2019.10.04

仕事の不安で寝れない!新しい仕事でも緊張しない、不安解消法13選

明日の仕事が不安で憂鬱…

今日も疲れて帰宅する。ソファーに腰を下ろしてため息。

やらないといけないことが溜まりすぎて、何から手を付けていいか分からない。どれも今の私には少しハードルが高いけど、簡単に弱音を吐いてはいけない気がする。

不安だけど誰にも言えない…

不安でもやらないといけないと分かってる。何かが迫っているような感覚、でも手立てがなくて憂鬱。不安で頭がいっぱいな毎日。

全部忘れてすっきりしたい。こんな不安どこかに捨ててしまいたい。

 

新しい仕事の前に限って寝れない

明日は新しい仕事の1日目。しっかり寝て、スッキリした顔で挨拶しよう。不安になってる場合じゃない。

「遅刻してしまったらどうしよう」「失敗したらどうしよう」「人間関係がうまく行かなかったらどうしよう」色々なことに考えを巡らせていると目が冴えて眠れなくなってくる。

新しい仕事の前の日に限って、寝れないことがある。

不安になったり、緊張してしまったり…

毎回毎回、困ってしまう。

そこで今回は、仕事への不安を抱えている方に向けて、仕事が不安になる原因と、仕事への不安解消法をご紹介します。

まずは原因を見つけて、自分にあった不安解消法を見つけてみてください。

 

仕事が不安になる原因とは?

人とうまくいっていないことや、進み具合が悪いなど、仕事で悩むことや解決策が見つからないことが不安につながっています。

『不安には周りとの関りという外に向けた不安』と

『自身との関りという内に向けた不安』の二通りあります。

そこでまずは、不安になる原因についてご紹介します。

1.責任のある仕事を任された

実力を評価されることは嬉しいもの。仕事で出来ることが増えると、先輩や上司からより責任のある仕事を任されるようになります。一方で、責任のある仕事を任されることが不安につながってしまう場合があります。

この不安には3つの原因があります。

一つ目は仕事を任された側が責任のある仕事を望んでいないことが原因の不安。

二つ目は十分な説明がないまま仕事を任されてたことが原因の不安です。

三つ目は失敗してしまった時を想像することが原因の不安です。

いずれのも、上司や先輩と本人の認識合わせの時間が足りておらず、埋まらなかったキャップが不安に繋がっていくものです。

2.ノルマを達成しなくてはいけない

販売や営業など、仕事の目標を達成するために個人にノルマが課せられる場合があります。

非現実的な高すぎるノルマが設定されている場合の不安。決められた時間と、与えられたノルマにギャップがあると不安が生まれるものです。

ノルマの設定は相互の理解のもとで実施されるべきはず、でもなかなかそういう風には出来たいために不安が生まれてしまいます。

3.大切なプレゼンを控えている

新しい企画の立ち上げや、プロジェクトの節目には上司や先輩に対しプレゼンが設けられます。責任者や担当者としてプレゼンを成功させると達成感があります。

一方で、プレゼンが上手くいくかどうか、考えを巡らせるうちに不安が生まれることもあります。的を得た説明になっているか、根拠となる数値や実績に間違いはないか、またどの順番で進めていくべきかなど、求められる水準に達しているか何度も繰り返し考えているうちに不安が大きくなっていくものです。

4.新しい部署へ異動になった

異動する不安は大きく分けて二つあります。

一つ目は新しい人間関係に関する不安で、もう一つは仕事内容に関する不安です。

以前の部署で上手く立ち回れていた人も、新しい部署へ行くのは不安が付きもの。どんな上司や先輩がいる部署か、これまでやってきた仕事の内容と少しは同じ部分があるかなど、異動があると分かった日から不安は尽きないものです。

5.自分の能力に不安を感じている

思い切ってチャレンジした仕事や、別の担当者がいなくなって割り当てられた大きな仕事など、機会は巡ってきたのに、結果が出せるか分からなくて不安が大きくなる場合があります。

あるいは、以前は出来ていたはずなのに、やる気が起きずクリエイティブが生まれなくなり不安になっている状況です。仕事やプライベートの疲れが原因で普段の力が発揮できない、能力が低下している場合があります。

6.職場の人間関係に不安を感じている

仕事は、どんな案件も人が考え、人と共に進めていくものです。仕事で人間関係を大切にする人も多いでしょう。あなたが保とうとしている現在の人間関係や、円滑なコミュニケーションを崩す可能性のある要素が入り込んできた場合に、不安を感じるものです。

新しい人と仕事をする必要が出てきたときや、これまでと違う対応が必要になってくる場合、これからのことを色々と心配し不安が大きくなっていくものです。

 

仕事の不安解消法13選

今ある仕事の不安を一つでも解消することが出来たら、より仕事がやりやすくなります。出来るだけ仕事の不安ゼロに近づけて、あなたが持っている力を最大限発揮していきたいもの。

そこでここからは、仕事の不安を解消する方法についてご紹介します!

1.不安な気持ちを受け入れる

まず初めに、自分が仕事に対して不安な気持ちを持っていることを受け入れましょう。人によって不安を大きく感じる人やそうでない人など個人差があります。

不安なことは恥ずかしくないですし、隠すことでもありません。あなたが持つ考え方の癖と思うのがいいでしょう。不安はなかなか消えないものです。そうであるならば、うまく付き合っていく方法を身に着けると楽になります。

2.不安要素を書き出す

次に不安に思っていることを文字にします。どんな些細なことでも構いません。

仕事場で苦手な上司や先輩と会話するのが不安。

新人さんが仕事をミスしなかったか不安。

明日の商談が上手くいくか不安。

一通り不安なことを書き出したら、なぜ不安に感じているのか一段掘り下げて考えてみましょう。

3.開き直る

不安に思って入ることを「しょうがない、どうにもならない、まあいいか」と、開き直るのも一つの手です。不安になっている時は、あなたを不安にさせていることをどうにかして解決しよう、改善しようと躍起になっています。

一度、開き直るとポジティブに転換することができます。「しょうがない、どうにもならない、まあいいか」と考えると、今の状況を受け入れることができ、新しい解決策や改善方法が見つかるきっかけになります。

4.仕事が終わった後のご褒美を決める

「不安があっても仕事はしなければならない。」「どうにかして頑張りたい。」そんな時は、仕事が終わった後のご褒美を決めるという方法で不安を撃退しましょう。

ご褒美は一つのゴール設定と似ています。また自分で決めるだけでなく、仕事仲間と一緒に設定するのもいいでしょう。区切りをつけ、自分を褒めてあげることで「また次も頑張ろう」というモチベーションにもなります。

5.あらゆる準備をしておく

準備の段階は不安が生まれやすいもの。何を準備すれば大切な日に上手くいくか、色々と考えを巡らせ不安が大きくなっていきます。特に一番の敵は想定外が起こった時の不安。

そこでオススメなのが、あらゆる準備をしておくことです。何を準備しておくか、あらかじめ準備リストを作るのもいいでしょう。「これだけあれば準備完了」という風に、準備のゴールを自分で決めるイメージです。

6.仕事仲間に相談に乗ってもらう

仕事の状況を知っていて、率直な意見を言ってくれる人を頼りましょう。仕事仲間に相談に乗ってもらうと不安解消につながる良いアドバイスをもらうことができます。

仕事の内容によって状況は様々で、一概に「こうだ」と断言するのは難しいもの。そこで、職場の仲間に聞いてもらうと求めているものに近い回答が返ってくる可能性が高くなります。

7.失敗も経験だと考える

不安を生んでしまう要素として、「失敗したくない」という気持ちがあります。失敗しないためにはどうしたらいいか、あれこれ考えを巡らしているうちに新しい考えが浮かばなくなり不安へと変わっていってしまうのです。

どんな仕事も、今このタイミングで巡ってきた出会いです。その出会いに精一杯対応するプロセスがあなたの経験や成長となります。また、失敗してもまた挑戦することができるのです。

8.仕事以外に夢中になれることを見つける

仕事で生まれた不安を仕事だけで解消するのは限界があります。仕事以外でも不安を解消する方法を見つけましょう。

ライフワークバランスが重要視されるようになり、仕事が上手くいっている人はプライベートも充実している、という見方に変わってきました。逆に言うと、仕事で不安を抱えている場合、プライベートの見直しをやってみるのがオススメです。

生活環境や趣味などの時間の過ごし方など、自分の声を聞いてみましょう。

 

9.簡単な仕事から片付けていく

仕事で不安がある場合、特定のプロジェクトだけに対して不安を抱えている場合があります。そんな時は、不安のある仕事以外を先に片付けてしまいましょう。

不安なプロジェクトも、実は楽に超えていける内容なのかもしれない、でも、色々と他の仕事が散乱している中では考え方の整理が難しい場合があります。

仕事の難易度は案件により様々です。どれくらいの時間と労力を割けば乗り越えられる案件なのかを知り、行き詰っている場合は順序を変えながら実施することで、不安が少なくなる場合があります。

10.周りの評価を気にしない

周りの評価が不安を生み出す場合は二つあります。

一つ目は、直属の上司や先輩など、仕事を通じて受ける評価に対する不安で、二つ目は、直属の上司や先輩をはじめとする社内の人すべてから受ける、人柄や態度など人付き合いの評価に対する不安です。

仕事では必ず人との関わりが生まれるものです。また頭を悩ませるのが人間関係という場面も多いでしょう。周りを気にして不安でいっぱいになった場合は、自身の仕事におけるスキルアップに集中してみましょう。

11.完璧主義を捨てる

一度で100点の提出物を出す「完璧主義」のやり方以外にも、

50点で提出して内容のズレを確認しながら進めていく方法もあります。

より不安を少なくする方法はどちらでしょうか。

自分に合った仕事の進め方を見つけると、不安が少なく、かつ高い品質でアウトプットを作り上げることが出来ます。何年も同じ方法で仕事を進めてきたとしたら、一度進め方を見直してみるのがオススメです。

12.失敗ではなく、成功をイメージする

イメージトレーニングという言葉を知っていますか?

元はスポーツ界から生まれた考え方で、どのように進めていくか頭の中で具体的なイメージを刻んでいくトレーニング方法です。あるサッカー選手もイメージを繰り返すことにより、実現するに至ったという成功体験も紹介されています。

この考え方は、仕事でも活用されるようになりました。失敗を恐れ不安が大きくなる場合、あえて成功をイメージし、不安要素を頭から追い出していく方法をオススメします。

13.やるべきことだけ考えてその先の結果については考えない

不安が大きくなる一つの要因として、仕事が完了した後の結果やその先の未来のことまで考えてしまっている場合があります。もちろん、結果は心配して当然です。結論のない状態で突き進んでいくのは不安が大きいでしょう。

ですが、もし結果を気にするあまり手元の仕事が全く進まない状況になっているのであれば、一度今この瞬間だけを考えて進めてみるのもいいでしょう。

 

プレッシャーを味方にして仕事を好きになろう。

毎日不安で押し潰されそう。どうにかして今の状況から抜け出したい

そう思っている場合、何か一つでも不安を解消する方法を試してみましょう。不安はさらなる不安を呼んできます。

仕事に不安を感じている状況は悪い事ではありません。不安の裏には、期待や実力など良い面が隠れています。

不安を少しでも取り除くことで、仕事に対する考え方が変わったり、周囲の仕事仲間との接し方にも変化が生まれたりと、よい傾向になっていきます。仕事をしている人は誰でも不安を抱え、時には不安と向き合いながら仕事をしているものです。

ですが、不安の解消方法を知っている人とそうでない人の二つのパターンに分かれています。あなたも不安の解消方法を実践して、不安とおさらばしましょう。

不安をゼロに近づけるアクションを起こして行きましょう。

 

yossy
yossy
専業ライター。酒場での語らいが大好き(酒場でなくても語らいます)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする