2019.07.06

【愛されたい症候群】愛してほしい女性必見!彼に愛される女性13の特徴

【目次】

「寂しい。」「愛してほしい。」
愛されたい症候群とは
誰かに愛されたい…必要とされたい…
彼に愛される女性13の特徴
依存は愛じゃない。空回りせず、上手に愛されよう。

 

「寂しい。」「愛してほしい。」

寂しい。愛してほしい。

心から愛されてみたい。

本当に好きな人に、誰よりも愛されたい。

今までの恋愛とは比べ物にならないくらい、自分だけを見ていてほしい。

ずっとそばにいてほしい。

愛されたいこの気持ちは、なぜだろう。

彼氏に心から愛されている人と自分は、何が違うんだろう。

なぜ、ちゃんと愛してもらえないんだろう。

どれだけ考えても、どれだけ愛されたいと思っていても、簡単にはうまくいかない。

いつだって自分が一人な気がしてしまう。

本当に愛される女性は、何をしているのか。

自分がどうしたら愛される女性になれるのか。

そこで今回は、愛されたい症候群とは何か。さらに、彼氏に愛される女性の特徴についてご紹介します。

愛されたい症候群とは

愛されたい症候群とは、誰かに愛してほしい、寂しさを紛らわせてほしいと思う感情から起こるものです。

自分の存在価値を他者に求め、人から愛されることや求められることで自分を保つこと。

幼少期のトラウマや、恋愛においてのトラウマにより、自分を心から愛すことができず、誰よりも愛されたいと思っています。

愛することよりも愛されていたい。見放されることや、離れることに恐怖を感じていて、一人でいることができません。

愛されたい症候群の人に共通するのは、人間関係の構築方法がわからないことです。

それによって、愛されていないと不安になってしまったり、一人になってしまうのではないかと不安になってしまうのです。

誰かに愛されたい…必要とされたい…

常に誰かに必要とされていたい。愛されていたい。

そうでないと、自分がここにいる意味がわからなくなってしまい、自分を保つことができなくなってしまうから。

誰かに必要とされることで、自分の存在意義になる。

でも、このままじゃいけないこともわかってる。

自分が彼氏に依存すればするほど、彼氏は他の人のところに行ってしまう。

そう思えば思うほど苦しくて、でも、依存してしまう。

離れていくことが怖いから。

他の人に取られることが怖いから。

自分に自信がないから、取られる恐怖がいつでも付きまとってくる。

でも、本当に彼氏に愛される女性は自分とは違う。

自分が求めてばかりではいけない。きっともっと他の方法があるはず。

彼氏に愛される人はどうして、愛されるの?何をして愛されたの?

彼に愛される女性13の特徴

ここからは、愛されたい症候群で悩む全ての方に向けて、彼に愛される女性の特徴についてご紹介します。

本当に愛されている女性は、依存してしまう女性と何が違うのか。

恋愛の捉え方や、彼氏との関わり方。

自分に取り入れられる部分から、少しずつ行動してみましょう。

1.素直な性格

彼に愛される女性の特徴1つ目は、素直な性格であることです。愛されたい症候群の人は、なかなか素直になることができません。離れないでほしくても、「離れないで」と言えず拗ねてしまう。

素直な性格の女性は、「寂しい」「好き」「一緒にいたい」と自分から言うことができます。我慢するよりも、言葉で伝えた方がお互いに幸せだと言うことを知っているのです。

自分の言葉で伝えるのが苦手な女性も、少しだけ素直になって、強がらずに伝えるようにしてみましょう。自分一人で想いを抱えている状態が、一番自分を苦しめてしまいます。

2.人に優しくできる

彼に愛される女性の特徴2つ目は、人に優しくできることです。人に優しくするということは、誰に対しても優しいというわけではありません。人を傷つける行為をせずに、一人一人としっかり向き合うことです。

自分のことばかり考えず、人の気持ちを考えながら行動することができます。「寂しい」「必要とされたい」「愛されたい」という感情は、誰にでもある感情です。

でも、それが自己満足になってしまうと、周りの人を苦しめてしまうことがあります。

3.相手の立場に立って考えることができる

彼に愛される女性の特徴3つ目は、相手の立場に立って考えることができることです。自分がこうしてほしい。自分がこうでなきゃ嫌だ。ということは簡単です。ですが、相手の立場に立った時に、相手を思いやれているでしょうか?

本当に彼氏を大切に思っている女性であれば、彼氏のプライベートや仕事を尊重します。彼氏の負担にならないように行動する女性が、本当に愛される女性なのです。

4.可愛いわがままが言える

彼に愛される女性の特徴4つ目は、可愛いわがままが言えることです。彼氏に負担をかけてはいけない。彼氏に迷惑をかけている。と思ってどんどん落ち込む必要はありません。

わがままを言うことは、素直になることの一つ。相手の負担にならない程度に甘えることも大切です。「今日は一緒にいたい」「ぎゅーしてほしい」「キスして?」「好きって言って?」など、可愛いと思われるようなわがままを言う女性は愛されます。

愛される女性は、彼氏が喜ぶことを理解しているのです。

5.全てを把握しようとしない

彼に愛される女性の特徴5つ目は、彼氏の全てを把握しようとしないことです。カップルでも、プライバシーや守りたいものがあります。

そのプライバシーを守ってくれない女性は、彼氏に嫌われてしまう可能性があります。「今日のスケジュールは?」「次の休みは?」「今日は誰といるの?」と聞きすぎると、彼氏は縛られていると感じてしまいます。

自分がそんなつもりなくても彼氏は、苦しい思いをしてしまいます。愛される女性は、彼氏のプライバシーを尊重し、彼氏が何も言わない時は無理に聞かないのです。

 

 

6.嫉妬しても束縛しない

彼に愛される女性の特徴6つ目は、嫉妬しても束縛しないことです。嫉妬することは悪いことではありません。

嫉妬という感情は、好きであれば当たり前に起こる感情です。ですが、それが束縛に変わった時、人は苦しさを感じます。カップルでも、お互いの生活があります。全て相手のために生きることはできません。

なので、嫉妬しても束縛しないようにしましょう。「愛されたい」「取られたくない」という感情のまま突っ走ってしまうと、余計離れて言ってしまいます。

7.ちゃんと弱音が吐ける

彼に愛される女性の特徴7つ目は、ちゃんと弱音が吐けることです。愛されたいという気持ちが強い女性は、自分の弱い部分を見せることに対して臆病になっています。

「嫌われたらどうしよう」「必要としてくれなくなったらどうしよう」と思ってしまい、自分の弱音を飲み込んでしまう癖があります。でも、彼氏には弱音を吐いていいのです。

受け止めてくれない彼氏とは、無理に一緒にいる必要もありません。お互いの弱い部分も受け入れることができるからこそ、カップルなのです。

8.甘えた分、甘やかすことができる

彼に愛される女性の特徴8つ目は、甘えた分、甘やかすことができることです。愛される女性は、自分がわがままを言ったり、甘えた分は、しっかりお礼をします。彼氏に感謝し、お返しをします。

例えば、「この前わがまま言ったから」と言ってご飯を作ってみる。「最近疲れてない?」と言ってマッサージをしてみる。そんな小さなことでも積み重ねることで大きなものになります。

何よりも、労わりあい、支え合うことが大切なのです。

9.自立している

彼に愛される女性の特徴9つ目は、自立していることです。自立することは簡単ではありません。ですが、彼氏に愛される女性は、一人の人として自立しています。

女性として素敵なだけでなく、人としても素敵なのです。仕事も頑張り、家族や友達も大切にする。そして何より、自分に自信を持っています。

小さな成功の積み重ねや、人からの言葉の積み重ねで、人は自分に自信を持てるようになります。そのためにはまず、自分が変わることが大切。寄りかかる恋愛よりも、お互いが支え合える恋愛をしませんか?

10.家族や友達も大切にしている

彼に愛される女性の特徴10個目は、家族や友達も大切にしていることです。

恋愛に溺れている時は、家族や友達が後回しになってしまいます。ですが、愛される女性は、恋愛に溺れることなく、家族や友達も彼氏と同様に大切にすることができます。

11.自分のことを愛している

彼に愛される女性の特徴11個目は、自分のことを愛していることです。これが一番大切。

自分を愛せないときに、人を愛することはできません。まずは何よりも、一番そばにいる自分を大切にして、愛してあげましょう。

その行動によって、新しい何かが見えてきます。

12.相手の喜ぶことができる

彼に愛される女性の特徴12個目は、相手の喜ぶことができることです。自分がどうしたいかばかりでなく、しっかりと彼氏のことも見つめてあげましょう。

求めてばかりの恋愛は、求められている方が苦しくなって、少しずつ崩れてしまいます。彼氏に愛される女性は、相手の喜ぶことをしてあげたり、相手の変化に気づくことができます。

13.お互いを尊重することができる

彼に愛される女性の特徴最後は、お互いを尊重することができることです。自分ばかり押し付けるのではなく、相手のプライベートや仕事も尊重してあげましょう。

「愛されたい」「必要とされたい」と思っているうちは、彼氏のことを見えていません。お互いを尊重しあうことで、お互いがしっかりと愛しあえる関係性を作ることができます。

 

依存は愛じゃない。空回りせず、上手に愛されよう。

依存することは愛じゃないのです。

「愛されたい」「必要とされたい」「一番になりたい」「寂しいから離れないでほしい」この感情は、誰にだって生まれるものです。

でも、ずっとこのままでは、心から愛すことも愛されることも難しいのです。

自分がどうしたいかばかりでなく、彼氏がどうしたいかもしっかり考えてあげましょう。

本当に愛される女性は、その行動がしっかりできているのです。

自分の思いばかり先走ってしまい、空回りしてしまう。

誰だって経験することです。悪いことではありません。

でも人は、カップルになることすら難しい。

そんな中一緒になれた今の彼氏を、心から大切に思っているのなら…

上手に愛される方法を試してみませんか?

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする