2019.10.09

「誰かに愛されたい、寂しい。愛に飢えてるの。」愛される女になる方法

「誰かに愛されたい、寂しい。」

人は愛されるために生まれてきます。そして、生まれながらに愛されたいという願望を持っています。

愛には様々な形があります。親子愛や兄弟愛などの肉親との愛や、友愛や恋愛など他人との愛。

愛に溢れている世界のはずなのに、ふと、「自分は誰にも愛されていない」と感じることがある。急に孤独感に襲われ、ひとりぼっちだと感じることがある。

独身で自由な愛を楽しむ友達や、旦那さんと信頼関係を築いている同僚、子供が独り立ちし夫婦の愛を再確認し合う先輩。

私以外の場所には愛が溢れているように思える。なぜ私は愛されたいのに愛されないのだろう。

誰かに愛されたい。無条件に、熱く、思い切り愛されたい。

愛されるというのは、生きるのに必要な私の心の拠り所。

もう、孤独はいや。

 

「愛に飢えてるの。」

愛されたいと願っている人はたくさんいます。愛されることは幸せなこと。でも、心から愛されてると実感したことがある人は、意外にも少ないのではないでしょうか。

特に、恋愛関係は他人同士で作られるもの。信頼関係を築くまでの道のりが長く、初めのうちは心の距離が近くなったり遠くなったりを繰り返します。愛されたいと願っても、愛されていると実感できるまで関係を続けるは簡単なことではありません。

そのため、愛されたいと願い何度も本当の愛を見つけようとしたけど、誰も私のことを愛してくれない。そんな風に落胆する人も多いのではないでしょうか。

本当に愛してくれる人が見つかったと思ったら、結局去って行ってしまった。そうやって、完全には埋まることのない愛されたい欲望。

愛されることがとても難しい事のように感じ、「誰かに愛されたい」という欲望はどんどん膨らんでいく。

愛に飢え、寂しさに心を痛めていませんか?

 

人から愛されたいんです。

愛されたいという感情は、「自分を認めてもらいたい」という思いに似ています。容姿やファッションスタイルや趣味など、全部ひっくるめて相手から認められ、無条件に愛を注いでもらうことを意味しているのです。「愛されたい」と願う人は、ありのままの自分を最高の評価で受け入れてくれる人を求めています。

あなたにとって愛は与えるものですか?それとも与えられるものでしょうか。愛されたいと願う人は、与えられる愛が強いほど安心感を得られます。逆に言うと、自分が与える愛の方が強いと常に不安を抱えた状態になってしまいます。友達やセフレ、恋人、どんな愛の形でもいいから認めて欲しい。とにかく愛されている実感が欲しいのです。

愛されたいと望んでいるのに愛されない。それにはなにか原因があります。まずは、愛されない女にはどんな特徴があるのかを一緒に見て行きましょう。あなたが愛されるきっかけになるヒントが隠されています。

 

愛されない女の特徴

誰かに愛されたい、愛されたいのに愛されない。そこに理由がある、そんな前提を置いてみましょう。自分に原因があると考えるのは、怖かったり、辛かったりするかもしれません。それでも、勇気を出してあなたの過去の言動や、友達の姿を思い浮かべてみてください。

誰もが愛されたいと願っています。そして、思い通りに人から愛されている人もいます。あなたも愛されるべき人の一人に違いありません。

愛されない女の特徴から、あなたに当てはまる部分があれば、愛される一歩を踏み出すチャンスなのです。

1.自分勝手

愛されたいのに愛されない女の特徴に、自分勝手だということが挙げられます。どんなに容姿が整っていても、自分が思うままに立ち振る舞っている場合は、人から好感を持たれにくくなってしまいます。人から愛されたいと思うことは、愛してくれる相手がいるということ。

その相手にとって、あなたと過ごす時間が心地いいものでなければ自然と愛する気持ちも生まれないでしょう。

場合によっては自分勝手なところが魅力だよと言ってくれる人もいるでしょう。でも、そういう場合はお互いの信頼関係が成り立ってるということを念頭に置く必要があります。

【関連記事】

自分勝手な人の心理と特徴とは?自己中を直す対処法9選をご紹介!

2.自己中心的

愛されたいのに愛されない女の特徴に、自己中心的だということが挙げられます。自己中心とは、自分の主張と他人の主張に区別がつけられなくなることです。

あなたの意見を相手の意見だと勘違いして行動に移してしまう場合、相手は戸惑ってしまいます。戸惑いは、愛したいと思う気持ちに結びつきにくいものです。

誰でも自分の意見は尊重してほしいもの。例え、結果的に一つの意見にまとまるとしても、「どう思う?」「こうしたいと思うけど、どうかな?」などの問いかけを受けた方が、自身の存在が大切にされていると感じるものです。

愛されたい場合は、自分が自己中心的でないか日々の行動を振り返ってみましょう。

3.常に寂しいが口癖

愛されたいのに愛されない女の特徴に、「寂しい」が口癖ということが挙げられます。

どんな言葉も、気軽に何度も発せられると重みを失います。

初めのうちは「寂しい」と言われて心配していても、日常的に言われることで相手はその言葉を気に留めなくなっていきます。さらには、ネガティブな言葉が口癖だと、重たい女という印象がついてしまい、相手に距離を置かれてしまう原因となるのです。

4.「でも」「だって」

愛されたいのに愛されない女の特徴に、「でも」「だって」という言葉を頻繁に使うことが挙げられます。言い訳は必要な時もありますが、日常化してしまうと約束や会話が意味のないものに感じられ、愛したいと思っている人にとって味気ないものになっていくでしょう。

信頼関係は少しずつ築き上げていくものです。約束や会話があり、それを実行して行くことで関係が作られます。言い訳をしなければならない状況が生まれている場合は、お互いが居心地の悪い思いをしているのではないでしょうか。

愛されたい場合は、「でも」「だって」を使っていないか日々の発言を振り返ってみましょう。

5.周りに当たる

愛されたいのに愛されない女の特徴に、周りに当たるということが挙げられます。自分が抱えているモヤモヤやイライラを人にぶつけていませんか?なんでもない普通の会話なのに、強い調子で返事をしたり、ぶっきらぼうになるなど、自分でも気付かないところで周りに当たっているかもしれません。

強く当たられた相手は、「自分は好かれていない。面倒な存在だと思われている。」そう感じてしまい、愛したい気持ちが冷めてしまっている可能性があります。愛されたい人は、他人との接し方を振り返ってみましょう。

 

 

 

愛される女の特徴

「誰かに愛されたい」という願いを叶えるためにはちょっとしたコツを実践することをおすすめします。愛されることも人間関係の一つです。相手が心地よいと感じる時間を過ごせるように工夫することが大切です。

愛されたいと願っている時点で、もう愛されるための一歩は踏み出しています。すぐに試せるものや、少し時間のかかるもの、それぞれありますが、毎日実践していくことで愛されたい気持ちが報われる日が訪れます。

1.笑顔が多い

笑顔が多い人は誰からも愛されるものです。愛されたい場合は、まず笑顔を増やしましょう。笑顔は人に安心感を与える効果があります。集中している最中に声をかけられた時や、無理な頼み事をされた時など、とっさに相手の顔を見る時の表情はどのようなものでしょうか。

たとえ、その頼みごとを最終的には断らなければならなかったとしても、問いかけに対し笑顔で返事をしてくれるのは嬉しいものです。また、相手が望んでいることを肯定の気持ちで聞いてあげられることも大切です。愛されたい気持ちを大切にし、笑顔の練習をしてみてください。

2.人たらし

人たらしが愛されるという話を聞いたことがありますか?先輩や上司などの会社の人や、友人との関係のどこをとっても上手くいっている人はいい意味で「人たらし」なのです。

相手をその気にさせる言葉の選び方や、言い回しが上手で人当たりがいい。愛されたい場合は、人たらしになれるようチャレンジしてみましょう。

相手を軽く持ち上げるような言葉を多く使っていたり、会話の中にさりげなく心をフワッとさせるポイントを盛り込んだりして、楽しさを演出します。

人たらしが習慣化すると、愛される場面が増えてきます。会話の時の良い印象が相手に残り続け、またあの人と話したい、一緒にいたいと思ってもらえるのです。

愛されたい人は人たらしを参考にし、付き合い方を改善することで、誰にでも愛れされるようになれる可能性があります。

【関連記事】

人たらしの意味とは|私は人たらし?人たらし13の特徴で診断チェック!

3.一緒にいて明るくなれる

一緒にいると自然と明るい気持ちになれる、そんな人は誰からも愛されます。愛されたい人はポジティブな考え方を習慣化しましょう。小さな悩み事や日常で起こった出来事など、ポジティブな目線で物事を見て、解決できる人です。

朝寝坊したり、電車に乗り遅れたり、小さなアクシデントは日常的に起きます。

その度につい「しまった」と思ってしまいますが、隣で「大丈夫」「何でもない」「私もある」と声を掛けてくれる人がいれば気持ちは明るくなります。愛されたい人は同調の達人になれるようチャレンジしてみまし。

4.聞き上手

聞き上手は誰からも愛されます。愛されたい人は徹底して聞き手に回ってみましょう。普段は話下手な人も、質問をしたり相槌を打ったりすると、スラスラと話し始めます。人それぞれ色々な経験があって、その経験を聞いてもらい認められると嬉しいのは当然です。

普段の会話は自分の話と相手の話、それぞれどれくらいの割合でしょうか?話す方が多いと感じたら、聞き上手を試してみてください。

いつもより一つ多く質問をしたり、相槌を増やしてみたり心がけるだけでも相手が受ける印象は変わります。愛されたい人は、相手の話をたくさん聞いてみてください。

5.思いやりがある

思いやりの心がある人は誰からも愛されます。愛されたい人は思いやりの心を持った行動を心がけてみてください。思いやりとは、「自分の行動が、他の誰かの行動に影響している」と一歩引いて考えられることです

。例えば、あなたが道路に無造作に捨てたゴミは、誰かの家の前かもしれません。朝、仕事へ行く前に家の前にゴミが落ちていたらどんな気持ちになるでしょうか。

思いやりのある言動は、人の心を和らげる効果があります。そして、「もっと一緒にいたい」そう思われるようになります。愛されたい人は積極的に思いやりの心を示すことが出来るよう、日常の習慣に取り入れましょう。

6.おおらか

おおらかな人は誰からも愛されます。愛されたい人はおおらかさをマネできるお手本を見つけましょう。どっしり構えた雰囲気や、優しい物腰はすべてを包み込む雰囲気をまとっています。

あなたの周りにおおらかな人はいるでしょうか?周囲の友達はあなたの写し鏡です。もしおおらかな要素を持っている人がいないのであれば、あなたにも足りていない場合があります。

自分とは違う意見や、怒りを感じる出来ことが起こった場合は、一度深呼吸をしてみましょう。愛されたい人はおおらかな気持ちで周りの人と接することが大切です。

7.本音で接する

愛されたい人は、周りの人に本音を伝えてみてください。本音とは、裏表がないと言い換えることができます。物事の考え方がシンプルで伝わりやすいため、相手との距離を縮めるきっかけにもなります。相手が言いたいことや考えていることが伝わるのは簡単なようで難しいことです。

言い回しが回りくどくて何を言いたいのか分からなかったり、話が長くて要点がまとまらなかったりすると相手に不信感を与えてしまいかねません。

本音の会話が増える程に会話の密度は上がり、それに比例するように相手との関係も深くなります。愛されたい人は本音の会話を楽しむ術を身に着けてみてください。

 

愛すだけじゃ物足りないの…

愛されることへの願望は尽きないものです。

愛する人に愛されたい。相手から受ける愛が多いほど幸せを感じる。息が出来なくなるくらい、たっぷりの愛で満たして欲しい。

愛されたいと願う人は、愛を受け取る器が他の人に比べて大きいのかもしれません。

愛に対する感受性が強く、より深く大きい愛情を受けなければその器が満たされない。

自ら他人を深く愛す人ほどそんな思いを抱えています。

与える愛と同じ大きさの愛が欲しいんです。

 

愛される女になる方法

より多くの愛を受けるためにはどうすればいいでしょうか。愛されたいと願いながら、「隙がある方がいい」「子どもみたいな可愛さがある人が愛される」など色々なイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。

愛されたいけど、そのイメージが果たして正解なのか迷っている人は、これから紹介する方法を実践してみてください。

愛されたい、でも愛されていない。そんな自分と決別するのは今です。

1.自分をさらけ出す

まずは自分をさらけ出しましょう。愛される人は、隠しごとのない無垢なところがあります。良いところも悪いところも全部含めて、相手に受け入れてもらっている証拠です。

特に、自分の弱みを見せるのは難しいものです。弱みを指摘されたり、付け込まれたり、傷をえぐられないよう無意識に隠してしまいます。一方で、弱みを見せても痛くない人がいます。なぜなら自分で弱みを認めているからです。

自分の弱みをさらけ出すことが出来る人は、人の弱みも受け入れることが出来ます。自分からさらけ出すことは、人に安心感を与え、愛しても大丈夫だよというサインを送っているのです

2.相手を素直に受け入れる

相手を素直に受け入れましょう。愛される人は愛することも得意です。相手が表現している気持ちや態度には、一つ一つに理由があるはずです。一見マイナスに思えることでも、まずは100%肯定する気持ちで受け入れます。

一度受け入れてもらえると、相手は安心感を感じます。ここでは自分の思いや考えを出してもいいんだと思い、相手との親密度は増していきます。

3.聞き上手になる

聞き上手になりましょう。愛される人は、自分の話よりも相手の話を楽しそうに聞くことが得意です。聞き上手な人は、自分の感性で相手の話を引き出すことが出来ます。何に興味があるか、何を知りたいと思っているか、話を聞きながらその人を理解しようと努力するのです。

相手を理解しようとする姿勢は、好感を持たれます。また、話をすることで、自慢したいことや失敗したことなど、経験した出来事や感情をあなたと分け合っているような感覚に陥ります。

一緒に体験していないことだったとしても、疑似的に同じ時間や場所を共有しているのです。

4.自分から好きになる

愛される前提として、あなたから相手を好きになることが大切です。どんな関係もきっかけが必要です。あなたのことを愛したいと思っている人がいたとしても、あなたからも愛してくれる確証がない状態では踏み出せないまま、うやむやになってしまう場合があります。

自分から好きになるということは、手の内を見せるようなものです。戦術の見えないフィールドで戦うよりも、戦術を知って戦う方が相手からきっかけを与えてくれやすくなるのです。

5.笑顔を見せる

笑顔は肯定を意味します。愛されるには、自分から愛される準備が出来ていることを示す必要があります。笑顔は手軽ですぐにでも実践できる方法です。

笑顔を作りにくいと感じるなら、笑顔になるタイミングをあらかじめ決めておくといいでしょう。挨拶の前や、会話が終わった瞬間、遠くから友達が近づいてきたら気づいた時など自分がやりやすいと感じるタイミングで構いません。

多少の勘違いでニッコリのフライングをしてしまっても大丈夫。笑顔は必ず笑顔を増やします。

6.少し毒舌になる

毒舌を売りにしているタレントが、多くの人に愛されているように、少しの毒舌は意外にも好感を持たれます。ただし、グザッとくる毒舌と、その後の優しいフォローのバランスは大事。

毒舌と言っても悪口を言いふらすようなものはNGです。コミュニケーションの中でネタになっているものを会話の中に織り交ぜ、後のフォローでは誰も気付かないような良い部分を織り込んでみてください。

「しっかり相手のことを分かっている」そんなサインとして使えると効果が大きいです。

7.嫌われることを恐れない

嫌われることは怖くありません。それ以上にあなたを愛してくれる人とのつながりを楽しめばいいのです。ありのままのあなたでいること、あなたを愛してくれる人からの愛を受けることが大切です。

嫌われることを恐れると、どうしても行動が小さくなってしまいます。小さくなってしまっては、あなたの素晴らしい部分が見えなくなってしまい、本来愛してくれる人からの愛も受けられなくなってしまいます。嫌われることを恐れず、どんどん自分を前面に出していくことが愛される秘訣です。

【関連記事】

「嫌われたくない」人に好かれない・人に嫌われるのが怖い時の対処法は?

 

愛し愛され続けたい。

愛することと、愛されること、どちらも同じくらい深くて美しいものです。

愛し愛される関係が続くと、人生はカラフルでより楽しいものになります。

私たちは愛し愛されるために生まれてきました。

そして何よりも、あなたは愛されたいと感じています。

心の声に耳を傾け、より深い愛を受ける人生をスタートさせましょう。

愛されることは難しい事ではありません。ただほんの少しのコツを知る必要があるだけです。

まずはあなたが人を愛し、自分を上手くさらけ出すことが出来るよう一歩踏み出してみましょう。

 

yossy
yossy
専業ライター。酒場での語らいが大好き(酒場でなくても語らいます)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする