2019.07.04

男性にも生理がある!メンズ生理の意味とは?「男の子の日」の症状とは?

【目次】

男性にも生理があるって本当?
メンズ生理の意味とは
「男の子の日」の症状
なかなか理解されないメンズ生理
女性が理解する大切さ。

 

男性にも生理があるって本当?

あなたは男性にも生理があるということを知っていますか?

女性には約一カ月に一度生理が来るということは、男女問わず知っている人も多いと思いますが、実は男性にも生理はあるのです。

このことは女性だけでなく、自分自身の身に起こっているはずの男性ですら、知らない人も多くいます。

ですが、生理だとは理解していなくても、定期的に身体的・精神的な不調を感じるという人は少なくないはず。

今回はそのような自身の不調に悩んでいる人や「身近にいる男性のために理解しておきたい!」という女性のために、まだまだ知られていない「メンズ生理」についてご紹介していきます。

メンズ生理の意味とは

そもそもメンズ生理とはどのような意味なのでしょうか。

女性の生理の仕組みとしては、女性ホルモンの分泌量の低下により、子宮内膜が血液と共に体外に排出されることで起こります。

男性には子宮がないため、メンズ生理に関わってくるのは、子宮ではなく「骨盤」です。女性の場合は、生理周期に合わせて骨盤が開閉しますが、男性の骨盤も周期的に開閉しており、それによって自身に影響を及ぼすことがあります。

骨盤が閉じている時には、身体的にも精神的にも好調なことが多いですが、骨盤が開いている時は、様々な不調が出てきてしまいます。つまりその骨盤の開いている時のことを、メンズ生理というのです。

「男の子の日」の症状

それではここからはメンズ生理が起きている期間、つまり「男の子の日」に出てくる具体的な症状についてご紹介していきます。

今まで生理だとは思っていなかったけれど定期的に体調を崩していた人は、自分の体調がどのような変化をしていたかを思い出しながら読んでみてください。

1.イライラする

女性の生理の症状にもあるように、男性の生理の症状の一つに、イライラするというものがあります。

メンズ生理中には、普段なら特に気にならないようなことが、どうしても気に障ってしまいがちです。また無意識の内に、周りの人に対する言葉遣いや態度が荒っぽくなってしまったり、雑になってしまうということもあります。

そのため家族や恋人等の身近な人とのケンカやトラブルが起きやすくなってしまうのです。

2甘いものが食べたくなる

男性も、生理中には甘いものが食べたくなることがあります。

先ほどもご紹介したように、生理中にはイライラしたり、精神的な不安定さが増してしまいます。甘いものを食べると、幸せホルモンともいわれるセロトニンが増加するので、そのイライラを静めるために体が甘いものを欲するようになるのです。

ですがその時点でのイライラは解消できても、甘いものばかり食べることは後々に体に悪影響をおよぼしてしまうので、気を付けるようにしましょう。

3.疲労を感じやすい

疲労を感じやすいというのも、メンズ生理の症状の一つです。

「普段と同じ仕事量で、その内容もいつもと変わらないのに疲れてしまう…」ということを感じる時は、生理が来ているという場合もあります。生理中には少し活動しただけでも、体がだるくなってしまったり、疲労感を抱くようになってしまいます。

また疲労を感じやすいため、いつも通りの作業がこなせなかったり、無理をしてしまって身体的な不調につながってしまうということも少なくありません。

4.体のむくみを感じる

女性と同様に、男性も生理中には体のむくみを感じやすくなることがあります。顔や足等、体にむくみを感じている時は、生理かもしれないということを意識するようにしましょう。

むくみを解消するためには、体のマッサージをすることが効果的です。またずっと同じ姿勢でいると、よりむくみやすくなってしまいますので、定期的に体を軽く動かすことを心掛けてみてください。

5.お腹が空きやすい

男性の生理時には、お腹が空きやすくなることもあります。

女性の生理時には、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの働きが活発になることにより、食欲が増加してしまうことが知られています。それと同様に男性も生理中には食欲が増えてしまうのです。

食事の量を小分けにして食べる回数を増やしてみたり、食べる順番に気を遣ってみたり、自分に合った工夫をして必要以上に食事をしてしまうことを防ぐようにしましょう。

6.集中力が低下する

集中力が低下するのも、メンズ生理中に表れる症状の一つです。

そうでない時と比べて物事に対する集中が続かなくなってしまうので、作業の効率や成果が低下してしまいます。

集中力が下がってしまうと、仕事はもちろんその他の多くのことにも悪影響を及ぼすことがあります。そのため自分なりに切り替えのスイッチを決めたり、集中力が切れた時には思い切って作業を中断して気分転換をしたりするようにしましょう。

 

 

7.体の変化に敏感になる

メンズ生理中には、体の変化に対して敏感になりやすいです。

そうでない時には全く気にもならなかったような小さな体の不調が、生理中にはより強く感じられるようになってしまいます。そのため頭痛や腹痛等の様々な身体的な不調が起きるようになってしまうのです。

そのため体の不調が続くメンズ生理中には、普段より自身の体を労わるようにしてあげて下さい。

8.センシティブになりやすい

メンズ生理中には、体だけではなく心の動きにも敏感になります。

そのため些細なことで傷ついたり、相手の言葉や行動をネガティブに捉えたりということが多くなってしまいます。また感受性が敏感になることにより、精神的に不安定になりやすくなってしまうため、気分の落ち込みや感情の起伏の激しさが増加するということも起こりがちです。

そのため生理中には、普段よりも自分の心を丁寧に扱うように意識してみてください。

なかなか理解されないメンズ生理

メンズ生理というものは、非常に理解されにくい。

女性の生理というものは、出血等の外見的な症状が出てくるため、周りの人から理解されないような事態はあまり起こりません。

ですが男性の生理においては、外から見て分かるような症状はありません。

また気分の落ち込みや体の不調等は、必ずしも生理中にしか起きないというわけではないため、より生理が起きているということが理解されないのです。

男性の多くは「生理は女性の体に起こること」というイメージを持っているため、男性自身も気づいていない場合もあります。

また女性と同様にその症状に個人差が大きいことからも、理解が進まない原因の一つです。

女性が理解する大切さ。

男性にも生理があるということを、女性が理解してあげるということも大切です。

自分の恋人や家族が、突然機嫌が悪くなったり無気力になったりすると、反感や不満を抱いてしまうことは多くあります。

ですがそれはその人の意思や努力でどうにかできるものではありません。

そのため身近にいる男性が、「ここのところいつも辛そうにしているな」と感じたら、その人の体調や心の動きに気を遣うようにしてみましょう。

またそれとは反対に、男性が女性の生理に対する理解をすることも重要です。

自分の身に起こっていることではないからという理由で、女性の生理を軽視してしまう人も中にはいます。

ですが男性にも生理はありますし、そもそも家族や恋人等の自分の身近な相手と快適に過ごすためには、互いに相手に気を配ることは不可欠です。

相手の感じている体や心の不調を否定せずに、お互いに相手を大切に思い、尊重する気持ちを忘れないようにしてください。

 

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする