2019.07.16

時代の当事者として、この時代を生きる。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

みんな同じ時代の当事者なんだ。

私たちに付きまとう「時代」

今日もこの世界に生きている私たち。

毎日毎日、同じ星の下で生活している。

いつかの未来では、違う星にも行けるのかしら?

でもそんな日を私たちが見ることはまだない。

この星の下で生きていると、どうしたって逃れることができないものがある。

それは、時代。

「2019年」という今を生きている私たちは、「2019年」から離れることができない。

2019年で生きていくしかない。

私という人間は、2019年を生きているからこそ出来上がっている存在。

「この時代じゃなければ。」

「どうして私はこの時代に生まれたのでしょうか。」

そう自分に問いかけたことは数知れない。

平成に生まれて、令和を生きている。

この時代に生まれていなければ…

こんなに苦しい思いはしなかったはずなのに。

先の見えない不安を抱えることはなかったのに。

うつ病で悩まされることはなかったのに。

成長しか見えない日本で生きられたはずなのに。

こんなはずじゃなかったのに。

時代に対する不満は溜まっていく。

「なぜ私が生まれてしまったのは、この時代だったの?」

自分が生まれた時代を恨み、生きたことのない時代に思いを馳せる。

寝ても覚めても時代は変わらない

逃げることができないと知っているから、逃げようとはしない。

でも、たまに想像してみる。

もしも、私が生まれたのがこの時代ではなかったとしたら。

私はきっと、今よりも明るい気持ちで生きていたでしょう。

私はきっと、自分をもっと大切にしていたでしょう。

私はきっと、もっと強く生きていたでしょう。

想像して、羨んで、気づく。

違う時代に生きている私は、もはや私ではないことに。

今この瞬間に生きているから、私は私なんだ。

この時代を知っているから、私が成り立っているんだ。

私は時代と共に生きているんだ。

時代の当事者。

時代とは恐ろしいもので、私たちを伸ばすものにも、脅かすものにもなる。

いつかは平成だって、令和だって、歴史の一部になる日がやって来て、「あの時代は…」と評価を下される。

その時代を生きる当事者からしてみれば、後世からの評価なんて知ったことはない。

生きるのに精一杯なんだ。

必死に時代に食らいついているんだ。

評価を下している暇なんてない。

今この瞬間を生きているから。

殺されるくらいなら、生かしにいく。

時代を恨んで、時代にしがみついて生きていれば、時代に殺されてしまうことにもなる。

流されて、揺られて、飲み込まれて。

気づいた時には「自分」なんて確固たる存在は居なくなってしまう。

毎日毎日願ったところで、時代が変わることはない。

でも、変えることはできる。

そして作ることもできる。

「時代」なんて一括りにまとめてしまえば、大きなものに感じる。

でも、その時代の中にあるのは、私たちが生きる一日一日でしかない。

私たちの一日が、いつか大きな歴史になる。

いつかの誰かが「時代」と呼ぶ。

私は時代に殺されない。

時代で私を生かしにいく。

この時代を生きる一人の当事者として。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする