2019.09.27

死にたい。生きるほどに死にたくなる。人生の不安から解放される方法

毎日不安に押しつぶされそうで。もう疲れた…

不安に押しつぶされた。不安感が止まらない。

生きていれば、死にたくなるのが人生なのか。生きていれば、辛いことがたくさん起きる。生きていれば、しんどいことだらけで、毎日不安で仕方ない。

将来に対する不安。明日に対する不安。

不安なことだらけで、毎日どうやって生きていけばいいのか、もうわからない。

そこで今回は、不安で死にたいと感じている人に向けて、不安の原因や、死にたくなる不安な気持ちから解放される方法についてご紹介します。

 

死にたい。いっそのこと消えたい。

死にたい。もう、いっそのこと消えたいと思う。

死にたいという感情は、自分ではコントロールできるものじゃないみたい。

死にたいと思う気持ちは、生きたいという気持ちにつながっているみたい。

夢もない。仕事も辛い。恋愛もうまくいかない。生きている意味が見出せない。

毎日追われるような日々で、焦っては不安になる。

死にたいとか、消えたいとか、考えるような人生を送りたいわけじゃなかった。

何度「死にたい」と言っても、何度「消えたい」と思っても、状況は何も変わらなかった。

どんどん自分を嫌いになるだけだった。

でも、これでいいんだ。人生は、これでいいんだ。

でも、その不安の原因を追求して、自分の死にたいという気持ちを取り除きませんか?

 

死にたくなるほど不安なのはなぜ?

死にたくなるほど、不安になるのはなぜ?

不安感って、もっと軽いものだと思ってた。焦っては不安になり、毎日が怖くなる。今日を生きるだけで精一杯。

そこでまずは、死にたくなるほど不安になってしまう原因を考えてみましょう。

『悩む』という行動を『考える』に変えるだけで、人は前向きになるのです。

1.強い孤独を感じている

死にたいと思うほど不安になる原因1つ目は、強い孤独感を感じていることです。自分は常に一人な気がしてしまう。周りは地元の友達や、同級生や、職場の仲間と仲良くしてる。でも、自分にはこれといって友達がいない。

今日突然ご飯行きたいと思った時に、誘える人がいない。悩みを抱えた時に、話せる友達がいない。それによって、強い孤独感に襲われてしまっていませんか?

人は一人で生きられないというように、あなたはいつだって一人じゃないことを忘れないで。

2.過去に辛い思いばかりしてきた

死にたいと思うほど不安になる原因2つ目は、過去に辛い思いばかりしてきたことです。過去のトラウマが頭から離れなくて、何をするにも臆病になったり、恐怖心を抱いている可能性があります。

DV、モラハラ、パワハラ、浮気、嫉妬・束縛、裏切り、愛されなかった記憶。小さい頃の記憶はトラウマになりやすいのです。そして、大きくなった今自分が想像もしていなかった裏切りに合うと、自分の脳裏に焼き付いて離れなくなってしまいます。

3.周りがどんどん出世・成功していく

死にたいと思うほど不安になる原因3つ目は、周りがどんどん出世したり、成功していくことです。

周りと比べて、「今の自分は何を成し遂げたんだ…」「あの人と私は何が違うんだろうか…」と悩んでしまうことが原因で、不安感を抱えることがあります。周りと比べないほうがいいとわかっていても、比べてしまうのは、人間の性。

どうせなら、上と比べる分、下とも比べて、自己肯定感あげませんか?

4.大失恋をした

死にたいと思うほど不安になる原因4つ目は、大失恋したことです。大好きだった恋人と別れたら、誰だって耐えられないほど辛くなってしまいます。結婚を目前に別れたり、心の底から愛していた人がいなくなると、急に孤独感と将来に対する不安感が襲ってきます。

「明日から、誰を信じて生きたらいいんだろう。」「明日から、誰を頼ったらいいんだろう。」と、不安になってしまうのです。その不安感は、すぐに消えるものではありません。

周りに「時間が解決してくれる」なんて言われても、その時間を待てるほど人は強くありません。不安な時は、不安だと叫んでいいのです。

5.理想と現実の間にギャップがありすぎる

死にたいと思うほど不安になる原因5つ目は、理想と現実の間にギャップがあることです。

「一年後の自分はこうなっていたい!」と描いていた去年の自分が、今全く達成できていないと不安になってしまいます。自分は無力なのではないかと、頭を抱えてしまいます。

それによって死にたいという感情が生まれることがあるのです。ですが、理想と現実にギャップがあってもいいのです。

人生なんて、そんなもんなんだから。

6.経済的に余裕がない

死にたいと思うほど不安になる原因6つ目は、経済的に余裕がないことです。お金がない時は、心まで貧しくなってしまいます。お金の余裕は、心の余裕。自分に余裕がない時は、お金にも余裕がない時です。

経済的に余裕がないと、明日食べるご飯の心配をする。お財布と口座を見ては、どうしようもない気持ちに襲われる。「こんなに苦しくて、それでも生きてる意味があるのか」と死にたい感情に苛まれてしまうことがあります。

 

「死にたい」という不安に向き合う方法

死にたいという感情は、誰しも抱いたことがある感情です。その重みは人それぞれ違う。口癖のように小さなことでも「死にたい〜」と言う人がいれば、言いたくても言えずに自分の中で抱え込みすぎてしまう人もいる。

人間人それぞれ、自分の悩みの重さは人と比べることができないのです。死にたいという感情に真剣に向き合ってみませんか?

1.悩むを考えるに変える

死にたいという不安に向き合う方法1つ目は、悩むを考えるに変えることです。一つ悩んでしまうと、たくさんの悩みが生まれてしまいます。「あれもこれも不安…」と、どんどん悩みが派生されてしまうのです。なので、まずは悩むという行動を考えるに変えてみましょう。

悩んでいる時は、マイナスな結論にばかり辿り着いてしまいます。

ですが、考えている時は「これをどうしたらよくなるだろう」「この問題は、こうやって解決したい」と前向きになることができます。

なので、自分が「今悩んでいるな」と思ったら、その問題を『考える』に変えてみましょう。

2.一つの原因を追求する

死にたいという不安に向き合う方法2つ目は、一つの原因を追求することです。不安になる時や、死にたいと思った時は、何かしらの原因があります。

その原因をとにかく追求してみるのです。追求していくことで、自分が辿り着きたい正解を導き出すことができます。

3.今までと全て逆のことをする

死にたいという不安に向き合う方法3つ目は、今までと全て逆のことをしてみることです。

「死にたい」と思ったら「生きたい」と思うように思考をコントロールするのです。今まで悩んだら、吐き出さずに自分の中に溜め込んでいた人は、とにかく人に話すようにしてみましょう。

簡単なことで言うと、夜型の人は朝型に変えてみましょう。朝ごはんを食べなかった人は、朝ごはんを食べるようにしてみましょう。全て今までと逆のことをしてみてください。

必然的に、死にたいという思いが薄れ、新しい自分に出会うことができます。

私の人生この先どうなるの?

自分の人生には、不安しかなかった。焦ることばかりだった。

いつもいつも、どんなに努力したって報われなかった。

だからと言って、諦める必要はない。新しい自分に出会えばいいだけだから。

でも、死にたくなる不安な気持ちは簡単に消えてくれるものじゃない。

死にたいと言う感情は、思ったより根強くて。水垢のように擦っただけでは消えてくれない。

消すためには、しっかりとケアし続けることが必要になってきます。

人生が不安になったら。死にたくてたまらなくなったら。

この先のことを悩むの、一旦やめましょう!

追い込まれてるんだから。焦ってるんだから。これ以上悩むの疲れちゃうんだから。

死にたいなんて思いたくない。

一旦、全部忘れてしまおう。

 

死にたくなる不安な気持ちから解放されるには?

毎日が辛かった。しんどかった。正直、明日がくるのが嫌だった。毎日毎日同じことの繰り返しで、成長できない自分に嫌気がさしていた。

だから「死にたい」と思うようになった。でも、この状況を変えたい。

そこで、ここからは、死にたくなる不安な気持ちから解放される方法についてご紹介します。

1.他人と比較しない

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、他人と比較してしまう自分の思考を変えてみましょう。周りの人と比べることは、悪いことではありません。

ですが、自分の気持ちが安定していない時や、自分の気持ちを大きく揺さぶるようなことがあるのであれば、控えるようにしましょう。他人と比較するなら、上とばかりではなく、下とも比べましょう。

2.無理をしない

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、無理をしないことです。自分の限界を超えてしまってから気づくのでは、一歩遅いのです。自分が「疲れているな」「もう頑張れない」と思ったら、しっかり休むようにしましょう。

「死にたい」と追い込まれるほど、頑張り続ける必要はないのです。

自分は自分らしく、楽に生きられる方法を探してみるといいでしょう。

 

3.我慢しない

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、我慢をしないことも大切です。我慢しすぎている状態では、周りにも不穏な空気が流れてしまいます。そして、マイナス思考が悪化し、負のループに入ってしまうのです。

負のループに入ってしまうと、自分が我慢していることにも気づけなくなってしまうことがあります。自分の気持ちに素直に、我慢したくないときは「今は無理!!」と割り切れるようになりましょう。

4.「今」を精一杯生きる

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、「今」を精一杯生きることです。明日の不安、将来の不安、お金の不安、結婚の不安、孤独に対する不安。様々な不安を抱えながら生きていると思います。

ですが、とりあえず今日生きることだけを考える。今を精一杯生きてみましょう。精一杯に生きる毎日を繰り返しているうちに、その毎日が自分の身となり、力になります。

5.理想を高くしすぎない

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、理想を高くしすぎないことです。生きてるだけで、人生のミッションクリアなのです。自分のハードルを自分であげすぎないようにしましょう。自分のミッションは、生きてること。命を捨てないこと。それだけでいいのです。

生きることは大変です。難しいのです。だからこそ、これ以上自分に負担をかけないようにしましょう。

6.周囲の人を大切にする

死にたくなる不安な気持ちから解放されるためには、周囲の人を大切にしてみましょう。自己肯定感が低く、自尊心が低いと、自分を大切にすることが難しいと思います。

ですが、代わりに周囲の人を大切にすることができる。その気持ちを大切に、周囲の人とのコミュニケーションを増やしましょう。少しずつ、自分の気持ちが楽になってきます。

 

見えない未来は誰だって不安なもの

見えない未来は、誰だって不安なもので、その不安を解消してくれるのは自分しかいない。

周りの言葉で癒されるのは、一瞬のこと。

最後はいつも、自分で解消しなければいけないんだ。

でも、見えない未来はに対しての不安は、簡単には消えてくれない。

みんな、声に出さないだけで、不安に押しつぶされそうな夜がある。

だから人々は、寄り添って生きていける。

死にたいと思ったら、「死にたい」と叫んでいい。

不安に押しつぶされそうになったら、「不安だ」と叫んでいい。

一人で戦い続ける必要なんてないんです。

 

人生は自分次第

人生は、自分次第で自分で変えられるものなのです。

誰かが決めるものでもなければ、誰かの言う通りに生きる必要もないのです。

不安は抱えすぎないでいい。

不安は吐き出していいものなのです。

あなたが見なければいけないのは、鏡の前に映った自分。

他の誰かの幸せよりも、自分の幸せを願えるようになりましょう。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする