2019.08.10

「好きじゃない人に告白されたら返事に迷う」誠意が伝わる返事の仕方5選

DariaMe編集部

DariaMe編集部

どう返事するのが正しい?告白の返事は悩んでいいよね?

 

【目次】
好きじゃない人に告白されたら迷う…
断る?OKする?それとも?
好きじゃなくても付き合ったら幸せになれる人の特徴
誠意が伝わる返事の仕方5選
断る時は嘘をつかない。下手に期待させない。
付き合うか断るか、決めるのは自分次第

 

好きじゃない人に告白されたら迷う…

好きじゃない人に告白されたとき、どうしたらいいんだろう…相手を傷つけない断り方は?相手を期待させない断り方は?どんな返事をすることが、自分の誠意を見せられるのだろう。反対に、告白されて気になるときもある。告白されるまでなんとも思っていなかったけど、告白されて意識することもある。好きじゃない人に告白されたら、色々なことを考えて迷ってしまう。

そこで今回は、好きじゃない人に告白された場合の誠意が伝わる返事の仕方についてご紹介します。さらに、好きじゃなくても付き合ったら幸せになれる人の特徴7つピックアップしてご紹介!付き合うか断るか、返事するのは自分次第。いつだって、自分の気持ちに素直でいることが大切なのです。

断る?OKする?それとも?

好きじゃない人から告白されたときの返事は大きく分けて3パターンあります。

1.断る
2.OKして付き合う
3.少し時間を置く

一つ目は、断る返事のパターン。本当に好きじゃなくて、自分が好きになる可能性がない人から告白された場合は、誠意を持って断る返事をしましょう。下手に期待させたり、自分の気持ちにはない発言をしないようにしましょう。期待させてしまうと傷つくのは相手です。新しい恋に進めるように突き放すことも優しさです。

二つ目は、OKして付き合う返事のパターン。告白された時から意識して、「自分も好きかもしれない」「この人と付き合ったら幸せになれるかもしれない」と思った場合は付き合う選択肢をとってもいいでしょう。

三つ目は、少し時間を置く返事のパターン。告白されたとき、その場で答えを出せない場合は「もう少しデートを重ねたい」「もう少し友達として接していたい」と返事しましょう。今好きじゃなくても、相手をよく知っていくうちに好きになることもあります。告白されて意識し始めて悩んだら、もう少し時間をもらうようにしましょう。

好きじゃなくても付き合ったら幸せになれる人の特徴

告白された相手を今好きじゃなくても、付き合ったら幸せになれることがあります。今好きじゃないからといって、今後もずっと好きにならないとは限りません。そこでここからは、今好きじゃなくても付き合ったら幸せになれる人の特徴を7つピックアップしてご紹介します。

1.異性としてドキッとできる

異性としてドキッとすることができれば、告白された時に付き合う選択肢を選んでもいいでしょう。男性としてドキドキさせられたり、女性としてドキドキすることがあるのであれば、自分が気づいていないだけで、心のどこかで異性として好意を持っている可能性があります。なので、すぐに断ってしまうのではなく、自分の中でよく考えてみましょう。

2.優しくて思いやりがある

優しくて思いやりがある異性であれば、一緒にいて幸せになれる確率が上がります。優しくて思いやりがある人とは喧嘩に発展することも少ないからです。相手の気持ちを尊重すること、デリカシーのない発言をしないことなど、様々なことに気がつきます。一緒にいる時に気を使いすぎるのではなく、お互いがされて嫌なことをしないという優しさを持っている人とは一緒にいて幸せになることができます。

【参考記事】優しい男性について詳しく見極めるには…?

優男の意味とは|優男13の特徴をご紹介!優男って褒め言葉?

3.浮気や目移りをしない

浮気や目移りをしないことも付き合って行く上で、とても大切です。誠実な人であれば、浮気をしたり目移りすることはありません。過去の恋愛の話になった時に浮気の経験があるかないか、しっかり聞いて置くようにしましょう。ですが、気になっている相手に対して「浮気したことがある」なんて言う人はほとんどいません。なので、見極めることが大切です。

露骨に綺麗な見た目の異性を好きな人には気をつけましょう。そして、お金があり仕事ができる人は浮気も綺麗にやってのけます。ちょっと不器用で嘘をつけないタイプの人の方が、一緒にいて幸せになれるのです。

4.価値観が合う

金銭感覚や、恋愛の価値観。仕事へのモチベーションなど、価値観といっても様々な要素があります。その要素全てが一緒である必要はありません。ですが、価値観が合うことは、お互いを理解しあう上でとても大切なことです。価値観が合わない人でも、そのズレをお互い理解し合えるかどうか、自分が相手との違いに違和感を感じないかどうかが大切です。

例えば、自分は仕事以外のプライベートの時間を大切にしていても相手が仕事人間であれば、時間の使い方が合わずに、揉めてしまうことがあります。そんな価値観を受け入れられるのか、受け入れられないのかは、とても重要なポイントになります。

5.顔がタイプ

顔が露骨にタイプであれば、告白された時に付き合ってみてもいいでしょう。顔がタイプなだけで大抵のことは許せます。同じ空気を吸っているだけで幸せを感じられますし、顔がタイプなだけで一緒にいることへの幸せを感じられます。整った顔の人であればあるほど、一緒にいる時間を大切に感じることができます。今まで全く恋愛対象として見たことがない人であっても、人間の本能的に顔がタイプであれば恋愛対象として見ることができます。

【参考記事】本当に付き合って幸せになれるタイプって?

「本当に付き合いたい!」理想の彼氏像&彼氏にしたい男性の条件21選

6.誠実で頼り甲斐がある

誠実で頼り甲斐がある人は一緒にいて安心感があります。浮ついている人や、普段から気さくでチャラい人は一緒にいても不安になってしまいます。周りに異性の友人ばかりいる人、すぐに浮気しそうな人は気をつけましょう。誠実であることは、恋人に安心感や安らぎを与えます。

長く付き合って行くことを考えたら、刺激的な恋よりも安心できる恋を選びましょう。ドキドキすることももちろん大切ですが、恋愛はそれだけでは成り立ちません。恋に恋するのではなく、相手に恋をすることを考えるようにしましょう。

7.一緒にいて心地良い

一緒にいて心地良いと感じる相手とは、告白された時に付き合っても良いでしょう。例えば、完璧なデートプランを作ってくれて、ずっと相手を喜ばせるような人と付き合うと、一緒にいて幸せを感じたり喜びを感じることはあっても、居心地の良さは感じられません。ですが、いつもデートはノープランだけど一緒にいて無言になっても気まずくない人は、付き合っていて心地良さを感じられます。自分が素を出せて、気軽に付き合っていける相手の方が、長く付き合って行くことに向いているのです。

 

 

誠意が伝わる返事の仕方5選

ここからは、好きじゃない人に告白された場合に誠意を伝えながら返事をする方法についてご紹介します。今は好きじゃなくても好きになる可能性がある場合、今は明確な返事ができない場合、これからも好きになると思えない場合の返事の仕方について、詳しく説明していきます!

1.変に期待させずに「ごめんなさい」

 

man

OKな返事

気持ちは嬉しいけど、答えることはできない。ごめんなさい。

 

man

NGな返事

他にいい人いるし、もっと似合う人いると思うよ。

 

告白された時に、これからも好きになるとは思えない場合、しっかりと「ごめんなさい」と返事しましょう。返事の仕方次第では、気を持たせてしまうことがあります。ですが、今後も付き合うことを想定できない場合は、しっかりとお断りしましょう。

ここで、「気になるけど、ごめんなさい」「他にいい人いるよ」「私(僕)よりも、似合う人がいるよ」なんて傷つけないように嘘をついてしまうと、相手を苦しめることになります。自分が悪役になってしまったとしても、しっかりと返事しましょう。

2.まずは「友達から始めたい」

 

girl

OKな返事

まだお互いをよく知らないから、友達から始めたい。

 

girl

NGな返事

まだ友達でもないじゃん。

 

これから好きになる可能性を感じる相手には、告白された時に「友達から始めたい」と返事しましょう。今は付き合うことができないけど、今後もっと知って行くうちに好きになるかもしれない場合、今バッサリ断ってしまうと、他の人のところに行ってしまいます。そして、「他の人のところに行って欲しくない」と思っている時点で、心のどこかで気になっているのです。その気持ちにいち早く気づいて、しっかりとその気持ちを素直に返事として伝えてあげましょう。

3.迷った時は「少し時間がほしい」

 

man

OKな返事

今すぐに答えだせないから、少し時間をもらっていい?もっとお互いをよく知っていきたい。

 

man

NGな返事

今すぐ答え出さなきゃダメ?

 

告白された時に付き合うか、断るか迷った場合。できるだけ早く返事することも優しさですが、少しくらい自己中になってもいいのです。ここで、「今すぐに答えだせないから、断ろう」と思って「ごめんなさい」と返事してしまうと、後々自分が苦しくなってしまいます。なので、本当に悩んでいるときは、「少し時間が欲しい」「もっとお互いのことをよく知っていきたい」と素直に返事をしましょう。

4.もっと知りたい時は「まだ早いかも」

 

girl

OKな返事

気持ちはとても嬉しいけど、まだ早いかな…

 

girl

NGな返事

まだ早くない?考えられないわ。

 

告白された時に、もっと知り合ってから考えたいと思ったときは「気持ちはとても嬉しいけど、まだ早いかな」と返事しましょう。自分の気持ちに素直に返事をすることが何よりも誠意が伝わります。なので、自分の中でまだ結論が出ていないときは、「まだ早い」と返事しましょう。

ここでポイントなのは、「まだ早い」ということは付き合う前提があるということです。なので告白された時に、絶対に付き合う未来が見えていない人に対して「まだ早い」と言ってしまうと、気を持たせてしまいます。「まだ早い」と言うのは、付き合う未来が見えている人に対する返事にしましょう。

5.感謝の気持ちで「ありがとう」

 

man

OKな返事

すごく嬉しい。ありがとう。しっかり考えるね。

 

man

NGな返事

ごめん、無理。

 

告白された時に、感謝の気持ちを伝えることも大切です。告白してくれて、素直に嬉しいと感じたのであれば「ありがとう」と伝えてあげるだけで、相手は気持ちを伝えて良かったと思うことができます。露骨に嫌がられたり、引かれることを恐れながら告白してくれている場合もあります。そんなとき好きな人から、「ありがとう」って言葉を言われるだけで安心できるのです。なので、自分に好意を持ってくれたことに対しては、素直にありがとうと思うようにしましょう。

 

付き合うか断るか、決めるのは自分次第

付き合うか断るか、決めるのは自分次第です。断る場合は、しっかりと誠意が伝わる返事をしましょう。あなたに対して「好きだ」と言う好意を向けてくれている相手に向かって、適当に返事をするのはよくないことです。相手の気持ちを考えること、傷つけないこと、本当の優しさ。告白してくれた相手の気持ちをしっかり考えて返事するようにしましょう。

人を好きになる気持ちは、抑えることも止めることもできません。素直な気持ちをぶつけてくれた相手には、しっかりと自分の素直な気持ちを伝えてあげましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする