2019.06.24

怒っているけど、怒っているんじゃない。怒りは苦しみのサインなんだ。

久保佳奈子

久保佳奈子

素直な自分が分からなくて。ごめんなさい。

湧き上がる怒り

止まらない。

止めることができない。

私は今、怒っている。

何かにこの怒りを、やるせない気持ちを、ぶつけたい。

「どうして怒っているの?」「分からない。」

怒っていたら、当然人は不思議に思う。心配もするし、嫌な気持ちにもなるだろう。

だから「どうして怒っているの?」って聞かれるのも当たり前。

でも、それが分からないんだ。

私は一体、どうして怒っているんだろう…。

自分でも分からない時がある。

そして怒りは、より一層大きなものへとなっていく。

わがままだよね。ごめんね。

本当は悲しかった。不安だった。

怒りは、二次感情。

怒りの底にあるのは、「悲しみ」とか「苦しみ」とか「不安」とか、そういう負の感情。

それをどう表現していいか分からなくて、私は怒ってしまう。

本当はいつも不安で不安で、不安で。

どこにいても何をしていても、私の不安が消えることはない。

そしてその不安とずっと一緒にいるのがとても苦しい。

だから「怒り」にすることで逃げているのかもしれない。

私の怒りは、私に残された逃げ道だったのかもしれない。

怒りは苦しみのサイン

「怒る」って、悪いことだと思われている。

私もそう思う。他人が怒っている姿を見ると、苦しくなる。

だからなおさら、自分が怒ってしまうことに対して嫌悪感がある。

でも、怒りが湧いてくる時、私は苦しんでいるんだ。

苦しいよ、辛いよ、悲しいよ、寂しいよ。

そんな気持ちを「怒り」に込めて発散しようとしているんだ。

怒りは私が苦しんでいるサイン。

自分に向けた「助けて」のサイン。

怒っている時こそ、冷静になろう。

未だに私は、しょっちゅう怒っている。

何で怒っているのかも分からないのに、怒っている。

もう全部壊してしまいたくて、壊れてしまえと願って、怒り散らすこともある。

そして、怒りと向き合うようになって時間が経ち、そんな自分を客観的に見れる自分も出てきた。

あ、今の私は寂しいんだな。

今の私は、怖いんだな。

私は不安だから、怒っているんだな。

冷静に自分を見つめることができている自分が誕生した。

そして私は、そんな自分に素直になることにした。

怒っている。でも、怒っているんじゃない。

本当は、不安なんです。

そうやって素直な自分の感情を認めるようになった。

大丈夫。怒れるだけの感情が残っている。

怒りと向き合うのは、難しいことだ。

怒りたくなんてない。でも素直になれない。素直な自分の感情が分からない。

思えば思うほどに、怒りが溜まっていくこともある。

決して簡単なことじゃないけれど、向き合わなければ自分の怒りに殺されてしまう。

怒りによって、余計に苦しみを抱えてしまうことになってしまう。

だから私は、怒りと向き合い続ける。

怒れるほどにはまだ残っている私の感情と向き合う。

そうやって生きているうちに、怒りが小さく消えていくから。

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする