2019.08.19

話しやすい人・話しにくい人の違い|話しかけやすい雰囲気を出すには?

【目次】

もっと人と上手に関わりたい
「話しづらい人だと思われたくない」
話しやすい人・話しにくい人特徴の違い
相談しやすい人を真似しよう
話しかけやすい雰囲気を出す方法7選
話しやすい人オーラを出していこう!

 

もっと人と上手に関わりたい

人と上手に関われないことで悩んでいる。もっと人と上手に関われたら、きっと見える世界は変わるだろう。友達も増えて、仕事も円滑に回る。恋人ともうまくやっていけるだろう。でも、全ての人が話しかけやすいオーラを放っているわけではない。もっと、自分の壁を薄くできたら、人と上手に関われたら…

そう悩んでいる方に向けて今回は、話しやすい人・話しにくい人特徴の違いをご紹介します。さらに、話しかけやすい雰囲気を出す方法も徹底解説!どうしてあの人は、あんなに人に愛されるの?

 

「話しづらい人だと思われたくない」

周りに話しづらい人だと思われたくない。「壁を感じる」なんて言われたくない。でも、何をするのが正解なのかわからない。自分らしくもっと人と関わりたい。たくさんの人とコミュニケーションを取れるようになりたい。話しづらいと思われることで、人を遠ざけたくないんだ。

話しやすい人は周りに愛されている。毎日笑顔で、挨拶するだけで周りの人を笑顔にさせる。自分もそんな話しやすい人になりたい。周りの人を元気にするような、そんな人になってみたい。

 

話しやすい人と話しにくい人特徴の違い

話しやすい人に対して壁を感じることはありません。ですが、話しにくいい人には見えない壁を感じてしまう。そこでまずは、話しやすい人と話しにくい人の特徴の違いをご紹介します。話しやすい人の特徴と見比べることで、自分の改善点が見えてきます。

話しやすい人:常に笑顔

話しやすい人は、常に笑顔でいることを心がけています。歯を見せてしっかりと笑うことで、会話する相手の心を掴みます。人とコミュニケーションとることが苦手な相手でも、気づいたら自然と笑っている。そんな状況を作り出すことができるのです。

話しかけやすい雰囲気があり、明るいオーラを発しています。常に笑顔でいることは、その場を和ます効果があるのです。

話しにくい人:笑うのが苦手

話しにくい人は、笑うことが苦手です。会話している時も無表情。リアクションもなく、常にポーカーフェイス。無表情で会話をしていると相手は「この人楽しくないのかな?」「今話しかけないほうが良かったのかな?」と思ってしまいます。相手にそう思わせてしまうと、もう話しかけてきてくれないことがあります。

なので、会話をするときは話しやすい人の真似をして笑顔を心がけましょう。最初はぎこちなくてもいいのです。まずは微笑みかけてみましょう。

話しやすい人:自分から話しかける

話しやすい人は、自分から話しかけることに慣れています。初対面の相手でも笑顔で接し、「おはようございます」「初めまして」「こんにちは」など、話の入り口から相手の心を掴みます。第一印象は最初の3~5秒で決まると言われています。

なので、自分から話しかける時も笑顔でいることを心がけているのです。そして次第に自然と笑顔が出てくるようになったのです。

話しにくい人:自分から話しかけられない

自分から話しかけることが苦手な人は、相手に話しにくい印象を与えてしまいます。大勢が集まる場でも、端っこで下を向いていたら、「今は話しかけないほうがいいんだな」と相手に思わせてしまいます。緊張すると相手に伝わってしまい、相手も緊張させてしまいます。なのでまずは、話しやすい人や職場の人に自分から話しかける練習をしてみましょう。

さらに、緊張することに慣れるのも大切です。心拍数が上がった状態に自分が慣れておくと、緊張しても言葉がこもったり、笑顔が引きつることがなくなります。

【参考記事】コミュ症で悩んでいませんか?

【コミュ症必見!】コミュ症の特徴や原因とは?人見知りの治し方7選

話しやすい人:友達が多い

話しやすい人は友達が多い傾向にあります。自分から話しかけることにも慣れていて、話しかけやすいオーラもあるので自然と周りに人が寄ってくるのです。友達が多くなればなるほど広く浅く付き合っているように見えますが、人と会話することが好きな人は、一人一人の友達を大切にします。その大切にする気持ちがあるからこそ、周りの人にも愛されているのです。

話しにくい人:友達が少ない

話しにくい人は友達が少ない傾向にあります。友達が少ないことは全く悪いことではありません。少人数精鋭で、深く付き合っていける友達だけいることも素敵なことです。悩みを話しやすい友達、趣味が合う友達、仕事が一緒の友達、幼少期からの友達。少人数でも、自分が一緒にいて楽しいと思えることが大切です。

話しやすい人のように友達がたくさん欲しいと思っているのであれば、たくさんの人に話しかけられるようになってみましょう。

話しやすい人:オーラが明るい

話しやすい人はオーラが明るいのです。これは笑顔が多く、周りの人も笑顔にするから。明るいオーラの人の方が話しかけやすいのです。誰だって「嫌われたらどうしよう」「嫌がられたらどうしよう」「苦手なタイプだと思われたらどうしよう」と不安な気持ちを持って生きています。なので、誰にでも平等に接し、明るいオーラの人に話しかけようと思えるのです。

話しにくい人:オーラが暗い

話しにくい人は独特な暗いオーラを持っています。自分の世界観を持っている人は暗いオーラが出やすい傾向にあります。これも全く悪いことではありません。ですが、初対面のコミュニケーションだけで見ると、話しやすい人に比べてマイナスになってしまう場合があります。話しかけやすい雰囲気を出すだけで、周りに人が寄ってきやすくなります。

話しやすい人:相談しやすい

話しやすい人は相談しやすいことにも直結します。話しやすい人は周りから、「この人なら聞いてくれそう」「この人聞き上手そう」「この人なら相談しても答えてくれそう」と思われています。相談しやすい人は聞き流すこともうまいのです。悪口や、恋人への不満、愚痴という名の自慢話。様々な興味のない話はうまく相槌を打って聞き流します。こうして肩の力を抜いて話を聞くからこそ、周りに話しやすいと思われるのです。

話しにくい人:相談できない

話しにくい人は周りから「人に興味なさそう」「相談したら面倒臭いと思われそう」と思われていることがあります。人と関わることが苦手な人の多くは、話しかけられた時に期待に応えなければならないと思っています。

ですが相談された時、的確な答えが出せなくても、相談に対して結論が出せなくてもいいのです。自分が「期待に応えなければならない」と思っている空気感は相手の人に伝わってしまいます。もっと肩の力を抜いて人と関わってみるといいでしょう。

 

相談しやすい人を真似しよう

相談しやすい人や、話しやすい人、話しかけやすい雰囲気を出している人の真似をするところから始めてみましょう。人に興味を持つことが何より大切です。人と関わることが好きな人は人間観察が好きで、たくさんの人を見ています。

話しやすいと思われる人は、空気を読むことが上手いのです。まずはそんな人の人間観察を行なって、「なぜあの人は愛されているのか」「なぜあの人は周りに話しやすい人だと思われているのか」を研究してみましょう。

自分ががむしゃらに変わろうと思っても、どうなりたいか見えないと変わることができません。なので、自分の目標とする人を決めて、その人の仕草や行動や表情を真似してみましょう。

 

話しかけやすい雰囲気を出す方法7選

ここまで、話しやすい人と話しにくい人の特徴の違いについてご紹介してきました。話しやすい人はどうして柔らかい雰囲気が出ているのか知れたと思います。そこでここからは、話しかけやすい雰囲気を出す方法についてご紹介します。

1.誰にでも平等に接する

話しやすい人は、誰にでも平等に接します。男性が女性にだけ贔屓したり、女性が男性にだけ媚びを売るなんてことよくありますよね。ですが、話しやすい人は、男女を不平等に扱ったり、上司と部下の前で態度を大きく変えたりすることなく、誰にでも平等に優しく接します。

話しかけやすい雰囲気はそんなところから出ているのです。あまり気負いせず誰にでもフラットに接することで、話しやすい人に一歩近づくことができます。

2.笑顔を増やし、素直になる

笑顔を増やし素直になることで、話しやすい人の仲間入りができます!普段あまり笑わない人は、笑顔を作ることが苦手。ですが、練習しなくても本当に楽しい時や嬉しい時は笑顔になっているはず。なので、会話することを「楽しい」と感じるようにしましょう。

そして素直になることもとても大切です。話しやすい人は自分の気持ちに嘘つくことなく、素直に人と会話することができます。まずは、自分が心を開きましょう。

3.表情を豊かにする

表情を豊かにすることも、話しかけやすい雰囲気を出す方法の一つです。話しやすい人は、人と話している時に驚いたら目を見開き、楽しい時は歯を見せて笑い、相手が悲しい時は眉毛をはの字にし、相手が怒っている時は眉間にしわを寄せて同情します。このように話しやすい人は表情豊かなので、相手も気持ちよく会話できるのです。

4.肩の力を抜いてリラックスする

緊張してしまうと、会話相手も緊張してしまいます。顔がこわばっていたり、目を合わせないと相手は話していて不安になります。なのでまずは肩の力を抜いて大きく深呼吸しましょう。緊張になれる努力もしましょう。心拍数を上げる運動をしたりすることで、自分の体は心臓がドキドキすることに慣れていきます。慣れていくと、緊張しても普段と変わらない状態を保つことができるのです。

5.相手の行動や仕草に合わせる

相手の行動や仕草に合わせてみましょう。話しやすい人は相手の心を開くことがとても上手いのです。会話相手と同じタイミングでグラスを持ったり、口を拭いたり、頭を触ることで、相手は「この人とは気が合うな」と自然に感じます。

恋愛でもよく聞く『ミラーの法則』日常的な会話や、コミュニケーションが苦手な人にも役立つため、実践してみてください。

6.聞き上手になる

自分から話すことが苦手な人は、聞き上手になってみましょう。相槌を打つことや、表情を変える練習にもなります。自分が話さなきゃ!と思っているうちは、他のことに目を向けることができなくなってしまいます。そして緊張も増してしまいます。

なので、まずは聞き上手になってみましょう。自分が人の話を上手に聞けるようになると、周りの友達からの信頼も深まり、コミュニケーションとる事に対して自信がついていきます。

7.自分の欠点を表に出す

なかなか難しいかもしれませんが、自分の欠点を表に出すことで、話しかけやすい雰囲気を出すことができます。会話相手に、とっつきやすいイメージを与えるのです。話しやすい人は自虐することや、低い姿勢で話をすることが得意。

上司に「効率のいい仕事方法を教えてください。」と言うのと、「俺全然効率よく仕事できなくて…教えてください!」と言うのでは、後者の方が圧倒的に教えてあげようと思います。

さらに初対面の同性相手に、「すごく綺麗ですね。」と言うのと「すごく綺麗ですね!私鼻が低いから羨ましいです。」と言うのでは、後者の方がより気分が良くなります。

このように自分の欠点を表に出すことで、相手の心を掴みやすくなるのです。

 

話しやすい人オーラを出していこう!

①常に笑顔でいる
②緊張になれるようにする
③誰にでも平等に接する
④ミラーの法則を使う
⑤聞き上手から始める
⑥自分の欠点を表に出す

この6つのことをトライするだけで、話しやすい人の仲間入りができます。自分が今まで「苦手だから…」と諦めてきたコミュニケーションも、話しやすい人の真似をするだけで大きく変わることができるのです。

まずは一つずつ、できるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする