2019.08.24

勘違い男の特徴15選|勘違い男の痛いLINE大放出してみた!

男性の勘違いは女性に引かれる。

勘違いしている男が多すぎる。

「女はこう思っているだろう」「俺はその辺の男よりかっこいいだろう」「女はみんな俺に惚れる」「俺はモテるんだ」そんな勘違いをしている男性に、女性は「何言ってるんだろう」「なんかイライラする」と思っています。

勘違い男の悲しいところは、そう思われていることにも気づかないところ。女性も勘違い男に悟ってもらえるように、さりげなく「無理」と伝えていても、「あの子は俺のことが好きなんだろう」と思ってしまっている。そんな負のループを繰り返すせいで、勘違い男性は嫌われるようになったのです。

そこで今回は、勘違い男の特徴と勘違い男が送りがちな痛いLINEをご紹介します。あなたは痛い勘違い男になってませんか?

勘違い男の特徴15選

まずは、勘違い男の特徴についてご紹介します。勘違い男は、なぜ周りに「勘違い男」だと思われているのか、ここで紹介する15の特徴をチェックしてみてください。

1.プライドが高い

勘違い男の特徴1つ目は、プライドが高いことです。プライドが高い男性は、勘違い男の可能性があります。勘違い男は、基本的に自分を常に過大評価しているため、周りからプライドが高く取っ付きにくいと思われているのです。

勘違い男のめんどくさいところは、ただプライドが高いだけでなく、「俺はこのレベルだけど、底辺の人とも仲良くするよ」的なスタンスを周りに見せているところ。ただプライドが高い男性よりも圧倒的に関わりづらいのです。

2.めんどくさい

勘違い男の特徴2つ目は、めんどくさいところです。LINEをしていてもめんどくさい、急に電話かけてくるところがめんどくさい、会っている時もイライラするような発言をされてめんどくさい。とにかく、めんどくさいと思われてしまいやすいのです。

勘違いしていない人よりも空気が読めず、相手の気持ちを察することをできないのが特徴の一つ。相手の気持ちよりも自分の気持ちや自分の感情を優先してしまうため、周りの友達にめんどくさいと思われてしまうのです。

3.人をイライラさせる

勘違い男の特徴3つ目は、人をイライラさせるところです。話している時に相手の嫌なところを突いてしまったり、冗談のように周りの人をディスってイライラさせてしまうことがあります。相手が嫌がっていることになかなか気づけなかったり、相手がイライラしていることにも気づかないことがあります。

4.女性心理をわかっていない

勘違い男の特徴4つ目は、女性心理をわかっていないところです。デリカシーがなく、女性が言われて嫌なことを普通に言ってしまったり、女性が嫌がる行動を繰り返すことがあります。そのせいで、女性からは「何もわかってない」「なんでこんな人なんだろう」「なんでこの人は…」と呆れられてしまうのです。女性心理を理解するだけで、彼女や女友達とも関わりやすくなるでしょう。

5.自己中心的

勘違い男の特徴5つ目は、自己中心的なところです。勘違い男は、いつでも自分優先。周りを見れず、いつも主観的で自己中心的な態度が周りをイライラさせてしまったり、「この人痛いな」と思わせてしまうのです。

いつも自分が正しいと思っていたり、自分が一番だと思っている性格から周りに嫌な印象を与えてしまいます。自分の間違いを認められず、自分が間違ったことを言っていても、周囲の言葉に耳を貸すことができず、逆ギレしてしまうこともあるのです。

6.自分を過信している

勘違い男の特徴6つ目は、自分を過信しているところです。「俺はすごいんだ」「俺はこのレベルの人間だ」「俺は誰よりもかっこいいんだ」など、自分を過信してしまうことがあります。ですが、本人は過信しているつもりがないため、周りの人が注意しても耳を貸すことができません。自分を過大評価し、周囲にめんどくさいと思わせてしまうこともあるのです。

 

7.告白もしてないのに振ってくる

勘違い男の特徴7つ目は、告白もしてないのに振ってくることです。女性心理を全くわかっていないため、女性がお世辞で「かっこいい」「優しいね」「彼女いるの?」などの発言をすると、「いや、ごめん!俺、お前とは付き合えないよ?」と言ってくることがあります。

女性は「は?」「この人マジで何言ってるの?」と思ってしまいますが、女性の顔が引きつっていても空気読めないため、気づけないのです。

8.距離感が近い

勘違い男の特徴8つ目は、距離感が近いことです。女性が嫌がっていても、その距離感の近さに気づけないことがあります。初対面の女性にいきなり肩を抱いたり、手を繋いできたり、抱きついてくることがあり、女性は動揺したり「やめてほしい」と思っていても、女性が喜んでいると勘違いしてしまうことがあるのです。

9.自分をかっこいいと思ってる

勘違い男の特徴9つ目は、自分をかっこいいと思ってることです。周りの男性よりも自分の方がかっこいいと思っていたり、話題のイケメン俳優よりも自分をかっこいいと思っていることがあります。

女性から見たら「この人何言ってるの?」「この人、全然かっこよくないけどな」「どこをどう見たら自分をイケメンだと勘違いできるんだろう」と思っていても、勘違いしている本人は気づけないのです。

10.勝手に「彼女」と周りに紹介する

勘違い男の特徴10個目は、勝手に「彼女」と周りに紹介することです。仲のいい女友達のことを「こいつ、俺の彼女」とふざけて紹介したり、勝手に付き合っていると勘違いして「俺の彼女なんだ」と紹介することがあります。女性側が全く付き合っている気がなくても、勝手に付き合っていると勘違いしていることがあるのです。

11.浮気する男がかっこいいと思ってる

勘違い男の特徴11個目は、浮気する男がかっこいいと思ってることです。「浮気って、バレなきゃいいと思うんだよね」「浮気できるってことは、モテるってことじゃん」「浮気がバレる男はかっこ悪いよね」「浮気に気づけない彼女も彼女でしょ」なんて発言をするため、女性に嫌われてしまいます。浮気する男は全くかっこよくないですが、勘違い男は浮気する男をかっこいいと思っているのです。

12.人のスケジュールを気にしない

勘違い男の特徴12個目は、人のスケジュールを気にしないことです。友達のスケジュールを気にせずに「今から来て」「今どこ?早く遊ぼうよ」「俺、明日暇だから明日ね」などの発言をします。なので、周りの友人から「この人は自分が良ければそれでいいんだな」と思われてしまうのです。

13.勝手に説教してくる

勘違い男の特徴13個目は、勝手に説教してくることです。勝手に勘違いして、勝手に説教してきます。自分を過大評価しているため、自分は尊敬されるべき人だと思っています。なので周りの友達が弱気な発言をすると、「そういうこと繰り返してるからいけないんだよ。俺みたいに〜」と勝手に説教を始めてしまうため、周りからも相談されることがなくなってしまうのです。

14.全て口だけ

勘違い男の特徴14個目は、全て口だけで行動できないことです。全て口だけで行動に移すことができないため、周囲からも「この人はいつまでたってもやらないな」と思われてしまう。口では大きいことを言うので、最初のうちは「この人はすごいんだろうな」「この人、尊敬できるな!」と思えるのですが、時間が経つにつれて、全て口だけだとわかってしまうのです。

15.マウント取る・自慢する

勘違い男の特徴15個目は、マウントを取ったり、自慢することです。友人から相談された時も、アドバイスしてるようで自分の自慢話を始めます。周囲の友人が何か功績を残した時も、「いや、俺の方が〜」と言い始めてマウントを取ったり、言わなくていいことまで言ってしまうのです。

マウントを取ることも、自分を過信していることも、プライドが高いことも全て、自分の自信のなさが根本にあるからこその行動。

 

勘違い男の痛いLINE大放出してみた!

ここからは、勘違い男の痛いLINEを実際に公開します。どんな男性が勘違い男と言われてしまうのか…チェックしてみて!

自分が好かれていると勘違いする男

全然好きでもなんでもないのに、勝手に自分が好かれていると勘違いし、勝手に振って来る勘違い男。女性からしたら、「なんで私、好きでもない人に振られてるの?」と思いキレますが、勘違い男は何も気づいてないため、振られたことに逆ギレされたと思ってしまうのです。

全然めげない勘違い男

絶対好きじゃないのにも関わらず、「俺のことが好きなんだろう」と勘違いしてしまう男。さらに、全然めげないため、「相談乗るよ」「俺が一番理解してあげられるよ」と言ってきます。女性側の温度感を感じ取ることができず、勘違いを繰り返してしまいます。

自分が彼氏だと勘違いしてる男

「付き合おう」なんて言葉もなく、付き合った覚えもないのに、勝手に彼氏だと思い込んで詰めてきたり、怒ってくることがあります。全然好きでもない男性に、キレられると女性も「何を言われているんだろう…」と思ってしまいます。ですが、そんな女性に対して自分が裏切られたと勘違いしてしまいます。

 

痛い男性の勘違いは腹が立つ!!

今回は、痛い勘違いをしてしまう男性についてご紹介しました。痛い男性の勘違いは、女性もイライラしますし、周囲の男友達もイライラしてしまいます。なかなか周りの声に耳を傾けることができないので、周りの人も呆れてしまうのです。なので、勘違いしすぎには注意しましょう。そして周りの人は、少し距離を置きながら接するようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする