2019.06.20

叶って欲しいはずの恋よ、どうか叶わないで。

電波でつながる深夜のこと。

深夜1時。

お風呂上がりに、電話が鳴った。

スマホのバイブ音に合わせて、心拍数が上がっていく。

あなたからだ。

出ようかな。
出ない方がいいのかな。
緊張するな。
いやでも、出たい。

一瞬の間に頭の中で考えを張り巡らせる。

迷っても、結局出るのにね。

少しの躊躇を感じながら、電話を取る。

「…もしもし。」

「もしもし。」

たった四文字のこの一言に、全身が翻弄される。

望んでいる答えをください。

普段は口数の少ないあなたが、今日は妙によく喋る。

嬉しいことがあったのかな。

電話の向こう側にいるあなたの姿を想像する。

あなたは今、何を着ている?

あなたは今、何を飲んでいる?

あなたは今、どんな顔をしている?

あなたの心には、私以外の誰かがいる?

あなたは、なぜ私に電話をかけてきたの?

聴きたいことはたくさん。

何一つ尋ねることはしない。

贅沢な私は、答えが欲しい。

私が望んでいる答えだけが欲しい。

望んでいる答えじゃなかったらと考えて、怖くなる。

だから何も聴かずに、会話を続ける。

あなたに動かされる私の心臓

居心地の悪い、沈黙の時間。

何か喋った方がいいのかな、なんてちょっぴり焦って、胸は変な高まりを覚える。

結局言葉は出てこなくて、黙ってしまう私。

あなたがまた口を開く。

ああ、きっとあなたは今笑っている。

それだけで、私の心は十分。

焦りを覚えた胸の高まりは、心地よい鼓動へと変わっていく。

自分の鼓動を感じて、私は生きているのねと感じる。

どうか叶わないで。

あなたと電話をするのは、何回目だろう。

あなたと話をするようになって、どれ位の時間が経っただろう。

いつか、あなたとの「明日」が当たり前になるのかな。

「また明日」が続く毎日に慣れていくのかな。

いつ電話をかけても良い関係になれるのかな。

電波越しじゃなくてもつながれるようになるのかな。

そんな日が来ればいいのに。

…ううん、来なければいいのに。

いつか終わってしまうのならば、そんな日は来なくてもいいのに。

叶って欲しいはずの恋。

それは、叶って欲しくない恋。

終わりが来る恋はしたくない。

始まることさえなければ、終わることもない。

そう思っているのにね。

私は懲りることなく、またあなたに恋をする。

あなたを手に入れたくて、近づいてしまう。

終わりは怖い。

それでも私は、あなたが欲しい。

神様が居るのなら、迷わずにこうお願いする。

どうか、この恋が一生醒めないように、見守っていてください。
ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする