2019.09.30

心を落ち着かせるには?落ち着く方法を知って、不安から解放されたい

不安で心が落ち着かない

人生に不安はつきものですが、不安でいっぱいで落ち着かない状態は苦しいもの。

普段の悩みから将来のことまで不安な気持ちになるきっかけは、生きているうちにあちこちで見つけることになります。特に進学や転職など、新しい進路を決める時は将来に対して、不安な気持ちでいっぱいになりがちです。

不安になると、胸が締め付けられるような感覚と心細さがあなたを支配してしまいます

一度強い不安感に襲われてしまうとなかなかその気持ちから抜け出せません。

では、不安で満たされた心を落ち着かせるにはどうすればいいでしょうか。

今回は心が落ち着く方法を紹介していきます。落ち着く方法は手軽で難しくないものです。

 

落ち着かない時の心理とは?

落ち着かないときの人の心は何かに対してマイナスの感情を抱いている状態です。具体的には、不安や苛立ち、緊張などがあげられます。このネガティブな気持ちが人の心を乱して落ち着かなくしてしまのです。

特に心配ごとが頭から離れないときはそういったネガティブな気持ちがどんどん大きくなって、さらに落ち着かなくなる悪循環に陥ってしまいます。

ではどうすれば落ち着く方法により不安から解放されることができるのでしょうか?まずは心が落ち着かない時の特徴を見ていきましょう。

1.イライラする

イライラした気持ちは人の心を落ち着かなくして、冷静な考えを奪ってしまいます。たとえば、仕事や勉強がうまくいかない時にイライラしてしまうと、落ち着きがないので余計に失敗が多くなってしまいます。

そんな時は、好きな飲み物を用意して休憩をとってみましょう。心が落ち着いたら自分がどうしてイライラしていたか、イライラの原因にどう対処すればいいかノートに書き出してみましょう。

そうすれば、イライラの種は少しずつ消えていきます。

2.不安になる

不安も気持ちを落ち着かなくさせる大きな要因です。不安とは、何かが気がかりで、そわそわと落ち着かない気持ちのことを言います。

生きていれば不安の種がそこら中に転がっていることに気づくでしょう。特に将来への不安など、漠然としていて答えが出ないものに対しては不安が不安を呼んでしまい、ネガティブな考えがどんどん大きくなりがちです。

強い不安な気持ちは夜眠りにくくしてしまうなど、普段の生活にも影響を与えるようになってしまいます。

3.緊張する

緊張している状態だと心が大きく乱れて、冷静な判断ができなくなってしまいます。大事な場面で自信を持てる人は、不安な状態になりづらいので、そこから緊張した状態にはなりにくいのです。

けれども、自信を持つのが難しい人は、自分がたくさん努力を積み重ねてきていたとしても、自分のうまくいった未来を信じることができないのですぐに緊張してしまい、落ち着きを失いがちなのです。

4.嫉妬

嫉妬とは自分より幸せだったり優秀であったりする人への妬みやひがみのことを言います。

学校や職場で自分より仕事や勉強のできる人に会ったときに嫉妬がわくこともあると思いますが、大きな嫉妬心に囚われるようになると、嫉妬の対象となった人のことばかり考え続けて心が落ち着かなかくなってしまいます。

向上心の強い頑張り屋さんな人や過去の経験によってトラウマを抱えている人ほど、この嫉妬に囚われやすいと言えます。

 

「不安からの解放」心が落ち着く方法9つ

不安を感じやすくなる場面は生活の中でたくさんありますが、ずっと不安を感じる状態は非常に心苦しいものです。不安になると心細くなり、一人ではとても耐えられないような感覚に陥ってしまいます。不安が取り除かれないままだと情緒不安定になってしまいがちです。

では、不安から解放され、心を落ち着かせるにはどうすればいいでしょうか。これから心が落ち着く方法を紹介していきます。

1.深呼吸する

不安や緊張を感じているとき、実は心だけではなく体にも変化が起きているのです。人の体にはスイッチがあってそれが緊張する時としないときの切り替えをしています。それにより心臓がドキドキした体がリラックスしたりコントロールされるのです。

ではスイッチを切り替えるにはどうすればいいのでしょうか。まずは深呼吸してみてください。深呼吸をすると息が整い、体の緊張感もほぐれて次第に心も落ち着いていきます。

2.瞑想する

瞑想も不安を取り除き、いくつもある落ち着く方法の中でもとても有名です。禅が海外で人気なのをご存知でしょうか?実は禅は瞑想をするので心の健康に良いと話題になっているのです。

では、この落ち着く方法の手順を詳しく紹介します。

①心を落ち着かせる良い瞑想をするには、まず座って目をつむります。
②まっすぐ背を伸ばして姿勢を正し、呼吸のペースを整えてみてください。
③自分の中に意識を集中して自分の中にある様々な思いに向き合いましょう。

体も心も落ち着いて、自分を冷静に振り返ることができるはずです。

 

3.チョコレートを食べる

チョコレートを食べるのも手軽に取れる落ち着く方法。

チョコレートにはポリフェノールと糖分が含まれているので、脳の活性化と暗い気分を吹き飛ばすのに効果的だと言われています。甘くて美味しいチョコレートをを食べると気持ちも和らいで落ち着いて悩み事に向き合えるでしょう。

冷たくひえ切った心を温めるチョコレートの効果は世界中で知られているのです。

4.体を温める

不安がどうしても取れなくて情緒不安定になってしまっているときは体を温めるのも心を落ち着かせる方法として効果的です。不安を感じているときは体を緊張状態にする交感神経が働いている状態です。

体が冷えていると体を緊張させたりリラックスさせたりする自律神経が乱れ、不安を感じさせる副交感神経のスイッチがオンになってしまいます。

体を温めると心を落ち着かせて、体をリラックスさせる副交感神経に切り替わります。暖かい飲み物を飲んで、横になってみましょう。緊張が取れ落ち着くはずです。

5.音楽を聴く

好きな曲やアーティストがある人には、落ち着く方法として音楽を聴くことをおすすめします。軽快なポップスやロックを聴いていると、不安でソワソワした気持ちも吹き飛んでくれるでしょう。

他にもクラシック音楽を聴くのも落ち着く方法としてオススメです。実はクラシック音楽には特別なリラックス効果があり、脳神経を刺激してセロトニンという心に自信を持たせてくれる物質を出してくれます。

心が落ち着かない時はこれらの音楽を聴きながら、ゆっくり体を休めるのが良いでしょう。

6.ゆっくり話す

ゆっくり話すのも、気分が落ち着く方法の中でも手軽にできるのでオススメです。不安に駆られて心が落ち着かない人は焦って早口で自分の状況を話してしまがちです。

ですがゆっくり人に話すことで自分を冷静に分析できるようになり、不安の詳しい理由や原因も分かるようになるので、不安が軽くなり心が落ち着くのです。

もし必要なものが揃わなくて他の落ち着く方法を取るのが難しい、今すぐ心を落ち着かせたい人にはゆっくり話すというのはとても良い方法です。

7.炎を見る

心が凍えそうな不安に襲われている時は、不安定な気持ちが落ち着く方法として焚き火やろうそくなどの炎をぼんやり眺めてみることをおすすめします。

実は炎にもリラックス効果があるのです。炎は不規則にゆらめきますが、そのゆらめきが心を落ち着かせ、気を張った状態からあなたを解き放ってくれるのです。

焚き火は暖炉など設備が必要なので難しいですが、小さなキャンドルを灯すのはお手軽なのでオススメです。いい匂いを放つアロマキャンドルを灯せばよりリラックスしやすくなります。

8.ジョギングをする

ダイエットなどで人気のジョギングですが、実は心を落ち着かせる方法としても効果があります。モヤモヤした気持ちがどうしても晴れない時は、動きやすい格好に着替えて外に走りに出てみましょう。

ジョギングをすると脳でセロトニンが分泌されて、気分が明るくなり、夜眠りやすくなるのです。体力に自信のある人や、外の景色を眺めるのが楽しみな人にはとてもオススメな気持ちが落ち着く方法です。

9.スキンシップ

心を許せる家族や友達、恋人がいる人に勧めたい心を落ち着かせる方法はスキンシップです。

スキンシップをすると、不安を吹き飛ばして大切な人との信頼関係を深めてくれるオキトキシンというホルモンが出ます。オキトキシンはボディタッチでも出るのですが、その効果は情緒不安定になってしまった方にとても効果的なのです。

オキトキシンは幸せホルモンとも呼ばれていて不安や恐怖の感情を和らげてストレスが緩和する効果があるので、落ち着く方法の中でも効果的だと言えます。信頼できる人たちと一緒にいられる時間を増やしてみましょう。

 

心を落ち着かせることで得られるメリット

様々な心を落ち着かせる方法を紹介しましたが、あなたにあった方法はありましたか?自分に合った落ち着く方法を自分のペースで試してみてください。

心を落ち着かせることができたら、緊張が取れるだけでなくたくさんのメリットを得ることができます。周りの人との関係も良い方向へと向き、様々な問題や悩みにも冷静に対処できるようになります。

では、心を落ち着かせることで得られる6つのメリットを紹介していきましょう。

1.信頼される

心がざわざわして情緒不安定になっている人は、落ち着きがなく、情緒不安定で話しかけづらい雰囲気を出してしまっていることが多いです。

反対に、心が落ち着いていて不安がない人は話しかけられやすく、冷静な判断ができるので、学校や職場で信頼されるでしょう。心を落ち着かせることで、人間関係もいい方向に向かい、信頼されることで自信を持つことができるようになります。

落ち着く方法を実行するのは億劫な人は、落ち着く方法によって心が軽くなった時のメリットを想像してみてください。明るい未来が待っていることが頭に浮かぶでしょう。

2.愛される

情緒不安定になってしまっている人は他の人に対してどうしても壁を作ってしまいがちです。

ですが不安などのネガティブな感情からすっかり解放されると話しかけづらい雰囲気もなくなり、他の人に話しかけられたり興味を持ってもらいやすくなります。

ネガティブな人が悪いわけではありませんが、ネガティブの度合いがあまりにも重すぎてしまうと、他の人の心にも影響を与えてしまいます。反対に、不安のない明るい人はポジティブな影響を周りの人たちに与えることができ、たくさんの人から愛されるのです。

 

3.心身ともに健康になれる

病は気からというようにストレスが原因でなる病気はうつ病や胃潰瘍などたくさんありますが、不安から解放されるとストレスも体にかからなくなるので心も体も健康になれます。

不安を感じているときは緊張して体も疲れやすくなりますが、心が落ち着いているときは不安な時よりも体力やモチベーションも湧きやすく、様々なことに挑戦できるようになるでしょう。

4.感情に流されず冷静でいられる

不安を感じて情緒不安定になってしまっている場合、これ以上不安を感じないようにリスクの少ない方法ばかりとってチャレンジしなくなったり、勧められるがままに安心しそうな選択をしがちになるので時にはそのせいで損をしてしまうこともあります。

ですが心が落ち着いているときは辛い感情に流されずに冷静に状況を見て判断することができるようになり、仕事や勉強もうまくいくようになります。

判断する力を取り戻せれば、学校や職場でプラスの評価を得られるので自信にも繋がるでしょう。

5.柔軟な発想になりアイディアが湧いてくる

不安を感じているときはこれ以上不安を増やさない考えしかできなくなりがちですが、落ち着く方法の効果で不安が取り除かれた後は明るい気持ちも湧いてきて、何かにチャレンジする意欲も湧いてきます。

不安や悩みがないと、思考が自由になるので柔軟な発想ができるようになり、様々なアイデアが頭に思い浮かぶようになります。

自分に合った落ち着く方法によって冷静さを取り戻せれば、柔軟な発想を生かして仕事のアイデアを積極的に出したり、絵を描くなどの創作活動もはかどるようになるのです。

6.小さなことにも幸せを感じられる

情緒不安定なときは様々なことに対して不安を感じてしまい、頭が悩みで満たされてしまいます。そんなときはちょっとラッキーなことがあっても見逃してしまいがちです。

不安や緊張から解放されるとちょっとしたラッキーな出来事、例えば職場の人にお礼を言われたり、友達にお菓子をもらったりなどに幸せを感じることができるようになるのです。

 

情緒不安定になることだってある

生きていれば仕事や勉強に対して不安を感じることは何度もあります。

日本の社会は情緒不安定な人に対して少し冷たいところがありますが、本当は誰しも経験することなのでそれを恥じたりさらに不安を感じたりする必要はないのです。

ですが不安を抱え、情緒不安定な状態でずっといるのもとても辛いことです。

なので是非、今回紹介した落ち着く方法を試してみて、辛さから抜け出してください。

それでも落ち着かないときや、身近に相談できないときは、一人きりで抱え込まず真摯に話を聞いてくれるプロのカウンセラーに頼ってみてください。

情緒不安定になってしまうのは決して貴方が悪いわけではありません。繰り返しますが、誰でも経験することなのです。

自分を責めずに、ゆっくり落ち着きを取り戻せるよう自分の不安に対処してみてください。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする