2019.06.25

「忘れなよ」「もう会わないほうがいいよ」なんて…わかってるよ。

友達にどんなに否定されても…

友達に「元彼と別れたけど…まだ好きで…」なんて相談をした時や、「好きな人に彼女いて、浮気相手になっちゃった…」と相談した時。

否定されるなんてわかってる。

友達は私を大切にしてくれるんだってわかってる。

でも、「忘れなよ」「もう会わないほうがいいよ」なんて言われても、そんな簡単に諦められそうにないや。

純粋な愛じゃないのも、わかってる。

彼女がいることに悔しいと感じたり、別れた元彼に見返したいと思っている時点で、自己愛で純粋な他者愛じゃない。

でも、でも、でも。

簡単に忘れることなんてできそうにないよ。

何度もタラレバを重ねた。

「あの時、こうしていれば。」

「あの時、こうだったら。」

そんなタラレバを繰り返しながら、忘れることもできないまま、時間だけが流れていく。

きっと最後は忘れることができるってわかってる。

今の気持ちは一時的な感情なんだってわかってる。

そのタラレバは、今だけなんだってことも…わかってる。

でも、今辛いんです。

今辛いから、今どうにかしたいんです。

「いつか忘れる」なんて言葉、言われなくてもわかってる。

やっぱり恋愛は、自分をどんどん嫌いにさせるだけで、私を前に進めてくれない。

当たり前が当たり前じゃないと知った

一緒にいることが当たり前。

迎えに来てくれること、いいところに連れてってくれるのが当たり前。

あなたが私を好きなことは当たり前。

そんな当たり前は、当たり前じゃなかったと知った。

当たり前なんてどこにもなくて、どれだけ大切かなんて失うまで気づくことができない。

なぜ人は、失うまで気づけないんだろう。

なぜ人は、何度後悔してもまた後悔を重ねるのだろう。

幸せになりたい。

いつだって私たちは、幸せになりたい。

幸せになりたくて、恋をする。

そしてまた傷つく。

人生は平坦じゃなくて、幸せなことだけじゃ人生楽しくないなんて、わかってる。

でも、それでも私たちは幸せになりたいと願っている。

何が幸せなんだろう。

男性に泣かされる人生は、決して幸せじゃない。

でも、泣かすような男でも、その人がいいと思ってしまう。

最低だ。私、どこまでも最低なんだ…

「幸せになりたい」という言葉と裏腹に、不幸な道ばかり歩む。

これだから恋愛感情というものが嫌いだ。

それでも、私たちは恋愛することを諦めない。

いつかきっと、幸せになれると信じて、また今日も新しい恋をする。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする