2019.06.19

エンパスとは?共感力が高い人15の特徴|共感能力を手に入れて愛されて

目次

共感力が高い人は愛される。
周りの人に寄り添える人になりたい。
エンパス(共感力)とは?
共感力が高い人15の特徴
共感能力を高める方法
周りの人に寄り添える自分に。

 

共感力が高い人は愛される。

「エンパス」と呼ばれる人のことを知っていますか?

エンパスとは、共感力の高い人のことを指します。

共感力が高い人は、相手の気持ちに共感し寄り添うことができ、人の話に真剣に耳を傾けることができます。

そのためエンパスは、人から信頼を得やすいということに加え、多くの人に愛されます。

つまり共感力が高いということは、人間関係を円滑なものにするということにもつながっていくのです。

ですが社会には様々な人がいるため、すべての人に共感するということは、簡単なことではありません。

そのため今回の記事では、共感性の高い人の持っている特徴や、共感能力を高めるための方法についてご紹介していきます。

「人の気持ちに共感することが苦手…」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

エンパス(共感力)とは?

共感という言葉を知っている人は多くいますが、「エンパス」という言葉は馴染みがないという人も多くいるはずです。

エンパスとは、共感(empathy)する力である「共感力」のことを意味します。共感力とは、他人の抱いている感情や心の動きを理解し、それに寄り添うような態度・行動をとることができる力のことです。

また「エンパス」は、人並み外れて共感能力が高く、周囲の人々の感情を自分の物のように感じてしまう人のことを指すこともあります。そのような人は、他人のネガティブな感情に対しても深く同調してしまうため、共感することにより自分が傷ついてしまうことも少なくありません。

共感力が高い人15の特徴

共感能力が高い人は、自分の意思とは関係なく、他人の思いに共感してしまうことがあります。それは共感力の高い人は、他人の気持ちや心の動きに対して敏感になっているためです。

ここからはそのような高い共感力を持つエンパスの特徴について説明していきます。

1.同じ経験をしてきた

共感力の高い人であっても、それぞれの人によって共感しやすい人・しにくい人という違いは存在します。そのような差は、その人と同じような経験をしているかいないかによって生まれてきます。

その人と同一の経験をしてきた人は、共感の根拠に自分の経験・体験というものがありますので、より深いところまで相手の気持ちや感情を想像できるのです。そのため共感された相手は、「私のことをそんなにわかってくれているんだ…」とより強い信頼感を抱くようになります。

2.内向的な性格

内向的な性格の人は、高い共感力を持っています。

内向的な人は、周りを引っ張っていくのではなく、周囲の人の動きや空気感というものを読み取り、自分の行動をとります。そのため周囲の人が何を思っているのか、どのようなことを望んでいるのかということを見抜く観察眼が優れているのです。

そのような人は周りの人の間を取り持ったり関係をうまく調整することが得意なため、リーダーをサポートするような立場で能力を発揮する人も多くいます。

3.あまり周りに溶け込まない

エンパスの人の中には、あまり周りに溶け込まない人も多くいます。

共感力が高すぎると、自分の意思とは関係なく、他人の抱え込んでいるネガティブな感情に対して共感をしてしまう場合があります。そのため自分の意図していない場面でさえも、知らず知らずの内に負担をため込んでしまいがちなのです。

そのため自分が他人の気持ちに左右されやすいと感じている人は、自ら周囲の人から一定以上の距離をとるようにしている場合も多くあります。

 

4.デリケートな性格

共感力が高いということは、他人の心や感情による影響によって、自分の精神も左右されるということでもあります。

そのためエンパスの中には、周囲の人の強い感情や発する言葉によって傷つきやすい、繊細な心の持ち主が多くいます。自分が怒られているわけではなく、他人が怒られているだけでもものすごく辛い気持ちになってしまうこともあります。また友達の悩み事を聞いている内に、友達の感じている痛みに刺激されてしまい、自分が泣き出してしまうことさえあるのです。

5.頼りになる

エンパスは共感力が高いため、他人の行動やその状況に適した行動や態度をとることができます。また他人の困っていることに対しても共感することができるため、周りの人は自然とその人のことを信頼するようになります。

そのため表立って活動をするわけではなくても、何か困ったことがあった時やいざという時に、周りの人に意見を求められたりすることが多くあります。共感力の高い人は、目立たないけれど皆に頼りにされる存在なのです。

6.話を聞くのがうまい

共感力の高い人の中には、話を聞くのが上手な人が多いです。

人は自分の気持ちに共感してもらうことにより、精神的な満足感や安心感を得ることができます。そのため相手の気持ちに共感しやすいエンパスは、相手に精神的な安らぎを与えることができるのです。

自分の思いをそのまま伝えることは難しいからこそ、口にせずともそれを分かってくれる聞き上手な人は、強い信頼を得ることができます。

7.動物に好かれる

共感をするということは、思考や計算ではなく、多分に感覚によるものです。そのため高い共感能力を持っている人は、人間以外の動物に対しても共感をしやすいことがあります。

「ここを撫でられると気持ちいいんだな」、「今はお腹がすいているんだな」等、感覚でどのようなことを求めているのかを把握することができるため、動物も懐きやすくなるのです。

8.人に対して思いやりがある

共感力の高い人は、他人の苦しみや悲しみ等の感情を自分のことのように感じられるため、他人の気持ちに対して、真剣に思いを馳せることができます。そのため相手の気持ちに対して心の底から心配したり、思いやりのある言葉をかけてあげることができるのです。

またどのようなことをされると、相手が傷つくのかもわかっているため、普段から相手に優しく接する人が多くいます。

 

9.ほっとけない性格

人の思いに共感しやすい人は、今まで多くの人の感情に対して共感をしてきたため、それだけ様々な感情や気持ちを知っているということでもあります。そのような気持ちを知っているからこそ、困った状況にいる人や悩みを抱えている人に対しては、思わず手を差し伸べてしまうという人も多くいます。

手を出したら明らかに自分の負担になるような場面でも、どうしても放っておけずに、近づいてしまうということも少なくありません。

10.依存しやすい・されやすい

共感力が高い人の心はデリケートで繊細なことが多いです。そのため頼られること自体が負担に感じられたり、共感してしまうせいで心理的な傷を感じてしまうこともあります。そのような時に自分を支えてくれる人がいると、その人から離れられなくなってしまうことが多いです。

また悩みを抱えている人というのは、心が弱っているということでもあります。そのような人に対して共感をすると、一気に親密な思いを抱かれてしまうことも少なくないため、依存されやすいという側面も持っています。

11.感受性が豊か

共感力の高い人は、感受性も豊かであることが多いです。

様々な人に触れて、それぞれの人の感情や気持ちに共感してきたため、外部からの刺激に対して敏感になっていることが多くあります。相手の言葉や態度から、他の人ではなかなか気づかないようなことまで気が付くため、一人で悩んでしまったりということもあります。

ですが誰にも気づかれないで苦しんだり悩んでいた人にとっては、そのような人に声をかけてもらえたことが救いになるようなことも少なくありません。

12.直感力がある

直感というのは、ただの勘であったり、思い付きだと思われてしまいがちですが、実はそれまでにしてきた経験や体感によって培われるものです。

多くの人の気持ちに触れる機会の多い共感性の高い人は、他人の気持ちや感情に関しては、他の人と比べてより多くの経験をしてきていると言えます。そのためそのような人は、他人の心の動きに対する直感が非常に優れており、他人の不調やいつもと違う様子にはすぐに気が付くことが多いです。

13.人と深い関係になるのが苦手

共感力の高い人は、人と深い関係になることが苦手です。

他人の悲しみや苦しみに対して共感できるからこそ、他人に対して自分のことを知られることに対して抵抗感を持ってしまいます。そのため自分の持っている負の感情については隠そうとしたり、表に出さないようにして、一人で抱え込んでしまいます。

そうして自分の弱みを見せることの無いように、他人と深く関わることを避けてしまいがちなのです。

14.お節介になりやすい

共感力の高い人は、そうしようと思っていなくても、人の気持ちや態度の変化に対して気づいてしまいます。そのためどうしても他人のことに対して、口を出したり声をかけたりと、お節介になりやすいです。

そのようなお節介によって気分が楽になったりすることもありますが、その反面、相手にとって触れられたくないようなところに対して触れてしまい、その人の反感を買ってしまうようなことも少なくありません。

15.一人でいる方が楽

共感力の強い人は、多人数の中にいるより、一人でいることを好みます。

共感力が高い人は、多くの人の中にいるとそれぞれの人に共感してしまい、自分の心に大きな負担をかけてしまうことになります。そのためイベントやパーティー等、多くの人が集まるような場にはあまり参加しません。そのような場に赴くよりは一人でいる方が気が楽なため、自分一人でいることの方が多くなるのです。

 

共感能力を高める方法

ここまでは元々共感力の高さが備わった人について説明してきましたが、実は共感能力というのは、練習することによって伸ばしていくことができます。

ここからは共感能力を高める方法についてご紹介していきますので、「人の気持ちに対して共感する力を身につけたい!」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.聞き上手になる

共感力を高めるためには、聞き上手になりましょう。

人の話を本人から聞くことにより、その時にその人が感じた気持ちや感情についても知ることができます。今まで人の話を聞く機会が少なかった人にとっては、初めから上手に話を聞くことは中々難しいです。ですが人の話を聞くという経験を繰り返し、人の考えに触れる機会を増やすことによって、共感能力は着実に高まっていきます。

そのため物怖じせずに、積極的に人の話を聞くようにしましょう。

2.想像力豊かになる

共感とは、その人の置かれている状況や性格から、その人ならどう感じるか、どのような気持ちになるかを想像することでもあります。つまり共感能力を身につけるためには、想像力を磨くことも大切なのです。

普段から周りの人や物事に対して注意深く目を向け、その一つ一つについて想像するようにしてみてください。それを繰り返すことで、自然と想像力が身についていくため、人の気持ちに共感する力もそれに伴って上達していくはずです。

 

3.相手の立場に立ってみる

共感とは、相手の立場に立って、その人ならどう思うか、どう感じるかということを理解することです。そのためまずは相手の立場に立って考える癖をつけるようにしましょう。

相手の立場に立つというのは、最初は自分の目線に囚われてしまいがちになってしまうことが多いため、中々難しい場合もあります。ですが積極的に相手の話を聞き、自分の思い描いていた相手のイメージと実際に抱いている感情の差を修正していけば、相手の立場になって考えることができるようになっていくはずです。

4.思いやりの心を持つ

共感力を高めるためには、思いやりの心を持つことも大切です。

人に対して心から共感するためには、その相手を大切に思う心が必要不可欠になります。大切に思えていない人に対しては、その人の心を理解するのも、その人に対して共感することもできません。

そのため共感をすることだけに囚われず、自分なりに相手のことを考え、大切にする気持ちを持つように心がけてください。

5.映画に感情移入してみる

実際に話をして、その中で共感の練習をすることは非常に有効ですが、慣れていない内は精神的にも中々ハードルの高さを感じてしまう人もいるはずです。そのような人は、まず映画で感情移入の練習をしてみましょう。

映画には様々な人物が登場します。そのそれぞれがフィクションらしく分かりやすいキャラ付けをされていることが多いため、その人の性格や感情がつかみやすくなっています。そのため特定の人に感情移入して映画を見ることにより、共感力を養うことができるのです。

6.たくさんの人の体験談を聞く

様々な人に対して共感をするためには、たくさんの人の体験談を実際に聞くようにしましょう。

似たような経験を持っていると共感をしやすいため、共感力をつけるためには、様々な人と関わり、色々な経験をしていくことが非常に大切です。ですが実際にそのような様々な体験をするためには、膨大な時間やコストが必要となります。

そのためたくさんの人の体験談を聞くことにより、自分の中に色々な人の経験や体験を蓄積しましょう。

周りの人に寄り添える自分に。

自分を磨いて、自身の能力を高めていくことはもちろん素晴らしいことですし、大切なことです。

ですが自分一人だけの能力を磨いて、他人との関わりを排除してしまうと、自分以外の新たな考えや価値観に触れる機会が失われてしまうため、自分自身の可能性を狭めてしまうことになります。

だからこそ周りの人に共感出来て、その人の心に寄り添っていくことが大切になるのです。

共感して相手に寄り添うことは、自分以外の価値観や物の見方を知るということでもあります。

そのため共感することは相手を支え、高めるだけではなくて、自分自身の成長にもつながっていきます。

そのように共感し、支え合うような関係が構築できれば、あなたもその周りの人間も、みんなで高め合い、成長し合うような素敵な関係性が築けるはずです。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

kugira
kugira
「誰もが偽らずに自分でいられる」 そんな世界を祈り続けるXジェンダー

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする