2019.07.02

恋人だからって、同じ方向見て歩く必要なんてないんだよ。

Ayano

Ayano

愛の色は、赤。愛の形は、ハート。もっといびつでいい。 色も形ももっと個性的でいい。

恋人との関係性

恋人と価値観を統一しようとする。

恋人と同じ方向を向こうとする。

愛しているからこそ、同じ方向を見て歩きたいという気持ちはよくわかる。

でも、わざわざ頑張って同じ方向歩く必要なんてないんだよ。

人には様々な感性があって、理系の人もいれば文系の人もいる。

論理を大切にする人もいれば、感性で生きる人もいる。

違う価値観で生きてきた二人の価値観を統一する必要はない。

恋人との関係性は難しいもの。

 

価値観の不一致

「価値観が合わない」と言って別れるカップルもいる。

同じ環境で生きてきたわけではない二人が、価値観を統一させることは難しい。

価値観が合わなくて当然なんだ。

価値観が合わなくていいんだ。

それでもいいんだ。

違う方向を向いて歩いてもいいんだ。

そこに信頼関係と愛があれば、価値観が合わなくてもいいんだ。

違う方向を向いて歩くことに違和感を感じるかもしれない。

距離を感じてしまうかもしれない。

でも、その距離感も大切なんだ。

ずっとくっついて歩く必要なんてない。

もちろん、価値観が比較的合う人と一緒にいた方が楽だと思う人もいる。

様々な人がいるから、たくさんのカップルがいる。

それぞれ愛の形は違うんだ。

愛の色は、赤。愛の形は、ハート。

愛の色は、赤。愛の形は、ハート。

そう決めたのは誰なんだろう。

その価値観だって、合わなくていい。

愛の色は、カップルによって違う。

個性的な男女が寄り添いあって混じり合って色ができる。

だから、赤だなんて決める必要もない。

個性的な男女が寄り添いあって混じり合って形が作られる。

だから、ハートだなんて決める必要もない。

もっといびつでいい。

色も形ももっと個性的でいい。

恋愛の概念

休みの日にデートして、手を繋いで抱き合ってキスをして。

付き合うまではセックスをしない。

恋人は異性でなければいけない。

付き合ったら結婚を見据えて、先が見えなくなったら別れる。

恋人以外の気になる人と二人でご飯に行かない。飲みに行かない。セックスしない。

恋人以外の人と愛の形を作ったら、浮気だと言われる。

そんな固定概念に縛られる必要ない。

カップルによって愛の形は違っていいんだ。

もっと自由に、もっと楽に、もっと素敵に、もっと自分たちらしく恋愛したらいい。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする