2019.08.23

好きな人と理想的なLINE頻度は?毎日ドキッとさせるライン内容&テク

好きな人にLINEしてもいい?

好きな人とはできるだけ連絡を取っていたい。相手のことをもっと知りたいし、自分のことも知ってほしい。会わない時間も関わっていたい。好きな人とは、気軽にLINEもできるようになりたいんです。でも、「自分からLINE送っていいのかな?」「迷惑じゃないかな?」と、いつも不安になってしまう。

そこで今回は、好きな人との理想的なLINEの頻度や、長続きさせるLINEのテクニックをご紹介!さらにLINEのネタに困った時に使える仲が深まるLINEの話題もご提案します。

片思いから両想いに…一緒にいいない時間も記憶に残して?

 

【参考記事】恋してる時の女の子ってありえないほど可愛いじゃん。自分でも自信あるもん。

恋してる時LINEの音だけで2mは飛び上がれる

 

好きな人と理想的なLINE(ライン)頻度は?

まずは好きな人との理想的なLINE(ライン)の頻度をご紹介。

好きな人とは、毎日連絡取れるのが理想的。ですが、24時間ずっと連絡を取るわけではなく、「おはよう」から始まり「おやすみ」までの間に、10通ずつ送れるくらいが理想的です。

毎日毎日何度も連絡してしまうと、「めんどくさいな」と思われてしまうことがあります。好きな人が面倒臭がりでサバサバしたタイプの人の場合は、LINEの頻度も考えながら送りましょう。

毎日連絡取れることは理想的ですが、一気に仲を深めすぎると、冷めやすくなってしまいます。自分からばかり送るのではなく、少し待ってみることも大切。毎日LINEしている中で、たまに丸一日返信しないと相手も「あれ?今日は連絡こないな」と気にするようになります。そんな駆け引きも、恋愛においては大切なのです◎

 

毎日好きな人をドキッとさせるLINEの内容伝授!

ここからは、毎日好きな人とLINEをしていく中で、相手をドキッとさせるLINEの内容とテクニックを伝授します!

1.「好きな人いるの?」

 

girl

好きな人いるの?

 

直球に好きな人がいるのかどうか聞いてみましょう。この時のポイントは、なんの脈絡もなく聞くことです。相手に「急にどうしたの?」と思わせることが大切です。恋愛の話をしている中で「好きな人いるの?」と聞くより、好きな人の脳裏に残りやすく、疑問を持ちやすくなります。「突然どうしたの?」と聞かれたら、「ううん、なんでもない。でも気になって…」と言うと、自分の好意を匂わせ含ませることができます。

2.「〇〇に行きたい」ではなく「一緒に〇〇行きたい」

 

girl

一緒に花火を見に行きたい

 

自分から誘うときは、「花火を見に行きたい」より「一緒に花火を見に行きたい」と誘うこと。誘うときは、必ず『一緒に』をつけるようにしましょう。何気ないテクニックですが、男性には響くことがあります。どこかデートに誘うときは、一緒に行きたいと言うようにしましょう。

3.文面でも名前を呼ぶ

 

girl

〇〇くんは何が好き?

 

文面でも名前を呼ぶことで、二人だけの空間を作りやすいのです。なので、文面でもしっかり名前を呼ぶようにしましょう。もっと距離を縮めたいけどなかなか下の名前で呼べなかったり、呼び捨てにできないときは、LINEで呼び捨てに変えるところから始めると◎LINEの中でも急に呼び方が変わったら、好きな人も反応します。

4.秘密の共有をする

 

girl

〇〇君しか相談できなくて…聞いてもらってもいい?

 

LINEで秘密の共有をしましょう。自分が他の人に言えないことを、好きだから相談する。「やっぱり誰よりも話しやすい」「やっぱり誰よりもわかってくれるから」「〇〇君、優しくて聞き上手だから…」「〇〇君には、なんでも話せちゃうんだよね」と、相談の後に付け加えるようにしましょう。

頼られて嫌な男性はいません。ですが反対に、毎回LINEで相談ばかりしていると、「めんどくさい」と思われてしまうこともあるので、月に1回以上相談しないようにするのがベストです。

5.SNSに載せない画像を送る

 

girl

ねえ、見て!!旅行に来たの。

 

SNSに載せない写真の中でも、今日食べたご飯の写真や、どうでもいい写真をLINEで送っても、効果はありません。SNSでは発信していないけれど、小旅行したときに風景の写真や食事の写真を送るのが効果的。『みんな知らないけど、俺だけが知ってるあの子の日常』に意味があるのです。

6.誘うときはストレートに

 

girl

今度の日曜日、私とデートしない?

 

誘うときはストレートに言いましょう。変化球を投げても好きな人が鈍感だった場合気づいてくれません。LINEでデートに誘うときは、しっかりと「私とデートしない?」「私とデートしよう」と言いましょう。好きな人に好意を気づかせることもテクニックの一つなのです。

7.仕事終わりに「お疲れ様」

 

girl

今日もお疲れ様。ゆっくり休んでね。

 

仕事終わりの時間にLINEが来たら、「今日もお疲れ様」と言いましょう。女性は癒しの存在になることが最強。好きな人の癒しポジションになりましょう。普段サバサバしていて癒すタイプじゃなくてもいいのです。好きな人があなたに対して「疲れると会いたくなるな」「疲れたら連絡したくなる」と思うようになったら勝ち!!

【参考記事】「疲れてるから会えない。」じゃなくて「疲れてるから会いたい」
https://dariame.jp/2018/11/06/post-3245/

8.寂しいフリをする「もう寝ちゃうの?」

 

girl

もう寝ちゃうの?

 

女性にはか弱さが必要。「もっと連絡取っていたかった」「まだLINEしてたい」「寝る前に少しだけ声が聞きたい」「今日はなんだか心細い」「なんか…寂しいの…」と、か弱くて可愛いと思わせるLINEを突然送ることは難しい。なのでこの文章を送る前に、「もう寝ちゃうの?」と送りましょう。

相手は必ず「どうした?」「ダメ?」「なんかあった?」といった内容を送って来ます。なので、そのLINEの返信として「なんか…寂しいの…」と送ったり、「寝る前に少しだけ声が聞きたい」と言ってみましょう。100%効果的です。

 

長続きするLINEのテク!

ここからは、先ほどのドキッとさせるテクニックを踏まえて、長続きするLINEのテクニックについてご紹介します!好きな人とのラインは長続きすることが絶対条件!

好きな人もあなたのことを気になっていたら、どんな内容でも長続きしますが、振り向かせるためにはテクニックが必要なのです!そこで、5つピックアップして徹底解説します!

1.鉄板「?」疑問形

 

girl

今何してるの?

 

「今何してるの?」「今どこにいるの?」「休日は何してるの?」「どんな音楽が好き?」「どんな映画が好き?」「いつもどこで飲んでるの?」など、様々な質問があります。距離を縮めることや、仲を深めることで重要なのは、自分をよく知ってもらうだけでなく、相手をよく知ること。鉄板ですが、LINEでの疑問形はいつの時代も強いのです。

2.寝る直前のLINEは返さない

 

girl

ごめん、昨日寝ちゃってた。おはよう!

 

ある一定数の時間を超えたら、返信は次の日に先送りしましょう。次の日の朝に「寝ちゃってた」って送ることで、次の日もLINEを続けることができます。好きな人とのLINEを長続きさせるためには、途切れるような終わり方をしないようにしましょう。

ある程度仲が深まってくると、「おやすみ」と送りあっても、次の日「おはよう」と送りやすいですが、まだ日が浅いときは、「おやすみ」と言われる前に寝ちゃっていたフリをすることが大切なのです。

3.温度感・頻度は相手に合わせる

 

man

好きな人

そうなんだ!!俺も、そのアーティスト好きだよ!!

 

girl

本当!?奇遇だね!今度一緒にライブ行こう!!

 

など、相手の「!」の数や、文脈やテンションを読み取って、相手の温度感に合わせてLINEの返信をしましょう。好きな人のテンションが上がっているときは、自分も上げる。好きな人が疲れていて素っ気なかったら、自分も同じ温度に下げる。

LINEの頻度も、相手が1時間おきに連絡してくるなら、自分も1時間おきに返信しましょう。すぐ返信が来るときは、すぐ返信をしましょう。できるだけ、好きな人の頻度に合わせると、好きな人は自然と「この人には気を使わなくてよくて楽だな」と感じるようになります。

4.短文で送り合う

 

man

好きな人

会う?

 

girl

うん、会う。

 

毎回のLINEで、3行以上の長さが永遠に続いてしまうと、好きな人は返信するのが面倒になってしまいます。なので、短文であることが大切。あまり長々と話すのではなく、自分の思いを簡潔に伝えることや、まずは自分が気を使わないことが大切なのです。

5.デートに誘う

 

girl

今度〇〇君と一緒にここに行きたいんだけど、デートしない?

 

ドキッとさせる方法でもご紹介した、名前を呼ぶこと・「一緒に」を使うこと・デートはストレートに伝えることを全て駆使して、LINEでデートに誘いましょう。全て決めて提案するのではなく、日程や詳しい場所や、どこでご飯を食べるかなど、二人でダラダラ決めるのもデートのよさ。デートに誘うときは、デートに行くまでのLINEが長く続くように送りましょう。

【参考記事】デートは女性から誘っていいんです!!

成功するデートの誘い方|女性が好きな人を食事に誘う方法&LINEの送り方

 

恋愛で仲が深まるLINEの話題

最後に恋愛で、好きな人と仲が深まるLINEの話題を5つピックアップしてご紹介します!理想は、ネタを用意しなくてもLINEが続くようになること。それを目標に頑張りましょう!

1.お互いの趣味の話

まずはお互いの趣味の話から始めてみましょう。音楽が好き、映画が好き、アートが好き、スポーツが好きなど、様々な趣味の中で共通点を見つけるとデートにも誘いやすくなります。お互いの共通点を見つけ合うことは仲が深まるポイントの一つ。まずは、相手の趣味嗜好を知って、自分の趣味嗜好も知ってもらえるようにしましょう。

2.どんな異性が好きか

好きな人に直接聞きづらくても、LINEでは聞きやすい恋愛の話。どんな異性が好きか聞きながら、過去の恋愛も聞いてみましょう。「今好きな人いるの?」「どんな人が好き?」「どんな彼女が理想的?」「今までの彼女とは、なんで別れちゃったの?」など、相手の恋愛の価値観を知ることで、自分と噛み合うか確かめることができます。

3.休日の過ごし方

休日の過ごし方も共通点を見つけやすいポイントでもあります。相手の休日の過ごし方を聞くことで、「今週の休みは何してる?」と、デートにも誘いやすくなります。なので、休日の過ごし方を聞きながら、軽く誘ってみましょう。LINEで仲を深めることも大切ですが、やっぱり直接会った方が距離が縮まりやすい。なので、軽く誘える状況も作りましょう。

4.好きな食べ物の話

好きな食べ物の話は、ご飯に誘うためのネタです。「好きな食べ物は?」「魚?お肉?」「お酒飲む?」と食事の話題を広げたところで、「ここのお店美味しいんだけど、一緒に行かない?」と誘ってみましょう。好きな人をなかなか誘うことができない人は、LINEのやりとりの中でさらっと誘い出してみてください。

5.仕事の話

LINEで仕事の話をすることも、とても大切。相手がいつ疲れていて、どんなことに悩んでいるのか、寄り添ってあげることができたら、好きな人にもう一歩近づくことができます。癒しの存在になることも恋愛においてとても大切なのです。恋愛のドキドキは後からついてくるもの。人は突然ドキドキするのではなく、気になってからドキドキします。まずは気になる存在になることが重要なのです。

 

片思いから両思いに、一緒にいない時間も記憶に残して。

片思いから両思いになることは簡単なようで難しい。好きな人を振り向かせる魔法があるなら今すぐ手に入れたいくらい。

いつだって女の子は、恋をする。好きな人には近づきたいし、好きな人とはLINEしていたい。欲を言えば、電話もしたいし、毎日会いたい。理由を作らずに「今から会おう」って言えるようになりたい。

好きな人と会うことに、口実なんていらない関係が理想。

いつも自分らしくいたいけれど、本気で恋をしたから。毎日がキラキラ見えてしまったから。好きな人が今日も笑っているから。私は、ドキドキしてしまう。

今日も好きな人とLINEがしたい。今日も好きな人からのLINEを待っていたい。そしていつか、好きな人と両思いになると信じて…

一緒にいない時間も私を記憶に残して?

 

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする