2019.09.03

わがままボディの意味&定義とは【男女別】決定的なイメージの違い!

わがままボディって可愛い?

「わがままボディ」と聞いてどのようなイメージが思い浮かぶでしょうか?「ボンキュッボン」「男性受けのする体型」色々な意見があるかと思いますが、当のわがままボディになれる可能性のある女性たちから見たイメージはどうでしょうか?

女性はいつでも可愛さと美しさを求めており、その欲望はとどまることを知りません。そんな女性たちにとって、果たしてわがままボディは「追い求めるべき美」「女子として得たい可愛さ」に当てはまるまでの意味をもつのでしょうか?大きな胸やボリュームのあるお尻は、可愛いと思われるものなのでしょうか?

今回はわがままボディの意味を踏まえた上で、女性にとってのわがままボディと男性にとってのわがままボディの印象の違いについて紹介していきます。

 

わがままボディの意味・定義・由来とは

TVやメディアなどで取り上げられてよく聞くようになったわがままボディという言葉。しかし、「わがままボディという言葉は知っているけれど、実際にはどんな体型のことを言うの?どんな意味からきたの?」と思っている人も案外多いのではないでしょうか。

まずはわがままボディとは何?というところから知っていきましょう。

わがままボディの意味

わがままボディの意味とは、雑誌に載っているグラビアモデルのような、いわゆる「ボン、キュッ、ボン」のスタイルのことを指します。

胸が大きくて腰にくびれがありお尻が上向きのセクシーな体型で、男性が理想とし、男性に好まれるスタイルがわがままボディの意味です。アニメに出てくる悪役の女性幹部のようなセクシーダイナマイトボディで、女性の象徴とも言える箇所が強調されている「女性らしい」体型という意味に、わがままボディは捉えて良いでしょう。

わがままボディの定義

わがままボディはただ肉付きがいいだけなのとは違います。バストやヒップが大きくてもウエストまで太く、そして身体がだらしなく弛んでいるような体型は、わがままボディではなくただの肥満体系です。それとは反対に、太めの体型でもウエストが細く、くびれがしっかりとあるのはわがままボディと言えます。

わがままボディは基本的に、セクシーで色気がある大人の女性の体付きを意味します。いくら胸が大きくても身体が緩み切っていては、わがままボディと定義することはできません。

わがままボディの由来

わがままボディには名前の由来がいくつかあります。まず、一つは、ヒップやバストなど各部分がわがままを言っているくらいに強く主張している、という意味です。もう一つは豊かなことを意味する「豊満」と、自由奔放でわがままということを意味する「放漫」という言葉をかけて作られた、という意味です。

一見ダジャレのようですが、こんな言葉遊びからも新しい言葉が生まれることがあるということを証明してくれますね。

 

【男女別】わがままボディの決定的なイメージの違い

わがままボディの意味や由来が分かったところで、男女別にわがままボディにどのようなイメージの違いがあるのかチェックしていきましょう。彼氏や彼女がいる人の中には、「パートナーとわがままボディのイメージや意味していたものが違った!」という経験がある人もいるのではないでしょうか。そのような事態は、実はこんな認識の違いが引き起こしていたのです。

男性のイメージ①女性らしい可愛い体型

わがままボディは男性の夢が詰まった理想の女性の体型。「わがままボディの女性」というと男性には好印象であることが多いのです。

男性は自分には無いものや、包み込んでくれるような母性を女性に求めます。そのため、目立つ豊満な胸やヒップは女性の象徴として男性を惹きつけ心を癒すのです。もちろん人それぞれ好みがあるため、「小さな胸やスレンダーな体型がいい!」という男性もいますが、わがままボディの女性は「女性らしく可愛い」と男性に思われる傾向があります。

 

女性のイメージ①太った体型

わがままボディに良いイメージがある男性に対して、当の女性の方は「太って見えてしまう」という理由から、わがままボディにマイナスイメージのある人も多いです。バストやヒップが大きいとどうしても幅を取ってしまい体型が大きく見えてしまうため、モデルなど華奢な体型を求める女性にはあまりよくないイメージが付きまといます。

さらに胸が大きいと服を選ぶ時にも、「ブラウスの前のボタンが閉まらない」などの理由でワンサイズ大きいものにしたり、気に入った服が着られなかったりする場合もあるため、女性は「わがままボディよりもスマートになりたい」と思う人も一定数いるのです。

男性のイメージ②誘惑する魅力的な体

胸やお尻が大きく、主張していると色気やセクシーさを感じるという男性はやはり多いです。洋画などでわがままボディの女性が男性を誘惑する場面などを見たことがないでしょうか?わがままボディは男性に対して、色仕掛けを仕掛けるという手段の一つとして利用されることがあります。

胸元が開いているような露出度の高い服を着ているイメージですが、首元まで隠れているなど露出度の低い服装でも、ぴったりと身体のラインが出るような服だとスタイルが強調されて、わがままボディは魅力的でよりセクシーに見えます。

女性のイメージ②豊胸してるイメージ

大きい胸と言うのは迫力があり、あまりバストがない女性にとっては憧れの象徴でしょう。しかし、実際にわがままボディの人からすると「強調されすぎていて豊胸しているように見えてしまう」と嫌がる人もいます。疑い深い男性などは、胸があまりに大きい女性に出会うと「それ豊胸?」と言ってくることもあります。

豊胸であっても自分で決めて行ったものなら恥ずかしがったり遠慮することはないのですが、わがままボディだと異性からの心無い言葉に傷ついたり、豊胸していないのにしているように見られてしまったりするのが辛い、という人もいます。

 

男性が理想とするワガママボディは無理

人間は手に入らないものに自分の理想を重ねてしまうことがあります。男性にとっての女性の身体も一緒で、わがままボディは男性にとっての夢なのです。

夢は夢として割り切り、現実を見てくれればいいのですが、時には自分の理想とするわがままボディを現実の女性に求めてくることがあります。バストは大きくて柔らかく、ヒップはぷりっとして上あがり、でもウエストはキュッと締まっている…そのような身体になるのは相当の努力が必要ですし、また元々の体質でそうはなれない女性もいます。そのため、男性が理想とするようなわがままボディの女性は実際にはほとんどいない、と言って良いでしょう。

アニメや漫画にでてくるようなわがままボディは二次元のもの。現実にもってくるのは、実質不可能と言えるのです。

 

わがままボディになりたくない女性心理

男性人気抜群のわがままボディですが、女性の中には「わがままボディになりたくない!」という人もいることをご存知ですか?女性の象徴であるバストやヒップを主張できるわがままボディ。そんなわがままボディなのに何故なりたくないのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

スタイル良く見えない

わがままボディはスタイルがよく見えず、太って見えると思っている女性が多いのです。確かにAラインのワンピースなどを着る際、バストが大きいと胸の下をベルトで引き締めるなどしないと胸の分だけ布が盛り上がってしまい、ウエスト周りまで太く見えてしまいます。ゆったりした服を着こなすのはなかなか大変そうです。

また、雑誌のモデルやショーモデルなどはスラっとしたスマートな人が多いため、「スタイルがいい=痩せている」と捉えられている傾向にあり、女子の目から見ればボンキュッボンのわがままボディスタイルは決してスタイルが良い、とは言えないようです。

周りの友達より細くなりたい

女性が自分の体型に対して求めるのは「わがままボディになりたい」ではなく「痩せたい」という気持ちの方がやはり多く、その理由の一つに「周りの友達より細くて綺麗になりたい」という心理があります。

家族以外で身近にいる同性はやはり友達です。人間は周りにいる人たちと自分のことをどうしても比べてしまいがちです。そのため、自分の周りにいる同性よりも、自分の方が綺麗になりたいと思い、自分がわがままボディであったとしても自分よりも痩せている子がいたら、「悔しい、羨ましい」と思ってしまうのです。

男性がいくらわがままボディを好んでも、女性達はそれよりも周りの友達に勝つことを選ぶのです。

男性にモテるために太りたくない!

痩せることと同じように、わがままボディになるために胸を大きくしたり、お尻を大きくするためにも努力が必要です。そして胸やお尻はいわゆる脂肪でできているため、結局のところ太らないと大きくできません。

太るのにはカロリーが必要。たくさん食事をし、胸やお尻だけが大きくなるだけなら良いのですが、同時に太ももや腰回りなど太りたくないところにまで肉がついてしまえばそれは、わがままボディではなくただの太っている人になってしまいます。そのようなリスクを背負ってまで、「男性にモテるためにわがままボディになりたい!」と思う人は実際は少ないのです。

モデル体型の方が憧れる

ファッションショーや雑誌などで美しく輝くモデルたち。身に着ける洋服やアクセサリーを一番魅力的に見せるためのモデル体型は、自分を美しくみせたい女性達には憧れの体系です。

そのため、わがままボディよりもすらっとした手足や、メリハリがあるけれども細身の身体であるモデル体型の方を手に入れたいという女性は多いです。男性に好かれる身体もいいけれど、自分が納得できる自分好みの身体を手に入れたいと願う女性は、無理にわがままボディを目指す必要はないと考えるのです。

 

 

わがままボディが好きな男性心理

「わがままボディ」という言葉自体、女性向けのメディアよりも男性向けのメディアでよく使われる傾向にあります。そのためか、やはりわがままボディには女性よりも男性を惹きつける魅力があるのです。ではなぜ男性はわがままボディを好むのか、その点に着目していきましょう。

程よい体型が好き

女性の好みがさまざまなように、男性の好みも人によってさまざまです。そのため、もちろんではありませんが、男性に女性の好みの体型を聞くと「程よい体型が好き」と返ってくることがあります。「程よい体型って何?」と女性としては悩んでしまいますがこれは痩せすぎでも太りすぎでもない、「程よい肉付きがある体型」を指します。

男性は女性に優しさや母性を求めるため、「包み込んでくれるような柔らかい身体」であるわがままボディに好印象を持つのです。そのため、抱きしめた時に痩せているよりも、クッションのように柔らかく癒されるわがままボディに惹かれる傾向にあるのです。

女性として魅力を感じる

女性特有の豊かなバストやヒップは男性には無いものです。そのため、女性の象徴として男性はしばしばわがままボディのような大きな胸やお尻を想像します。漫画やアニメなどで、あり得ないような大きさの胸やお尻のキャラクターを見たことがあるでしょうが、あれらは女性であることを強調するものであり、男性の憧れを具現化した姿とも言えます。

そのため、ついつい目がいってしまうほどの胸やお尻をもつわがままボディには、女性としての魅力を感じるという男性が多いのです。服を着ると膨らみがあるのか分からなくなってしまうような小さなバストだと、女性としての魅力を感じない、という男性も中にはいます。

痩せてる人よりテンションが上がる

男性と女性の間では、体型の捉え方に違いがあります。そのため、女性が理想としているモデル体型を、「痩せすぎ」と捉えてしまう男性もいるのです。ふんわりとしていて柔らかそうな身体が好きな男性にとって、ほっそりとしたモデル体型は女性らしさを感じられず、テンションが上がらないのです。

そのため、凹凸のはっきりしているわがままボディは痩せている人よりも魅力的に見え、「わがままボディの女性を見るとテンションが上がる!」という男性も多くいます。

 

自分がなりたい体型になろう!

わがままボディの意味や印象を踏まえると、「男性から受けが良いけれども、女性が理想とする体型ではない」という印象を受けます。モデルのようにすらっとした体型になりたい女性にとっては、もしその女性がわがままボディを持っていても「こんな体型は嫌だ、もっと痩せたい」と思うことでしょう。逆に痩せ型ですらっとしていても男性にモテたい願望の強い女性は「メリハリのあるわがままボディになりたい」と思うかもしれません。

自分の人生を歩むのは自分です。そして、自分の人生を歩むには自分の身体は必要不可欠なもの。周りからの評判が良くても自分が気に入っている体型でなければ、人生は楽しくなくなってしまいます。周りの意見に流されることなく、自分がなりたい体型を目指しましょう。

理想の体型で毎日を歩むことができれば、どんな身体であっても胸を張って生きていけるはずです。

 

meino
meino
好きなものを好きだと言い続けたい、永遠のサブカル女子。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする