2019.09.09

「彼女が病んでる⁉︎」心が病んでる人への対応&かける言葉【完全版】

「彼女が病んでる⁉︎」

彼女の元気がない。

最近よく泣くようになった。

ずっと疲れていて、全然笑ってくれない。

自分で抱え込んでしまって、一人が怖くなってるみたい。

そんな彼女を見ていると、自分が苦しくなってしまう。

「もしかして、病んでるのかな?」「俺のせいだったらどうしよう」と思ってしまう。

それと同時に、「何かしてあげられないか」「どう向き合ってあげたらいいんだろう」と考える。

大好きな彼女だからこそ、一緒にいる時間は笑っていてほしい。せめて、彼氏の自分にだけは全てを話してほしい。

そこで今回は、病んでる彼女の特徴&心が病んでる人への対応&かける言葉【完全版】をご紹介します。

 

病んでるとは

そもそも病んでるとは、どのような状況を指しているのでしょうか。

まずは、病んでる状況についてご紹介します。

病んでるとは、自分なんかこの世にいなくてもいい。死にたい。と思っている状態のこと。精神的負担が大きく、自分では抱えきれなくなってしまっています。消えたいと思ったり、もう全部やめたいと思っているときは、病んでると言っても過言ではありません。

病んでるとき、人は自暴自棄になってしまっているため、自称行為をしてしまったり、周りの人を大切にする気配りをする余裕も無くなってしまっています。

【参考記事】今の私は、間違いなく、病んでいる。毎日、生きているのがしんどい。生きることがめんどくさいとすら思う。

「もう心が壊れた。」病んでる人の特徴とは?生きることがめんどくさいと思ったら?

 

病んでる彼女7つの特徴

ここからは、具体的に病んでる彼女がどのような人なのか7つの特徴をご紹介します。

今あなたの目の前にいる大切な人は、病んでいるのか。それとも疲れているだけなのか。

心が病むことは、女性だけでなく、男性にもあります。読みながら、恋人にあてはまる項目をチェックしてみてください。

1.情緒不安定になりやすい

彼女が情緒不安定になっているときは病んでる可能性が高いでしょう。笑っていたかと思ったら、急に泣き出す。ツンツンしていたかと思ったら、急に弱気になって甘えてくる。怒りっぽくなった。様々な場面で、情緒不安定を感じることができます。疲れているときも情緒不安定になりますが、病んでるときはもっと頻繁に情緒不安定になります。

本人は病んでる自覚がないこともあるので、「病んでる?」と聞くのだけは絶対NG!

2.泣く回数が多い

今まで周りに涙を見せなかった彼女の泣く回数が増えたら、病んでる証拠。悲しいことがあったわけでもない。特に何かあったわけでもないのに、泣き出すときは病んでる状態です。

本人も訳がわからないまま涙が止まらなくなっています。お酒を飲んだわけでもない。仕事で嫌なことがあったわけでもない。ただ全てが嫌になる。自分の感情が処理しきれなくなった時、自然と涙が溢れてしまうのです。

3.不安になりやすい

病んでる時は、「彼氏が今どこで何してるか」「彼氏が浮気してるのではないか」「彼氏の周りの女性が怖い」など、急に不安になってしまうこともあります。普段なら「自分はそんな嫉妬とか束縛したくない」と思っていても、急に不安になり束縛してしまうことがあります。

彼氏は動揺してしまうかもしれませんが、それは彼女が病んでる証。サバサバしている女性は絶対に病まないなんてことないのです。

4.自分に自信がなくなっている

病んでる時は自分に自信がなくなっている時です。普段は自信満々に頑張れることも怖くなってしまう。「自分なんて何もできない」「私ごときが…」「私がやったところで…」「なんで私みたいな人間が生きてるの?」など、自分に自信がなくなってマイナスな発言が増えてしまいます。

自分の頭の中にあった自信も全て失ってしまって、何が正しいのか、何が間違っているのか、判断つかなくなってしまうこともあります。

5.マイナスな発言が多い

不安になったり、自分に自信がなくなるからこそ、マイナスな発言も増えます。彼氏が少し注意したら「私が悪い。私がいけない。私なんかと付き合ったから…」とどんどん負のループに持っていくこともあります。

付き合っていく上で、彼女がマイナスになりすぎると対応が大変になることもある。ですが、そんな時こそ気長に向き合ってあげましょう。

6.一人が苦手

病んでる時は、極力一人になりたくないもの。一人でいると、考え込んでもっと病んでしまうから。一人でいると、心のやり場がなくなるから。自称行為に走ってしまう可能性もあるから…

彼氏にいつも以上に会いたがるようになったり、周りの友達とばかり一緒にいるようになったら、心配してあげましょう。心が病んでる可能性があります。彼女は自覚がないことが多いので、「最近疲れてる?」と、優しい言葉をかけることがオススメです!

7.心が疲れている

心が疲れていることが、一番の特徴です。イライラしやすくなっていたり、感傷的になっている時は、心が疲れ切っている証拠。本当は明るく生きていきたいけど、自分の心が疲れているから明るく振舞うことも難しい。

そんな時は休むのが一番ですが、仕事が忙しくて休めない彼女には、彼氏が癒す時間を作ってあげましょう。ほおっておくと、日常生活にも支障をきたす場合があります。

 

心が病んでる女の子も愛しいんです。

心が病んでる女の子だって、普通の女の子と変わらない女の子。

誰だって心が疲れて病んでしまうことがある。誰にだってあることなんだから、おかしいことじゃない。

むしろ、心が病むまで頑張れた彼女を褒めてあげるべきだ。

「次からは、吐き出してね。」と言って抱きしめてあげるべきだ。

一人で抱え込みやすく、真面目で完璧主義な人ほど、自分が疲れているときに我慢をしてしまう。

いつも立派な大人で生きている彼女だからこそ、彼氏の前では甘えたい。

「本当は弱いんだ」って彼氏に言いたい。

きっと、彼女はそんなことを思ってる。

だからこそ、彼女を心の底から支えてあげませんか?

【参考記事】私たちは、頑張っても頑張らなくても、大丈夫。

頑張る私も、頑張らない私も、全て私です。

 

心が病んでる人への対応

ここからは、実際に心が病んでる人への対応について。心が病んでる彼女に対して、どのような対応を取るべきか。どうしてあげることが最適か。

実際に心が病んだことのある彼女が、彼氏にしてもらった中でも本当に救いになった対応方法を7つご紹介します。

1.一緒にいる時間を長くする

彼女が病んでいる時は、とにかく一人にしないようにしましょう。一人でいる時は考えてしまいます。全てのことをマイナスに考えやすくなっています。そのせいか、一人でいる時間が苦しくなっていくのです。

なので、一緒にいる時間をできるだけ長くしましょう。仕事終わりに早く帰宅してあげる。休日は彼女の隣にいてあげる。それだけでも、彼女の心はどんどん満たされていきます。

2.連絡はこまめに取る

病んでる状態の時は、不安になりやすくなっています。なので、連絡が返ってこないことや、電話に出ないことを、普段は流せても流せなくなってしまいます。

返信が3時間も4時間も返ってこないと「浮気してるんじゃないか」「私のことを嫌いになったのかもしれない」と思ってしまうので、できるだけ返信するようにしましょう。

さらに、返信できない時間は「今から仕事で返信遅くなるけど、終わったらすぐ連絡するね」と一通入れておいてあげるだけでも、不安要素は取り除くことができます。

3.出かけるときは「誰と・どこで・何時まで」

出かける時は、「誰と・どこで・何時まで」か伝えるようにしてあげるといいでしょう。一人になることが怖くなっていたり、不安を抱えやすくなっている状態の時は、一番大切に思っている彼氏が他の人に取られてしまうのではないかと不安を感じやすくなっています。

なので、「会社の人と職場近くで23時ごろまで飲んでくるから、24時には家に着く予定だよ」と詳しく伝えてあげるようにしましょう。

4.目に見える愛情表現をする

目に見える愛情表現をしてあげることも大切です。恥ずかしくても、「好きだよ」「愛してるよ」「大切に思ってる」「一緒にいてほしい」と伝えてあげましょう。女性は行動だけでなく言葉にしてもらわないと伝わらないことがあります。

心が病んでる時ほど、直接的な愛情表現を求めているので、行動も大切ですが言葉も大切にしましょう。なんでもない日に「いつもお疲れ様。一緒にいてくれてありがとう。」と、バラを一輪買ってプレゼントしてくれるだけでも、幸せになれるのです。

5.不安要素を一つずつ解消する

不安要素を一つずつ解消してあげることも、心が病んでる彼女にとっては嬉しいことです。

①何が原因で心が疲れてしまったのか
②今一番何がしんどいのか
③今何をしたいか

この3つを彼女に質問し、一緒に解消してあげましょう。根本から取り除くことで、不安要素も一つずつ解消されていきます。なので、心が疲れている時やしんどい時は、自分がどうしてもらえたら嬉しいかを考えながら、彼女に向き合ってあげましょう。

6.一緒にゆっくり休む

心が病んでしまった原因の多くは、日常生活の疲れが原因です。一緒にゆっくり休んであげましょう。病んでる時ほど、頑張ろうとしすぎたり、休むことに対して不安感を抱えてしまっています。

なので、その不安を取り除くためにも、一緒に休んであげましょう。休日に二人で部屋でゆっくりするだけでも、彼女の心のリセットに繋がります。

7.わかったふりをしない

自分がなんでもわかってるスタンスを取ってしまうことで、彼女を怒らせてしまうことがあります。

「大丈夫」と声をかけてもらえても、「何も大丈夫じゃないから、辛いんだ!」と思ってしまったり、「頑張れ」と言われて「私これ以上何をどう頑張ったらいいの…もう全力で頑張ったつもりなのに…」と思ってしまうことがあります。

どんどん彼女の中で自分を追い込んでしまうので、わかったふりや同情は控え、共感するようにしましょう。

 

心が病んでる人にかける言葉

心が病んでる人・心が病んでる彼女には、どう言葉を渡したらいいのか困ってしまうもの。本当に伝えたいことやアドバイスをすることで、余計追い詰めてしまうこともあります。

一番大切なのは、『正論を言わないこと』

そこでここからは、心が病んでる人・病んでる彼女にかけるといい言葉・NGワードについて7つご紹介します。

1.「一緒にいる」「俺がいる」と安心する言葉を

不安になっている状態の時は、安心できる言葉を求めています。自分でわかっていても安心できないときに、一番好きな彼氏から「一緒にいるよ」「俺がいるから安心して」と言われると、心がスッと楽になることがあるのです。

一番そばにいてくれる彼氏に認めてもらえることは、自分の全てを受け入れてくれてるようで、とても嬉しい気持ちになります。

 

2.「そうだね」「辛かったね」と共感する

同情したり、わかったふりすることは避けるべきですが、共感してあげることは大切です。「この人何もわかってくれないんだ」「この人に話しても仕方ない」と思ってしまうと、彼女は彼氏に本音を話さなくなってしまいます。

なので、彼女が辛い気持ちを抱えながら話してきた時は、「そうだね」「辛かったね」「苦しかったね」「頑張ったね」と共感しながら、肯定してあげましょう。

辛いときに否定されてしまうと、自分を全否定された気持ちになってしまうので気をつけましょう。

3.「愛してる」と愛情表現

「愛してる」と愛情表現してくれることも、とても嬉しいのです。悲観的になっているからこそ、大切な人から愛されていることに対して、いつも以上に深い喜びを感じます。

「こんな自分でも愛してくれるんだ」「こんな自分でも大切に思ってくれる人がいるんだ」と思えるだけで、幸せを感じることができます。

4.「一人で抱えなくていい」

一人で悩み込んでしまうから、病んでしまうのです。ですが、人に話すことが苦手だったり、相談することが苦手な彼女であれば、一人で抱え込むことが当たり前になってしまっています。抱え込んで心が壊れてしまっても、「まだ頑張れる」と思ってしまうこともあります。

なので、「一人で抱え込まなくていい。」「いつでも話聞くよ。」「なんでもさらけ出してほしい。嫌いになったりしないから。」と言ってもらえるだけで、彼女は嬉しい気持ちになります。

5.「俺にはお前が必要」

病んでいる時は、自暴自棄になってしまうこともあります。「この世にいなくてもいいんじゃないか」「自分が消えても誰も悲しまない」「一人で生きていきたい」「誰にも必要とされていない」「こんな人生なら死んだ方がマシ」と思ってしまうこともあるのです。

そんなときに彼氏から、「俺にはお前が必要」と言われると、自分が生きていることの価値を見いだすことができます。「私ここにいていいんだ。この人なら必要としてくれるんだ」と思えるだけで、心から幸せを感じられるのです。

6.「それは違う」と否定しない

今までの言葉とは反対に、否定されることは、病んでる人にとって一番辛いこと。「やっぱりこのままじゃダメなんだ」「私最低だ」「私に価値なんてない」と思ってしまう。

病んでるときに正論をぶつけられると、「わかってるけど辛いんだ!!」とどんどん苦しい気持ちに追い込まれてしまいます。なので、どんなに正論が正義だと思っても、病んでる人にとっては正論が正義じゃないと思うようにしましょう。

7.「頑張れ」「大丈夫」はNGワード

否定することと同様に、「頑張れ」「大丈夫」「できるよ」と言うのもNGです。

頑張っているときに「頑張れ」と言われると、追い込まれてしまいます。
大丈夫じゃないときに「大丈夫」と言われると、何もわかってないと思ってしまいます。
できなくて苦しいときに「できるよ」と言われると、無責任だなと思ってしまいます。

病んでるからこそ、言って欲しくない言葉がたくさんあるのです。その言葉を病んでる彼女にぶつけてしまうと、「もうコミュニケーション取りたくないな」と、塞ぎ込んでしまいます。なので、少しずつ様子を伺いながら会話するようにしましょう。

【参考記事】死にたくない。でも、人生には疲れた。

「死にたくない。でも人生が辛い。」生きていたくない人へ贈る11の言葉

 

心から愛している。だから支えたい。

心から愛してる彼女の心が壊れてしまった時。

心から愛してる彼女が病んでしまった時。

自分にはどうにもできないんじゃないかと思う。

でも、そばにいてくれるだけで心は温かくなる。

向き合ってくれようとしてるだけで、自分が認めてもらえているようで嬉しくなる。

幸せ、愛してる。この人を一生大事にしよう。と思える。

恋人同士は、必ずしも支え合わなきゃいけないわけじゃない。でも、お互いが支え合える関係でいられることって、どれだけ幸せなことだろう。

彼女が病んでる時こそ、寄り添ってあげませんか?

彼女が病んでる時こそ、一緒にいてあげてくれませんか?

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする