2019.06.25

愛されてると思いたい!愛情表現が苦手な彼氏に愛の言葉をもらう方法!

目次

彼氏に愛されてると思いたい…
愛情表現が苦手な彼氏。
愛情表現をする6つのメリット

愛の言葉やキスを促す小さなきっかけ
愛情表現が下手な彼にしてはいけないこと
愛情表現が少ない日本人。
幸せで居たいから…愛情表現は大切なんです!

 

彼氏に愛されてると思いたい…

草食系男子が増える一方の今、彼氏から愛の言葉をもらったり、愛情表現してもらうことがどんどん少なくなった。

「愛してる」と言ってる自分に恥ずかしくなっちゃって、なかなか言ってもらえなくなった。

でも女の子はいつだって、彼氏に愛されてると思いたい。

愛情表現を求めてしまうものなんだ。

愛情表現をしてもらえないことに、不安になってしまうものなんだ。

お願いだから「好きだ」と言って。

お願いだから「愛してる」と言って。

お願いだから、何気なく抱きしめてキスしてよ。

愛情表現が苦手な彼氏。

愛情表現をすることが苦手な彼氏。

一緒にいるときにいい雰囲気になっても何もしてくれない。何も言ってくれない。

「ねぇ、本当に愛してる?」なんて聞くのも違う。

愛してくれているから、付き合っているんだ。

そんなことはわかってる。

でも、言葉や行動がなければ不安になってしまう。

愛情表現してほしい。少しでいいから、お願い…

そこで今回は、愛情表現してくれない彼氏に悩む女性に向けて、愛情表現をするメリットや、彼氏に愛情表現してもらう方法をご紹介!

さらに、愛情表現が下手な彼氏に絶対にしてはいけないこともご紹介します。

愛情表現をする6つのメリット

人は、なぜ愛情表現するのか。そして、その愛情表現は恋愛において必要なのか。

愛情表現には様々なメリットがあります。カップルにとって愛情表現はとても大切なものなのです。

そこでここからは、愛情表現をする7つのメリットについてご紹介します。

1.お互いの愛を確認できる

愛情表現をするメリット1つ目は、お互いの愛を確認できることです。付き合っていても愛が冷めていることがあります。「別れる理由もないし」「他に好きな人がいるわけでもないし」なんて理由で別れないカップルもいます。

なので、愛を確認し合うことはとても大切なことなのです。ですが、日常から愛情表現をしていれば、確認する必要がありません。なので、愛情表現は付き合っていく上でとても大切なのです。

2.信頼度が増す

愛情表現をするメリット2つ目は、信頼度が増すことです。お互いがお互いを好きだという信頼感はとても大きいもの。信頼し合っているカップルは簡単に不安になりません。信頼し合うということは、付き合っていく上でとても重要なこと。

お互いが「裏切ってるかもしれない」「この人は信用できない」「いざという時に頼れる恋人じゃない」と思いながら付き合っていると、深まるはずの愛がどんどん冷めてしまいます。なので、愛情表現することで、信頼度を深めていきましょう。

3.不安にならない

愛情表現をするメリット3つ目は、不安にならないことです。愛情表現がないと、「この人、私のこと好きかな?」「この人、浮気してるんじゃないかな?」「この人、もう別れたいんじゃないかな?」と思ってしまいます。

この不安感は大きくなればなるほど、お互いの関係に溝を作ってしまうのです。なので、愛情表現は大切で最愛の恋人を不安にさせない一つの要素として、捉えましょう。

4.浮気や不倫の確率が減る

愛情表現をするメリット4つ目は、浮気や不倫の確率が減ることです。カップルの場合でも夫婦の場合でも、愛情表現がなくなってしまうことに変わりない。

「恋人が愛情表現してくれなくて不安だから他の人と浮気してしまう。」なんてことも少なくありません。お互いが裏切るような行動をしないためにも、愛情表現することはとても大切なのです。

5.ずっと一緒にいたいと思える

愛情表現をするメリット5つ目は、ずっと一緒にいたいと思えることです。これは、マンネリしないことにも繋がります。半年から一年経つ頃に訪れるマンネリ。どんなカップルでも悩むポイントです。

このマンネリは訪れてからでは解決しづらいもの。なので予防することが大切なのです。そのためにもお互いが「ずっと一緒にいたい」と思える関係を作りましょう。

6.「この人でよかった」と思える

愛情表現をするメリット6つ目は、「この人でよかった」と思えることです。付き合ってから時間がたてば経つほど、一緒にいることが当たり前になってしまいます。

「本当にこの人と一緒にいて幸せかな?」「もっといい人いるんじゃないか」なんて思ってしまうことも…でも、愛情表現を繰り返すことで、「やっぱりこの人を選んでよかった」と思えるのです。

 

 

愛の言葉やキスを促す小さなきっかけ

ここまで愛情表現をするメリットについてご紹介してきました。

カップルにとって、愛情表現をすることは本当に大切なのです。

でも、彼氏が愛情表現してくれなかったら意味がない…自分ばかりしていたら、なんかバカみたい…

そこでここからは、彼氏に愛情表現してもらう方法についてご紹介します!

1.「ねぇ、好き?」と直球に聞く

彼氏に愛情表現してもらう方法1つ目は、「ねぇ、好き?」と直球に聞くことです。言ってくれないなら聞くしかない!「うん」と言われたら嬉しいけどちょっと物足りない。なので、「うんじゃなくて?好きなの?嫌いなの?」と聞くと、「好きだよ」と言ってくれます。

ですが、これは何度も繰り返すと「めんどくさい」「重たい」と思われてしまうので、何度も聞いてはいけません。バランスを気をつけましょう。

2.「キスして」と言う

彼氏に愛情表現してもらう方法2つ目は、「キスして」と言うことです。自分から「キスして」といえばキスしてくれます。普段そんなこと言わない彼女が言ってきたら、なお可愛い。

上目遣いで素直に見つめて「キスして」と言うのも、恥ずかしがりながら俯いて「キスして」と言うのも、どちらにせよ彼氏をドキドキさせることができます!

3.自分からたくさん褒める

彼氏に愛情表現してもらう方法3つ目は、自分からたくさん褒めることです。人に何かをしてもらいたいときは、まず自分からすることが大切。普段自分も愛情表現をしていないなら、相手もしてくれません。

なので、自分から褒めるようにしましょう。「なんか最近かっこよくなった?もっと好きになっちゃう。」と言えるようになりましょう。

4.たくさん甘えて「可愛い」と思わせる

彼氏に愛情表現してもらう方法4つ目は、たくさん甘えて「可愛い」と思わせることです。普段の生活で愛情表現してくれないのであれば、特別なことをすれば愛情表現してくれます。

なので、たくさん甘えて「可愛い」「好きだよ」と言わせましょう。言葉にするのが苦手な人であれば、キスしてくれたり抱きしめてくれることがあります。なので、まずは「この子と付き合えて幸せだな」と思わせましょう。

5.毎回「ありがとう」の後に「好きだよ」をつける

彼氏に愛情表現してもらう方法5つ目は、毎回「ありがとう」と言うときに「好きだよ」を付け加えることです。彼氏が洗い物をしてくれた時に「ありがとう。好きだよ。」と伝えましょう。

「好きだ」と言う言葉は何度言ったって特別なもの。言い過ぎたら重みがなくなるなんて言う人もいますが、言わないことで大切な恋人を失いたくない。なので、思っていることはちゃんと伝えましょう。相手からも、「好きだよ」が返ってくるようになります。

 

愛情表現が下手な彼氏にしてはいけないこと

ここまで愛情表現を促す方法についてご紹介してきました。

それでも、愛情表現が苦手な彼氏。絶対に「なんで?」とキレてはいけない。

そこでここからは、愛情表現が下手な彼氏にしてはいけないことについてご紹介します!

1.「もう好きじゃないの?」と聞く

愛情表現が下手な彼氏にしてはいけないこと1つ目は、「もう好きじゃないの?」と聞いてしまうことです。好きだから付き合っているんです。好きだから別れていないんです。絶対に好きに決まってるんです。

なのに、「好きじゃないの?」と聞かれたら、「なんでそんなこと聞くの?」と喧嘩になってしまう場合があります。なので、「もう好きじゃないの?」「冷めたの?」と聞くのはやめましょう。そこから別れ話に発展してしまうこともあるのです。

2.「愛されてる気がしない」と言う

愛情表現が下手な彼氏にしてはいけないこと2つ目は、「愛されてる気がしない」と言ってしまうことです。「愛してないんでしょ」「愛されてる気がしない」「私たちなんで付き合ってるの」と言ってしまうと、彼氏も「なんでわかってくれないの」とイライラしてしまいます。

なので想像から発言して、彼氏を傷つけることは避けるようにしましょう。お互いにいい気持ちになりません。

3.「私のことめんどくさいと思ってるんでしょ」と言う

愛情表現が下手な彼氏にしてはいけないこと3つ目は、「私のことめんどくさいと思ってるんでしょ」と言ってしまうことです。「どうせ、もう好きじゃないんでしょ」「どうせ、重たいと思ってるんでしょ」など、「どうせ〇〇と思ってるんでしょ」と言う言葉は相手の感情を無視して勝手に自分が発言していること。

好きだと言ってほしくて、別れを引き止めてほしくて、マイナスな発言をするのはやめましょう。幸せから遠ざかってしまいます。

 

幸せで居たいから…愛情表現は大切なんです!

幸せでいるためには、愛情表現はとっても大切なのです。

今まで違う人生を歩んできた二人がわかり合うことは、とても大変。

でもだからこそ、愛情表現でお互いの気持ちを表現し合うんです。

キスしたりハグしたり、「好きだ」と伝えたり…

好き同士だからできること。

「好きだ」って言葉も、キスもハグも、永遠にできるとは限らないんだから。

できるうちに、しておくことが大切なんです!

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする