2019.07.11

「彼氏を放っておけない」と言っている私は、自分をほっといてる。

Ayano

Ayano

誰よりも大切なのは自分。だと思っていたんだけどな...

彼氏を放っておけない性格

「彼氏は私がいないと生きていけない」「彼氏は私を必要としている」「彼氏を理解できるのは私しかいない」「彼氏は私が支えないといけない」

そんなわけない。

人は支え合って生きていくものだし、一人で生きていくことはできないけど、別れたって幸せに生きているのが現実。

放っておけない性格は、「愛されたい」という思いのもと、生まれるのだと思う。

自分がどんなに苦しくても傷ついても、彼氏を放っておけないと思ってしまう。

放っておいても大丈夫なのに。

別れたって、ピンピン生きてるのに。

その時は気づけないんだ。彼氏は私中心に生きていると思ってしまうんだ。

そんなこと思っている私の世界の中心は彼氏だ。

彼氏を放っておけない代わりに…

「彼氏を放っておけない」と言っている私は、自分をほっといてる。

どれだけの月日が流れても、どれだけ愛が深まったとしても、寄りかかる恋愛は時間が経てば経つほど心を追い詰めるんだ。

彼氏を放っておけない代わりに、自分のことは放っておいてる。

自分が幸せになる道を捨てて、彼氏と一緒にいる道を選ぶ。

それが苦しく辛いものだとわかっていても、必要とされていることに喜びを感じてしまう。

それがどれだけ苦しいかなんて、自分が一番よくわかってる。

よくないことだということも、理解している。

それなのに、いつも「放っておけないんだもん」という言葉に逃げている。

「もう、解放してほしい」

「もう一人で大丈夫だから」「もうほっといて」「もういらない」そんな冷たい言葉で突っぱねてくれないと、自分から離れることができない。

「もう、解放してほしい」と言うことができない。

自立してほしい。自分の足で歩いてほしい。自分の力で生きてほしい。

そんな思いと裏腹に、必要とされなくなった未来を想像することが怖い。

自分はどんな恋愛がしたいんだろう。

自分はどんな人と付き合いたいんだろう。

「お前なんかもういらない」「お前のこと必要としてない」なんて言われたら、きっと心が壊れてしまう。

でもそれがいいんだ。

そうでもしないと、本当の幸せを掴みにいく自信がないんだ。

必要とされること、依存されること。

依存し、依存されることで安心する恋愛ばかりしてきた。

本当はもっと幸せになる道があったはずなのに…

必要とされることや、依存されることに固執してきた。

新しい彼女ができたら、「私じゃなくてもいいんだ」「私以外の女で満足できるんだ」と思ってしまう。

それは全部、自己愛が強いだけ。

付き合っている時は、自分のことをほっといてしまうのに、別れた後は自分が大切で大切で仕方ない。

きっと恋人関係になったら、自分より彼氏が大切だけど、別れた後は彼氏より自分が大切なんだろう。

なんて身勝手な恋愛だ。

なんて自分勝手なんだ。

依存されない恋愛が知りたい。

必要とされない恋愛は知りたくない。

恋愛は思ったよりずっと、難しいものだった。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする