2019.07.23

【気持ちいいフェラのやり方】男の本音・彼氏が喜ぶテクニック&コツ!

【目次】

男性に聞きづらい、前戯について。
フェラのやり方次第でセックスライフは変わる?
男性が言えないフェラ中の本音
フェラをする前に気をつけること
気持ちいいフェラのやり方
彼氏が喜ぶテクニック&コツ
上手いだけが気持ちいいとは限らない!

 

男性に聞きづらい、前戯について。

セックスの話は、少しセンシティブになりやすい。

彼氏、好きな人に対して、直接聞くことができない。

人それぞれどこが気持ちいいと感じるかも、わからない。

フェラしている時、反応が薄い人もいれば、反応していても声を出さない人もいる。

積極的に「どこが気持ちいい?」なんて聞くのも、恥ずかしいのが女心。

フェラのやり方次第で、セックスライフをもっと豊かにできたらいいのに。

そこで今回は、彼氏や好きな人にフェラについてはっきり聞けない女性に向けて、男性が言えないフェラ中の本音や、フェラの前に気をつけること。

さらに、気持ちいいフェラのやり方や、男性が喜ぶフェラのテクニック&コツについてご紹介します!

フェラのやり方次第でセックスライフは変わる?

フェラの仕方でセックスライフは変わるのか。

相手のどこが気持ちいいと感じて、相手のどこが興奮するのか。

フェラのやり方一つで、彼氏や好きな人が喜んでくれて、もっと濃密なセックスができたら最高。

まず初めに

フェラはテクニックが全てではない!

もちろんテクニックがある方が男性も楽しいと感じます。

ですが、あまりにテクニックをさらけ出してしまうと、「この子は遊んできたんだな」「こなれてるな…」「経験人数何人いるんだろう…」と思わせてしまいます。

なので、バランスが大切なのです。

恥ずかしがりながら、スムーズにテクニックやコツを出していく。

フェラのやり方次第で、より好かれるか、引かれてしまうかが決まります!

男性が言えないフェラ中の本音

まずは、彼氏や好きな人がなかなか言い出すことができないフェラ中の本音についてご紹介します。

フェラをされている時に男性はどう思っているのか。フェラをされた後に、男性はどう思っているのか。

男性目線で、なかなか言えないフェラ中の本音についてご紹介します。

1.歯が当たると痛い

男性はフェラ中に女性の歯が当たると「痛い…」「くすぐったい…」と感じています。なかなかフェラに慣れていない女性は歯が当たってしまうことがあります。慣れている女性より、ウブな女性の方が男性ウケは良いですが、フェラ中に歯が当たることは嫌だと感じています。

歯が当たっているだけで、噛まれているような感覚になってしまうのです。なので、フェラ中は歯が当たらないように、歯より唇を前に出すようにしましょう。

2.上手いと色々気になる…

フェラ中の男性の本音で多く聞こえるのが、「上手いと色々気になる…」という意見です。セックスだけの関係や、ワンナイトの関係である場合は、女性のフェラが上手いと喜びを感じます。

ですが、彼女や好きな女性のフェラがすごく上手かった場合は、「この子、今までたくさん遊んできたのかな」「チャラチャラしてるのかな」「ビッチなのかな」「経験人数多そうだな」と感じてしまうのです。

なので一概に、フェラは極上のテクニックがあるからいいとは限らないのです。

3.焦らしてほしい

気持ちいいフェラに必須な条件は、焦らすことです。男性は、焦らしてほしいけど「焦らしながらフェラして」なんて言えないのが本音。せっかくセックスするなら、お互いが気持ちいい前戯を行いたいもの。

なので、フェラするタイミングで、すぐに舐めてしまうのではなく、付近の内ももや根元を舐めたりキスしてしっかり焦らした後に、フェラするようにしましょう。

4.唇が乾いてると気持ちよくない

フェラ中に男性が思っていても言えないことの中に、「唇が乾いていて気持ちよくない」「口が乾いている状態で咥えられると、痛い」というものがあります。唇が乾いている状態でフェラをしても、男性は気持ちいいと感じないのです。

なので、口の中で唾液を溜めてからフェラをするようにしましょう。そして、セックスする前にしっかりリップクリームを塗り、唇が簡単に乾かないようにしておきましょう。うまく唾液を絡ませながら、フェラしてあげると男性も気持ちいいと感じてくれます。

5.テクニックよりムードが大事

男性は、フェラのテクニックよりムードを重視している場合が多くあります。男性の中には、ムードよりもテクニックが大切だという人もいます。ですが、そこまでのテクニックがなくてもムード次第で、とても気持ちよく感じることができるのです。

なので男性は、フェラしてもらう時に「テクニックがうますぎること」よりも「ムードのあるフェラがいい」と思っているのです。

【参考記事】
男性の本音を熟知した床上手女性が絶対にすることとは?

床上手の意味とは|男性を悩殺する「床上手」女性が絶対にする9つのコト

 

 

フェラをする前に気をつけること

ここまで、フェラに関する男性の本音についてご紹介しました。女性がセックス中、男性に言えないことがたくさんあるように、男性にも女性に言えない本音がたくさんあるのです。

それを踏まえてここからは、フェラをする前やフェラ中に気をつけるポイントについて大きく分けて3つご紹介します!

1.口が乾いていない

女性がフェラする時に気をつけておくべきこと1つ目は、口の潤いです。唇の皮がむけていたり、唇が乾ききっている状態では、どんなにテクニックを駆使してフェラしても男性は気持ちいいと感じません。

なので、唇は潤しておくようにしましょう。リップクリームを塗っておいても、たくさんキスをしたら乾きやすくなってしまいます。そんな時は、唾液を溜めるようにしましょう。

フェラに対して自分が緊張しすぎてしまうと、口の中も乾いてしまうので、リラックスした状態でフェラをするようにしましょう。

2.歯が当たらないようにする

女性がフェラする時に気をつけておくべきこと2つ目は、歯が当たらないようにすることです。

まだ慣れていない時は、歯が当たることに対して違和感を感じないかもしれません。ですが、フェラされている側の男性は「痛い」と感じてしまいます。なので、口を輪っかの状態にした時に、唇が前に出るようにしましょう。

唇を口の中に少し織り込むような形にすると、全く歯が当たることなくフェラすることができます。

3.AVの真似しすぎない

女性がフェラする時に気をつけておくべきこと3つ目は、AVの真似をしすぎないことです。初エッチの場合、どうやってしたらいいのかわからず、AVの真似をしてしまうこともあるでしょう。

ですが、AVはフィクションに近いものがあります。全て鵜呑みにしてAVで見るようなフェラをしてしまうと、男性は引いてしまいます。恥じらいもなく、思いっきり舐めることは男性に引かれてしまうリスクがあるので、気をつけるようにしましょう。

気持ちいいフェラのやり方

ここまで、男性の本音やフェラをする上での注意点についてご紹介してきました。

ここからは、実際に気持ちいいフェラのやり方についてご紹介します。

どんなに実践を繰り返しても、知識やコツを知らない状態では、男性心理を無視した行為になってしまいます。

そこで、4点ピックアップして、フェラのやり方について徹底解説していきます!

1.最初は裏筋からゆっくり舐める

男性の多くは、裏筋が一番気持ちいいと言います。裏筋を丁寧に舐めることで、男性の興奮度をあげることができます。なので、付近の内ももや根元を舐めて焦らした後に、裏筋をゆっくり舐めるところから始めましょう。

いきなり咥えるのではなくて、裏筋からゆっくり攻めましょう。最初に舌で触れる時は、舌に力を入れず柔らかく包むように舐めることがポイント。そこから舌に力を入れたり力を抜いたりと、強弱をつけるようにしましょう。

2.咥えた状態で舌を転がす

次に気持ちいいと感じてもらうためには、咥えた状態で舌を転がすことです。

舌を口の中で転がすことで、男性にいつも感じる気持ち良さとは違う気持ち良さを感じてもらうことができます。男性が一人でする時に絶対にできない動きをしてあげることで、いつもにはない気持ち良さを与えることができるのです。

3.強弱をつけて興奮度を上げる

フェラをする時に、ずっと同じ強さでずっと同じ動きをしていても、男性は気持ちいいと感じることができません。最初は気持ちいいと感じても、飽きてしまうのです。

なので、飽きさせないように強弱をつけたり、咥えるだけでなく根元も舐めたり、手を使いながら咥えたりと、強弱をつけて男性の興奮度を煽りましょう。

4.唾液を増やして滑らかにする

フェラで一番大切なのは、唾液です。裏筋を舐めて、いざ咥えるタイミングになった時に、唾液を垂らす方法があります。口の中に唾液を溜めた状態でそのまま咥えることもできますが、男性がより興奮するのは、唾液を垂らすことです。

唾液を垂らして、滑らかにした状態で咥えると、男性はより快感を覚えます。

 

 

彼氏が喜ぶテクニック&コツ

ここまで、フェラのやり方を、一般的なやり方に加えて、コツも少し交えながらご紹介しました。ただやり方を覚えても、テクニックを加えないと男性は「いつもと一緒」と感じてしまいます。

そこでここからは、彼氏や好きな男性が喜ぶフェラのテクニック&コツをご紹介します。ムードを作り出すのも、テクニックの一つなのです。

1.しっかり焦らす

一般的で、慣れていない女性でもやりやすいテクニックは、焦らすことです。焦らすことは男性の興奮度を高めます。

男性の表情を見ながら、焦らしてあげると喜びます。いきなり舐めるのではなく、乳首や脇腹を舐めたり、全身にキスすると男性は喜びます。

理想的な流れは
キスした状態から、『顎→喉仏→首筋→耳→鎖骨→胸→乳首→脇腹→おへそ→根元→内もも』と、少しずつ下に向かって舌を運ぶこと。
これで、焦らしながら飽きさせずに、感じてもらうことができます。

2.「気持ちいい?」と時折聞く

セックスをしている時にコミュニケーションを取ることはとても大切です。そして、彼氏や好きな人が何をされるのが好きで、何をされると感じるのかわからない限り、お互いが満足するセックスをすることができません。

なので、「どこが気持ちいい?」「どこ舐めてほしい?」とコミュニケーションを取りながらフェラしてみましょう。ここで大切なのは、恥ずかしがること。男性は、普段見れない姿により興奮を覚えます。

3.上目遣いで顔を見つめる

上目遣いで顔を見つめることもテクニックの一つです。フェラをしている時に、全く目を合わせないよりも、一生懸命に上目遣いで見つめてくる女性の姿に弱いのです。恥ずかしながら見つめられると、愛おしく思います。

ずっと見つめなくていいのです。恥ずかしがりながら、少し見つめられると、「かわいい」と思ってしまうのです。

4.口だけではなく手も使う

口だけで咥えるのではなく、しっかり手も使いましょう。焦らすのが終わり、激しくフェラし始めたら、手で根元を上下に動かしながらリズムを合わせて咥えてあげましょう。

さらに、根元を自分の方(手前)に少し傾けて舐めると、男性は気持ち良さが増します。傾けることで自分も舐めやすく、男性も気持ちいので一石二鳥。少し強め握りながら、優しく舐めてあげると、強弱があり気持ち良さが増します。

5.手と口は離さない

口の奥まで入れようとすると苦しくなったり、うまく舐められなくなってしまいます。そこで、手を使うのです。手で上下に動かしながら、舐める時は手と口を離さないようにしましょう。手と口をくっつけた状態でアソコを包むことで、より一層気持ちいいと感じます。

口では咥えきれない部分を、手のひらが補うような形になり、男性は奥まで咥えられているような感覚になるのです。

上手いだけが気持ちいいとは限らない!

今回は、彼氏や好きな男性が気持ちいいと感じるフェラのやり方についてご紹介しました。

上手いフェラだけが気持ちいいとは言えません。

もちろんテクニックや、コツを掴むことで、いつもよりも男性を気持ちよくすることができます。

ですが、しっかりムードを作り出すことも大切です。

恥ずかしがる演技も、ちょっとしたコミュニケーションも大事なテクニックの一つ。

おおっぴらに「セックスがしたい!」「大胆になる!」というわけではなく、恥じらいがあるからこそ、男性は興奮するのです。

そして一番大切なのは、愛情が伝わること。

セックスは、極上の愛情表現。

前戯でも『愛している』という気持ちが伝わることが大切なのです。

【参考記事】
前戯の後はいよいよ本番。体の相性を確認する方法は?

体の相性がいいとは?セックスの適切な頻度や長さ&相性を確認する方法17選

 

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする