2019.09.23

彼氏ともっと気持ちよくセックスしたい!愛のあるセックステク13選

大好きな彼氏と気持ちよくセックスしたい…

大好きな彼氏と、セックスをしたいと思っても、毎回同じ場所で、毎回同じような行為の繰り返し。

正直、どんなに好きな相手でも、マンネリ化してしまうし、「気持ちいい」と感じなくなってしまう。

大好きな彼氏とだからこそ、相性を良くしたいし、もっと気持ちいいセックスをしたいと思う。

相性は、テクニックでよくなります。

気持ちいいセックスは、お互いのテクニックと努力によって生まれます。

そこで今回は、愛のあるセックスについて。さらに、彼氏が求めてくるようになるエッチのテクニックをご紹介します!

積極的になることが恥ずかしい女性の皆さんが、最高の境地に辿り着くまでのフローを徹底解説。

 

愛のあるセックスってそもそもどんなもの?

愛のあるセックスって、どんなセックス?

愛がないセックスは、テクニックだけを求めたり、お互いの相性の良さだけでセックスすること。

好きでもない相手とのセックスは、ただの行為で、『極上のオナニー』に過ぎない。

愛のあるセックスは、お互いが愛し合っているからこそできる、『最高の愛情表現』

最高の愛情表現をしていても、お互いが気持ちいいと感じられなくなるのは、仕方がないこと。

何度も同じことを繰り返し、本当はこうして欲しいと思っていても言えない。

好きだからこそ、大胆になるのが恥ずかしい。

そんな感情を抱けるのは、愛のあるセックスができている証拠。

 

彼が求めてくる!エッチ(セックス)のテクニック13選

彼氏とのセックスの相性が悪いと、どれだけ仲の良いカップルでも、「あんまりしたいと思わないな」「そそられない」「興奮できないな」と思ってしまうのです。

そこでここからは、彼氏が求めてくるようになる、エッチ(セックス)のテクニックについてご紹介します。

1.彼氏の趣味を知ってsexをしてみる

まずは、相手の趣味・性癖を知りましょう。相手の性癖や相手の好むセックスをすることで、彼氏が求めてくるようになります。彼氏は、Sなのか、Mなのか。誘われたいのか、誘いたいのか。どんなセックスが好きで、何をされている時に幸せを感じ、何で興奮するのか。

まずは、彼氏の趣味と性癖をそれとなく聞き出しましょう。

おすすめは、ベッドシーンがある洋画などを一緒に見て「どんなのが好き?」とサラッと聞くこと。恥ずかしい気持ちになることなく、聞き出すことができます。

2.エッチな要求もたまにはOKする

彼氏がエッチな要求を求めてきた時に恥ずかしがって「やだ」「それはできない」「そんなことしたくない」と断ってしまうと、彼氏はその行為を嫌がられたのではなく、自分とするセックスを否定されたように感じてしまうことがあります。

自分のしたいようにできないと、「あんまりそそられないな」「また断られて気まずくなったら嫌だしな」と思ってしまいます。気持ちいいセックスを彼氏とするためには、彼氏の要求にも答えてあげるようにしましょう。

3.「sexしよ?」と自分から誘ってみる

大胆になれず、恥ずかしい気持ちがあるからこそ、「セックスしよう?」と言えない。でも、そんな彼女が自分から誘ってきたら、男性は喜びます。

その日疲れていても、興奮状態じゃなくても、可愛いからセックスしたいと思える。そんな状況を作り出すことで、彼氏とのセックスを楽しむことができるのです。

4.ギリギリまで焦らす

彼氏とのセックス中、何でもかんでもしてあげれば言い訳ではありません。彼氏を焦らしたり、彼氏に焦らされたりすることで、興奮状態をMAXまで持っていくことができます。

ギリギリを超えてしまうと、「早くしてよ」「もういいよ」という感情に変わってしまうので、彼氏の表情を見ながら焦らすことが大切。彼氏が求めてくる最高のところで、して欲しいことをしてあげるセックスのテクニックをつけましょう。

5.自分も感じている姿を相手に見せる

恥ずかしいから、声を出さない。恥ずかしいから、感じていないフリをする。感じているところを見られることが恥ずかしいと感じてしまうのは、彼氏のことをそれだけ愛しているから。

でも、彼氏は「俺としてても気持ちいいと感じていないのかな?」「俺とのセックスじゃ満足できないのかな?」と思ってしまいます。

声は、出そうになっているけど出さないように我慢しているから可愛いのです。

我慢しているのに、ちょっと出ちゃってるから可愛いのです。

6.普段舐めない部位を刺激してみる

『セックスで普段舐める場所は、彼氏の性感帯ばかり。』舐めるなら、彼氏が気持ちいいと感じるところがいいと思って、性感帯ばかり責めていても、マンネリ化してしまいます。

普段舐めない部位も刺激してみましょう。普段舐めないところを刺激されると、男性も興奮を覚えます。普段自分でも触ることがない場所を責めるようにしましょう。

 

7.自分の気持ちよくなる部位も触ってみる

セックスで要求されて一番恥ずかしいのは、自分が自分を触っているのを見られること。ですが、男性の中には、女性が自分で自分を触っている行為を見て興奮する人もいます。

でも、「してみて?」と言われても、そんな大胆なことは普段できない。でも、彼氏ともっと気持ちいいセックスをしたいそんな日は、彼氏の要求に乗ってみましょう。新たな快感に出会えるかもしれません。

8.喘ぐ声や漏れるため息も武器になる

声は出そうと思って出していると、演技に見えてしまいます。堪えているのに出てしまうから色気を感じるのです。普段真面目な彼女、普段サバサバしている彼女が、我慢して声を漏らしているところに男性は、魅力を感じます。

なので、ため息や喘ぎ声は演技せずに漏らすことが大切。それも一つのテクニックなのです。

9.彼氏の自尊心をくすぐる

彼氏の自尊心をくすぐることで、彼氏が満足するセックスができるようになります。彼氏が満足すると、あなたのことを満足させようと努力してくれます。

お互いが気持ちいいセックスをするためには、彼氏を満足させるだけでなく、自分が気持ちよくなることも考えることが大切です。彼氏とのセックスは彼氏を満足させることから始めてみましょう。

10.エッチな下着を購入する

今までシンプルな下着ばかり着用していた人は、今までと違う系統の下着を買いましょう。シンプルなものや、花柄ばかりでなく、少し幅の狭い下着や、Tバックなどを履くことで、彼氏を興奮させることができます。

さらに、ガーターベルトをつけたり、今までになかったアプローチをしてみるのも効果的です。

11.彼氏とのセックスを幸せだと感じる姿を見せる

彼氏とのセックスが好きだとしっかり伝えることも大切なことです。彼氏は「俺とセックスして幸せなのかな?」と感じていることがあります。あなたが彼氏とのセックスをより良いものにしたいと思っているのと同じように、彼氏もセックスに対して不安を抱えているかもしれません。

なので、直接伝えることが恥ずかしければ、彼氏とセックスしている最中に「好き」「幸せ」と伝えてあげましょう。

12.エッチなグッズにもチャレンジ

今まで、ノーマルなセックスばかりで、おもちゃを使ったり、ローションを使ってこなかったのであれば、新たに刺激のあるおもちゃを使ってみましょう。今まで出会うことのなかった快感に出会えたり、今までとは違うセックスができるようになります。

恥ずかしい気持ちを捨てて、たまには新しいものを使ってみましょう。そして、使う場所は家ではなくホテルがオススメ。いつもと違う場所であれば、大胆になることに対する恥ずかしさも軽減されます。

13.必ず最後は気持ちよかったと伝える

ちゃんと「気持ちよかった」と伝えることも、彼氏とセックスする上でとても大切なことです。彼氏とのセックスが「気持ちいい」と感じていてもいなくても、相手に伝えなければ伝わりません。

彼氏とのセックスで不満があれば「もっとこうしたい」と伝えたり、セックスが終わった後にピロートークすることで、お互いのセックスをより良いものへと変えていくことができるのです。

 

たまには積極的にエッチな彼女に。

今まで大胆になるのが恥ずかしかった。

大好きな人だからこそ、したいことが言えなかった。

「セックスしたい」と思っていても伝えることができなかった。

「もっと気持ちいいセックスがしたい」なんて言ったら嫌われる気がして言えなかった。

愛のあるセックスが何かもよくわからなかった。

でも、セックスしていく上で、もっとよくしたいという気持ちが出たら、たまには自分が積極的になってみましょう。

自分が積極的になることで、彼氏の雰囲気やセックスに対するモチベーションも変化します。

彼氏に求める分、自分も求められる存在になることが大切なのです。

 

結局、愛があるセックスがあればうまくいく。

愛のあるセックスは、お互いが愛し合っているからこそできるもの。

この世界にはたくさんの人がいて、生きてから死ぬまでに出会う人は一握り。

そんな中で、素敵な人と出会い、両思いになり、どんどん好きになって、付き合うことができた。

そんな奇跡を積み重ねて愛し合える二人だからこそ、愛のあるセックスをすることができるのです。

愛のあるセックスがあれば、お互いがイライラしていても、喧嘩になっても、解決することがあります。

仲直りセックスも、求め合うセックスも、全て愛があることが大切。

好きな人とのセックスは、そこに対する愛を忘れないで。

テクニックが全てじゃないと、愛のあるセックスは教えてくれるのです。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする