが一度はあるはず。憧れの好きな男性の前ですらすらと話せたら、一体どんな新しい世界が待っているんだろうと、考えたこともあるでしょう。

具体的に好きな人の前で緊張しなくなったら、どんなメリットが待っているのか、代表的なものを紹介していきます。

1.関係を築きやすくなる

好きな人との関係を深めていくには、会話が必要不可欠。好きな人と行う会話の中で、好きな人が好んでいること、今気になっていること、好きな人のタイプ…など様々なことが伺い知れます。緊張して上手く喋れないと、その情報もすぐに得ることはできません。

緊張がなくなり、スムーズに話せるようになれば、好きな人のことをもっと沢山知ることができます。そこからどんどん深い関係を築いていけるのです。

2.会話することを負担に感じない

一度緊張して好きな人の前で話せなかった経験があると、「次も緊張で上手く話せなかったらどうしよう…」と余計に緊張してしまうもの。そこから、好きな人と会話すること自体が負担になってしまう場合があります。好きな人と緊張せずに沢山会話したいのにできない、そんなジレンマは辛いもの。

緊張が取れれば、好きな人と会話することにいちいち身構える必要がなくなるため、毎回自分にかかる負担も少なくなっていくのです。

3.リラックスできる

せっかく好きな人と話すのだったら緊張せずに楽しく、リラックスして会話したいもの。しかし緊張していると、肩や体に力が入ってしまいリラックスとは程遠くなってしまいます。

これも好きな人を前にすると起こる緊張が取れれば解決できることの一つ。親や友達と話す時は緊張せず、リラックスして会話を楽しむことができているはず。好きな人ともそんな風にリラックスして会話ができるようになれば、他愛もない話で笑えたり何気ない会話でも続いたり、メリットがたくさんあるのです。

4.相手も一緒にいる時間が楽しくなる

緊張している人を前にすると、相手もなかなか楽しく話が出来ないもの。会話がスムーズに進まないと、「もしかして、自分と話しているのが嫌なのかな?」「本当は話したくないのに合わせてくれているのかも…」と好きな人に要らぬ心配をさせてしまう場合もあります。

緊張せずにテンポよく会話が進めば、相手も楽しく会話ができるはず。緊張を改善することは、相手への配慮にも繋がるのです。

大丈夫。勇気を持って一歩踏み出してみて!

5.より深い関係になれる

緊張しないで会話がどんどん進み、好きな人とたくさん話すことができれば、相手から自分への関係も「話していて楽しい子」から「気になる存在」へと変わる可能性があります。そこからさらに「好きな人」へと変わっていく可能性もあるのです。

緊張せずに話すことができるようになれば、好きな人から恋人へとステップアップできる日も遠くないはず。好きな人とより深い関係になれるのは、緊張を克服した後に訪れる、最大のメリットです。

 

ちゃんと話せるようになりたい!

好きな人と、もっともっと緊張せずにちゃんと話したい!

恋をしている奥手女子は、「緊張して上手く会話ができない」という悩みの前にやきもきすることも多いはず。「もっと好きな人と話したいのに、なんで自分はこんなに緊張してしまうんだろう。」と自分にイライラすることもあるかもしれません。

しかし、そんな人にも緊張せずに親しく話せる相手はいるはず。緊張せずに会話する方法はもう知っているのですから、「このままずっと緊張がとれずに、好きな人とスムーズに話せなかったら困る…」と心配しなくても大丈夫。親しい相手と同じように好きな人とも緊張せずに話せるよう、少しずつ努力して好きな人との距離を縮めていけばいいだけ。

「好きな人と沢山楽しく話したい!」その思いを忘れずにいれば、楽しい会話はできるようになるものなのです。

 

女性が好きな人の前で緊張しない方法

好きな人の前だと緊張して上手く話せなくなってしまう奥手女性が、緊張しないための方法にはどのようなものがあるのか知りたい人も多いはず。方法さえわかればそれを実行して、緊張を改善することもできます。

ここからは好きな人の前で緊張しないための方法とコツを紹介していきますので、日々の会話の中でぜひ試してみてくださいね。

1.相手の目を見過ぎない

好きな人の目を見ると、どうしても緊張して話せなくなってしまうという人は、好きな人の目を見すぎないよう心がけることが大切。

「人の目を見ないで話さないなんて、失礼じゃないの?」と思うかもしれませんが、あからさまに下を向いて話すのではなく、唇の辺りに目線を合わせて会話をすれば、緊張を和らげ違和感なく会話をすることができます。

好きな人の目を見ると、奥手女性ではなくてもドキドキしてしまうもの。緊張しやすい奥手女性は、好きな人の目の魅力には最初は特に気をつけたほうがいいかもしれません。

2.温かい飲み物を飲む

温かい飲み物には、体をポカポカさせるだけではなく、リラックスさせる効果も含まれています。「眠れないときには、ホットミルクを飲むとよく眠れる」などの言葉を聞いたことはありませんか?あれも緊張を解き、体をリラックスさせる方法の一つです。

好きな人と話す時に緊張してしまうという時も、温かい飲み物は効果的。前述したホットミルクの他にも、ハーブティーやココアなどにもリラックス効果があるため、好きな人と話す前に温かい物を飲んでから会話をするのがおすすめです。

3.嫌われたくないと思いすぎない

好きな人と話すとなるとどうしても、「嫌われたくない」という心理が働いてしまいます。「おかしなことを話して、嫌われてしまったらどうしよう」という不安は、緊張に繋がり、好きな人と上手く会話出来ないことの原因になってしまうもの。

最初から嫌われたくないと思いすぎず、気軽な気持ちで会話に望むことを心がけましょう。

ほんの少しおかしなことを話してしまったくらいで嫌われたりはしないはず。

とハードルを下げて好きな人との会話を楽しめば、緊張も和らぐはずです。

4.心拍数が上がった時の訓練をする

緊張してドキドキするとどうしても戸惑ってしまい、好きな人との会話がスムーズにいかなくなるもの。そこで、普段から心拍数が上がることに慣れておくというのも一つの方法です。

軽いランニングを毎日続けたり、ジムに通って運動をすることによって、緊張する時以外でも心拍数が上がることに体がだんだん慣れていきます。

そのため、好きな人と会話をする際に緊張して心拍数が上がってしまっても、さほど気にならずに会話をすることができるようになるのです。

5.相手の感情や顔色を気にしすぎない

好きな人と話していると、「嫌われたくない」「好かれたい」という心理が働き、好きな人が今どんなことを思っているか気になるもの。そのため、好きな人の感情や顔色を逐一気にして緊張してしまうのです。

しかし、相手の顔色を気にしすぎてしまうと相手にとって不快なことを行っていないかといちいち気になり、緊張が酷くなってしまいます。相手にとって楽しい会話をすることは大切ですが、自分が疲弊しては意味がないもの。

好きな人の感情や顔色を気にしすぎずに、会話を楽しむことを第一に考えるようにしましょう。

6.聞き役に徹してみる

好きな人と話してしまうとどうしても緊張してしまうという場合は、あまり話さない聞き役に徹するというのも方法の一つ。話すのは緊張してしまうから苦手でも、聞くのは得意、という聞き上手の人も多くいるはずです。

うまく話せなくても、にこにこと笑顔を浮かべながら話を聞いてくれるだけで人は嬉しくなるもの。好きな人の話をたくさん聞くことにより、好きな人がどんな話が好きなのかなどの情報を得ることもできるので結果的に嬉しい効果も!

 

好きだから緊張するんです!

なんとも思っていない人の前では、緊張せずに話せる人も多いはず。緊張するというのは、好きな人のことを本当に意識して、好きだと思っているからこその反応なのです。

「この人のことをもっと好きになりたい」「自分のことを好きになってもらって恋人同士になりたい」そんな気持ちがなければ、緊張することもありません。

誰かを緊張するほど好きになれたということは、それだけで素晴らしいこと。「緊張して上手く話せない自分はダメだ」などとは思わずに、少しずつ緊張せずに話す努力をしていきましょう。あなたの努力する姿に、好きな人も心惹かれ、たくさん話したいと思ってくれるはず。

楽しい会話の中で、好きな人をさらに好きになるきっかけをたくさん見つけていってください。

 

meino
meino
好きなものを好きだと言い続けたい、永遠のサブカル女子。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする