2019.07.23

私が手放せば終わってしまう。「行かないで」が聞きたいだけだった。

追いかけてほしかった。

電話をかけるの、LINEするのも、「会いたい」と言うのも私発信だった。

全部全部私からで、あなたが誘ってくれたことは何度あっただろう。

きっと、一度もなかった。

誘ってくれるのを待ってみたこともある。

LINEがくるのを待ってみたこともある。

でも一度として、あなたからの誘いはなかった。

ただ、一度でいいからあなたに追いかけてほしかった。

私ばかり「好き」だと伝えるんじゃなくて、あなたからの「好き」が聞きたかっただけ。

自分はこんなにしてるのに、あなたは何もしてくれない。

なんて、見返りを求めるようになってしまった。

「バイバイ、もう会わない」って言ったのは、あなたに引き止めてほしかったから。

「行かないで、お願い」って言ってほしかっただけ。

「離れたくない」「そばにいてほしい」「好きだよ」って言ってほしかっただけなの。

私が手放せば終わってしまう。

私が手放したら終わる恋。

勝手に終わって、勝手に壊れてる。

「別にそれでもいい」なんてセリフ吐いて、カッコつけてみたかった。

でも手放したら、そんなこと言っていられなかった。

いつも「会うのは今日が最後かもしれない」「彼はもう会ってくれないかもしれない」なんて思いながら会いに行く。

お気に入りのリップグロスを塗って、ヒールを履いて出かける。

いつもより気合の入ったメイクに、いつもより気合の入った服装。

友達の前で見せる姿とはまるで違う。

あなたにしか見せない姿があるなんて、あなたは気づいてくれなかった。

ここで投げ出したら…めんどくさいことを言ってしまったら…もう彼には会えなくなる。

そうわかっていたから、あなたには何も言えなかった。

終わりってどこですか?

どうしてこんなに好きなのに、裏切るの?

どうしてこんなに愛してるのに、傷つけるの?

どうして私の気持ちに気づいているのに、恋人のフリして期待させるの?

終わりはどこにあるの?この関係の出口はどこ?

出口は見えているんだ。見ないフリしているだけで…

その出口に手をかけたら、あなたに一生会えなくなると思ったら、私はその扉を開けることができなかった。

「勇気を振り絞って扉を開けても、あなたは追いかけてきてくれる」なんて淡い期待抱いて、私は出口を出たのに、追いかけてくるどころか、去った後も元気そうに生きてるじゃない。

私って、なんなんだろうね。

これからも…

夜中にお散歩してコンビニまで歩いてる途中に「負けた方がアイス奢りね!」って言いながら無邪気に走るあなたが好きだった。

絶対負けてくれるあなたが好きだった。

仕事しながらソファーで寝ちゃった私に、優しくブランケットをかけてくれるあなたが好きだった。

そのままベッドまでお姫様抱っこしてくれるあなたが好きだった。

仕事から帰ってきて「おかえり」って抱きつくと、そのまま抱っこしてベッドまで連れてって「襲っちゃうよ」って言うあなたが好きだった。

ネクタイを緩めるあなたの姿が愛おしかった。

これからも、そんな日常が続くと思ってた。

「彼女じゃなくてもいい。付き合っているようなもんだから。」と思ってた。

それでよかった。

それでよかったのに、あなたは私に何の未練も残らないのね。

私はこれからも、好きな人の心に残るような女になれないの?

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする