2019.06.30

Xジェンダー・無性別とは?エックスジェンダー6つの特徴&恋愛の形

目次

Xジェンダー・無性別とは?
トランスジェンダーとXジェンダーの違い
エックスジェンダー6つの特徴

エックスジェンダー恋愛の形
それぞれの価値観で生きること

 

Xジェンダー・無性別とは?

「Xジェンダー」という性別をご存知でしょうか。

Xジェンダーの読み方は「エックスジェンダー」で、「無性別」ともいいます。

その意味は「男性・女性の両方の性質を併せ持つ性別」もしくは「男性・女性のどちらでもない性別」のことを表します。

「男性・女性」を基本として性別を捉えている人は多いため、それに囚われないXジェンダーというものに対して、いまいちピンとこない人も多くいるはずです。

また自分の性別に対して違和感は感じるけれど、はっきりとした自分の性別が分からないと悩んでいる人もいます。

そのような人に向けて、Xジェンダーについてご紹介していきます。

1.両性

Xジェンダーの中には、さらにいくつかの種類があり、その内の一つが「両性」です。

両性の人の中には、二つの性別がそれぞれ存在しています。つまり両性の人は、男性でも女性でもあるのです。

両性の人は、男性と女性が混ざり合っているのではなく、自分の中に二つの性別が独立して存在しています。そのため人によっては場面や状況、その日の体調や気分によって、どちらかの性別が強く表出されるという場合もあります。

2.無性

無性の人は、自分のことを「男性でも女性でもない」と認識しており、男性・女性という表現の仕方は、自分の性別を表すのには適切ではないと考えています。つまり「男性・女性」とは異なる枠組みの中に、自分の性別が存在していると感じているのです。

無性の人は、一般的な性別区分の中に自分の拠り所を見出すことができないため、世間に対する疎外感や自己否定感を感じてしまい、傷ついてしまうことも多くあります。

3.中性

中性というのは、「男性と女性との間に存在している性別」を表します。

両性のように男性と女性それぞれが独立して存在しているのではなく、男性と女性という二つの性別の特徴・性質を部分的に併せ持っています。またどちらの性質がより多いかという割合は人によって大きく異なります。

そのため中性と一口に言っても、男性に近い人や女性に寄っている人等、その性自認の在り様は様々です。ですがそのような場合でも、男性・女性として扱われることには、強い拒否感を抱くことが多いため、中性の人と関わる時には、注意をするようにしてください。

4.不定性

不定性の人は、性自認が流動的であり、いくつかの性別の間で性自認が推移していきます。つまりその時の状況や自分の心境、出かける場所や会う人等の様々な要因によって、性別が変化していくのです。

その推移する性別に関しては、人によって様々なパターンがあります。男性・女性の間で推移する人もいますし、女性と中性の間や、無性と男性の間で動いていく場合等、人によって千差万別なのです。

トランスジェンダーとXジェンダーの違い

Xジェンダーと混同されやすいものとして、トランスジェンダーがあります。トランスジェンダーとは、「身体的な性」と、自分をどの性別だと認識しているかということを表す「性自認」とが異なっている場合のことを指します。

そのため「男性の身体を持っている性自認が女性の人」や「女性の体を持っている性自認が男性の人」のように、「自分は男性/女性だ」と思っている人等がトランスジェンダーに含まれます。

またXジェンダーも「身体的な性と性自認が異なっている」という条件に合致します。つまりトランスジェンダーの中に、Xジェンダーも含まれているのです。

エックスジェンダー6つの特徴

服装や身なりというものは、自己を表現する手段の一つです。それでは男性・女性という価値観とは異なる価値観を持つXジェンダーの人は、どのような服装をして、自分を表現するのでしょうか。

そのような疑問を持つ人に向けて、Xジェンダーの人の特徴や直面しやすい悩みについて、服装という観点から説明していきます。

1.男性で中性的な格好をする

身体的な性が男性で、中性または無性という性自認を持っている人の中には、中性的な格好をする人がいます。

中性や無性という性自認を持っていても、身体的な性が男性だと、男性として扱われることが非常に多くあります。ですが性のカミングアウトをすることはとても勇気のいることです。またXジェンダーという性別は一般的な認知が十分だとは言えません。

そのため自分が女性になりたいわけではないけれど、男性として見られることには抵抗感を持っているため、男性らしい服装は避けるようにして、中性的な格好をすることがあるのです。

2.女性で中性的な格好をする

身体的な性が女性であり、性自認が中性・無性の人の中にも、中性的な格好をする人もいます。

身体的な性で性別を判断されてしまうことは多いため、性自認が女性でなくても女性として扱われてしまうことは多くあります。そのため自分を女性として認識されることに抵抗感がある人は、中性的な格好をすることがあるのです。

ですが中性的な格好をしている女性は「ボーイッシュ」な服装が好みなのだと捉えられてしまうこともあるため結局女性として扱われてしまうことも少なくありません。

3.男性で女性らしい格好をする

身体的な性が男性で、女性らしい格好をする人もいます。そのような人の中には、女性寄りの中性の人や、女性性が強く表れている時の両性、無性の人等、様々な性自認を持っている人が、女性らしい格好をすることがあります。

ですが女性らしい服装には、一般的には男性が身につけるイメージのないスカートやかわいらしいものが多くあります。そのため本当はそのような服装が自分に合っていると思うけれど、他の人の目が気になってしまい、自分らしい格好ができないと悩んでいる人もいます。

 

4.女性で男性らしい格好をする

身体的な性が女性で、男性らしい格好をする人もいます。男性性が強く表れている両性の人や、男性寄りの中性、無性の人がそのような服装をすることが多いです。

このような人の中には、いわゆるボーイッシュと言われるような中性に近いような男性的な服装を好む人もいますし、より男性らしい服装を好むような人もいます。そのため恰好の男性らしさの程度というのも、人によって変わってくるのです。

5.男性で男性らしい格好をする

「男性で男性らしい格好」と聞くと、当たり前ではないかと思う人もいるはずです。ですがここでは、身体的な性は男性で、性自認が、男性性が強く出ている時の両性、男性寄りの中性、無性の人のことを指します。

またこのような服装をする人の中にも、女性らしい服装をしたり、中性的な格好をしたりと、その日の気分や会う人、行く場所等によって服装を変える人も多くいます。

6.女性で女性らしい格好をする

こちらに関しても、身体的な性は女性であり、女性性が強く出ている時の両性や、女性寄りの中性、無性の人等、多くのパターンが存在します。

ですが男性らしい格好をする男性も同様の問題を抱えやすいのですが、女性らしい格好をする身体的な性が女性である人は、ただ単に「女性」として認識されることが非常に多いです。そのため自分らしい格好をしているだけなのに、自分の性自認と、周囲からの扱われ方や認識とのギャップに苦しんでしまう人も少なくありません。

エックスジェンダー恋愛の形

ここからは、Xジェンダーの人はどのような形で恋愛をするのかということについて説明していきます。

性別を判断する際には、性的指向と性自認という二つの要素が重視されることが多くあります。性的指向とは、「どの性別の人にたいして恋愛感情を抱くか」と意味を表します。そしてこの性的指向は、性自認とは関係ありません。

そのためXジェンダーの人の中にも、「女性に好意を抱く人」、「中性に好意を抱く人」等、様々な人がいます。また「男性と中性に好意を抱く人」、「男性と女性と両性に好意を抱く人」等、複数の性別に対して性的指向をもつ人もいます。

よくある誤解として、「両性の人は男性と女性の両方に恋愛感情を抱く」と思われがちなのですが、その通りである場合もありますし、もちろんそのどちらかにしか恋愛感情を抱かない人もいるのです。

そのように性自認から勝手に性的思考を判断されてしまうことに抵抗感を持つ人もいるので、セクシュアリティについて話すときは、性自認と性的指向の二つの基準を混同しないように注意するようにしてください。

それぞれの価値観で生きること

Xジェンダーという言葉は、比較的最近作られた言葉であり、その定義も人によって様々です。

そのため今回説明した定義とは、異なる理解の仕方をしている人ももちろんいます。

でもそれでも問題はありません。

なぜならXジェンダーを理解する時に大切なのは「男性・女性という既存の価値観に囚われない」ということだからです。

自分の性別に対して疑問を抱く人が、男性や女性、LGBTという考え方以外にも、Xジェンダーという性別があると知ることによって、自分らしく生きられるようにするための考え方だとも言えます。

自分の持っている価値観を否定して、「常識」とされている型に自分を押し込めてしまう人は多くいます。

ですがそれは自分を自分で認めてあげられていないということでもあり、とても苦しいものです。

そんな風に自分を傷つけてまで、「常識」や「当たり前」に囚われる必要はありません。

自分の持っている価値観をありのままに受け止めて、「自分らしさ」を大切にしながら生きる。

この記事が、そのような生き方をするための手助けになれたなら幸いです。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする