2019.07.11

既読スルーは脈なし⁉︎既読無視する心理と原因|LINEがこない時の対処法

【目次】

好きな人・気になる人から返信がない…
既読スルー(既読無視)とは
男性が既読スルー(既読無視)する心理
男性が既読スルー(既読無視)する原因
既読スルーは脈なし!?
LINEの返信がこない時の対処法
返信がこない時に絶対してはいけない行動
会えない時間も大切にしよう

 

好きな人・気になる人から返信がない…

あなたは「既読スルー」をされた経験がありますか?

「好きな人にLINEしたけれど、返信がない…」

勇気を出してLINEをしてみても、既読スルーをされてしまうと「私は脈なしなのかな」「もしかしたらうざいと思われているのかもしれない」と、不安でいっぱいになってしまうことも多くあるはずです。

ですが既読スルーは、必ずしも相手に対する悪意によって行われているわけではありません。

今回は、既読スルーをする人の心理や既読スルーをする原因、既読スルーをされた時の対処法をお伝えしていきます。

好きな人・気になる人から既読スルーをされてしまい悩んだり、苦しんだりした経験のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

既読スルー(既読無視)とは

それではまず既読スルーとはどのようなことを意味するのかを説明していきます。

LINE等の一部のメッセージアプリでは、相手が自分の送った文章を読んだ時に、「既読」というものが付きます。つまり相手が自分の文章を見たかどうかが、自分にもわかるようになっているのです。

そして既読を付けた、つまり文章に目を通したのにも関わらず返信をしないことを、「既読スルー」と言います。

また既読がついているのに返信が来ないと、送った側は相手から無視をされていると感じてしまいます。そのことから既読スルーのことを「既読無視」と呼ぶこともあります。

男性が既読スルー(既読無視)する心理

既読スルーをされた側は、どうして既読スルーをされたのかが分からないことも多くあります。そのため理由を考えて悩んでしまい、自分を責めてしまうことも少なくありません。

そのような人に向けて、ここからは既読無視をする人の心理についてご紹介していきます。

今まで意中の男性から既読スルーをされて苦しんだことのある人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.今忙しいだけ

既読スルーをする人の心理として、ただ単に今忙しいだけという場合があります。

仕事や何かの作業に追われていると、中々スマホを開く時間が取れないことも少なくありません。その様な人でも、何かの緊急の連絡が入るかもしれないため、とりあえず送られてきた文章だけは見るようにしているという人もいます。

つまり連絡を見る時間はあるけれど、返信をする時間が取れないために、既読スルーをしてしまうのです。

2.眠かっただけ

特に夜に既読スルーをする人に多いのが、眠かっただけというものです。

夜に布団に入りながらスマホを見ていたりすると、ついうとうとしてしまったり、眠気に負けてしまってスマホを開いたまま寝落ちしてしまうこともあります。

また相手の連絡が急を要するものでなければ、「また明日返信すればいいや」と思い、眠ることを優先し返信を後回しにしてしまうことも少なくありません。

3.返す必要がないと思った

LINE等のメッセージアプリでは、基本的に文章のみでのやり取りです。文章だけでは、相手の思いや感情を読み取りづらく、その意図や内容の受け取り方が、自分と相手とで異なってくることも少なくありません。

そのため返信が来ることを期待して送った文章でも、相手が「もうこの話は終わりかな」と思った場合には、既読スルーをされてしまうのです。

 

4.文字を打つのがめんどくさい

既読スルーをする人の中には、文字を打つのがめんどくさいと感じている人もいます。

文章を考えることが好きではなかったり、あまり得意ではなかったりすると、文字を打つことに対して億劫さを感じてしまいます。そのような人は文章上でのコミュニケーションを好まないことが多いため、相手からの連絡に対して目は通すけれど返信はせず、既読スルーをするのです。

5.電話が好き

既読スルーをする人の心理の一つに、電話が好きだということもあります。

文章では相手の思いがいまいち理解しきれないことが多いため、文章上でのやり取りに対して抵抗感を持っている人もいます。そのような人の中には、連絡を取る手段として電話を好む人が多いです。

直接会うのにはお互いの都合を合わせたりと手間がかかってしまいますが、電話はそれよりも気軽に行うことができます。そのため電話のできるときに話をしようと思って、文章には返事をしないことがあるのです。

6.そもそも人と連絡取ることが苦手

既読スルーをする人は、そもそも人と連絡を取ることに対して苦手意識を持っている場合があります。

連絡を取ることが苦手だと、とりあえず目は通しておくけれど返信はしないという行動をとることが多くあります。特に返信が必要ではなかったり、ここで話を終わらせられるなと思った時には、返信をすることはあまりありません。

そのような人の中にはスマホを確認する頻度が少ない人も多く、そもそも既読が付くのが遅い場合も多いです。

7.後で返信するつもりで忘れてた

人によっては一日に何人の人からも多くの連絡が来るような人もいます。そのような人においては、返信をするつもりはあったのに忘れてしまうということがしばしば起こります。

無視したわけではなくても、他の人からの連絡や他の作業に追われてしまっていると、その連絡があったこと自体をすっかり忘れてしまうのです。

8.内容に腹が立ってしまった

送られた内容に対して腹を立ててしまったという場合もあります。

文章だけのやり取りでは、その内容について誤解が生まれてしまうことがあります。また時にはこちらの思いと相手の理解が全く異なるような場合もあります。

そのためこちらが送った文章が、意図せずに相手のことを怒らせてしまうことも起こります。そのような場合には、送った側は相手を怒らせているとは全く思わないため、無視をされたと感じてしまうのです。

9.特に何も考えていない

特に何も考えておらず、はっきりとした理由もないけれど、既読スルーをする人もいます。

そのような人は、なんとなく気持ちが落ち込んでいたり、なんとなく連絡を確認する気が起きない等、「なんとなく」で返信をしないことが多くあります。

それは送った側ではなく、連絡を受けた側の問題なので、既読スルーをされている理由が分からずに苦しんでしまうことも多くあります。

男性が既読スルー(既読無視)する原因

ここまでは、どのような心理により既読スルーをするのかということを見てきました。

次に既読スルーをする原因となる事柄についてご紹介していきます。既読スルーをされてしまった時の自分のメッセージを振り返りながら見てみると、より参考になるはずです。

1.友達と一緒にいて返信できなかった

友達と一緒にいたために返信をすることができなかったということもあります。

すぐに返信ができるような軽い内容ならばよいのですが、そうでない場合には返信を考えるのにある程度の時間がかかってしまいます。

友達といる時には、友達との時間を大切にしたいという人が多いため、メッセージを読むだけに留めて、返信は後でしようと考えるのです。

2.疑問形じゃないから返信不要だと思った

LINE等のメッセージアプリでの文章の特徴は人それぞれ違います。

そのため人によっては文章の意図が分かりづらかったり、判断がしにくかったりということも多いです。そのような時の判断基準として、「?」等の記号があります。

「?」のついた疑問文であればこちらに返答を求めているということが一目でわかります。ですが反対に質問をしているのかどうかが微妙な文章では、「?」がついていないことにより「返信はいらないな」と判断されてしまうこともあるのです。

 

3.スタンプに対して返信できない

LINEのルールというわけではありませんが、スタンプを「話が終わりという合図」として用いる人は多くいます。そのためスタンプが送られてきたら、「もう返信しない方がいいかな」と思ってしまう場合があるのです。

またスタンプの種類によっては、表している意味や内容が抽象的なものもあります。そのため送られてきたスタンプに対して、単純にどのような返信をすればよいのかが分からないという場合も少なくありません。

 

既読スルーは脈なし!?

意中の相手から既読スルーをされてしまうと、「私のことなんかどうでもいいんだ」「この恋は脈なしなんだ」と悲観的になってしまう人は多いはずです。

ですが本当に「既読スルーをされる=脈なし」なのでしょうか?

上のグラフをご覧ください。

これは「好きな人・気になる人のLINEを既読無視をした経験があるかどうか」について、約300人の人にアンケートを行った結果です。

これを見ると、好きな人・気になる人に対して、「既読無視をした経験がある」と答えた人が約60%もいます。つまり半数以上もの人が、好きな人に対して既読無視をしたという経験を持っているのです。

この結果からも分かるように、既読無視をされてしまっても、「この恋は叶わないんだ」と諦める必要はありません。既読無視をされても「嫌われているわけじゃあないんだ」と前向きに捉えるように意識してみましょう。

LINEの返信がこない時の対処法

既読スルーをされても、脈がないというわけではないとは言いましたが、やはり返信がいつまでたっても来ないと、待ち遠しいですし不安を感じてしまうのも当然のことだといえます。

そのためここからは、LINEの返信が来ない時の対処法についてご紹介していきます。

1.一旦放置してみる

いつまでたっても返信が来ない時には、一旦放置してみるようにしましょう。

ずっと相手の返信がないかどうかを気にしていると、精神的にも疲弊してしまいますし、考えがネガティブな方向に進んでしまいがちです。

考えが悪い方へ向かってしまうと、その後の相手の関係性にも悪影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。そのため返信がなかなか来ない時には、一度放置するようにしましょう。

2.他のことをして気を紛らわす

返信が来ない時には、他のことをして気を紛らわすというのも良い手です。

特にすることがない時には、既読スルーをされているということに対して意識が向きやすくなってしまいます。そうなると他のことに手を付けられずに、時間を浪費してしまうことになります。

そのためそのような時には、他のことをして気を紛らわすようにしましょう。趣味に没頭するのも良いですし、気になる相手に振り向いてもらうために、勉強や美容等の自分を磨くための時間に使うのもおすすめです。

3.数日後に話題を変えて送る

「返信は来ないけれど、その相手とまた話がしたい!」という時には、最後にメッセージを送って数日たった頃に、話題を変えて再度メッセージを送るというのも有効です。

返信が来ない時には、相手が「この話は終わった」と思っている場合も多くあります。そのためそのような場合には、こちらから新しい話題を送るようにしましょう。そうすれば相手がまた反応を返してくれるようになるはずです。

4.時間を空けて体を気遣うLINEを送る

既読スルーをされた時には、相手の体を気遣うLINEを送るという手もあります。

既読スルーをするのは、体調を崩しているせいだという場合もあります。またそうでなくても心配をされることに対して悪い感情を持つことはほとんどありません。

そのため体を気遣うようなLINEを送れば、相手からの印象も良くなりますし、話を再開するきっかけにもなります。

ですが既読がついてさほど時間が経っていないのにそのようなLINEを送ってしまうと、相手から重いと思われたり悪印象を抱かれることもありますので、送るタイミングには気を遣うようにしましょう。

 

5.何もしないことが一番の対処法

ここまで様々な対処法をお伝えしてきましたが、「何もしない」ということが何より大切なことです。

既読無視をされてしまうと「どうして返信してくれないんだろう…」と焦ったり不安に感じたりしてしまい、自分のことしか見えなくなってしまいます。ですが相手も困らせようと思って返信をしないのではなく、返信ができないだけの理由や事情があるのです。

そのため自分の気持ちだけに囚われずに、時には「何もしない」という選択をすることも忘れないようにしましょう。

返信がこない時に絶対してはいけない行動

1.連絡の催促

対処法とは反対に、返信が来ない時にしてはいけない、注意すべき行動というものもあります。

その一つは、連絡の催促です。

返信ができない事情があるから返信をしていないのに催促をされてしまうと、人によっては非常に不快な気持ちを抱くことがあります。またそうでなくても「めんどくさい奴だな」と思われてしまうことも非常に多いです。

そのため長い間返信が来なくても、「どうして返信してくれないの?」と、連絡を催促することはしないようにしましょう。

2.スタンプ送ること

既読スルーをしている相手に対して、スタンプを送ることもしない方が良いです。

読んだ後にスタンプが送られてくると、相手は返信を急かされているように感じたり、相手が苛立っているのではないかと思ってしまいます。

自分に対して悪い感情を向けてくる人に対しては、自分も悪い感情を抱くようになることが多いです。そのためスタンプを送ることは、相手に嫌われるきっかけになってしまう恐れもありますので、気を付けるようにしましょう。

3.同じ内容をもう一度送ること

既読スルーをされると、全く同じ内容の文面をもう一度送る人もいます。ですがそれはやめるようにしましょう。

返信する暇がない人は、後で時間ができたら返信をしようと考えていることがあります。そのような時にもう一度同じ文章が送られてきてしまうと、鬱陶しさや煩わしさを相手に対して抱いてしまいます。

二人の関係性を悪化させてしまうことになるため、そのようなことは避けるようにしましょう。

4.電話すること

既読スルーをしている相手に対して電話をすることもしてはいけません。

返信をしていないのには、返信ができない理由がある場合がほとんどです。そのような時に電話がかかってくれば、今取り組んでいることの邪魔になるため、相手に対する印象が非常に悪くなってしまいます。

そのため不安な気持ちに駆られて電話をかけたくなってしまう気持ちがあっても、抑えるようにしましょう。

会えない時間も大切にしよう

既読スルーをされてしまうと、自分のことをどうでもいいと思っているんじゃないかって、不安になる。

私の言葉になんて返信する必要もないくらいに、私のことは好きじゃないんだって、悲しくなる。

そう感じてしまうことは当然のことです。

ですが相手との関係性は、LINEの上だけで成り立っているわけではありません。

たとえ相手と会えない時間があっても、話ができない時間があっても、その時間が相手との関係性を進展させることもあります。

またその人のためではなく自分のために使う時間も、よりあなたを輝かせ、魅力的に見せてくれるはずです。

自分のために、そして誰より愛しく思う相手のためにも、相手と連絡をすることができない時間も大切にするようにしましょう。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする