2019.10.15

失恋から立ち直るための名言19選|別れた時に聞きたい励ましの言葉たち

失恋した…

また恋が終わった。失恋した。

始まる時には、その終わりを想像することさえない。にもかかわらず、ほとんどの恋がいつか終わっていく。

本当は、終わらせたくなんてなかった。失恋なんて受け入れたくない。別れたくなんてない。まだ諦めたくない。

色んな感情が入り混ざって、私の心は冷静でいることができない。

「時間が解決してくれるよ!」「もっと良い人がいるから大丈夫だって。」「失恋なんてみんな経験するじゃん。」

友達に話をしても、決まり文句の励ましの言葉が並べられるばかり。本気で相談しても、本気で返ってくるものはない。

初めての失恋ではないかもしれない。これから先も、また失恋するのかもしれない。

でも、どんな恋と比べてみたところで、この恋は他に二つとない大切な大切な恋だから。

ありがちだって言われても、どうしようもできないの。

私は失恋をして、傷ついているのです。

立ち直るためにはどうすればいい?

失恋したとき、本当にたくさんのことを考える。

もっと早く気持ちを伝えれば良かった。

あの子よりも先に動けば良かった。

もう少し仲を深めてから告白すれば良かった。

まだ別れなきゃ良かった。

「別れよう」に納得しなければ良かった。

あの時「愛してる」と伝えておけば良かった。

全部が後悔。後の祭りだって分かってるのに…。

私はまだきっと、この恋を終わらせることができていない。失恋したことを認め切れていない。「本当に終わってしまったの?」なんて、失恋はまるで他人事かのように思っている部分もある。

失恋から立ち直るための段階にすら立てていないのでしょうか。

この失恋を忘れて、立ち直るためには何をすればいいのでしょうか。

次の恋なんて、どこにあるの?

私はいつか誰かにまた恋をするの?

失恋をして、苦しんでいるあなたへ。どうすればいいのか分からないあなたへ。

この記事では、失恋から立ち直るための名言19選をご紹介します。

失恋で悩むことは、決して恥ずかしいことではありません。大切なのは辛い気持ちに寄り添ってあげること。

あなたのペースで失恋から立ち直るために、DariaMeが名言をお届けします。

告白して振られた時の名言

最初にお届けする名言は、告白が上手く行かずに失恋した時に読んでほしい言葉たちです。

勇気を出して告白したのに、結果は失恋。そんな時、自分一人で悲しまずに、この名言たちに触れてください。

1.「恋愛は結果が全てじゃない。」

一つ目の名言は、「恋愛は結果が全てじゃない。」です。

告白が失敗に終わって失恋した時には、「相手に受け入れてもらえなかった」「気持ちが届かなかった」などと感じ、自分を否定してしまうことがあります。

しかし、恋愛は結果が全てではありません。告白する前から、あなたが恋する気持ちはとても大切にしてきた感情のはずです。それを告白がダメだったからと全て否定してしまっては、あなた自身の気持ちに失礼ではありませんか?

たとえ告白が上手くいかなかったとしても、あなたの気持ちは正直でまっすぐなものに変わりありません。そして、その素直な気持ちを相手に伝えようと勇気を出したあなたの姿は、とても美しいものです。

「失恋」という結果だけで恋愛を判断する必要はありません。

恋愛は結果が全てじゃない

2.「すぐに諦める必要なんてない。」

二つ目の名言は、「すぐに諦める必要なんてない。」です。

たとえ告白が上手く行かずに失恋してしまったからといって、あなた自身の気持ちをすぐに抑えようとする必要はありません。恋愛は、必ずしも両思いが全てではないのです。

あなた自身の気持ちが整理できて、「スッキリした!」と思えるようになるまでは、無理に諦めようとするのをやめましょう。失恋は時間をかけて向き合って行けばいいのです。

3.「悲しい気持ちを認めて。」

三つ目の名言は、「悲しい気持ちを認めて。」です。

失恋をしたばかりのころは、無理に元気に振る舞おうとしたり、傷ついている自分の心の声を無視してしまいがちです。しかし、失恋で苦しい時こそ、苦しさを抑え込むのはやめましょう。

自分の気持ちに正直に、悲しい時は悲しいと言うことが大切です。まずは傷ついている自分の心に素直になること。それから、少しずつ心を癒して行けば大丈夫です。

4.「失恋はあなたを強くする。」

四つ目の名言は、「失恋はあなたを強くする。」です。

失恋はとても苦しく、辛いものです。次の恋のことなんて、考えることもできません。

しかし、失恋したことはあなたにとってマイナスなことばかりではありません。今失恋によってとても苦しんでいても、その失恋があなたを強くしてくれます。新しい恋に向かう強さも、またいつか手に入れることができます。

今は苦しいままでも大丈夫。今のあなたが、いつかのあなたを強くしています。

 

好きな人が他の人と結ばれた時の名言

好きな人が他の人と付き合うことになって失恋してしまうこともあります。ここでは、好きな人が他の人と結ばれた時に読んでほしい名言をご紹介します。

5.「悲しい涙はもう要らない。」

5つ目の名言は、「悲しい涙はもう要らない。」です。

「好きな人が他の人のことを好き。」「自分のことを好きになってはくれない。」その事実は、失恋した心に深く突き刺さります。

失恋したということだけでとても悲しいのに、それ以上の悲しい涙はあなたには必要ありません。

たくさん悲しんだら、次は楽しまなきゃ。笑顔になれる恋に向かって行きましょう。

「泣いてばかりの恋はもう十分だよね?」

もうマスカラの無駄遣いは辞めた。

6.「自分磨きで見返して。」

6つ目の名言は、「自分磨きで見返して。」です。

あなたの好きな人は、他の人を選んだ。ずっと好きな人が他に居たのかもしれない。もしかしたらあなたのことも気になっていたのかもしれない。でも、今この瞬間は、あなたじゃない他の人が選ばれた。

悲しい気持ちも、苦しい気持ちも、色んな感情が混ざり合っていると思う。でもきっと、少なからず悔しい気持ちもあるでしょう?

どうして私じゃないの。私の方が…。

どうして俺じゃダメなんだ。俺の方が…。

そうやって悔しくなったり、少し怒りを感じたり。

そんな思いは、自分を磨くことでいつか見返そう。あなたの好きな人が、いつか「好きだった人」になった時。「そんな恋もあったなあ」なんて笑えるくらい、自分を磨いてみない?

7.「この恋は、次の恋への道しるべ。」

7つ目の名言は、「この恋は、次の恋への道しるべ。」です。

好きな人が結ばれた相手は、自分じゃなかった。それはとても辛いこと。

運命なんてあるのかさえも分からない。でも辛い時には、自分に都合よく考えてしまおう。

きっと彼は、彼女は、自分にとっての運命の相手じゃなかった。

今は強がりでいい。いつか本当にそう思える瞬間がやってくる。

だって、他の人を選んだんだよ?あなたを見てない人なんだよ?

そんな相手との恋をいつまでも続けるのは、あなたにとって時間の無駄遣いかもしれない。

次の恋を探すための道しるべとして、この恋を終わらせよう。

「浮気してるの?」「お前が浮気相手だから。」

 

 

8.「気持ちに嘘つく必要はない。」

8つ目の名言は、「気持ちに嘘つく必要はない。」です。

いくら自分のことを好きになってくれなくても…。

たとえ他の人と付き合うことになったとしても…。

私はまだ、あの人が好きなんだ。簡単に忘れることなんてできないの。

失恋したあなたの心がこう叫んでいるのなら、無理して恋を封じ込もうとする必要はありません。

忘れられるまで、想いつづけてもいいんです。

両思いになることだけが恋の全てじゃない。

人を好きになれること自体、奇跡のようなものなんだ。

いつか忘れられるその時まで。

いつか自分の方を向いてくれるその時まで。

いつか諦められる時まで。

恋を終わりにするタイミングは、自分で決めていい。

 

恋人に別れを告げられた/別れを告げた時の名言

両思いの相手との別れも、とても辛いものです。恋人に別れを告げられた時。あるいは、別れを告げた時。振る方であっても、振られる方であっても、これまで一緒に居た時間があるからこそ、失恋の傷は大きくもなります。

ここでは、恋人に別れを告げられた、もしくは別れを告げた時に読んでほしい名言を4つご紹介します。

9.「思い出は変わらない。」

9つ目の名言は、「思い出は変わらない。」です。

恋人との別れによる失恋をした時には、これまでの思い出が悲しみを大きくする原因になります。

あの頃はあんなに楽しかったのに、どうしてこうなってしまったの。

もう昔に戻ることはできないの?

お互いに大好きだったはずなのに…。

思い出は美化されやすいものでもあり、楽しかったことばかりが思い起こされる。

そして、「あの時に戻りたい」と願ってしまうことも、「忘れたくない」と辛くなることも。

いくら失恋しても、お別れの瞬間があったとしても、二人で過ごした思い出が消えることはありません。

過ごした時間が変わることはない。変えることができるのは、これからあなたが過ごしていく時間。

あなただけの時間をまたここから、作っていけばいい。

秋、私は何度でも恋に落ちる。

10.「自分が変われば、世界も変わる。」

10個目の名言は、「自分が変われば、世界も変わる。」です。

失恋をした時の定型励まし言葉。「時間が解決してくれる!」。時間が経てば、たしかに気持ちとか思い出とか、遠くなって忘れられることもあります。

しかし、本当の意味で失恋から立ち直るために必要なのは、自分自身が変わっていくこと。

失恋した時のまま時間が止まってしまえば、その傷が癒えることはありません。自分が変わっていくことで、これから向かう世界も変えていきましょう。

「時間が解決してくれる」って定型文、絶対間違ってる。

11.「一人は孤独じゃない。」

11個目の名言は、「一人は孤独じゃない。」です。

恋人と別れた時には、一人になってしまったと孤独感を感じるものです。

恋人との別れによる失恋で、孤独に耐えられない時に知って欲しいこと。一人は決して孤独ではありません。

あなたの側には、いつでもあなたという存在が居ます。

これまで、恋人とたくさん向き合って、我慢もしたり、喧嘩もしたり。自分を抑える時間もあったはず。

少し自分だけとの時間を楽しんでみませんか?

あの頃の私たちは、二人だけの孤独な世界に居た。

12.「無駄な恋なんて、一つもない。」

12個目の名言は、「無駄な恋なんて、一つもない。」です。

恋人と別れると、相手に対して怒りを感じることもあります。裏切られたと感じることだってあります。

そんな時に知って欲しいのが、恋に無駄は一つもないということ。

今はまだ受け止められないかもしれない。信じられないこともあるかもしれない。この先のことなんて考えられないかもしれない。

でも、この恋が無駄だったなんて思う必要はありません。

【参考記事】

貴方に貰った言葉は、時を経て、色を変えた。

手が届かない相手だった時の名言

手が届かない相手に恋をしてしまった時、叶わない恋への失恋で悲しみに包まれることもあります。ここでは、手が届かない存在の人に失恋した時に読んでほしい名言を4つご紹介します。

13.「あなたが幸せで居られるように。」

13個目の名言は、「あなたが幸せで居られるように。」です。

相手に手が届かない理由は様々でしょう。でも、手が届かない相手だと分かりきっているのに、恋をし続けることはとても苦しいことです。あなた自身の心を傷つけることばかりかもしれません。

失恋をした今はとても辛いはずです。でも、この先あなたが幸せで居られるように。あなた自身が幸せになれる道を、自分の手で選んで、また進んでみませんか?

貴方が好きなのは、「貴方のことが好きな私」でした。

14.「大人の片思いは辛いんです。」

14個目の名言は、「大人の片思いは辛いんです。」です。

まだ幼かった頃は、片思いをしている時間さえ楽しく感じることもあった。叶うか叶わないか、そんなせめぎ合いが楽しくもあった。

でも、大人になった私たちの片思いは、とても辛いもの。

辛い気持ちを抑えようとしないで?

大人になってからの片思いって、こんなに辛いんだ…

15.「いつかあの人を振り返ろう。」

15個目の名言は、「いつかあの人を振り返ろう。」です。

今は叶わない恋に失恋したことが悲しくて仕方ない。これからどこにたどり着くかも分からない。

でも、進んで行けば、いつかあの人を振り返ることができる。

「こんな人に恋していたの?」なんて、今の自分が笑えるほどになるかもしれない。

「見返してやる」くらいの気持ちでいい。あなたが強くなれるなら、それでいい。

 

 

16.「軽い男は幸せになれないから!」

好きな人に好きになってもらえなかった時。相手に都合よく使われていただけだったと知った時。失恋の傷はとても大きなものになります。

でも、じっくり考えてみよう。あなたが好きな人は、ただの軽い男かもしれない。ただの思わせぶりな女かもしれない。

そんな相手と恋していても、絶対幸せにはなれないし、その相手が幸せになることだってない。

あなたの「好き」って軽いんだね。

 

死別/音信不通になった時の名言

死別や音信不通による失恋を経験することもあります。経験したことが少ない分、誰にもわかってもらえない傷に苦しむこととなるでしょう。

ここでは、死別や音信不通による失恋で悲しい時に読んでほしい3つの名言をご紹介します。

17.「泣きたいだけ泣いて。」

17個目の名言は、「泣きたいだけ泣いて。」です。

死別や音信不通による別れは、失恋の傷だけで済みません。あなたが思っている以上に、心の中では苦しみが溢れているでしょう。

そんな時は、我慢しないで。とにかく、泣きたいだけたくさん泣いて。

涙が出るときは、涙が枯れるまで泣き続けて大丈夫。

18.「あなたの傷は、深くて当然。」

18個目の名言は、「あなたの傷は、深くて当然。」です。

死別による別れは、通常の失恋とは比べ物にならないほどの悲しみがあります。もう会うことも、顔を見ることも、存在を確かめることも叶いません。

そんな状況に置かれたあなたの傷は、深くて当然です。無理して気丈なフリをしなくていいんです。

何よりも無理しないことが大切。自分の辛さを認めてあげてください。

19.「トンネルの窓から光を覗こう。」

19個目の名言は、「トンネルの窓から光を覗こう。」です。

よく言われる励ましの言葉、「明けない夜はない」。たしかに生きていればいつか夜は明けて、朝が来る。

でも、朝だってトンネルの中に居ればずっと暗いまま。どこまで行っても暗いままに思えてしまう。

トンネルの中に居たっていい。たまに、トンネルの窓から光を覗いてみよう。

それで少しでも心地よくなれたり、気持ちがスッキリするのなら、それだけで十分。

無理に明るいところに行く必要はありません。

この苦しいトンネルには、たくさんの天窓がついている。

恋人との別れ、実らなかった恋。励ましの言葉が力になる

失恋が私たちに与える悲しみは、計り知れない。

諦める恋も、さようならを告げる恋も、告げられる恋も、全部苦しいんだ。

そんな時、この記事の名言たちを思い出して。ここには励ましの言葉が詰まっている。

あなたが受け止めたい言葉だけ、受け止めて。

言葉の力に頼ってみて?

失恋したときは、ゆっくり心を癒して

たかが失恋、なんて思わないで?

あなたが受けた傷は大きなもの。

しっかり癒して、しっかり直して。それでいつかまた、前向いてみよう。

いつかまた恋をしてもいい。

今は恋なんてしたくなくてもいい。

心の思うままに、悲しんで、苦しんで、また笑おう。

 

 

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする