2019.08.13

ディープキスのタイミング&テクニック|彼氏を虜にする上手なキスを。

目次

彼氏を虜にする上手なキスがしたい!
ディープキス。どのタイミングでしたらいい?
「慣れないキス…」ウブな感じも可愛いんです。
うまい舌使い。デープキスのテクニック
ディープキスするときの注意点!
上手に愛情表現したいんです。

 

彼氏を虜にする上手なキスがしたい!

キスは愛情表現をする上で欠かせない大切なもの。あなたは普段どんなディープキスをしていますか?

いつも流れでしているけど彼が満足してくれているのかわからない。

自分のキスがどう思われているか不安。

本当はもう少し濃厚なキスがしたいけど、ディープキスのやり方とタイミングがわからない。

など、自分のキスに自信がない人は意外といるのではないでしょうか?とは言え友達に「どんなディープキスしてる?」と聞くのもなかなか難しい。そこで今回は、彼を虜にする上手なディープキスのタイミング、やり方を紹介したいと思います。

 

ディープキス。どのタイミングでしたらいい?

ディープキスって自分からすると彼に引かれないかな?とか積極的だな…と思われそうで、なかなかどのタイミングでしたら良いかわからないもの。好きな人とのファーストキスや付き合ってまだ日が浅い彼とは、キスそのものがドキドキする。ここではディープキスをする自然なタイミングを紹介したいと思います。

 

1.イチャイチャする雰囲気になった時

彼とイチャイチャする雰囲気になったら、まずはあなたから軽いキスをするタイミング。男性は私達が思っている以上に繊細です。ディープキスをしたいと思っていても、まずはこちらの様子を伺い「今しても大丈夫かな?」と気にしたり、「もし彼女がそういうモードじゃなかったら恥ずかしいな」と思ったりするものです。イチャイチャモードになった時は、あなたからGOサインを出してみましょう。

2.相手が舌を入れてきた時

相手が舌を入れてきた時はディープキスをする絶好のタイミング。どのように舌を入れたら良いかわからないという人は、彼がする舌の動きと同じように自分の舌を動かせば大丈夫。例えば彼が自分の舌を絡めてきた時は、同じように自分の舌を彼のものに絡め、舌を吸ってきたら同じように吸い返す、といった感じ。同じ動きを繰り返すと、相手も受け入れられていると感じ嬉しいものです。

3.彼氏とエッチしたいと思った時

彼とエッチをしたいと思ったタイミングも絶好のチャンス。彼とエッチをしたいと思っても、恥ずかしくてなかなかその気持ちを伝えられない。そんな時はあなたからディープキスをするのが効果的。普通の軽いキスに比べ、ディープキスはお互いに性欲が掻き立てられるもの。これは、普段自分から積極的にディープキスをしない女性ほど効果的です。ディープキスで彼の「我慢できない」スイッチを押しましょう。

4.デートの最後

お泊まりをしない日のデートの最後のタイミングは、またすぐに会えると分かっていてもやっぱり名残惜しいもの。「もっと一緒にいたいな」とお互いに思っているタイミングでするキスは、いつもより特別!そんな時はいつもと違う濃厚なディープキスをして、お互いの愛情を確かめ合いましょう。

5.お家でゴロゴロしてる時

家でゴロゴロしているタイミングは、彼もリラックスしている状態なのでイチャイチャタイムに最適。TVや映画を見ている時、キッチンで一緒に料理を作っている時など、ふとした時にキスする雰囲気になることがあると思います。そんな時はお互いにいつもより甘えモードになっているので、ちょっと攻めたディープキスを試してみませんか?自然にディープキスをするために、そういう時間を作ることも大切です。

6.酔っ払った勢いで!

ディープキスをしたいタイミングや大胆になりたいタイミング、たまには酔っ払った勢いを使いましょう!自分の彼女であれば、酔っ払った時のいつもより大胆な発言、行動は男性は嬉しいもの。「今日はどうしたの?酔ってるね」なんて言いながら、彼もその気になっています。酔っ払った時は、頭であれこれ考えず本能の赴くままにするのが◎(ただし酔っ払った勢いを使うのは本命の彼だけに!)

 

 

「慣れないキス…」ウブな感じも可愛いんです。

まだ付き合って日が浅いと相手のディープキスやセックスの好みがよくわからず、「今の引かれていないかな?」「何て思われただろう」と彼の反応がとても気になってしまうのが女心。男性にとって、好きな女性の恥じらいや慣れない姿はとても可愛く見えるものです。ディープキスやセックスが上手で、最初からお互いに満足いくものが出来るのも良いですが、ウブな感じの彼女が自分と付き合っていく中で、どんどんエロくなっていく…というのは男性にとってはたまらないの。

ドキドキする今の期間を楽しみましょう!

 

うまい舌使い。ディープキスのテクニック

ウブな感じが可愛く見えると思いつつ、やっぱり上手なディープキスができるようになりたい。そこで、ここからは具体的なテクニックを紹介したいと思います。ちょっとしたコツを掴み、彼を虜にするディープキスをしましょう。

1.相手の唇を舌で撫でる

キスをするなり相手の舌に自分の舌を絡ませるのは上級者。まずは相手の唇を舌で優しく撫でましょう。ここでのポイントは、ただ唇を舌で撫でるのではなく、「普通のキス」と「撫でる」行為を交互にすること。単調な動きよりも、メリハリのある動きの方がエロく相手のエロスイッチもオンになります。ディープキスして撫でる、をぜひ実践してみてください。

2.喉仏・顎からキスする

上手なディープキスは、ディープキスをするだけでその気になり相手の性欲を掻き立てることができます。ディープキスそのもののテクニックも大事ですが、焦らしながら相手を「我慢できない…!」とムラムラさせるのも大切なテクニックの一つ。いきなり唇にキスをするのではなく、まずは喉仏・顎からキスをしてみましょう。喉仏や顎にキスをする時はチュッ、チュッと音を立てながら短めのキスを小刻みにするのがポイント。この時もキスをしながら、時々舐める、吸うなどの行為を挟むとエロさが一気に増します。

3.舌を吸う

1.と2.ができたら次は相手の舌を吸ってみましょう。舌を吸う時に気をつけなければいけないことは、力を入れ過ぎないこと。滑らかさをイメージすると自然と優しく吸うことが出来ます。最初は彼の舌の先端を優しく舐めるようにし、その流れで軽く吸ってみましょう。この時に彼の反応を見て強く吸い返してくるようだったら、少し強めに吸ってみても◎

4.舌や唇を甘噛みする

相手をドキっとさせたい時は甘噛みが効果的。あなたも彼が優しいキスをしている最中に、突然甘噛みをしてきたらゾクゾクしますよね?どの程度噛めば良いか分からない…という人は、実際に自分の指を軽く噛んでみましょう。その時に痛いと感じる場合は力が入り過ぎています。甘噛みは軽く歯が当たる程度に優しくするのがポイント。優しく甘噛みをした後に、チラッとイタズラっ子の上目遣いで彼の目を見つめると更に盛り上がります。

5.相手のペースに合わせる

ディープキスをする時に一番大切なのは相手のペースに合わせること。これはお互いに言えることですが、相手がソフトなキスを求めていたら自分もソフトなキスをし、激しいキスを求めている時は激しいディープキスをするのがベター。相手の動きを見て、何を求めているのか探るのもディープキス上手な人の条件です。

6.首に手を回す

よりロマンチックで濃厚なキスをしたい時は、相手の頬を触ったり首に手を回すことが効果的。特に首に手を回すと二人の距離がグッと縮まり、より濃厚なキスがしやすい雰囲気に。彼の首に手を回すときは、恥じらいを捨ててギュッとする方が彼もその気になり盛り上がります。ぜひ試してみてください。

 

 

ディープキスするときの注意点!

お互いの舌を絡め合う濃厚なディープキスは、通常のキスよりも密接になる分、お口のエチケットには最大限気を使いましょう。また「気合が入ってるな」と思われないために、気をつけるポイントがいくつかあるので紹介したいと思います。

1.口臭チェック

ディープキスをする、しないに関わらず口臭チェックはマストでしましょう。口臭は相手に強い不快感を与えてしまいます。せっかく良い雰囲気になっても、口臭が気になってしまうと台無しに…。口臭はデートの直前だけ気をつければ良いものではなく、日頃の歯磨きや生活習慣が大きく影響します。いつでも彼とキスができるように、日頃から口元周りのケア、口臭チェックはしておきましょう。

2.舌磨きをする

ディープキスをする上で欠かせない舌は、口臭にも大きく影響する部分です。皆さんは歯磨きと一緒に舌磨きもしていますか?口臭は歯磨きだけやっていれば大丈夫なわけではなく、舌磨きがとても大切です。舌の上も綺麗にブラッシングする習慣を身につけ、いつでもキスができる状態にしておきましょう。

3.勢いよくしすぎない

ディープキスをする時、盛り上がってつい勢いよくなってしまうことはありませんか?慣れてきてお互いのことが良くわかるフェーズになれば問題ないですが、最初から勢いよくするとびっくりされてしまうこともあります。ディープキスが上手で勢いがよい場合は、「積極的だな」「これまでもこういうキスをたくさんしてきたのかな」と無意識のうちに思われてしまうことも。逆に慣れておらず勢いがよい場合は必死感が伝わってしまいます。

最初は相手の様子を伺いつつあまり積極的になり過ぎない方がベターです。

4.必死感は伝わらないように

必死感が伝わってしまうとやっぱり恥ずかしい。慣れないうちはどうしても必死感が出てしまいますが、コツは「ゆっくり」すること。彼の舌を吸う時も絡める時も、勢いよくしてしまうとどうしても必死感が出てしまいます。たとえ慣れていないとしても、動きをゆっくりするだけで落ち着いた感じを出すことができるんです。

5.唇や舌に力を入れない

ゆっくりするのと同じくらい大切なのが、唇や舌に力をいれないこと。緊張していたり慣れないことをしようとするとどうしても力が入ってしまうものです。こちらに力が入っていると、彼もぎこちなさを感じてしまいます。「あ、今ちょっと力が入っているな」と思ったらその時に力を抜きましょう。そしてゆっくりと彼の動き、流れに合わせて舌を動かしてみて。そうすると気持ち良いディープキスが出来ます。

6.強引に行かない!

ディープキスをする時、勢いや強引さは逆にムードを壊しかねません。落ち着いて、ひとつひとつのキスを味わうように優しく触れ合う中で、徐々に舌を絡ませあう…というのが気持ち良いディープキスの仕方です。何度か唇を重ねていると、お互いに熱が上がってくるタイミングがあります。そこからゆっくりとディープキスを始めましょう。

 

上手に愛情表現したいんです。

大好きな相手とするディープキスは、それだけで心の底からじんわり温かくなるような幸福感を味わえます。特に、ゆっくりと味わうようなディープキスは、深い愛情を感じることが出来たら、たまらない。大好きな彼だからこそ、上手にキスをして喜んでもらいたい。もちろん色んなテクニックはありますが、一番は二人の気持ちが大切です。

お互いに「あぁこの人のこと大好きだな」「大切だな」と想い合ってするキスに勝るものはありません。まずは彼とたくさんキスを重ねて、二人だけのベストなキスを見つけてみてください!

 

LaLa
LaLa
24時間365日愛について考えています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする