2019.07.13

「もう死にたいけど、死ねない」死にたい時に思い出したい9つのこと

【目次】

「もう死にたいけど、死ねない」
生きるのが辛い。もう、寂しくて仕方ない。
死にたい気持ちはどうしたらいい?
死にたい時に思い出したい17のこと
「今死にたい」なんて言わないで…

 

「もう死にたいけど、死ねない」

「こんなに辛くて、苦しくて、寂しくて、生きていても何にも良いことなんてない。もう、死んじゃおうかな。」

生きていくことは、とっても難しく、大変なことです。

物事は、自分が思い描いている通りには動いていきません。

どれだけ努力したって、足搔いたって、全く力の及ばない理不尽なこともある。

何をしたって失敗ばかり、必死に取り組んだって責められてばかり。

こんなに一生懸命頑張ってきたのに、これほど辛い思いをしているのに、幸せになれないなんて。

自分が世界で一番辛くて不幸だ。

でもそんなことを言えば、「あなたより不幸な人はいくらでもいる」と、自分の苦しみや辛さを否定されてしまう。

誰も自分を認めてくれないし、大切にしてくれない。

もう、死にたい。

それでも、こんなに辛くて悲しくて、こんなに死にたいのに、死ねない。

生きるのが辛い。もう、寂しくて仕方ない。

人は、何かの目標や楽しみにしていること等の「希望」があるからこそ、前向きに生きていけます。

ですが、希望を抱いていた人も、それが叶わなかったり諦めてしまうと、希望を持てなくなってしまいます。

また小さくてもたくさんの希望を持っていた人でも、より大きな暗い感情で心がいっぱいになってしまえば、全ての希望を見失ってしまいます。

希望が無くなってしまうと、その後に残るのは、暗い後ろ向きな感情です。

そのような感情に心を支配されてしまうと、何をしていても疲れてしまうし、何をしてもひとりぼっちだと感じてしまいます。

自分が周りの世界から孤立しているように感じてしまい、寂しくて仕方なくなってしまいます。

では、希望を持てなくなってしまった人は、どうやって生きていけば良いのでしょうか。

死にたい気持ちはどうしたらいい?

死にたい気持ちのせいで、楽しいはずのことも楽しいと思えないし、できるはずのこともできなくなっていく。

そんな気持ちを抱えているのに死ねないと、「本当は死ぬほど辛い思いを感じてはいないんじゃないか」と思ってしまうことがあります。

ですが、そんなことはありません。

あなたが感じている、死にたいと思ってしまう程の苦しみや辛さは嘘ではありません。

どこか遠くでどれだけ悲惨な状況で生活をしている人がいるとしても、一番リアルに感じられる痛みは、自分の痛みです。

だから苦しくて辛い時には、自分以外の人と比べて自分を否定するような必要はありません。

あなたが感じている苦しみ、辛さ、寂しさ、そして死にたい気持ち。

それらを自分自身で否定することは、自分で自分を傷つけ、追い詰めることでもあります。

ですが、そんな風に自分で自分を傷つけることは、しなくてもいいのです。

死にたい時に思い出したい17のこと

死にたい気持ちになってしまっている時には、周りのことに気を遣う余裕なんてありませんし、自分自身の感情でいっぱいいっぱいになってしまいます。時にはそんな自分自身の死にたい気持ちに押しつぶされて、死という選択をしてしまうこともあります。

ですがそんな時に、思い出してほしいことがあります。

「もう辛くて耐えられない、今死にたい」

そう思う程辛いあなたも、少しだけ足を止めて、読んでいただけると嬉しいです。

1.あなたが死んで泣く人がいる

あなたが死んだら、泣く人がいます。死にたいほど辛い思いでいっぱいの人の中には、「そんなの関係ないし、どうでもいい」と思う人もいるはず。

ですが、人が死んで泣くということは、その人に「いて欲しかった」ということでもあります。その人と一緒にいて楽しかったから、その人が居なくなってしまったことが悲しくて辛いから、涙を流すのです。

2.あなたを大切にしている人がいる

死にたい気持ちでいっぱいになると、周りに意識を向ける余裕がなくなってしまい、「自分はひとりぼっちだし、誰も自分を認めてくれない。自分に価値なんかない」と思い込んでしまいます。

ですが、あなたという存在を認め、大切に思っている人はいます。どうしようもなく辛くなった時には、思い切ってあなたの身近にいる人に辛い気持ちや抱いている思いを、打ち明けてみてください。今まで見えていなかっただけで、自分のことを見てくれている人はいるということに気付けるはず。

3.死にたいと思うほど必死に生きてる

死にたいという気持ちは、強い自己否定の表れでもあります。「自分は何の取り柄もないし、生きている価値なんかない」と、自分のことを認めてあげられていないのです。

ですが、死にたいと思うということは、それだけ必死に生きてきたということでもあります。幸せを望んで、一生懸命頑張ったからこそ、「死にたい」という思いを抱くようになります。

つまり死にたいと思うあなたは、「生きている価値のない劣っている人間」なんかではないのです。

4.生きていれば、やり直しがきく

失ってしまったものや、過ぎてしまった時間を元に戻すことはできません。

ですが、生きていれば、その先も時間は続いていきます。今まで進んできた道が行き止まりだったとしても、振り返ってみれば、他にもいくつもの道が存在するはずです。

自分が拠り所にしてきたものを失ってしまうと、その先の未来が見えなくなってしまう程に悲しく、どうしようもなく不安になってしまいます。ですがそれでも生きてさえいれば、いくらでも他の道をやり直すことができるのです。

5.救いの手を差し伸べてくれる人もいる

死にたい時には、外に目を向ける力が失われてしまいます。そのため自分に対して救いの手を差し伸べてくれる人がいるなんて、全く思いもしません。むしろ「誰も私のことなんか見ていないし、居てもいなくても変わらない」と考えてしまいます。

ですが、少し周りを見渡してみるだけで、今までの自分には見えていなくても、救いの手を差し伸べてくれている人はいるのです。

6.自分を一番大切にできるのは自分

自分自身のことを否定してしまうと、世界の見方や感じ方がどんどん暗くなってしまいます。そうなると「本当は嫌われているんじゃないか」と、他人に対しても悲観的な見方をしてしまうようになります。

そんな風に、自分を大切に思ってくれている人に気付けないのは、とても寂しいこと。そのため誰かに責められたり傷つけられても、自分だけは自分のことを大切に思う気持ちを手放さないようにしてください。

7.今死んで後悔しない?

今やりたいことはありますか?行きたい場所はありますか?会いたい人はいますか?

今死んで、後悔しませんか?

死にたいという気持ちは、いくつかの要因が重なることにより生まれてきます。そして死ぬことは、そのような自分を苦しめる要因全てから逃げることでもあります。逃げるのは悪いことではありません。むしろ死にたさを感じる程に辛い場所からは、全力で逃げるべきです。ですが、逃げる方法は死ぬことだけではありません。

今死んだら後悔するかもしれないと思うなら、「死ぬこと以外の逃げ道」を探してみてください。

8.思いっきり泣けるのも叫べるのも生きてるから

悲しくて辛くてどうしようもない時は、思いっきり泣きたくなります。何をやっても上手くいかなくて、全てが嫌になったときには、思いっきり叫びたくなります。それらは全て、生きているからこそできることです。

死んでしまったら、泣くことも叫ぶことも、そして楽しいと思うことも幸せを感じることも、何にもできなくなってしまいます。死んでしまったら、悲しい気持ちや辛い思い出だけではなく、幸せな感情や楽しかった思い出も、全て失ってしまうことになるのです。

9.環境を変えたら生まれ変われる

現在通っている会社や学校、そこで関わっている人が合わなかったり、家族や恋人との生活が負担になってしまったりと、死にたい気持ちは環境によって生み出されていきます。それはつまり、環境を変えれば生まれ変われるということでもあります。

もちろん、環境を変えるだけで今まで受けた傷やトラウマがすぐに癒えるわけではありません。ですが死にたいと思うような環境から離れるだけで、あなたの世界の見え方・感じ方は大きく変わります。

そうすれば、今まで暗い感情に覆われていたあなたにも、幸せへつながる道が見えてくるようになるはずです。

 

「今死にたい」なんて言わないで…

死にたさというものは、自分一人の力だけできれいさっぱり無くせるものではありません。

死にたい気持ちで心が満たされてしまうと、どんな言葉や文章も届かなくなってしまうこともあります。

ですが死のうとしたその時に、ここまでの文章を思い出して、「他の道を探してみようかな」「少しだけ今の場所から離れてみようかな」と思ってもらえたなら、とても嬉しいです。

生きることはとても難しく、耐えられない程に辛く、悲しいこともたくさんあります。

そのような暗く辛いことが多くあった人生を歩んできたからこそ、あなたは「死にたい」という思いを感じているはずです。

そんなあなたが生きることを選び、そしてその先で、今まで感じたこともないような明るい感情や幸せに出会えることを祈っています。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする