2019.06.17

「貴方の一番になりたい」「一番とか二番とかないんだよ」

Ayano

Ayano

いつも私たちは欲張りだから。あなたの一番に...なんて幻想を抱いてしまう。

一番になりたいという『自己愛』

好きな人の一番になりたい。

それは、どんな女性でも願うことだと思う。

でも、一番とか二番なんてないんだよ。

それに、一番になりたい理由って、結局自己満足に過ぎないんだよ。

悲しいことだけど、苦しいことだけど、それはきっと愛ではない。

「好きだから一番になりたい」と言ったら、綺麗に聞こえる。

でも、「好きな人に一番大切にされたいし、愛されたいから、一番になりたい」と思っているだけなんだ。

ただ愛されたいだけ。

他の人を見てほしくないだけ。

他の人より自分を優先してほしいだけ。

そんなの、自己愛に過ぎないんだ。

何年経っても、恋愛にはわがまま。

何年経っても、女は欲張りなんだ。

いつだって、恋愛に対してはわがままなんだ。

自分が好きな人の一番になりたいし、好きな人に必要とされたいし、好きな人に愛されたいし、好きな人に求められていたい。

何年経っても、欲張りで申し訳なくなる。自分が嫌になる。

でも、人間ってそういうものだと思う。

欲張りになれるくらい好きなんだ。

理性とか全部忘れて、突っ走ってしまうのが恋なんだ。

「貴方の一番になりたい」「一番とか二番とかないんだよ」

 

girl

貴方の一番になりたい

 

man

貴方

一番とか二番とかないんだよ

 

girl

(じゃあなんであの子は彼女で私は彼女じゃないの?)

 

なんて聞けるわけない…答えが怖いから。

 

girl

でも、彼女が一番だから付き合ってるんでしょ?

 

man

貴方

比べることじゃない。

 

何が違うんだろう。

何が悪いんだろう。

好かれようとしても、愛されようとしても、全部無駄だった。

そんな努力すればするほど空回りするようで嫌だった。

プライドと自己愛。恋愛は自分を嫌いになる。

自分のプライド。

女としてのプライド。

二番手になりたくないというプライド。

一番になりたいという自己愛。

悔しいと思うし自己愛。

プライドと自己愛が邪魔をして、これが本当に好きなのかどうかわからなくなってしまうんだ。

恋愛をしているとどんどん自分を嫌いになってしまうんだ。

自分の嫌なところばかり見えてしまって、もっと楽に生きられたらと思う。

自分の性格がどんどん嫌になっていく。

それでもいいから、今日も泣きながら自己愛を振りかざしている。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする