2019.09.29

「片思いが辛い。やめたい。」諦めるために、失恋を確信する13の出来事

「片思いが辛い。もう、やめたい。」

片思いって、最初は楽しいのに、気づいたら苦しいことばかりで溢れてる。

好きな人が振り向いてくれるかもわからない。好きな人に愛してもらえるかもわからない。

どんどん苦しくなって、一番になれない自分にどんどん自信をなくす。

「もっといい女だったはずなのに…」「私は結局…」と、不安になってしまうんだ。

片思いが辛くて辛くて、やめたくてもやめられなくて。

気づいたら、追いかけるだけの恋に必死になっていて、好きな人の気持ちなんて見えなくなっていた。

そこで今回は、もう終わりにしたいと思っている方に向けて、失恋を確信する13の出来事とサインをご紹介します。

諦めるべき恋とは?忘れるためには?もういっそ、ちゃんと振ってもらおう。

 

もう、諦めたい。終わりにしよう。

もう諦めたいんだよね。終わりにしたいんだよね。

失恋させてくれた方が、よっぽど楽なんだよね。

本当は、次に進みたいのに、気づいたら諦められなくなっていた。

恋をしたから、毎日がキラキラして見えた。恋をしたから、毎日が楽しくてしょうがなかった。

周りに止められたって、なかなか終わりにできなかった。

恋をしたばかりの時は、自分がこんなに辛くなるなんて思っていなかった。

でもいつしか、自分は辛い日々の中でどん底に落ちていた。

忘れられない恋なんてないとわかってる。でも今は、忘れられる気がしない。

いっそ、好きな人が自分に全く気持ちがないと気づけたらいいのに。

それだけで、少し楽になれるのに…

 

失恋を確信する13の出来事とサイン

失恋を確信して、いっそ楽になろう。片思いは、もうやめよう。もう、全部終わりにしよう。

片思いは、自分が諦めるだけで終わりにすることができるから…切ないけれど、これ以上辛くなるより、よっぽどいい。

そこでここからは、失恋を確信する13の出来事とサインについてご紹介します!

1.返信がこない

好きな人から返信がこなくなったら、失恋を確信してもいいでしょう。好きな人もあなたのことが好きだったら、連絡が来たら遅くなってでも返信します。

忙しくない時は、できるだけ早く返信しようとするものです。その返信がなかなかこなかったり、既読無視されていたら、あなたに気がない証拠です。自分の気持ちを少しずつ消していきましょう。

2.デートの日程を決めてくれない

「ご飯に行こう」「デートしよう」と誘った時に「行こう」と返してくれるけど、日程を決めようとすると「今忙しくて予定がわからない」と言ってきたり「空いてる日がわかったら連絡する」と返すだけ返してなかなか日程を教えてくれない。

これは脈なしのサインです。

あなたと本当に関係を築きたいと思っていたら、相手はすぐに返信してくれたり、日程調整をしっかりしてくれます。それがないのであれば、相手はあなたに気持ちがないということでしょう。

3.「好きな人がいる」と言われた

失恋を一番確信できるのは、好きな人の口から「好きな人がいる」と聞くことです。「気になる人ができた」「好きな人がいて、相談に乗って欲しい」と言われたら、あなたのことを恋愛対象として意識していない証拠です。

あなたをわざと嫉妬させるために言ってくる人もいますが、真剣な相談であればあなたに対して気がないということになります。好きな人の恋愛話ほど聞きたくない話はない。知らなくていいことは、知らないまま終わりにしましょう。

4.好きなタイプが自分とかけ離れている

好きなタイプを聞いた時に、自分とかけ離れていたら失恋を確信していいでしょう。自分の好きなタイプとあなたがかけ離れていても、あなたのことを好きだったら寄せてきます。

本当は可愛い系が好きだけど、あなたが綺麗系だったら「綺麗系の人が好き」と言ってきます。これは、好きな人にする一種のアプローチ。そこで、かけ離れた女性像を語られたら、あなたのことを意識していない証拠です。

5.その気がないと伝えられる

ちゃんと失恋したいのであれば、「今どう思ってる?」「私のこと好き?」と聞いてみましょう。「今は、恋愛対象として見ていない」「正直、友達としてしか見れない」と言われたら、失恋したことになります。

ここから、恋愛対象として見られるために努力する手もありますが、自分の今の辛い気持ちを乗り越えられるか、ちゃんと自分の心に問いかけてみましょう。

世の中には、素敵な男性が溢れています。好きな人がこちらに気持ちを向けていないのなら、他の人に目を向けてみませんか?きっと次こそ、幸せになれるから。

6.そっけない態度

好きな人にそっけない態度を取られたら、相手はあなたに対して、その気がない証拠です。好きな人に対しては、そっけない態度を取らないようにするのが男性。

できるだけ相手の話に興味を持って、相手が相談してきたら肯定してあげる。好きな人にしか見せない態度を見せてくれないのであれば、あなたに対して恋愛感情はないと言えるでしょう。

7.他の異性を褒める

他の異性を褒めた場合も、失恋を確信するサイン。好きな人に嫌な思いをさせないように、他の異性を褒めないのが男性心理。自分が好きだということをやんわり伝えながら、関係性を築いていくため、他の異性をわざわざ褒めたりしません。

他の子を「可愛い」「あの子いい子だよね」「あんな彼女が欲しい」と言っていたら、あなたに気がない証拠です。

稀に、嫉妬させたい気持ちや、あなたが嫉妬するか確認したくて聞いてくる男性もいますが、その人の表情でわかります。ちゃんと相手の言葉と表情で見極めましょう。

 

8.セフレ以上になれない

セックスはする。キスもする。ご飯食べに行ったりもする。でも、それ以上になれない。関係性がいつになってもはっきりしない…

「私のこと好き?」「私と付き合う気ある?」と聞いたら、もう会ってくれないかもしれないと思ったら、言えなくなってしまう。

そんなの、幸せな恋愛とは言えません。セフレ以上になれない時は、失恋を確信していいでしょう。本当にあなたを大切に思ってくれる男性なら、関係性をはっきりさせてくれます。

9.関係を明確にしようとすると避ける

関係性を明確にしたくて、「私と付き合おう?」「私たち両思いだよね?」と聞いた時に、避けてくる男性や黙り込んでしまう男性に恋をしているなら、すぐにやめましょう。

どれだけ好きになっても、相手はあなたと付き合う気がありません。失恋を確信していいでしょう。

女性はできるだけ関係を明確にしたい生き物ですが、男性はできるだけ曖昧な関係を好む生き物です。だからと言って、いつまでも答えを出してくれない男性と付き合っても、幸せにはなれません。

10.「会いに行く」ではなく「会いに来て」

「会いに行く」と言ってくれるのではなく、「会いに来て」と言ってくる男性は、あなたに対して気持ちがない可能性があります。あなたに会いたいのではなく、誰でもいいから会いたいと思っている可能性もあります。

本当にあなたに会いたいのであれば、相手の方から会いにきてくれます。男性は、好きだと思っている相手にはわかりやすく行動するのです。

11.相手から連絡してこない

相手から連絡してこない場合も、失恋を確信していいでしょう。いつも連絡するのはこっちから。相手から連絡が来ることもなければ、相手から誘われたこともない。両思いだとは言えない関係を続けていると、自尊心が低くなってきます。

依存や憎しみに変わってしまうこともあるので、諦めると決めたら早めに立ち去りましょう。

12.特別な日を一緒に過ごせない

特別な日を一緒に過ごせない場合も、両思いになれる確率は低く、辛い片思いを続けてしまうだけなので諦めましょう。

クリスマス・バレンタイン・相手の誕生日・年越し。様々なイベントがある中で、好きな人が他の女性と過ごしているのであれば、その人が本命です。自分を本命にしてくれる人に切り替えましょう。

13.アプローチを避けられる

自分がアプローチしている時に、アプローチを避けられたら失恋したと思っていいでしょう。両思いな場合は、アプローチの掛け合いによって、お互いが「好き」という気持ちを確認しあいます。

「自分もこの人が好き。この人も私のことが好き。」と、思える出来事を積み重ねることで、付き合うことに発展するのです。

どんなにアプローチしても避けられて、関係が発展するように見えなければ、諦めて次に進みましょう。同じ人に固執する必要はどこにもないのです。

 

好きな気持ちを消し去りたい。

好きな気持ちを簡単に消すことはできない。だから恋なんだ。

「少しずつ時間を重ねて、いつか好きになってくれたらいいな。」なんて淡い期待を抱いていた。

でも、一向にそんな気配はなかった。もっとそばにいたい。もっと近くにいたい。彼の一番好きな人になりたい。

でも、辛い気持ちを持ち続けるのは嫌だ。片思いを繰り返すのは嫌だ。

片思いって、なんでこんなに辛いんだろうね。

なんで、簡単に好きな気持ちは消えてくれないんだろうね。

なんで、簡単に忘れられないんだろうね。

忘れることって、きっと想像以上に難しいものなんだ。

「時間が解決してくれる」なんて絶対嘘。自分が変わらなければ、気持ちは変わらない。

 

恋愛は、幸せなだけじゃない。

恋愛は、幸せなだけじゃない。

好きな人と一緒に居られる時間は、片思いだとわかって居ても幸せ。

でも、一緒に居ない時間は嫌なことばかり考えてしまう。どんどん自分を追い込んで、辛い気持ちで涙を流す夜だってある。

「恋人が欲しい」と思っているときは、幸せになりたいから目の前の人を好きになろうとする。

でも、好きな人を好きになった理由は、幸せになるためじゃないからね。

だから、どんなに嫌なところが見えても、愛してしまうものなのよ。

返信がこないだけで不安になる恋。全然振り向いてくれないことで辛い気持ちになる恋。特別な日を一緒に過ごせない恋。都合のいい女になってしまう恋。

もう、卒業しませんか?

自分が幸せになれる恋、初めてみませんか?

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする